ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース斉藤壮馬、上田麗奈、中尾隆聖が登壇!81プロデュース35周年企画オーディオドラマ「紫電改のタカ」トークショーレポ

斉藤壮馬、上田麗奈、中尾隆聖が登壇!81プロデュース35周年企画オーディオドラマ「紫電改のタカ」トークショーレポ 2015年10月23日 12:30


今年で創立35周年を迎える声優事務所81プロデュース。その81プロデュースによる81レーベル第1弾として、オーディオドラマ「紫電改のタカ」が8月8日(土)に発売となり、本作品の発売記念イベントが10月17日(土)笹塚81ライブサロンで開催された。出演者は斎藤壮馬さん(滝城太郎役)、上田麗奈さん(信子役)、中尾隆聖さん(白根役)、司会を本美奈子さんが務めた。



会場に登場した斎藤さん、上田さん、中尾さんを抽選で選ばれた幸運な50名の参加者が拍手で迎える。自己紹介を終えた後、まずは今回の役を演じた感想が語られた。

斎藤さんは、原作のニヒルなイメージと違い戦争について色々と考えながらも未来を見据えるまっすぐな人物だったので、ストレートに演じたと語る。上田さんは、信子の持つ葛藤を受け止めるのに大変なパワーが必要だったと感想を述べた。

中尾さんは、久々の人間役でしかも悪人ではなく善人の役だったと語り、会場の笑いを誘う。中尾さんは先日、原作のちばてつや先生にお会いした際、「紫電改のタカ」のオーディオドラマに参加する旨を伝えたところ、「この時代に残しておきたい良い作品なので有難うございます」と言われたエピソードを披露。


また、完成後の感想として上田さんは、日常のおだやかな部分と戦闘中のシーンのギャップの恐ろしさや戦闘機の飛んでくるシーンの臨場感を挙げた。斎藤さんは、三宅健太さんが演じる花田の名字が早口だと本当に言いづらいと語り、中尾さんから共感を得ていた。中尾さんは、大平透さんのナレーションの素晴らしさを挙げた。

アフレコの苦労した点として、斎藤さんは花田との喧嘩のシーンや、必殺戦法『逆タカ落とし』が声を張ると言いづらい点などを挙げた。上田さんはキャラ作りのために70年前の生活習慣などを調べて活かしたと語った。

主人公・滝城太郎が終盤で教師になる夢を持つことにちなみ、もし役者になっていなかったらどういう道を歩んでいたのかという問いには、中尾さんは昔経営していた飲食店を続けていたと語った。上田さんは昔から絵を描くのが好きだったので、絵を描く仕事に進んでいたと語る。斎藤さんは、養成所時代に実際進路に迷っていたといい、雑誌編集者になる事を考えていたというエピソードを披露した。



今回の会場となったビル内には81ACTOR’S STUDIOという養成所があり、斎藤さん、上田さんは養成所時代の同期で中尾さんはふたりの先生という間柄。また司会の本さんも同養成所出身でこちらも中尾さんの教え子ということで、数々の養成所時代のレッスンなどが話題にあがった。

中尾さんの厳しくも温かい指導の中でも特に印象に残った事として、斎藤さんはウエイトの姿勢という言葉を挙げ、待っている時間は自分に与えられた時間なのだから、それを受動的に過ごすのではなく能動的に、例えば芝居や映画を見に行ったり美味しいものを食べに行ったりするなど、その時間をどう過ごすのか、受動的ではなく能動的に学び取っていく事が役者にとってとても大切な事だと教えられたと語る。

上田さんはアフレコ実習の時に、複数の役を演じる事になっていたがそれが頭からすっかり抜けてしまいマイクに入れそびれてしまい、厳しく指導を受けた事で今でもアフレコ現場での緊張感に繋がる教訓になっていると話す。



続いて超豪華賞品を賭けた所属事務所81プロデュースにまつわるクイズ大会『81マスター決定戦』が行われた。こちらは見事上田さんが勝利をおさめ、優勝賞品の幼少期の南沢社長がプリントされたTシャツを見事ゲットした。


最後に参加者を対象にプレゼント争奪大じゃんけん大会が行われ、斎藤さんが魔性の演技で参加者を二度全滅に追い込むなどのハプニングも挟みつつ、大変な盛り上がりを見せた。最後に本日のイベントの感想が述べられ、イベントは幕を閉じた。




■81レーベル第1弾 81プロデュース35周年記念企画オーディオドラマ「紫電改のタカ」

【発売日】2015年8月8日(土)好評発売中!
【価格】2,000円(税込)
【原作】ちばてつや
【発売元・販売元】81プロデュース

【キャスト】
滝城太郎:斉藤壮馬
紺野:羽多野渉
久保:江口拓也
米田:武内駿輔
花田:三宅健太
信子:上田麗奈
春江:赤﨑千夏
ひな:奥野香耶
モスキトン:ランズベリー・アーサー
古参兵:東條達也、近衛秀馬、多田啓太
白根:中尾隆聖
菅野:関俊彦
滝の母:弘中くみ子
坂井:三木眞一郎
梨原:玄田哲章
ナレーション:三木眞一郎
語り部:大平透

【販売】
・文教堂、アニメガ各店舗
・声優ミュージアム
81プロデュースECサイト
・文教堂ECサイト「文教堂&アニメガ」


<あらすじ>
時は昭和19年、太平洋戦争の末期。
航空機による体当たり攻撃「特攻」が作戦の王道となっていく中
四国・松山に特攻を行わない戦闘部隊が編成された。
第三四三海軍航空隊、別名「剣部隊」である。
「剣部隊」に所属する少年飛行兵・滝城太郎と、その仲間たちは
自らの命を懸け、家族・仲間・祖国を守るため、大空を駆け巡る・・・。


©ちばてつや
©81PRODUCE


紫電改のタカ (1) (中公文庫―コミック版 (Cち1-1))

4122046750 紫電改のタカ (2) (中公文庫―コミック版 (Cち1-2))

4122046955 紫電改のタカ (3) (中公文庫―コミック版 (Cち1-3))

4122047056 紫電改のタカ (4) (中公文庫―コミック版 (Cち1-4))

4122047196

▲ PAGETOP