ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース水樹奈々、神谷浩史、中村悠一が登壇!『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』舞台挨拶レポート

水樹奈々、神谷浩史、中村悠一が登壇!『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』舞台挨拶レポート 2015年6月 6日 12:05


前2作が全世界で空前のメガヒットを記録し、映画史にその名を刻む超人気シリーズとなった「ハンガー・ゲーム」。ついに突入する最終章の前編『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』が6月5日(金)より上映となった。

これを記念して今回、シリーズを通してカットニス、ピータ、ゲイルをそれぞれ演じている水樹奈々さん、神谷浩史さん、中村悠一さんによる舞台挨拶が6月6日(土)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行なわれた。




ステージに登壇した出演者たち。神谷さんはピータにちなんだ白いスーツ、中村さんは本編であまりキレイな服を着ていないと話すゲイルと一転して黒いスーツで登場。中村さんは神谷さんに「マフィアみたいで格好良いよ!(笑)」とツッコミを入れられ、苦笑いしていた。

本作でのカットニスについて、水樹さんは“ピータ姫”を助けにいく展開にますますヒロインよりもヒーローになってしまったと笑う。また、大人たちの思惑に踊らされていたカットニスが自分の意志で動き始めたことや、ゲイルとピータとの恋模様など人間味が増して演じていて楽しかったと語った。

神谷さんはとんでもない拷問にあって雰囲気が変わってしまったピータの難しい立場について話し、ピータ役のジョシュ・ハッチャーソンさんの減量の度合いを見て相当な覚悟を持って演じなければと思ったそうだ。中村さんは今まではカットニスとの距離が遠かった部分があったが、今回距離が近くなったけれど気持ちはこちらにないんだろうと思ったとコメント。




プライベートの神谷さんと中村さんの仲についてMCに問われたふたりはゲームを起動するとお互いがゲームをしていることが分かったりするなど、仲の良さをうかがわせる。水樹さんは二人の白と黒のスーツ姿について素敵だと話しつつ、白いスーツ姿の男性はなかなか見ないとコメントしていた。

今作のテーマが“反乱”ということでプライベートで反乱したいことについて、中村さんは電車を降りる時に先に乗って来そうな人に反乱したくなると語る。水樹さんはカメラのクオリティが上がって欲しくないと語り、年齢を重ねるにつれてカメラの性能上昇に抗いたいと話した。神谷さんは道交法の変化を受けて「ロードバイクを乗ってる身として反乱を起こす」と大胆な発言で皆を驚かせたが、「家を一歩を出ないぞ!」と冗談めかした。

11月20日(金)公開の「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」でどうなるかという予想について、水樹さんは皆が望むハッピーエンドを予想。神谷さんは戦争は極論同士のぶつかり合いということで話し合いによる平和なエンディングを望むと語る。中村さんは「ピーターは助からないでしょうね」とコメント。カットニスを手に入れるために「今からハリウッドに飛べば間に合う?」と一瞬本気ともとれる表情を覗かせが、エンディングまでの道のりは重くなるだろうけど明る結果を見たいと語った。




最後に出演者たちからメッセージが送られ、舞台挨拶は終了となった。

水樹:この後本当のラストが待っています。小説は完結していますが映画ならではの解釈もあるのではと私自身楽しみにしています。引き続きよろしくお願いします。

神谷:ここまでお付き合いいただいた皆さんならレボリューションまで見届けてくれると思います。アフレコはまだですが、この作品の最後まで付き合っていく覚悟ですので皆様もよろしくお願い致します。

中村:次回の舞台挨拶があれば(前回の舞台挨拶と比べて)また人が一人減るのではとなんとなく感じています。神谷さんごめんねと(笑)。そうなるかもしれませんし、またこのメンバーでお届け出来るかもしれません。その際にはまたよろしくお願いします!




■ハンガー・ゲーム FINAL

『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』:6月5日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座他大ヒット公開中!
『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』:2015年11月20日(金) 全国ロードショー

【監督】監督:フランシス・ローレンス(「アイ・アム・レジェンド」「コンスタンティン」「ハンガー・ゲーム2」)
【原作】スーザン・コリンズ著「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」(KADOKAWA刊)

【キャスト】
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ジュリアン・ムーア、サム・クラフリン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランド


<ストーリー>
ハンガー・ゲーム記念大会の闘技場から救出されたカットニスが収容されたのは、昔起こった激しい反乱戦争の末、滅亡されたとされてきた第13地区の地下にある秘密軍事基地。そこではコイン首相率いる反乱軍が、自由で平等な新国家を建設するために打倒パネムの戦闘準備を進めていた。
そこで、政府軍による空爆で壊滅状態となった故郷の惨状を知って胸を痛めたカットニスは、民衆の心をひとつにするための革命のシンボル=“マネシカケス”として、反乱軍を率い独裁国家に立ち向かう事を決意。
しかし、政府の人質となってプロパガンダ番組に出演させられ、哀れにやつれはてたピータの姿を目の当たりにしたカットニスはショックを隠せない。やがて両陣営の緊張が高まるなか、反乱軍はピータ救出作戦を実行するが、その先にはカットニスを襲う更なる過酷な運命が待っていた…。


TM&©2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.© 配給:KADOKAWA


ハンガー・ゲーム2 Blu-ray

B00O8O7Q1K ハンガー・ゲーム2 [DVD]

B00O8NZP6E ハンガー・ゲーム2 ブルーレイ(特典Blu-ray1枚付き2枚組)

B00ICBR3IG ハンガー・ゲーム [Blu-ray]

B00F4PGW8U ハンガー・ゲーム [DVD]

B00F4PGSJI

▲ PAGETOP