ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース姫崎愛未、田辺留依、秦佐和子、飯田里穂らよりコメント!「VENUS PROJECT」PS Vita発売記念イベント

姫崎愛未、田辺留依、秦佐和子、飯田里穂らよりコメント!「VENUS PROJECT」PS Vita発売記念イベント 2015年4月27日 18:45


ゲーム、アニメ、コミック、そしてライブやバラエティ番組など、多岐に渡る展開を行い、2次元と3次元のアイドルの融合を目指すクロスメディアプロジェクト「VENUS PROJECT」。そのプロジェクトスタートと、「VENUS PROJECT」PS Vita版のリリースを記念したイベントが、4月26日(日)に新橋ヤクルトホールで開催された。今回、イベント終了後に行われたVita版声優、及びアニメ版声優による囲み取材の模様をお伝えする。

イベントレポートはこちら!



――今回のイベントの感想と、今後のイベントへの意気込みをお聞かせください。

根本:沢山の方に支えられて、無事にイベントを大盛況の内に終了できたのではないかと思います。今後は良いイベントを届けられるように頑張っていきたいと思います。

姫崎:高野歌恋ちゃんとして、はじめて曲をお披露目することができて、とても楽しかったです。曲を聞いて頂いたことによって、皆さんに「VENUS PROJECT」を期待して頂けたのではないかと思います。今後は今日よりももっともっと楽しいイベントを届けられるように、そして私自身も歌恋ちゃんとして沢山のイベントに出演できるように頑張りたいです。

田辺:初めての「VENUS PROJECT」のイベントでしたが、お客さんが大変盛り上がっていただけたので、楽しくイベントを終えることができました。公開録音の出演権をかけてあっちむいてホイで対決するところなど、「VENUS PROJECT」らしいイベントになったのではないかと思います。

飯田:「VENUS PROJECT」初のお披露目イベントでしたが、大変盛り上がりましたので今後の展開が楽しみです。あっちむいてホイは全敗でしたので1回位は勝ちたかったです(笑)。今回アニメのキャラクターが初めてお披露目され、配役も発表になり『流華・ソバガスキー』というキャラクターを演じさせて頂けることをお伝えすることができたので、今後は皆さんの期待に応えられるように頑張りたいです。

秦:今回初めて6人揃ってイベントを開催しましたが、お見送りのハイタッチで皆さんより笑顔で楽しかったよとの声を沢山頂き、今日のイベントがあってよかったなと思いました。今後展開されていくライブイベントやアニメ、ゲームなども皆さんに笑顔で楽しかったと言ってもらえるようにしたいなと強く思いました。

早瀬:始まる前はドキドキしていましたが、始まってみるとあっという間でした。ゲームに出演されている3人がライブを披露しているのを見て、5月のライブイベントは私も頑張りたいなという気持ちが改めて湧いてきました。スマートフォンのゲームのデモプレイをさせてもらいましたが、途中までしか進めることができなかったのが自分的には残念でした(笑)。これからゲームを練習して、ゲームを盛り上げていければいいなと思います。



――7月放送のアニメ「VENUS PROJECT」に対する意気込みをお願いします。

根本:アニメに出演できるというのは聞いていましたが、どういう状況で出演になるのか何もまだ聞いていませんので、アニメチームのメインの3人に勝てればなあ、という気持ちがあります。アニメでの動く夕ちゃんを楽しく演じられたらいいなと思います。

姫崎:全6話という短い中で、どれ位面白いアニメになるのか楽しみにして頂ければと思います。「ソバガスキー」なんて名前からして面白いじゃないですか(笑)。メインの内容はアイドルものですが、その中にも沢山のジャンルが詰まっていますので、注目をしてほしいなと思います。

田辺:「VENUS PROJECT」の特徴でもある、キャラクターの人気次第でアニメの出演回数も変わってくるのかな、とちょっとした不安もありますが、このメンバーでどの様な芝居の絡みがあるのだろうかと期待をしつつ、アフレコを楽しみにしています。

飯田:(根本さんや田辺さんのコメントをきいて)出演回数が人気やバトル……あっちむいてホイで決まらないように祈っています(笑)。「VENUS PROJECT」は一味違うアイドルジャンルだというところを見せられたらなと思います。本日キャラクターが発表になり、動くキャラを見るのが楽しみですし、私自身もこういったキャラを演じるのが初めてですので、試行錯誤して頑張りたいです。

秦:メインキャラクターを演じることが初めてですので、ものすごく不安でいっぱいなのですが、原エリコちゃんに負けないように、そしてゲーム版に登場する3人にも負けないように自分も成長していければいいなと思います。頑張ります!

