ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース早見沙織、日笠陽子、嶋村侑、小清水亜美らよりコメント!「RWBY Volume1」11月14日より上映開始!

早見沙織、日笠陽子、嶋村侑、小清水亜美らよりコメント!「RWBY Volume1」11月14日より上映開始! 2015年11月12日 18:30

11月14日(土)より全国6劇場で先行イベントが開催される米国発3DCGアニメーションシリーズ「RWBY Volume1」。本作の日本語吹き替えを担当するメインキャストよりコメントが到着したので紹介する。

コメントは、早見沙織さん(ルビー・ローズ役)、日笠陽子さん(ワイス・シュニー役)、嶋村侑さん(ブレイク・ベラドンナ役)、小清水亜美さん(ヤン・シャオロン役)、下野紘さん(ジョーン・アーク役)、豊口めぐみさん(ピュラ・ニコス役)、洲崎綾さん(ノーラ・ヴァルキリー役)、斉藤壮馬さん(ライ・レン役)よりいただいた。



●「RWBY Volume1」日本語吹き替え版上映記念コメント

――ご自身が演じるキャラクターについての印象をお答えください

ルビー・ローズ役・早見沙織:最初の印象としては、赤、情熱、のイメージでした。純真でまっすぐな可愛らしい女の子なので、見ていて明るい気持ちになれる性格だと思いました。それだけではなく、思いやりがあり、少し臆病な一面も持ち合わせている印象です。

ワイス・シュニー役・日笠陽子:ワイスは御嬢様でワガママな印象も強いですが、とても真っ直ぐです。あと負けず嫌い。彼女なりの優しさや想いを持っているのですが、それを素直に表現できない子です。今回のお話では精神的な成長が一番見られると思います。

ブレイク・ベラドンナ役・嶋村侑:第一印象はモノトーンがお洒落で長い黒髪が女性らしいクールビュティーでしたが、演じてみると真面目で優しい人でした。ちょっと話がずれますが、ブレイクのモチーフが美女と野獣のベルときき、私はベルが大好きなので嬉しかったです。

ヤン・シャオロン役・小清水亜美:ハキハキサバサバだけど妹大好きお姉ちゃん!ひょうきんで表情豊なところも魅力なキャラという印象です!

ジョーン・アーク役・下野紘:ショーンは、一見カッコよさそうに見えて完全なるギャグキャラ、ヘタれキャラですが、しっかりした一面もあったりします。特に、仲間の事になると。

ピュラ・ニコス役・豊口めぐみ:ピュラは、頼れるお姉さんって感じでしょうか。芯が強くて、優しい。そんなイメージで演じさせていただきました。

ノーラ・ヴァルキリー役・洲崎綾:ノーラは底抜けに明るくて活発で、とにかくよく喋る女の子だなと思いました。とっても可愛くて、演じるのが楽しみでした。

ライ・レン役・斉藤壮馬:寡黙なキャラクターで、苦労人でありバランサーな印象です。ノーラによく振り回されていますよね。それでいて戦いが強いところも素敵だと思います。


――キャラクターを演じるにあたって意識した点、苦労した点などについてお答えください

早見:一つのセリフの中にいろいろな感情が詰まっていてころころと移り変わるので、その変化を意識しました。またキャラクター同士の会話のテンポも良いので、その辺りも意識しました。

日笠:海外の尺ということもありかなり早口で話さなくてはいけないのが大変でした。その中でも、ワイスが持つ独特な透明感や空気感と、御嬢様らしい品が出るように気をつけました。

嶋村:苦労した点は台詞が早いことでしょうか。もちろん他の3人と比べると決して速い台詞回しではありませんが、最初はもう少しゆっくり話す人だと思ってました。ただみんなが凄く早いので、相対的にはゆっくりになったかな?でも一番難しかったのは、みんなと一緒に収録できなかったことですね。Vol2があったら、四人揃ってやってみたいです。

小清水:アクションシーンなどは原音よりもリアクションを増やして録らせて頂きました。キャラの動きが滑らかかつダイナミックなので、そこをより活かせるよう意識したつもりです!

下野:やはり、ヘタれた部分としっかりした部分のメリハリは意識しましたね。そこが彼の魅力であり、面白さだと思うので。

豊口:たくさんキャラクターはいますが、それぞれ個性はあるので、特に意識してなにをしようということはありませんでしたが、ジョーンとのやりとりは、可愛くなりすぎないように意識しました。やり方によって、媚びを売ってるように見えてしまうかなぁと思って(笑)。

洲崎:ノーラは基本的に早口で喋り倒すセリフが多いのですが、とにかくテンションをあげて、ぶっとんでる子を意識しました。ノーラがある動物の鳴きまねをするシーンがあるのですが、もとの役者さんに寄せてお芝居させてもらいました(笑)。

斉藤:最初は落としたトーンであまり相手にかけずに喋ってみたのですが、しっかり声を出して会話を、というディレクションをいただいたので、他のメンバーとの会話感を重視しました。


――「RWBY Volume1」の魅力はどのような点だと思いますか?

