ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース伊藤美来、三澤紗千香、吉岡麻耶、水瀬いのり、下田麻美が出演の『第2回初夏の流川祭り』レポ到着!

伊藤美来、三澤紗千香、吉岡麻耶、水瀬いのり、下田麻美が出演の『第2回初夏の流川祭り』レポ到着! 2015年7月15日 18:00


6月13日(土)にディファ有明にて開催された「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」のイベント『第2回初夏の流川祭り』。このイベントのオフィシャルレポートが到着したので紹介する。

このイベントには、宇佐美奈々子役・伊藤美来さん、小日向縁役・三澤紗千香さん、三ケ月ゆい役・吉岡麻耶さん、名都借みらい役・水瀬いのりさん、西深井沙織役・下田麻美さんが出演した。



会場には、奈々子と縁のパネルや、ファットカンパニーより発売予定のゆいのフィギュアなど、開場までの時間も楽しめる展示が用意されただけではなく、なんと来場者全員にこれまでCD化されていなかった奈々子(CV:伊藤美来)&縁(CV:三澤紗千香)Ver.の『魚心くんソング』と『あぁ流川』、そして奈々子(CV:伊藤美来)ソロVer.の『ミライファンファーレ』を収録したCDが来場者特典として配布!開演の前に来場者のテンションも上がって、今か今かとその時を待ちわびる状態に!


満を持して始まったイベントはまず、寸劇形式の開演前アナウンスからスタート。キャラクターたちが壇上に登る直前という設定で、互いに携帯やカメラの電源をオフにするようにと注意を促しながらも西深井だけはオフィシャルのカメラマン兼マネージャーとして流川ガールズの写真を撮影しようと息巻いていたり、奈々子の写真を縁がねだったりという、随所に笑いをはさんだ舞台裏のやり取りが展開。



アナウンスが終わると共に、司会進行の西深井沙織役の下田さんに呼ばれるかたちで、宇佐美奈々子役の伊藤さん、小日向縁役の三澤さん、三ヶ月ゆい役の吉岡さん、名都借みらい役の水瀬さんが登場!

大きい会場でのイベントに彼女たちが緊張を募らせながらも、まずは「みんなで当てよう『ろこどる』名シーンクイズ」がスタート。


出演陣のビデオレターから出題される「お気に入りのシーン」を当てるというもので、来場者に「はい」か「いいえ」で答えられる質問を投げかけながら答えを探り当てることに。

柏葉さつき役の井澤美香子さんが出題した「『流川ガールズソング』を流さないシーン(10話)」というトリッキーな答えをどうにかこうにか当てながらも、最後の阿南葵役の今井麻美さんの問題は誤答の音を聞いてみたいという好奇心からわざと間違えるという展開になり、最終的な正解は4つという結果に。


なお、ビデオレターを届けてくれた出演者と、そのお気に入りのシーンは以下のとおり。

井澤詩織(野田硝子役)「奈々ちゃんが縁さんの百合マンガを発見してしまうシーン」

井澤美香子(柏葉さつき役)「流川ガールズソング」を流さないシーン(10話)

津田美波(水元美里役)プールで「あぁ流川」を歌うシーン

室園丈裕(太田貢役)「流川ガールズソング」を歌うシーン(12話)

今井麻美(阿南葵役)「ゆるキャラ集めてみた。」の魚心くんの感動のゴールシーン(6話)



続いては、シリーズ構成・綾奈ゆにこ書き下ろし「離ればなれになってみた。」の生アフレコ。

物語はみらいが書いた寸劇の台本に向きあうため、いつも一緒にいる奈々子と縁が離ればなれになるところから始まる。一時も奈々子と離れたくない縁の言動が段々とおかしさを増していくという笑いを誘うシーンがありながらも、最後に2人は、今があることが当たり前ではなく、偶然や運命が重なって奇跡のような今があるということに気が付く、という内容だ。



そして来場者お待ちかねの、生ライブでは『ミライファンファーレ』(伊藤・三澤)、『WithinU』(吉岡)、『泣き虫のfairy tale』(水瀬)、『For you!!』(伊藤)、『魚心くんソング』(吉岡・水瀬)、『流川ガールズソング』(伊藤・三澤)、『未来少女たち』(伊藤、三澤、吉岡、水瀬)、と7曲ものライブが披露され、会場の熱気も最高潮に!


