ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小林裕介、細谷佳正、浪川大輔、花江夏樹、KENN、坂本真綾らのコメント到着!「アルスラーン戦記」

小林裕介、細谷佳正、浪川大輔、花江夏樹、KENN、坂本真綾らのコメント到着!「アルスラーン戦記」 2015年4月 2日 18:00


4月5日(日)よりMBS、TBS系全国ネットにて放送開始予定のTVアニメ「アルスラーン戦記」。放送を目前に控え、本作のアフレコ後に収録されたインタビューが到着した。

阿部記之監督、シリーズ構成の上江洲誠さん、キャストの小林裕介さん(アルスラーン役)、細谷佳正さん(ダリューン役)、浪川大輔さん(ナルサス役)、花江夏樹さん(エラム役)、KENNさん(ギーヴ役)、坂本真綾さん(ファランギース役)によるインタビューを紹介する。



■TVアニメ「アルスラーン戦記」アフレコ収録後コメント

――「アルスラーン戦記」という作品のご印象は?

アルスラーン役・小林裕介:誰もが楽しめる「王道」の戦記ものだと思います。ストーリーはもちろん、登場人物も魅力あふれるキャラクターばかりで、見る人によっていろんな楽しみ方ができるのではないかと。こうした作品に関わることができて光栄です。とはいえ、キャスト・スタッフ一同、楽しく、思い切りやらせていただいています。僕も、自分ができる限りの力でもって、アルスラーンを演じられたらいいなと思っています。

ダリューン役・細谷佳正:収録に臨む前に原作コミックを読んだのですが、すごくしっかりとした面白さのある作品だという印象を受けました。そして台本からは、そんな原作コミックの質感だったり、世界観を踏襲してアニメを作ろうとされている感じが伝わってきたんですね。ですから、こんなことをいうと身も蓋もないのですが、ホン(台本)の面白さを信じて、無駄に気負わず、技術的なことを妙に意識することなく、演じていこうと考えています。少し恐くもありますが。
アフレコ現場の雰囲気は……自分は、声優として最初に経験したのが、アニメではなく、洋画の吹替の現場だったんですが、それに近い、懐かしい感覚がありますね。通常のアニメの現場にくらべて、少し落ち着いた雰囲気がある。良い現場だと思います。

ナルサス役・浪川大輔:すごく歴史のある作品で、コミックの原作となった小説は、以前アニメ化されたこともあります。そうした人気タイトルに関わらせていただけるのは、とても光栄なことだと、僕も感じています。
物語はアルスラーンたちにとって「逆境」から始まりますが、厳しい状況に挑むのは、キャストたちも同じです。キャストみんなで一丸となって、日々奮闘している最中です。今回のアニメ化で、また新しい「アルスラーン戦記」の世界をファンのみなさんにお見せできると嬉しいな、と思っています。

エラム役・花江夏樹:エラム役のお話をいただいたときは、僕もみなさんと同じで、昔から続いている作品のアニメ化に関わらせていただけるということで、すごく嬉しかったです。作品の世界観には少し難しいところもありますが、観ているうちに誰でも、自然とのめり込んでいけるのではないかと思います。僕自身も、そんな魅力的な世界を、アルスラーンと一緒に旅したいと思っています。王都を奪還するその日まで、頑張ります。

ギーヴ役・KENN:原作コミックを読んで、たくさんの登場人物それぞれに魅力的なバックボーンがあり、たしかなキャラクター性があり、読んでいて飽きない作品だと思いました。すごく説得力のあるセリフが多いところも魅力的ですね。今では、いちファンとして、原作コミックの先の展開が楽しみです(笑)。
アフレコには最近参加させていただいたばかりですが、楽しくもあり、緊張感もありの、刺激的な現場でした。このまま集中力をきらさずに、最後まで楽しんで演じていきたいなと思っています。

ファランギース役・坂本真綾:この作品に出演することが発表された瞬間から、たくさんの方に「『アルスラーン戦記』に出るんですね!」と反響をいただいて、作品の注目度、人気の高さを感じました。アフレコに本格的に参加するのはまだこれからですが、そのときを楽しみにしています。

シリーズ構成・上江洲誠:僕は「アルスラーン戦記」の、最初に刊行された角川文庫版からの読者です。ちょうど、読者層の中心世代なんですね。これまで、このタイトルがどういう形で読者たちに好かれ、愛され、広まって、シリーズとして続いてきたのか。その流れを、ずっと見てきました。ですから、この作品を原作として扱わせていただくことのプレッシャーを、スタッフ・キャストの誰よりも感じていると思います。そして同時に、とんでもなく光栄なことを任されていると感じています。
依頼があったときは大きく浮かれましたね。でも、実際にシリーズ構成の作業に入ってからの作業は、そんな気持ちは一旦忘れて、とてもクレバーに進めています。原作が大変優れたものですから、その魅力を最大限損なわないように、それでいて、アニメになったとき、より刺激的に、より面白く見えるような形を目指して、監督と一緒にアニメならではの「アルスラーン戦記」を作らせていただいております。

監督・阿部記之:この作品は「戦記もの」ですが、自分としては、「キャラクターもの」、つまり、キャラクターがすごく立っている作品だということを強く意識して、作品づくりに参加しています。
アフレコはまだ始まったばかりですが、すでにみなさん、役にぴたっとハマっている感じがするんですよね。僕のこれまでの経験だと、上手く行く作品は、もともとホンが良くて、それがコンテでもっと良くなった感じがして、声を入れたときにさらに良くなった感じがする。そのあとも、ひとつずつ作業が進むに従って、いい感じになるのが伝わってくるとき、良い作品になることが多いんですね。この作品もその感触があります。みなさんのおかげで、最終的に今感じているよりも、もっと素晴らしい作品になるんじゃないかなと感じています。


――キャストのみなさんは、アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

KENN:僕はアフレコに参加したばかりですけど、まだ序盤の収録なのに、もう何十話も録っているような息の合った雰囲気がありますね。

細谷:たしかに和気あいあいとした雰囲気がありますけど、視覚的にわかるような盛り上がりが、アフレコの最中にあるわけではないんですよね。脇をベテランの方が固めてくださっていることもあってか、和気あいあいとしながらも、落ち着いた、重厚な感じがあるアフレコ現場です。ただ、新しいキャストが入ってくるたびに、少しずつ雰囲気が変わっていくんでしょうね。浪川さんや花江さんが入ってきたときも、KENNさんが参加したときも、変わりましたから。

小林:変わりましたね。


――ご自分の演じるキャラクターの印象はいかがですか?

細谷:ダリューンは、絶対に自分が正しいと思ったことを曲げない、最後の最後まで、自分が正しいと思ったことを守り続ける、そんなところのあるキャラクターです。この作品の舞台となる世界では身分の違いが大きいんですが、そんな中でも、一国の王に対して「あなたは間違っています」と言える男なんです。王に対する敬意もあるし、意見の申し立てをすれば自分が周囲から非難されることも理解している。それどころか、王の機嫌を損ねれば、自分の立場が危うくなることもわかっている。それでもやはり、意見は曲げない。人間関係の機微を考えたり、空気を読み過ぎたり、弱いものの心を慮り過ぎたりしないんですね。絶対に到達しないといけない目的があったら、そこに至る道は絶対に守るキャラクターです。
そういうところを感じてもらえるように、演じたいですね。僕としてはそこくらいしか、特別に意識していることはないです。本当にホンがすごくいいし、キャラクターの人間関係もちゃんとできあがっていて、足し引きがすごく難しいですから。自分で「この役のここを見てくれ!」というポイントを作らないように、心がけています。

浪川:