ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースWake Up, Girls!のメンバーよりコメント&続・劇場版 後篇の予告映像とジャケットイラストが公開!

Wake Up, Girls!のメンバーよりコメント&続・劇場版 後篇の予告映像とジャケットイラストが公開! 2015年11月17日 18:45


12月11日(金)より2週間限定公開となる続・劇場版 後篇「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」。本作の収録を終えたWake Up, Girls!の7人(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)よりコメントが到着したので紹介する。

また続・劇場版 後篇を収録した上映劇場限定販売のシアター限定盤Blu-rayと初回限定盤Blu-rayのジャケットイラストが解禁された他、予告映像も公開となったのでこちらも合わせてチェックしよう!


◆続・劇場版 後篇 「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」予告映像
https://www.youtube.com/watch?v=gqekzNSAHhs



●「Wake Up, Girls!」キャストコメント

――後篇のアフレコを終えての感想

島田真夢役・吉岡茉祐:Wake Up, Girls!が、本来の輝きをとりもどしてゆく様子をアフレコを進めながら感じていました。新しい展開がありそうで、勝手に次を予想していたりします。(笑)

林田藍里役・永野愛理:アフレコ中に泣きそうになるシーンもあり、見どころ沢山だなと思いました!!やっぱり藍里はどんな時でも藍里で、とても安心しました。

片山実波役・田中美海:やっぱり楽しかったです。あまり緊張はしなかったかな?1日があっという間でした!!

七瀬佳乃役・青山吉能:えええ~!!!っていうことばかりな展開でした。やっぱり早坂さんが格好よかったです。

久海菜々美役・山下七海:続・劇場版では菜々美ちゃんの素直なところをたくさん演じられてとっても嬉しかったです!!この7人でまたいつか・・!

菊間夏夜役・奥野香耶:色々な緊張感を乗り越え、無事アフレコを終えることができました。公開がとっても楽しみです!!

岡本未夕役・高木美佑:また、WUGのキャラ達も一歩成長したなと思い、楽しかったです。未夕も、未夕らしく頑張れました。


――前篇アフレコ終了時から後篇アフレコまでの間に準備してきことや意識していたこと

吉岡:真夢個人から見たWUGの存在、それぞれのメンバーへの思いを考え、本人の思いをまとめて臨みました。

永野:前篇のアフレコは、緊張から思うように演技ができず悔しい思いをしました。またみんなの成長から刺激を受け、自分自身ももっと成長出来るようにといろいろなアニメをみたりして研究しました。

田中:常に実波ちゃんのそばにいた気がするので、特になかったかもしれません!!

青山:佳乃の心をちゃんともってくることです。

山下:台本を何度も読んで、菜々美ちゃんの心情を感じとりました!!これからもずっとWUGちゃんたちに寄り添えるようにします☆

奥野:声量が足りないことが私の課題だったので少しでも声を出せるように意識して生活していました。

高木:未夕は明るくて、ムードメーカー的なところがあるので、周りに引っ張られないように意識しました。七人の会話の流れを読んで、引っ張っていけるように頑張りました。



■『Wake Up, Girls!Festa. 2015 Beyond the Bottom Extend』

【開催日時】2015年12月12日(土)開場15:00/開演16:00
【会場】幕張メッセ 国際展示ホール5
【出演】
Wake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)
浅沼晋太郎、大坪由佳、下野紘、宮本充、上田麗奈、安済知佳、高野麻里佳、甘束まお

【チケット】7,800円(税込/全席指定)※豪華来場者特典付き



■続・劇場版 後篇「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」

2015年12月11日(金)より2週間限定公開!

【スタッフ】
原作・脚本:Green Leaves
原案・監督:山本寛
キャラクターデザイン・総作画監督:近岡直
音楽:神前暁 MONACA
アニメーション制作:Ordet×ミルパンセ
製作:Wake Up, Girls!2製作委員会
配給:東宝映像事業部

【キャスト】
<Wake Up, Girls!>
吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑

<I-1club>
大坪由佳、加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、上田麗奈


<ストーリー>
東北代表として出場した「アイドルの祭典」での活躍が認められ、アイドル文化の中心地・東京に進出した「Wake Up, Girls!」。メジャーレコード会社bvexとの契約も決まり、活動は順風満帆に思えた。
だがブレイクの立役者だったプロデューサー・早坂相が手を引き、7人が動きの早い東京の芸能界の中で「WUGらしさは何か」を見失った結果、苦い挫折を経験する。レコード会社や関係者たちが手のひらを返す中、それでもあきらめずに前に進もうとする「Wake Up, Girls!」の姿を見た早坂は、彼女たちが再び挑戦するための武器として、新曲「少女交響曲」を与えるのだった。
「Wake Up, Girls!」は、心機一転して地元仙台から活動を再開。日常ライブの復活や全国行脚を通しての地道な努力は、少しずつだが、着実に全国のファンへと届き始める。
一方、アイドル界の頂点である「I-1club」では、最新シングルの売上ミリオン割れを契機としたセンター争いが勃発。「I-1club」プロデューサー・白木の非情な采配は、意外な形で「Wake Up, Girls!」とアイドルたちを大きなうねりへと巻き込んでいく。敗れて尚あきらめられないもの。アイドルとは何か。その答を求めて、物語は再び「アイドルの祭典」へと収束する。


©Green Leaves / Wake Up,Girls!2製作委員会


Beyond the Bottom *CD+DVD

B015NQ62W0 Beyond the Bottom *CDのみ

B015NQ62WK 運命の女神

B013GAO9KW 劇場版Wake Up, Girls!青春の影*初回限定盤   [Blu-ray]

B011TT18Y2 少女交響曲 *CD+DVD

B00YXVVCMM

▲ PAGETOP