早見:成長と絆が色濃く描かれているところです。どのキャラクターも個性的ではじめは衝突したりもしますが、最終的にはお互い打ち解けていく様子が素敵だと思いました。

日笠:海外と日本の融合作品になり得るところだと思います。純海外アニメとも違う、純日本アニメとも違う、新しいものを観ているようでした。制作して下さった方々の、日本への愛を感じとる事ができて嬉しかったです。Volume1という事で、是非2があるといいですね!

嶋村:本国のスタッフさんたちが、日本のアニメーションが好きでいてくれるのが伝わってきます。元々は輸出するために作ったわけじゃないのにスタッフさんやユーザーさんの愛が日本まで伝わってきて、今回このようなプロジェクトになった。という事象そのものがVol1の魅力だと思います。

小清水:他にはあまりない新鮮なストーリー構成とキャラクターのバランスの良さ、そして何より空間の使い方が素晴らしくとってもダイナミックな部分ですね。限られた画角があるはずなのに不思議とそれ以上の広さと奥行きを感じられます!

下野:メインキャラクターを知ってもらうとともに、ショーンというキャラクターの魅力や人となりを知ってもらういい機会だと思います!!!(笑)

豊口:個性豊かなキャラクターたち。散りばめられた笑いどころなど。

洲崎:アクションが、とにかく見てて気持ちがいいです。スピード感、カメラワーク、そしてバトル中に流れるテーマソングもかっこいいです。そして、日本人にとって馴染みやすいキャラデザで、ヒロインたちがみんな魅力的で可愛いと思いました。

斉藤:やはりなんといってもとてもよく動く映像ではないでしょうか。正直、スピード感がありすぎて、チェックするのにやや手間取りました(笑)。それくらい迫力のある素晴らしい映像だと思います。


――ファンの皆様へメッセージをお願いします

早見:爽快なアクションシーン、華やかでクスッと笑えるキャラ同士の会話シーン、シリアスなシーン、心温まるシーンなど、見所がぎゅっとつまった一作です。ぜひ劇場でお楽しみください。

日笠:RWBYファンの皆様、お待たせ致しました!今回の吹き替え版で、また新たなRWBYの一面が見られるかと思います。熱い闘いや、仲間がチームになっていく様など、見応えがあります。楽しんで頂ければ幸いです。

嶋村:RWBYには、アメリカと日本の文化があわさったような不思議な魅力があります。ぜひ一度味わってみてください。

小清水:吹き替え版を楽しみにしてくださっている方が多くいらっしゃると聞きました。私達も全力かつ楽しんで演じさせていただきましたので、期待を裏切らない内容になっているかと思います!是非楽しんで見てください♪

下野:バトルとファンタジーとコメディをふんだんに盛り込み、日本愛に溢れた作品だと思います。是非とも、いろんな方に観ていただけたら嬉しいです!!

豊口:いよいよ皆様にみていただける日がきたということで、反応が楽しみです!英語のを見た方にも、日本語版を楽しんでもらえると嬉しいなと思います!!

洲崎:RWBYは本当に面白くて、台本チェックで映像を見た時に、人気の理由がよくわかりました。吹き替え版でノーラの声をやらせていただけて、とても嬉しいです!ぜひ劇場でお楽しみください!

斉藤:すでに根強い人気を誇る作品に声を当てさせていただいて、光栄に思っております。新たな芝居によって命を吹き込まれた彼ら彼女らが、スクリーン狭しと動き回るのをぜひご堪能ください!



