ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2015】村瀬歩、石川界人ら出演!『TVアニメ「ハイキュー!!」スペシャルステージ』

【AnimeJapan 2015】村瀬歩、石川界人ら出演!『TVアニメ「ハイキュー!!」スペシャルステージ』 2015年4月15日 19:00


3月21日(土)、22日(日)に東京ビッグサイトにて、日本を代表するアニメ関連企業・団体が集結した『AnimeJapan 2015』が開催。REDステージ、GREENステージ、BLUEステージ、Anime+ステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中から、3月22日(土)・GREENステージ『TVアニメ「ハイキュー!!」スペシャルイベント』の模様をお伝えする。

出演は村瀬歩さん(日向翔陽役)、石川界人さん(影山飛雄役)、シークレットゲストに石井マークさん(灰羽リエーフ役)。司会を鷲崎健さんが務めた。



イベントがはじまるなり、ステージ上のスクリーンで1月から始動中の「頂プロジェクト2015」の新情報が公開された。TVアニメファーストシーズン総集編の劇場公開が二部構成で7月と9月に公開されるということ、待望のセカンドシーズンが今秋オンエアされること、そして8月30日にパシフィコ横浜で大規模イベント「ハイキュー!!祭!」が行われることが発表された。

うれしい新情報に会場は大盛り上がり。そんなファンの熱気に包まれるステージに、司会の鷲崎さんの呼びかけで烏野高校排球部のジャージを着た村瀬さんと石川さんが登場。まるでキャラクターのように元気にジャンプをしながらやってくる村瀬さんに対し、石川さんはクールに、さわやかにステージへ。

じつは登場の仕方について、楽屋でいろいろと打ち合わせをしていたそうなのだが、石川さんはそれをまんまと裏切り登場したらしく、村瀬さんは「裏切り者!」とツッコミ。しかし、石川さんは村瀬さんに対してリアクションせず、スクリーンで発表された新情報のトークをスタート。

さすがに鷲崎さんもその様子につっこみつつ、村瀬さんは「(リアクションしないのも)愛情の裏返しだと思う」とポジティブ発言で観客を笑わせていた。冒頭からのじつに楽しそうで、2人の息が合っていることを感じさせるやりとりだ。



フリートークが盛り上がったところで、「頂プロジェクト2015」のひとつ、劇場上映される総集編の話へ。前編“終わりと始まり”が7月3日公開、後編“勝者と敗者”が9月18日に公開されることが決まり、前編のキービジュアルがこの日に公開。

また、前編はただの総集編ではなく、一部新規カットが収録されるそうで、うれしい情報に歓声があがる会場。ちなみに前編では2人が烏野高校排球部へ入り、音駒高校と練習試合を行うまでが描かれるそうだ。



総集編の上映を前に、改めて「ハイキュー!!」という人気作品について、「収録中は(人気があるという)実感がわかなくて、オンエアを見て、イベントに出演して、みなさんの反応を見て、人気のある作品だと実感がわきました」と石川さん。

村瀬さんは「(はじまったときは)日向の声をあてる、演じることに集中していたので、イベントでみなさんの反応や声を聞いて、人気を実感しました。こんなに多くの方に愛されている作品にかかわれて、この世界観に入れてとてもうれしい」。

思い出深いシーンを聞かれると、「日向と影山が会って、試合をして、階段で話すシーンは2人にとって、心と心のぶつかりあいをするという意味でのファーストコンタクト。だから心に残っています」(石川さん)、「僕は最終話です。負けた後に体育館で負けた悔しさ、勝ち残れなかったことへの後悔、いらだちなどそれまで蓋をしていたものが堰を切ったように出て。アフレコでも熱を持って挑んだので印象的」(村瀬さん)と、懐かしそうに話した。

劇場の大スクリーンで特に見てみたいシーンについては、石川さんが「試合のシーン。TVアニメの段階でバレーボールの音や靴の擦れる音を、実際に取材に行って収録しているらしいので、改めて劇場で音を確認しながら臨場感を楽しんでもらいたい」と言えば、村瀬さんもこの意見に同意。