早瀬:私もメインキャラクターを演じるのは初めてです。私も美烏ちゃんと一緒に夢に向かって成長していきたいなと思います。美烏ちゃんはとても魅力的なキャラクターですので、話が進むにつれて掘り下げて美烏ちゃんを知っていけたらいいなと考えています。



――ゲーム版に関する意気込みをお願いします。

根本:ゲームのストーリーが5月頃に第一部が完結ということですが、アニメのキャラクターが登場して新しいストーリーが始まるのかと思うとドキドキしています。あくまでゲームの主役は私達だぞという意気込みを、軽く先輩顔して見せていきたいです。

姫崎:VITAを持っていますので、プレイしています。これからどんどんアップデートを重ねていくとのことですし、可愛い娘が増えていくのは楽しみです。自分の好きなキャラクターを見つけて、どんどんゲームをやりこんでもらって、そこからゲームが広がっていってくれるのが一番だなと思います。

田辺:私もVitaのゲームをプレイさせてもらっています。回数を重ねる度に色々な発見があり、楽しませてもらっています。私自身は平和主義者なのですが、更級美月には頑張ってもらって、応援をして下さる皆さんには無理のない程度に頑張って頂ければと思います。

飯田:(3人のコメントを聞いて)これだけ煽られたのであれば、カチこんでいくしかないかな(笑)。アニメチームの方が年上なので、ゲームでも勝っていきたいなと思います。ゲームに参加することで、流華ちゃんの見え方や魅力が変わってくるのかなぁ。VITAは持っているのですが、ゲームのダウンロードの仕方がわからないので、まずはそこから成長していければいいなと思っています。

秦:ゲームはプレイしています。ガチャを引いてみたらアラビア風のとても可愛い娘が出てきました。もし、この娘達の人気が出てきたらキャラクターの立ち位置が変わることもあるということですよね?自分のキャラクターが登場したら、課金をして一番強くします。

早瀬:私もゲームはプレイしています。素敵な空間に自分のキャラクターが飛び込んで行けるということがすごく嬉しいです。私も先ほどの今後の人気次第では立ち位置が変わるという話を聞いて震えているのですが、やりこんで自分のキャラを推していきたいなと思っています。


――アイドルを演じるにあたって、一番気をつけていることは何でしょうか?

根本:今日は『クロック・マドモアゼル』という曲を歌わせて頂いたのですが、聴いている人が一人のアイドルとして応援をしていきたいと思ってもらえるように気をつけています。

姫崎:私はアイドルグループとして活動をするときは根暗な部分が強いのですが、演じる歌恋ちゃんはとても前向きでポジティブな娘です。今日も『天使の一撃』という曲を披露させて頂きましたが、私は前向きでみんなに歌を届けたいという気持ちを込めて、客席を煽ったりしました。自分は歌恋ちゃんだと思いステージに立っています。

田辺:キャラクターの私情を挟まない様に気をつけています。美月はなにか嫌なことがあったとしても、決してそれをステージ上では出さないと思っていますので、アイドルとしてステージに立っているときは、アイドルとしての表情を見せるようにしています。

飯田:まだ曲を頂いていませんので歌ったことはないのですが、流華ちゃんは普通のアイドルではないなと感じましたので、そのあたりを汲み取って演じていければいいなあと。流華ちゃんの世界観をしっかりと伝えられたらいいなと思います。

秦:私は大人数のグループに所属していましたが、その時は個として良いものを作り出すのではなく、集合体として良いものを作り出すことが大前提でした。今回一人で何かをつくり上げるということが初めてなので、それができるのかなというのが大きな課題かなと考えています。今後の沢山のイベントを通じて、私にしかできない新しい世界を作れたらいいなと思っています。

早瀬:私もキャラクターを頂いて歌を歌わせていただくのは初めてです。沢山のキャラクターが登場する中で、美烏ちゃんの個性を引き出せていけたらいいなと思っています。私もまだ歌を頂いていませんが、イラストを見る中で正統派アイドルというイメージを受けましたので、それを皆さんにお伝えできればいいなと思います。

最後に飯田さん演じる「流華・ソバガスキー」にちなんで、うどんと蕎麦のどちらが好きなのかという質問が飛び出し、キャストの笑いを誘いつつ、なごやかな雰囲気の中幕を閉じた。


(文:細木宗一郎)


©2015 GALAT / FormulaVenus実行委員会


LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !! ~ [Blu-ray]

B00WHJQREK アニメ「ウィザード・バリスターズ」EDテーマ 『BLUE TOPAZ』

B00HTMLC8G 【Amazon.co.jp限定】声優パラダイスR vol.6(5月11日発売号)(専用徳井青空ポスター付き)(AKITA DXシリーズ)

4253110193 rippi-rippi

B00WOQ75L0

▲ PAGETOP