ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース公演を終え、5人は未来へと踏み出した――『Lady Go!! 卒業イベント ~1841日の奇跡~』レポート

公演を終え、5人は未来へと踏み出した――『Lady Go!! 卒業イベント ~1841日の奇跡~』レポート 2015年10月18日 23:00


惜しまれながらも、2015年の9月最終週をもって放送が終了した文化放送 超A&G+のラジオ番組「Lady Go!!」。そんな番組から誕生した声優ユニット“.lady.(ドットレディ)”の卒業イベントが、10月18日(日)に千葉の舞浜アンフィシアターで開催された。

『Lady Go!! 卒業イベント ~1841日の奇跡~』と銘打って行われた本公演には、『.lady.(ドットレディ)』のメンバーである上坂すみれさん、小松未可子さん、大久保瑠美さん、高森奈津美さん、三上枝織さんが勢揃い。5人の声と、ファンたちの熱い歓声、そして笑いと涙で会場は包まれ、約5年という歴史のフィナーレを飾った。



●2010年からこれまでを、一挙に振り返り!

華やかな音楽と、5人のこれまでを振り返るムービーで幕開けした本公演。“ハロウィン”をイメージした衣装で勢揃いしたメンバーは、観客へと向けて元気いっぱいに挨拶し、三上さんの「最後まで見守ってくださいね!」というコメントで本編へと進んでいく。

なお、公演内容はトークパートとライブパートの、大きく別けて2パートで進行することに。トークパートでは、年表を使ったフリートークや、各番組で行ったコーナーの紹介。さらには、舞浜アンフィシアターの特徴でもある回転ステージを無駄にフル活用した“女子会”など、ボリューム満点の内容だ。

“年表”トークでは、放送開始となる2010年から2015年までの事項が書かれた、全10枚にも及ぶ年表がスクリーンに表示。「大久保さんが髪を染めた」「小松さんがノースリーブを着て来た最後の日」「三上さんがクリスマスツリーに肉とほたてを飾る」といった、コアなリスナーにとっても懐しいエピソードを振り返り、その内容に5人も当時を思い出しながらトークを繰り広げていく。


続く“コーナー紹介”トークでは、三上さんは“ハニーしおり”、高森さんが“なちゅみ”、大久保さんが“瑠美男”、小松さんが“マザーミカコ”、上坂さんが“Sumire”と、各自担当コーナーのキャラクターの衣装に着替えして変身。スタッフからの「パーソナルとの関係は?」「自分のことをどう思っている?」といった、“無茶ぶり”とも言える質問に答えていくこととなる。

また、そんな5人で繰り広げる最初で最後のドラマコーナーも実施。個性あふれるキャラクター同士の“濃い会話”に、見ている観客たちも大爆笑であった。

そんな後の“女子会”の時間になると、ステージ中央にある回転盤に、ドリンクとおつまみ(主にウインナー)が乗った大きな机が出現。これに座った5人は、くるくるとステージが回転する中で、スクリーンに映し出されるテーマに合わせてトークを展開していく。

その内容は「いまさら聞けない素朴な疑問」「今だから言える!意味がわからなかったGL5」「シャッフルウィークでわかったよその曜日との違い」「最後の聖戦。きのこ派?たけのこ派?」といったもので、5人はまるで本当の女子会のように、自由で気ままなトークを繰り広げた。


さらに、そんな自由な雰囲気のままコーナーは“最後だから5人でやりたいこと”へ突入。タイトルの通り5人は、「タイムカプセルを作りたい」と思い思いのグッズを箱につめ込んだり、「ケーキ入刀をしたい」ということで力を合わせてケーキに入刀したりと、やり残したことを消化していく。

また「全員で集合写真を撮りたい」という要望では、観客をバックにして記念写真も撮影。観客たちにとっても喜ばしい時間となった。




●5年の歴史、最後の1ページには……!

クライマックスとなるライブパートは“.lady.”のデビューシングルである『Open Tuning』で元気いっぱいにスタート。純白のドレスの衣装を着た5人はステージを駆けまわり、観客からの声援に答えて歌う。

その後はMCを挟みつつ、『Progression』『星を捜して』『A Little Magic』と、卒業アルバムにも収録されている楽曲を次々と熱唱。ラストを飾る『君と僕との1ページ』では、「ありがとう」「本当はもっと共に歌いたい」「次にあった時も、あの時のように笑わせてあげる」という歌詞を、5人も涙ながらに歌声を絞り出し、華やかでありながら愛おしく、せつない時間となった。

かくして、公演はいよいよ“卒業式”の時刻に。ライブをえた5人が退場すると、スクリーンに過去に開催され終てきたイベントのムービーが上映。その後には、番組プロデューサーの高橋和也氏がスーツ姿で登場し、“卒業証書授与式”と題して、高橋氏がメンバーひとりひとりにコメントを読み上げながら、卒業証書を手渡していく。

その後の“.lady.”による最後のコーナーとなったのは“卒業生式辞”。各メンバーは事前に書き留めたという手紙を、それぞれにステージの中央で読み上げていき、それぞれがリスナー、スタッフ、そしてメンバーたちへと溢れんばかりの想いと「ありがとう」を、涙ながらに伝えていく。

そんな式辞が終わると、あらためて観客とのやり取りを交わし、番組の締めくくりで使われてきた「そろそろお時間です」という言葉で“卒業”の瞬間を告げた5人。

最後はお馴染み「これからもみんな一緒に……」「Lady Go!!」というコールアンドレスポンスでイベントを締めくくり、観客からの鳴り止まぬ拍手で見送られながら、5人は未来へと足を踏み出した。


(文:大島弥月)


『Lady Go!! 卒業イベント ~1841日の奇跡~』
2015年10月18日(日)舞浜アンフィシアター セットリスト

01.Open Tuning
02.Progression
03.星を捜して
04.A Little Magic
05.君と僕との1ページ


Lady Go!!卒業アルバム

B011SFCF4Y 「A&G NEXT GENERATION Lady Go!!」オープニング・テーマ 「Progression」

B00VQNF8GG 文化放送「A&G NEXT GENERATION Lady Go!!」番組テーマ曲シングル

B00HM7V7Z6

▲ PAGETOP