そこで鷲崎さんが「サーブをミスって、日向の後頭部にボールが当たるシーンはどう?」と意外なシーンを提案。「大スクリーンで迫ってくる飛雄ってよくない?」と言い、会場の笑いを誘った。



また、8月30日に開催の「ハイキュー!!祭!」について、現時点で内容は明かされていないのだが、「2人はイベントに出るんでしょ?」と鷲崎さん。2人とも「わかりません」と返答しつつも、「兄貴の結婚式が近いのでわかりません」と石川さんが答えると、まさかの答えに観客は爆笑だった。

と、ここから話は今秋放送されるセカンドシーズンについて。村瀬さんは「原作を見て楽しみにしてくださっている人もいれば、アニメを見てから原作を見るという人もいるので深くはつっこみません」とコメント。

石川さんも「間違いなく(ファーストシーズンの時点よりも)進化しないといけない。進化するためには努力しかない、ということで、努力の過程が描かれるのではないかと思っておいてください」と話した。とここで、セカンドシーズンに登場するキャストのなかから、灰羽リエーフ役の石井マークさんがシークレットゲストとして登場。思わぬゲストの登場に会場は大歓声に包まれた。


石井さんが登場したということで、音駒高校とリエーフの紹介をしつつ、初登場がイベントで公開されたオリジナルアニメ『リエーフ見参!』だったことにも触れ、リエーフ役に決まったときのこと、アフレコについてのトークへ。

「オーディションのときにキャラクター表を見て、“ロシア人と日本人のハーフ”を見た時に、僕もハーフだから共感しまして。もうひとつ、共通点があってハーフなんですけどリエーフ同様、僕も向こうの言葉がしゃべれません。だから、この役は自分が絶対にやりたいと思ったので、決まった時はうれしかった」と石井さん。

アフレコについては「ものすごく体力を使う子。周りを振りまわしているけど、僕も彼に振りまわされました。全力でやらないとキャラクターについていけない」とコメント。



リエーフに対する理解も深まったところで、『リエーフ見参!』から先輩たちよりも遅く音駒高校に到着したシーンのセリフと、孤爪研磨に「あと1週間でエースになる」と宣言をするシーンを石井さんが再現。

これに感化されたのか、村瀬さんと石川さんも『リエーフ見参!』から日向と影山の掛けあいシーンを特別に演じることに。2人が再現してくれたのは、ゲーム機の取り合いをし、その結果、ゲーム機をコンクリートに叩きつけてしまうという場面。3人の生アフレコに、会場は一番の歓声と拍手で大盛り上がりだった。最後は3人から、会場につめかけたファンへメッセージが送られた。

石井さん:セカンドシーズンにリエーフは出るのかな? と思いつつ、ここに僕がいるということはきっと出ると思います。以前演じたときよりもリエーフを自分のものにしてみなさんにお見せできるようにしたいと思うので、楽しみにしていてください。

石川さん:セカンドシーズン、総集編の新録パートとまた新しく「ハイキュー!!」にかかわれるのがうれしいです。新しくという意味でも、戻ってこれるというのがすごくうれしいです。みなさんもまた「ハイキュー!!」の世界に戻ってきてくれるとうれしいです。

村瀬さん:「ハイキュー!!」は、苦悩したり、苦しんだり、わからないことが多いなか、現場のスタッフさんや共演者の方々に支えられて一回り大きく育てていただいた、ホームな作品です。みなさんから声援をいただけたことでセカンドシーズンへとつなぐことができたので、この思いを受けとって精進していきたいと思います。



©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会


ハイキュー!! vol.9 (初回生産限定版) [Blu-ray]

B00J83KWNA ハイキュー!! vol.9 (初回生産限定版) [DVD]

B00J83KZD2 ハイキュー!! vol.8 (初回生産限定版) [Blu-ray]

B00J83KWIU ハイキュー!! vol.8 (初回生産限定版) [DVD]

B00J83KWMQ ハイキュー!! vol.7 (初回生産限定版) [Blu-ray]

B00J83L4GO

▲ PAGETOP