ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース細谷佳正、村瀬歩、楠大典、三木眞一郎ら出演の映画「屍者の帝国」のファイナルPVが公開!

細谷佳正、村瀬歩、楠大典、三木眞一郎ら出演の映画「屍者の帝国」のファイナルPVが公開! 2015年9月19日 12:00


10月2日(金)より公開されるノイタミナムービー第2弾 【Project Itoh】の映画「屍者の帝国」。本作の全貌が明らかとなるファイナルPVがWeb限定で公開された。

ファイナルPVは、池頼広さんによるドラマチックな劇伴音楽が初めて使用され、映像美と作品のスケールが一気に増大した力作だ。親友フライデーとの生前の約束どおり、自らの手で違法に彼の屍者化を試みた医学生ジョン・H・ワトソン。各地で出会う様々な事件、世界を巻き込んだ壮大な旅“グレートゲーム”の行方に目が離せなくなる、アクション、ドラマ満載の映像に仕上がっている。

この他、公式サイトでは、伊藤計劃先生と共作の原作者・円城塔先生より、映画「屍者の帝国」へ寄せた珠玉のメッセージが公開中なので、こちらも併せてチェックしよう!



■「屍者の帝国」舞台挨拶概要

<10月2日初日舞台挨拶>
【開催日時】2015年10月2日(金)18:45の回
【会場】お台場シネマメディアージュ
【出演】細谷佳正、村瀬歩、花澤香菜、楠大典、山下大輝
【チケット】2,000円(税込)
【チケット販売情報】
9月18日(金)24時よりチケットぴあにて発売開始

<10月3日舞台挨拶>
【開催日】2015年10月3日(土)
【会場】TOHOシネマズ川崎、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ日本橋
【出演】花澤香菜、楠大典、山下大輝、牧原亮太郎監督※各劇場により登壇者が変更となります
【チケット】各2,000円(税込)
【チケット販売情報】
9月18日(金)24時よりVitオンラインにて発売開始



■映画「屍者の帝国」

2015年10月2日(金)公開!

【スタッフ】
原作:「屍者の帝国」伊藤計劃×円城塔(河出文庫)
監督:牧原亮太郎
脚本:瀬古浩司、後藤みどり、山本幸治
キャラクター原案:redjuice
キャラクターデザイン:千葉崇明
総作画監督:千葉崇明、加藤寛崇
色彩設計:橋本賢
美術監督:竹田悠介
3D監督:西田映美子
撮影監督:田中宏待
編集:肥田文
音響監督:はたしょう二
音楽:池頼広
主題歌:『Door』EGOIST(ソニー・ミュージックレコーズ)
アニメーション制作:WIT STUDIO
制作:Project Itoh

【キャスト】
ジョン・H・ワトソン:細谷佳正
フライデー:村瀬歩
フレデリック・バーナビー:楠大典
アレクセイ・カラマーゾフ:三木眞一郎
ニコライ・クラソートキン:山下大輝
ハダリー・リリス:花澤香菜
M:大塚明夫
ザ・ワン:菅生隆之


<ストーリー>
“死体蘇生技術”が発達し、「屍者」を労働力として活用している19世紀末のロンドン。有能な医学生ジョン・ワトソンは、英国政府の秘密組織「ウォルシンガム機関」に招かれ、ある密命を受ける。
それは伝説の書物「ヴィクターの手記」の捜索。一世紀前にヴィクター・フランケンシュタイン博士が遺し、まるで生者のように意思を持ち言葉を話すオリジナルの屍者「ザ・ワン」を生み出す究極の技術が記されているという。
第一の手掛かりはアフガニスタン奥地。ロシア帝国軍の従軍司祭であり天才屍者技術者と謳われたアレクセイ・カラマーゾフが、突如武装した新型の屍者を率いて叛乱を起こし、その地に姿を消したという。
彼が「手記」を既に入手し、新型の屍者製造にその手法を用いているのだとしたら...。すべての行動を記録する屍者フライデーを伴い、ワトソンの「ヴィクターの手記」をめぐる壮大な旅が始まる。


©Project Itoh & Toh EnJoe / THE EMPIRE OF CORPSES


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

4150309841 ハーモニー ハヤカワ文庫JA [Kindle版]

B009DEMA1Q ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

415031019X 屍者の帝国 (河出文庫)

4309413250

▲ PAGETOP