ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、内田真礼、三上枝織らよりコメントが到着!「ロボットガールズZプラス」

本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、内田真礼、三上枝織らよりコメントが到着!「ロボットガールズZプラス」 2015年6月26日 18:00


永井豪原作「マジンガーZ」シリーズのロボットを美少女キャラ化したアニメ「ロボットガールズZ」。アニメだけでなくオンラインゲームも大人気の本シリーズの最新アニメシリーズ、月刊ショートムービー「ロボットガールズZプラス」が5月20日より第1話配信をスタート。毎月20日に1話ずつ配信されており現在第2話まで好評配信中だ。

今回、本作に出演している以下のキャストによる囲み取材が開催。キャスト達のコメントを紹介しよう。また、現在初のキャラクター人気投票となる“ロボットガールズ 選抜総選挙“も実施(7月12日まで)されているのでこちらにも注目して欲しい。



【チームZ】本多真梨子さん(マジンガーZ[Zちゃん]役)、水瀬いのりさん(グレちゃん[グレートマジンガー]役)、荒浪和沙さん(グレンダさん[グレンダイザー]役)

【新生チームG】内田真礼さん(ゲッちゃんドラゴン[ゲッタードラゴン]役)、矢作紗友里さん(ライガ様[ゲッターライガー]役)、久野美咲さん(ポンちゃん[ゲッターポセイドン])、小池菜摘さん(パーンさん[パーンサロイド]

【チームLOD】高岡香さん(トリプルガイちゃん[トリプルガイキング]役)、大空直美さん(バルちゃん[バルキング]役)

【チーム號】三上枝織さん(號ちゃん[ゲッター號]役)、平山笑美さん(翔ちゃん[ゲッター翔]役)、小澤亜李さん(剴の嬢[ゲッター剴]役)

國府田マリ子さん(ガン子[ギルギルガン]役)





――アフレコの感想をお願いします。

本多:今回は第3話から第6話を収録したのですが今までで一番疲れました。
怒ったり泣いたり笑ったりと感情の切り替えが激しく次の瞬間には違う顔をしていて、今まで以上にギャグがテンポアップしていました。

水瀬:今回はセリフが少なかったのでひとつひとつでキャラを出せるように頑張りました。収録は今まで以上にわちゃわちゃした感じがして面白かったです。いっぱいキャラクターがいますが、個性が被っていないので見ていて楽しめると思います。

荒浪:今回はZちゃんが怒っているイメージが強かったです。セリフカットがあったりはしたのですが、チームZは逃げていることが多いのでセリフすら淘汰されていくんだなと思いました……。
収録では人が多かったのもあってかテンポも早く、久しぶりに戦闘シーンがあって楽しかったです。

内田:ゲッちゃんは「プラス」になってから主人公格が増したなと思います。戦い始めると誰だか分からなくなるような子だったのが今は馴染んできています。登場人物が多いとお嬢様っぽさが際立って華やかな感じがします。新生チームGのメンバーと一緒に楽しく収録出来ました。

矢作:ピチピチした可愛い女の子やポンコツな女の子が多い中、お姉さんという立場を意識して演じました。(チームGが)全員揃っての収録は初めてだったのですが、掛け声が揃ったのを見て、改めて主人公格なんだなと思いました。

久野:ポンちゃんはのんびりとしたあっけらかんな子でカープ女子です。広島弁が難しくて、アクセントの指示をいただいたり苦戦していたのですが、今日の収録では広島弁に慣れて来たせいか、今までで一番自然に言えたと思います。広島弁を楽しみながら演じられました。

三上:チーム號自体が最近ドラマCDで投入され、アニメに参戦出来ると思っていなかったので嬉しいです。號ちゃんは瀬戸内から来た熱血な女の子なのですが演じていて楽しかったです。

平山:チーム號は初めてアニメに出演したのですが、動く翔ちゃん達を見て感激しました。チーム號として合わせる部分ももっと増えていくといいなと期待しつつ、可愛いキャラや面白いキャラが出て来て思わず見ていて笑ってしまいました。

小澤:とにかくアニメに出れてラッキーだなと思いました。本編中では普通の状態よりもやられている部分が多くて、活躍は出来なかったのですが、気になった方はオンラインで見てもらえると嬉しいです。キャラクターを見てもらえる機会が増えて良かったです。

小池:最初アニメ化されると聞いた時は、ジーグさんとパーンさんがチーム號としてHPにアップされていたので、今はチームGですらないんだなと思いました。今後パーンさんはどうなっちゃうんだろうと思っています。アニメでは表情が豊かでいっぱい動いているなと思いました。これからもパーンさんには頑張って欲しいです。

高岡:チームLODで今回活躍出来るということでTには申し訳ない気持ちがあるのですが、ちゃんとTのメンツも出番があって救ってくれているのが嬉しかったです。
チームZもGも決めポーズが格好よくて、LODの決めポーズはどうなってるのかなと思っていたのですが、膝を立てて手でLODの文字を作っているだけでした。ZやGとの差があるんだなと思いました。次のアニメでは號と一緒に決めポーズを出せたらいいなと思います。

大空:設定資料に中国拳法の達人とあり、どう戦うのかなと思っていたら、別の意味で良い見せ場を作ってもらい、ガイちゃんのパワーアップのために犠牲になるという役目を果たせました。服が弾け飛ぶシーンがあるのですが、ドラマCDの時にアニメでやったら皆が喜ぶなと思っていました。

國府田:何の予備知識もなくスタジオに来て、可愛い子に囲まれて嬉しかったです。(ギルギルガンは)表情が豊かでどこまで演じたらいいのか分からなかったのですが楽しかったです。ただ一つだけあるとすると、練馬区民への愛が芽生えました。
他には作品を見て衝撃を受けましたね。Zちゃんが男の子口調で喋るので日常生活で言われたらショックだなと思います。





――先日チームZのメンバーで上海に行かれたそうでしたが、いかがでしたか?

