ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース種田梨沙、KENN、茅原実里、山岡ゆりが登壇!「劇場版 境界の彼方 –I’LL BE HERE- 未来篇」初日舞台挨拶

種田梨沙、KENN、茅原実里、山岡ゆりが登壇!「劇場版 境界の彼方 –I’LL BE HERE- 未来篇」初日舞台挨拶 2015年4月25日 10:28


2013年10月から放送されたTVアニメ「境界の彼方」。ヒロイン・栗山未来を中心に、TVシリーズの出来事を振り返る「過去篇」の公開に続いて、本日4月25日(土)より、TVシリーズの一年後、未来たちに起こる出来事を描いた完全新作「未来篇」の劇場公開がスタートした。

今回、「過去篇」の公開を記念して初日舞台挨拶が行なわれた。登壇者は種田梨沙さん(栗山未来役)、KENNさん(神原秋人役)、茅原実里さん(名瀬美月役)、山岡ゆりさん(新堂愛役&MC)、石立太一さん(監督)。




「過去篇」の公開を経て「未来篇」の公開が始まったということで本作について、種田さんは試写会を見て、茅原さんと一緒に泣いてしまったと明かす。たくさんの想いが込められていたことを感じ、沢山のスタッフのおかげで完成し、感慨深い気持ちでいっぱいだと話した。

KENNさんも泣いてしまったと明かし、アフレコ時とは違って客観的に見ることで雰囲気の違いを感じ、不思議な気分になったそうだ。色々なことが解決し、最後ハッピーエンドを迎えたことに感動としたと語り、EDテロップを見ていてすごく幸せだったとコメント。




茅原さんは「過去篇」公開からの1ヶ月があっという間だったと振り返り、試写会で言葉に出来ない想いが込め上げ、目に映るものすべてが愛に溢れていたと語る。素敵な作品に携わることが出来て嬉しい気持ちとひとりでも多くの人に見てもらいたい気持ちでいっぱいだと話した。

石立監督は、この物語において未来がどれだけ愛されていたのか、その愛を受けてその先の未来を彼女たちがどう歩んで行くかを見てもらいたい一心で作品を作り上げたと明かし、ひとりでも多くに見て欲しいとメッセージを送る。




「過去篇」のアフレコでは時間が経っていてもすぐに演技に入れたという話から、「未来篇」はアフレコまでの間隔が短く、演じ易かったけれど緊張もしたと口々にコメント。色々なシーンがあり冷静である自信がなかったけれど、収録が始まったら頑張ろうと思っていたという茅原さん。お兄ちゃんが車を運転したり、服装も格好良くて大人になっていたことに驚いたとコメントしていた。

愛ちゃんのテニスシーンについて、山岡さんは一生懸命に演じていたのに良いところでカットされてしまったことを嘆きつつ、それをフォローするシーンがあって良かったと話す。そんな山岡さんが記憶を無くすという設定をいつから考えていかたと石立監督にぶつけると、最初は考えていなかったけれど最終的に皆が幸せになるために必要な困難で、それを乗り越えるのに必要なのが愛であったと語った。

KENNさんは最初の種田さんとのナレーションがすごく印象に残っていると振り返り、種田さんにとっては時系列的にどの瞬間でも曖昧な感じが欲しいと言われたため、難しいシーンのひとつだったそうだ。




山岡:今日もKENNさんにいっぱい助けていただきました。「未来篇」は絵も音もストーリーも素晴らしい作品です。どの部分をとっても素敵です。このスタッフだからこそ出来た作品だと思っています。この作品に関われて嬉しいです。来場特典も変わってきますので友達を誘って何度も見に来てください。

石立監督:監督という立場ではありますが作品に関われて幸せに思っています。こうして劇場に足を運んでいただき、ありがとうございます。これをもって燃え尽きていいのかなと思っています。ご覧いただきありがとうございました。

茅原:素敵な作品に参加出来て幸せです。人見知りな私を巻き込んでくれた大切な現場でした。「未来篇」を見終わった後に、大切な人が笑顔でいてくれたらいいなと思える作品だと思います。テーマソングを歌わせていただきましたが、このストーリーがなければ生まれていない曲でした。これから先、皆さんの心に残る作品になればいいなと思います。

KENN:この作品で秋人から物事は諦めずに動くことが大事なんだなと教えられました。キャラクターたちが抱えていることはあるけれど、絆って素晴らしいと思います。大切なものをもっと大切にしていきたいなと思いました。また、こういう機会があれば嬉しいので、1回だけでなく何度も足を運んでもらえたら嬉しいです。

種田:「未来篇」が後編である実感があまりなく、未来ちゃんと一緒に戸惑いながらも先に進むしかないという想いがあったのですが、完成したものを見て、一緒に作って来て良かったなと思いました。この作品には家族との愛や絆、すべて詰まっていると思います。秋人と未来が出会って結ばれるまでを見られて良かったです。これからも「境界の彼方」をよろしくお願いします。



■「劇場版 境界の彼方 –I’LL BE HERE-」

【未来篇】4月25日(土)ロードショー!


©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会


【劇場限定グッズ】劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇 Blu-ray 劇場限定版

B00UQ2I19Y   【劇場限定グッズ】劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇 Blu-ray 【境界の彼方写真付き】

B00UESFMFQ 劇場版 境界の彼方-I’LL BE HERE-オリジナルサウンドトラック

B00TM8EQ7Y 会いたかった空(アニメ盤) Single, Maxi

B00TM8EQII

▲ PAGETOP