ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース津田健次郎、冲方丁よりコメント到着!「攻殻機動隊 ARISE PYROPHORIC CULT」新作エピソード6月放送!

津田健次郎、冲方丁よりコメント到着!「攻殻機動隊 ARISE PYROPHORIC CULT」新作エピソード6月放送! 2015年5月25日 18:00


TOKYO MX、KBS京都ほかで好評放送中の「攻殻機動隊 ARISE」のTVシリーズ「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」。本作の第9話、第10話にあたるTV完全新作エピソード「PYROPHORIC CULT」が6月7日(日)、6月14日(日)より順次放送される。

この「PYROPHORIC CULT」の電脳ウィルス“ファイア・スターター”の信奉者である新キャラクター「パイロマニア」を、津田健次郎さんが演じることが発表された。攻殻機動隊のファンであったという津田さんはオファーを受け「テンションがあがった」と快諾したとのこと。今回、津田さんとシリーズ構成の冲方丁さんよりコメントが到着したので紹介する。


<津田健次郎オフィシャルコメント>
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を初めて見たとき、こんなに静かで深いSF映画がありうるのだと、とても強い印象を受けました。ですからシリーズ最新作にあたる『ARISE』の出演依頼をいただいた時はテンションがあがりました。アフレコの時もバトーの軽口を聞いたりすると、ついファンの視線に戻ってしまいました。
僕が演じたパイロマニアというキャラクターは、見た目が独特でぼうっとしているように見えます。でも、同時に暗いなにかを感じさせるようなザラっとした感触のある存在です。初登場で彼はたき火を見つめているのですが、SF作品らしからぬ自然の中のシーンで、そこからしてパイロマニアの異様な雰囲気が伝わってくると思いました。
パイロマニアは感情を抑えて、淡々と喋るキャラクターなのですが、その中でどこまでセリフにエネルギーを込めていくかは苦労したところでした。そういう意味では、抑えたお芝居の多い草薙素子ともどこかしら共通する部分のある存在かなと感じました。
パイロマニアは草薙素子と対峙していきますが、それは決して熱い戦いではなく、むしろ静かな戦いです。それはとても『攻殻機動隊』らしいものだと思いました。この全編から漂っている『攻殻機動隊』らしさを楽しんでいただければうれしいです。


<シリーズ構成・冲方丁による新エピソードの見所、新キャラクターについて>
草薙素子と対峙する敵、パイロマニアを描く。それが『ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』#09、#10 の狙いです。パイロマニアは素子が肯定するものを否定し、否定するものを肯定します。彼はウィルス“ファイア・スターター”を全肯定するキャラクターで、それ故に、素子の敵であり同時に社会の敵としても立ちはだかります。
ネットはあらゆる価値観を拡散させ、社会的なくびきからの逸脱を可能にします。そのためネットの拡大に社会が追いつけない時、社会よりもネットの価値を重くみる存在が現れます。パイロマニアはそれが行きすぎたキャラクターで、社会よりもウィルス“ファイア・スターター”のほうに価値を見いだしているため、社会を破壊することにいささかのためらいも持ちません。
一方、草薙素子は現在、既存の組織構造からはじき出されている存在ですが、それでもズカズカと現場へ入り込んでいって、自分のやるべき仕事をもぎ取っていく。#09、#10ではそういう草薙素子の“戦い方”が一番強調されたストーリーになっています。そんな草薙素子はパイロマニアにどう立ち向かっていくのか。そこを楽しみに見ていただけたらと思います。



■「攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT」Blu-ray&DVD

【発売日】2015年8月26日(水)
【価格/品番】
Blu-ray:6,800円(税抜)/BCXA-0999
DVD:5,800円(税抜)/BCBA-4701
【発売元・販売元】バンダイビジュアル株式会社

【特典】
・特製ブックレット「ANALYZED FIRE STARTER(仮)」
・「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」OP映像&次回予告集
・ロジコマ・ノート
・株式会社きゅーか(全10話)
・border:4 Ghost Stands Alone プロモーション映像&劇場上映CM
・攻殻機動隊ARISE 4 Blu-ray Disc&DVD CM
・黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)描き下ろしジャケット&特製スリーブケース



■TVシリーズ「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」

【放送情報】
TOKYO MX:毎週日曜22:30~
サンテレビ:毎週日曜26:00~
KBS京都:毎週日曜23:00~
テレビ愛知:毎週日曜26:35~
TVQ九州放送:毎週木曜27:30~
北海道テレビ:毎週火曜26:50~
仙台放送:毎週水曜26:42~
静岡放送:毎週木曜25:48~
BS11:毎週火曜24:30~

【スタッフ】
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成:冲方丁
音楽:コーネリアス
アニメーション制作:Production I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

【キャスト】
草薙素子:坂本真綾
荒巻大輔:塾一久
バトー:松田健一郎
トグサ:新垣樽助
イシカワ:咲野俊介
檀臣幸サイトー:中國卓郎
パズ:上田燿司
ボーマ:中井和哉
ロジコマ:沢城みゆき
パイロマニア:津田健次郎


【主題歌】
オープニングテーマ:坂本真綾 コーネリアス『あなたを保つもの』


<ストーリー>
企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなる程、情報化されてない近未来――西暦2027年。高度化した電脳犯罪を前に、“攻性”の特殊部隊設立を望む内務省公安9課・荒巻大輔の前に現れる、陸軍501機関所属・草薙素子三佐。生まれる以前に全身を義体化されたサイボーグであり、超ウィザード級のハッカースキルと、卓越したサイボーグ操作技術を併せ持つ草薙は、事件の影に潜む電脳ウィルス「ファイア・スターター」の謎に迫るが――。



■「攻殻機動隊 新劇場版」

2015年6月20日(土)より全国ロードショー!

【スタッフ】
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督:野村和也
総作画監督:大久保徹
アニメーション制作:Production I.G
製作:「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
配給:東宝映像事業部

【キャスト】
草薙素子:坂本真綾
荒巻大輔:塾一久
バトー:松田健一郎
トグサ:新垣樽助
イシカワ:咲野俊介
サイトー:中國卓郎
パズ:上田燿司
ボーマ:中井和哉
ロジコマ:沢城みゆき


<説明>
西暦2029年、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達により人々の意思が電脳に繋がれた世界。電脳犯罪を制圧するために組織された、全身義体のサイボーグ・草薙素子が率いる内務省直属の攻性の独立部隊、通称ー攻殻機動隊ー。
1989年、士郎正宗による原作「攻殻機動隊」が誕生。1995年、押井守監督による映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」が公開され、その圧倒的な作品世界と映像表現により、ウォシャウスキー姉弟(「マトリックス」)やジェームズ・キャメロン(「タイタニック」「アバタ―」)をはじめとする世界中のクリエイターに影響を与え、後のSF映画の映像表現に革命を起こした―。
そして、原作誕生より四半世紀を経た2015年。完全新作の長編アニメーション映画「攻殻機動隊 新劇場版」が公開される。主人公・草薙素子は、超ウィザード級のハッカースキルを持った全身義体のサイボーグ。彼女はなぜ自らの部隊を求め、戦い続けるのか。そして明かされる“攻殻機動隊”の起源と、出生の秘密。2015年―全世界震撼―


©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会


攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT [Blu-ray]

B00VJNQXTE 攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT [DVD]

B00VJNHU5K 【Amazon.co.jp限定】攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT(ロジコママウスパッド付) [Blu-ray]

B00VLLYP5I 【Amazon.co.jp限定】攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT(ロジコママウスパッド付) [DVD]

B00VLLYP6C

▲ PAGETOP