ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小野大輔&川村元気が作品への想いを語ったオーディオブック「世界から猫が消えたなら」記者会見

小野大輔&川村元気が作品への想いを語ったオーディオブック「世界から猫が消えたなら」記者会見 2015年11月13日 15:00


2016年には佐藤健さん&宮﨑あおいさん主演による実写映画化も予定され、累計90万部突破のベストセラー小説「世界から猫が消えたなら」(原作:川村元気)。この小説がオーディオブック化され、本日11月13日(金)より配信をスタートした。

オーディオブックでは小野大輔さん(朗読&僕&アロハ役)、氷上恭子さん(母役)、ふくまつ進紗さん(父役)、松浦チエさん(元彼女役)、高野麻里佳さん(キャベツ役)、坂巻学さん(ツタヤ役)ら豪華声優陣が出演している。

今回、この配信開始を記念して、川村元気さんと小野大輔さんによる記者会見が行われた。その模様をお届けする。



川村さんから本作のオーディオブック化について、悪魔と僕を演じられる人として小野さんが良いという声が周囲から多かったことを明かし、今回演じてもらえたことの喜びが語られた。小野さんはこの僕という役に親近感を抱いていたことを明かし、川村さんと小野さんが同い年であることが先ほど分かり、その親近感の理由が分かったと笑う。

小野さんの収録は5日間に分けて行われたそうで、「このニュアンスが欲しい」という要望にテイクを重ねていったそうだ。また、小野さん自身のアイデアやこだわりがあり、音響監督とのぶつかり合いを経て完成させた作品だったため、終わった時の達成感がとてつもないものだったと語った。

悪魔と僕の関係性について演じていくうちに分かったことがあると語る小野さん。その部分を意識してストーリーを描いていったと川村さんは明かし、核心に迫るコメントに小野さんがハッとする場面も。

逆に川村さんは僕と悪魔を分けずに一気に演じていた小野さんに驚いたそうだ。小野さんが自分の中では演じる前の段階にどう演じるか全て構築し、本番になると感情に乗せてその構築したものを壊していっていると語り、さらに川村さんを驚かせた。



オーディオブックでは音でしか出来ないことをしたいという想いがあったという川村さんは、ひとりで複数の役を演じるという難しい役を小野さんに今回演じてもらえたことを改めて喜んだ。

小野さんはこの話を引き受けるにあたり、マネージャーに喫茶店に呼び出されて改まった話をされたそうで、並々ならぬものだと感じたと語った。そして、この作品の内容を見てみてどうしてもやりたい作品だと思ったと打ち明けてくれた。



最後に注目のシーンについて、小野さんは悪魔の声が最初は全然違う声なのに僕の声を真似をするところが、自分でもゾッとするくらい怖かったそうだ。出会ったら怖い相手は自分自身であるという小野さんは、僕の声を出す悪魔にぜひ注目して欲しいと語り、記者会見は終了となった。



■オーディオブック「世界から猫が消えたなら」

【配信開始】2015年11月13日(金)好評配信中!
【価格】1,512円(税込)
【作品時間】5時間20分
【配信・購入サイト】http://www.febe.jp/product/223774


【あらすじ】
30歳郵便配達員。
ある日突然、余命わずかであることを宣告された。
そんな僕の前に、アロハシャツを着た悪魔が現れ、大切なものと引き換えに一日の命を与えるという。
何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。
僕は命と引き換えに、電話、映画、時計、そして猫を消すことに…。
失われていく世界のなかで、恋人、親友、父、母との時間や想いに触れていく。
そして、人生最後の日、僕はある決断をする。


©2007-2015 OTOBANK Inc. All rights reserved.


世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

4094060863 世界から猫が消えたなら 1 (花とゆめCOMICS)

4592213610

▲ PAGETOP