本多:海外ということで色々と準備をして行こうと思ったのですが、上海では日本人も多く、通訳の方もいれてくれたので楽しめました。

荒浪:会場がすごく豪華で驚きました!

本多:豪華過ぎて総理大臣ごっこをしました(笑)

荒浪:パネルとかも色が鮮やかで日本よりも全部が派手でしたね。

本多:夜景がキラキラではなくてギラギラしていました。初めての上海で豪華なイベントを楽しく参加させていただきました。中国でも注目されたら嬉しいです。

荒浪:イベント会場全体のLINEグループがあって、それを見ながらお客さんがイベントを見ていて驚きました。

水瀬:みんなが話してくれちゃいましたが、ご飯が美味しかったです!



――7月12日(日)には「ロボガラジオ 聞かなきゃ全員フルボッコだZ!プラス」公開録音が開催されますが、意気込みをお願いします。

平山:ラジオではチームZの皆さんのチームワークがすごいので、生気を吸い取られないように公開録音は気合いを入れて出たいです。豪華なゲストも追加されて一緒に出られるのを楽しみにしています。

大空:私も出演させていただきます。ニコ生で出演させてもらった時は、チームZの皆さんがすごく暴露をされていてすごくパワーがあり、お腹を抱えるくらい楽しかったです。次は誰が身を削るのかなと思ってドキドキしながら公開録音に臨みたいと思います。國府田さんと一緒の回の出演なのでそれも楽しみです。

國府田:この番組のラジオは初めてなので楽しみにしています。作品を好きな人が聴いてくれているラジオの現場に行けることがとても幸せです。リスナーさんのためにも楽しもうと思います。



――現在総選挙が行なわれていますが、そちらの感想も聞かせていただけますか?

水瀬:私は中間発表の通り2位のままで大丈夫です。人気がないと思っていたので驚きました。一人の人が投票を頑張ってくれているのかなと。票数はまだ出ていないので、2位から下が接戦で抜かれるかもしれません。

本多:1位にはならないと思っているので7位までに入ってドラマCDに出れたらいいなと考えています。

荒浪:総選挙は頑張りたいと思っていたのですが、いつの間にか始まっていて、中間発表で(グレンダさんが)あまりにも人気がなくてスタッフ票が入ったと聞きました(笑)。




――最後に改めてチームZの3人から本作の見所を教えていただけますか?

本多:見所としては、いがみ合う女子ですね。これだけ可愛い子達がいっぱいいるのに殴り合い蹴り合いをして皆ボコボコなので、監督は可愛い女子に恨みがあるのかなと思います(笑)。そんな作品は今のアニメにないと思うので、ぜひ楽しんでいただきたいです。

水瀬:今回、「プラス」とタイトルに付いて進化し、登場キャラも増えたのですが、やってることは最初から変わっていなくて、ハチャメチャなところが好きで皆さん見てくれているんだなと思っています。
始まりは小さいことなのに爆発をしたり、画面の中にどこかで見たことがある人が混じっていたり、スタッフさんの遊び心があって、グレーな部分を責めるのもこの作品ならではなので、このままのロボガ(ロボットーガールズZ)であって欲しいと思います。

荒浪:プラスになってもボコボコのズタズタですが、元々いたキャラクターがパワーアップして、衣装チェンジもして画面の中が賑やかになって放送が楽しみです。このまま好感度を無視して突っ走って欲しいです!


■ショートムービー「ロボットガールズZプラス」

ニコニコ動画、YouTubeにて配信中!

【スタッフ】
プロデューサー:森山義秀
ラインプロデューサー:坂上貴彦
原作:永井豪
キャラクターデザイン:川上哲也
監督:博史池畠
制作協力:LandQstudio's
製作:東映アニメーション/東映ビデオ/東映チャンネル

【キャスト】
<チームZ>
マジンガーZ(Zちゃん):本多真梨子
グレちゃん(グレートマジンガー):水瀬いのり
グレンダさん(グレンダイザー):荒浪和沙

<新生チームG>
ゲッちゃんドラゴン(ゲッタードラゴン):内田真礼
ライガ様(ゲッターライガー):矢作紗友里
ポンちゃん(ゲッターポセイドン):久野美咲
ジーグさん(鋼鉄ジーグ):津田美波
パーンさん(パーンサロイド):小池菜摘

<チームLOD>
トリプルガイちゃん(トリプルガイキング):高岡香
バルちゃん(バルキング):大空直美
ライッち(ライキング):新田恵海

<チーム號>
號ちゃん(ゲッター號):三上枝織
翔ちゃん(ゲッター翔):平山笑美
剴の嬢(ゲッター剴):小澤亜李

ガン子(ギルギルガン):國府田マリ子
ボスボロッ娘(ボスボロット):竹達彩奈


©ダイナミック企画・東映アニメーション
©松本零士・東映アニメーション
©ロボットガールズ研究所


ロボットガールズZプラス [Blu-ray]

B00XXN80UI ロボットガールズZプラス [DVD]

B00XXN80S0 ロボットガールズZ Vol.1 [Blu-ray]

B00ISRCS3E ロボットガールズZ Vol.2 [Blu-ray]

B00ISRCS2U ロボットガールズZ Vol.3 [Blu-ray]

B00ISRCUI2

▲ PAGETOP