ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース宮野真守、細谷佳正、櫻井孝宏、小松未可子ら登壇!劇場アニメ『亜人 -衝動-』プレミア上映会レポート

宮野真守、細谷佳正、櫻井孝宏、小松未可子ら登壇!劇場アニメ『亜人 -衝動-』プレミア上映会レポート 2015年10月29日 19:00


11月27日(金)より公開となる劇場アニメ3部作の第1部『亜人 -衝動-』。本作の第28回東京国際映画祭パノラマ作品部門・ワールドプレミア上映が、10月28日(水)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。

この上映会には、宮野真守さん(永井圭役)、細谷佳正さん(海斗役)、櫻井孝宏さん(戸崎役)、小松未可子さん(下村泉役)、平川大輔さん(田中功次役)、洲崎綾さん(永井慧理子役)、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督が登壇。今回オフィシャルレポートが到着したので紹介する。



●本作で主役・永井圭役を演じた宮野さんよりご挨拶

「永井圭役を演じております、宮野真守です。今日は僕らがこだわって、魂を注いで作った作品を皆さんに観て頂けたとても特別な日です。今日は宜しくお願い致します」と公開された喜びを交えつつ挨拶をすると会場内からは大きな歓声とともに盛大な拍手が巻き起こった。


●映画をご覧になった感想について

「台本から読み取れる作品の雰囲気や、収録中にスタッフさんがせわしなく動いている姿を見て、まるでハリウッド映画みたいだと感じました。スタッフさんの力と僕らキャストの思いが融合してできた作品だと思っております」(細谷)、「人間の本能に訴えかける、生きるってなんだろうなと考えさせられる作品だと思います。人間ってなんだろう?と考えさせられる良いきっかけになった作品でした」(櫻井)


●思い入れのあるシーンや、魂を込めたシーンについて

「アニメーションではなかなか見られないような、細かい動きや仕草がたくさん詰め込まれていたり、人の心理から出てくる行動がリアルに描かれているので、すべてのシーンが印象に残っています」(小松)、「IBMの戦闘シーンは本作の見どころの一つでもあるのですが、我々が文字から映像をイメージし、それを共有して演技しているので非常に苦労しました」(平川)、「私たちの演技がそのまま映像化されていたりするので、スタッフさんに信頼されていると感じ、光栄でした。また、普通のアニメのアフレコ以上にキャラクターに入り込まないといけないので、すごく緊張しました」(洲崎)とプレスコ時のエピソードを明かした。


●本作の見どころ

「非常にユニークな原作に声優の皆さんのラジオドラマとしても通用する素晴らしい演技、それを聞いて刺激を受けたアニメーターの作る映像、音響スタッフの凄まじい劇伴や効果音など様々な要因が相乗効果となり、演出家の想像を超える作品となったと思います。永井圭という主人公はどこにでもいる男の子ですが、死ねないけれど必死に生きていこうとする物語です。これは新しいヒーロー像だと思いますので、これからの永井圭が選択する行き様に注目してもらえればと思います」(瀬下総監督)


●最後の一言

「僕は永井圭の人間らしい嘘がない生々しさが好きですし、演じることができ楽しかったです。この作品はリアルとファンタジーの融合が非常に気持ちの良い作品ですので、そこを楽しんで頂けたらと思います。これからも『亜人』をよろしくお願いします」(宮野)と会場やニコ生中継をご覧になっている皆さんへメッセージを送り、大盛況のうちにイベントを終了した。



■アニメ「亜人」

【上映・放送情報】
<劇場アニメ3部作>
第1部『亜人 -衝動-』2015年11月27日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開
配給:東宝映像事業部

<TVシリーズ>
MBS:1月15日より毎週金曜26時10分~
TBS:1月15日より毎週金曜25時55分~
BS-TBS:1月16日より毎週土曜24時00分~
CBC:放送予定
Netflixにて配信予定

【スタッフ】
原作:桜井画門(講談社『good! アフタヌーン』連載)
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
シリーズ構成:瀬古浩司
プロダクションデザイナー:田中直哉
キャラクターデザイナー:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納
演出:鹿住朗生、りょーちも、井手恵介 
CGスーパーバイザー:岩田健志、溝口結城、菅井進
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
主題歌:flumpool『夜は眠れるかい?』(A-Sketch)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:亜人管理委員会

【キャスト】
永井圭:宮野真守
海斗:細谷佳正
佐藤:大塚芳忠
戸崎:櫻井孝宏
下村泉:小松未可子
田中功次:平川大輔
永井慧理子:洲崎綾
オグラ・イクヤ:木下浩之


<STORY>
17年前、アフリカ。
神の兵と呼ばれた不死身の兵士が、米軍によって拿捕された。世界で初めて、“亜人”の存在が実証された瞬間だった。その特徴は、不死。病死、事故死、どのような状況下で死亡しようとも即座に身体を再生し、完璧な状態で復活する。それはまさに人類の夢であり、その利用価値は無限に考えられた。
その後、亜人は世界で46体、日本では2体が確認された。
しかし、「死ななければ、分からない」亜人はその性質上、発見が難しく、世界にはもっと多くの亜人がいると推測された。高校生・永井圭は、下校中トラックによる追突され死亡。しかし、直後に蘇生を果たす。国内3例目の亜人であることが判明した圭は、警察及び亜人管理委員会、さらには、賞金を狙うすべての人間から追われる身となる。山奥へと逃げ込んだ圭は、幼なじみの少年・海斗の力を借り、緊急配備が敷かれた警察の包囲網を突破。さらなる逃走を図る。
同刻、日本国の管理下にあった2例目の亜人・田中が、“帽子”と呼ばれる男の幇助により脱走。
この者らは直ちに人類へのテロ活動を開始した。亜人管理委員会の責任者・戸崎は、永井圭の捕獲と、亜人らが起こしたテロ行為の鎮圧に奔走する。そして、手がかりとなる、圭の妹・永井慧理子に目を付ける。
だが、そこにはすでに人類への復讐を誓う別の亜人とIBMと呼ばれる謎の黒い物体が侵入していた……。


©桜井画門・講談社/亜人管理委員会


亜人(1) [Kindle版]

B00BML5V6E 亜人(1) (アフタヌーンKC)

4063878686 亜人(2) [Kindle版]

B00D2NG5JW 亜人(6) (アフタヌーンKC)

4063880672 亜人(7): アフタヌーン

4063880982

▲ PAGETOP