ライブの中盤では魚心くんの会場練り歩きというサプライズもあり、写真撮影OK、お触りOKという大サービスに、来場者たちはみなこぞって魚心くんとふれあったのだった。



またこの日は、「ろこどる」の新たな展開についても発表が行われた。PC向け超大作オンラインRPG「ドラゴンスプロフィット」とのコラボ、流川ガールズと魚心くんが流川市観光コンシェルジュに就任決定、キャラクターソングとミニドラマを収録した新作ミニアルバムの2枚同時リリース、そして会場を最も沸かせたのが待望の新作OVA制作決定の告知!これを受けてTBSアニメフェスタへの4人の出演も決定した。



こうしてあっという間にイベントは終わりの時間を迎え、最後は4人の感謝のメッセージで締めくくり。「もしチョットでも盛り上がらなかったら強制終了するなんて言ってましたが...まぁあれはウソなんですけど(笑)、ホントにまだまだ続けたいくらいの熱いイベントになりましたね!流川市の公務員としても非常に心強いなと思います。今日はみなさんありがとうございました!」(下田)

「今日はみなさんありがとうございました!今日の楽しかった思い出と共に美味しいご飯をいっぱい食べて、明日からも「ろこどる」の思い出と共に一緒に癒やされて、そしてまたこういう機会があったら、たくさんの市民のみなさんと笑顔で歌って踊ってしたいです!本当に今日はみなさんありがとうございました。優しい市民のみなさんが大好きです!」(水瀬)

「本日は皆さん本当にありがとうございます!こうやって大きなところでみなさんとまた一緒に歌ったり踊ったり笑ったりできて嬉しかったです。優しい流川市の市民のみなさん、そして仲良しなキャストのみんな、みんながいてこの流川市ができてるんだと思ったら凄く嬉しくて、本当にこの作品が大好きなんだなって思いました。OVAの制作も決まりましたし、みなさんにまた会える機会があると思うとすっごく嬉しいです。流川市民のみなさん、私は流川市が大好きっス!本日はありがとうございました!」(吉岡)

「本日はありがとうございました!みなさんの顔が優しくて暖かくて、こんなにも愛情にあふれた会場はなかなかないと思いますし、想いが通じあってる気がしました。みなさんの応援のおかげで今日もイベントができたわけですし、素敵な流川市民がこれからもたくさん増えていってくれたら嬉しいです!またTBSアニメフェスタで会えるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました!」(三澤)

「本日はありがとうございました!OVAも決まりましたし生アフレコもやりましたし、TBSアニメフェスタも決まって、放送が終わっても新しい展開があるっていうのは本当にみなさんのおかげだなって思います。感無量で上手く言葉が出てこないんですけど、最初にこの作品で主役をやるって聞いた時は大丈夫かなって思ってたんですが、こんなにもたくさんの方に愛していただいて、本当に嬉しく思っております。愛にあふれる流川市をこれからも私たちも愛していきますしみなさんも是非愛していって下さい!こんなにたくさんの流川市民のみなさんの笑顔が見れて本当に嬉しかったです!今日は本当に来てくださってありがとうございました!」(伊藤)


そして、鳴り止まないアンコールに応え、ろこどるTシャツに着替えた5人が再登場すると、最後は会場全員で「あぁ流川」を合唱!流川市民が一体となった2時間のイベントは、こうして幕を閉じた。



©小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課


普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。Vol.7(初回生産版) (イベント参加優先申込券付き) [Blu-ray]

B00LIB7P08 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。Vol.7(初回生産版) (イベント参加優先申込券付き) [DVD]

B00LIB7RJC 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。Vol.4(初回生産版) [Blu-ray]

B00LIB7RR4 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。Vol.5(初回生産版) [Blu-ray]

B00LIB7RHE 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。Vol.6(初回生産版) [Blu-ray]

B00LIB7RC4

▲ PAGETOP