■RWBY Volume1 前夜祭上映

【開催日時】2015年11月13日(金)19:00の回
【会場】新宿ピカデリー
【出演】早見沙織、小清水亜美
【内容】キャストトーク(舞台挨拶)、本編上映、他
【チケット】劇場通常料金



■Blu-ray&DVD「RWBY」Volume1

【発売日/価格】
劇場限定版Blu-ray(劇場内のみにて限定発売):2015年11月14日(土)/6,000円(税抜)
初回限定版Blu-ray:2015年12月9日(水)/8,000円(税抜)
通常版Blu-ray:2015年12月9日(水)/5,800円(税抜)
通常版DVD:2015年12月9日(水)/4,800円(税抜)
【字幕】日本語、英語
【収録話】本編1~10話(120分)

【劇場限定版特典】
・Rooster Teeth描き下ろし 特製スリーブケース仕様
・スタッフコメンタリー音声:英語 2ch Dolby Digital

【初回生産限定版Blu-ray特典】
・Original Soundtrack Score CD(2Disc)
・Rooster Teeth描き下ろし オリジナルイラストアウターケース
・西田亜沙子描き下ろしイラスト デジパック仕様
・ブックレット(12ページ予定)
・イラストポストカード(全30種予定)

【初回限定版Blu-ray、通常版Blu-ray&DVD共通映像特典】
・Behind the Scene(スタッフインタビュー、※日本語字幕つきのみ)
・Directors Commentary ※1話~10話再生(日本語字幕つきのみ)
・オリジナル版Trailer(RED、WHITE、BLACK、YELLOW)(※日本語字幕つきのみ)
・Japanese Trailer 1(2014 Summer)
・Japanese Trailer 2(2015 Summer)
・Japanese Trailer 3(劇場本予告・5.1ch Dolby Digital)
・ノンクレジットOP
・Chapter 1 Storyboard(※日本語吹き替えのみ)
・Fan Art(※日本語字幕つきのみ)
・RWBY Cosplay(※日本語字幕つきのみ)



■「RWBY」Volume1 概要

【スタッフ】
ROOSTER TEETH PRESENTS "RWBY Volume 1"
Starring BARBARA DUNKELMAN KARA EBERLE LINDSAY TUGGEY ARRYN ZECH
Music by JEFF WILLIAMS
Visual Effects by GRAY G. HADDOCK KERRY SHAWCROSS
Edited by DANIEL FABELO GRAY G. HADDOCK
Supervising Producer KATHLEEN ZUELCH
Executive Producers BURNIE BURNS MATT HULLUM
Written by MILES LUNA MONTY OUM KERRY SHAWCROSS
Co-Director KERRY SHAWCROSS
Directed by MONTY OUM

【キャスト】
Ruby Rose(ルビー・ローズ):早見沙織
Weiss Schnee(ワイス・シュニー):日笠陽子
Blake Belladonna(ブレイク・ベラドンナ):嶋村侑
Yang Xiao Long(ヤン・シャオロン):小清水亜美
Jaune Arc(ジョーン・アーク):下野紘
Nora Valkyrie(ノーラ・ヴァルキリー):洲崎綾
Pyrrha Nikos(ピュラ・ニコス):豊口めぐみ
Lie Ren(ライ・レン):斉藤壮馬
Ozpin(オズピン):井上和彦
Glynda Goodwitch(グリンダ・グッドウィッチ):浅野真澄
Cardin Winchester(カーディン・ウィンチェスター):木村昴
Sun Wukong(サン・ウーコン):前野智昭
Penny(ペニー):潘めぐみ
Mysterious Narrator(ナレーション):井上喜久子
Roman Torchiwick(ローマン・トーチウィック):三木眞一郎
Cinder Fall(シンダー・フォール):甲斐田裕子


<ストーリー>
物語は科学技術と魔法が同居する世界『レムナント』が舞台。
コンピューター管理されるシステムやロボットやタブレット端末のよう先進的で科学的なアイテムが登場する一方で、自然界の力の結晶『ダスト』や生命の魂が持つ力『オーラ』などのファンタジックなガジェットが存在する世界。
この世界には人類や動物のほかに、獣の器官を持った獣人『ファウヌス』のような種族も存在する。そして『グリム』と呼ばれるモンスターが存在し、人類はグリムによって永い間暮らしを脅かされ続けているが、現在はダストの発明やグリムの討伐や治安の維持を行う『ハンター』の活躍により、平和な生活が守られていた。
物語はハンターを目指す1人の少女『ルビー・ローズ』が、ひょんなことからハンター養成学校『ビーコン・アカデミー』に入学するところから始まり、仲間たちとともに成長してゆく姿を描く。


©Rooster Teeth Productions, LLC


RWBY Volume1<初回生産限定版> [Blu-ray]

B013T2XWSC 【Amazon.co.jp限定】RWBY Volume1<初回生産限定版> (オリジナルクリアブックマーカー付き) [Blu-ray]

B013T391JA RWBY Volume1<通常版> [Blu-ray]

B013T2XW2I RWBY Volume1<通常版> [DVD]

B013T2XWXM RWBY Volume1 Original Soundtrack VOCAL ALBUM

B013T4GDG8

▲ PAGETOP