ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【(略)ロクエヌ】「〜2014年にこんなんあった〜」のハイライトはこちら【2/4】

【(略)ロクエヌ】「〜2014年にこんなんあった〜」のハイライトはこちら【2/4】 2015年5月12日 21:00


声優の佳村はるかさんを編集長に迎え、“ネット業界のネット媒体によるネット民のためのネットニュース”を旗印に、KoePota、Gamer、東スポweb、そして声旬!のweb4媒体が集ったイベント『ネット業界のネット媒体によるネット民のためのネットニュースナイト(略してロクエヌ)』の第4回が2015年1月17日(土)、お台場にあるTOKYO CULTURE CULTUREにて開催された。今回もいつものように、4媒体のリレー形式でレポートを紹介していこう。

【(略)ロクエヌ】2015年最初の「ロクエヌ」は「〜2014年にこんなんあった〜」&「〜羊たちと黙々2015〜」の2本立て【1/4】(Gamerさんから)



昼の部後半戦となった「ロクエヌ」は2014年の振り返りが中心。冒頭のおみくじトークから「今年は結構神社にお参りに行きました」とはるか編集長。その後も初詣の話で盛り上がると、話題は2014年のネット流行語大賞に。2014年の流行語が画面に表示されるが、普通の流行語ではなく、“ネット流行語”を振り返ってみるというのが「ロクエヌ」らしい。



金賞の「STAP細胞はありまぁす」から始まり、2014年のネット界を賑わした言葉がズラリとならぶが、銀賞の某議員の謝罪会見に食いついた編集長は、壇上の橙さんに「じゃあ、ちょっとやってみましょうか?」とまさかの無茶振り。決死のチャレンジもだだ滑りをしてしまった橙さんがさらにGamerのTOKENさんにバトンを託すとこれが似ていて会場は大爆笑。ちなみにイベントが終了して控え室に戻ってから、TOKENさんはもう一度このものまねをさせられてしまっていたほど、出演者一同は気に入ってしまったようだ。

その後も4位の「ピストン矢口」という際どいネタから30位の「TOKIO力」まで、さまざまなネット流行語が続く中、「はじめて聞くワードもあるけど……不思議と何のことだか分かるワードもありますね(笑)」と、ネットニュースに疎い編集長も興味津々。それでも危険を感じたワードもあったのか「気になる言葉はたくさんあるけど、うかつに触れられない……」と、イベント4回目にして身の守り方も分かってきたようだった。

それでも会場のファンはその危ういワードに触れさせたいようで「25位はー?」と、アクション。25位は「がんばれ♡がんばれ♡」。これには「普通の言葉じゃないですか?よく分からないけどググってみますね」と素直なリアクションを取ったはるか編集長。これには「いやいやいや!」と会場からはピュアな編集長を守るためのフォローの声も挙がっていたのだが……触れさせたいのか、触れさせたくないのか、そこは微妙なファン心理なのだろう。

2014年のネット流行語を振り返ったあとは、各4媒体での2014年のアクセスランキングベスト3の発表もあり、ひとしきり2014年を振り返ったロクエヌ昼の部後半戦。ちなみに以下が各媒体の年間アクセス数1位の記事だった。


●『実用性からネタまで「モンスターハンター4」定型文はこれに決まり!—厳選された12個の定型文でコミュニケーションするために』(Gamer)
http://www.gamer.ne.jp/news/201312080003/

●『ラジオ番組「神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜」発のエアバンド「MASOCHISTIC ONO BAND」メジャーデビュー記者会見』(KoePota)
http://www.koepota.jp/news/2014/11/14/0702.html

●『アイドルDVD局部丸見え騒動 問題シーンを徹底検証』(東スポweb) 
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/gravia/269934/2/

●『【鷲ノ繪】鷲崎健&中村繪里子フィギュア化のお知らせ』(声旬!)
http://sei-syun.info/archives/51417069.html



今回、編集長がベスト記事に推したのはKoePotaからの「【2014年秋の学園祭特集】声優・アニソンアーティスト出演イベントリスト」。その理由は「ニュースというより、よくぞまとめてくれました。これは役に立ちます!」と、記事作成の熱意を汲み取り絶賛。これらの記事はどうやら全部手動で更新したようで、今回はその苦労が報われた結果となった。

また昼の部前半戦で紹介された最優秀特派員ニュースにはポンコツラーメン特派員から寄せられた『2014年ベスト・オブ・赤ちゃん名づけを発表!』(http://namae-yurai.net/oneYearBestNamaeRanking.htm)と、ている特派員から寄せられた『これで安全? 歩きスマホ専用レーンが登場 中国・重慶』(http://www.cnn.co.jp/fringe/35053808.html)の2本が選ばれた。


以下は「〜2014年にこんなんあった〜」が終了した直後のはるか編集長のコメント。

前半戦では「守秘義務」という大人の世界が垣間見える言葉もありましたが、それでも空気感でそれを察してくださる……会場の温かさを感じましたね。ゲストに来ていただいた日本コロムビアの川崎さんに“まいにゃん”というあだ名があったことは新発見でしたし、全体的にワイワイと楽しい前半戦でした。(いつもは壇上に男性ばかりなので)女性のゲストさんが隣にいてくださるだけで安心します(笑)。

私的な2014年のトップニュースは、やっぱり『咲-saki-全国編』で初アニメ出演ができたことですね。それからというもの全クールアニメに出させてもらえるなんて思いませんでしたから2014年はいい年になりました!


今回のロクエヌは2回開催。夜の部では東スポwebの徳重さんも参戦して、よりロクエヌらしい話題で盛り上がった!?

→【(略)ロクエヌ】「ロクエヌ」の2開催目は「〜羊たちと黙々2015〜」【3/4】(東スポWebさんへ)

(ヘアメイク:小菅美穂子(Sweets)



ラジオCD「SHIROBAKO ラジオBOX」Vol.3

B00VI9NWJS SHIROBAKO 第6巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

B00OJXVUEY SHIROBAKO 第7巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

B00OJXVVD4

▲ PAGETOP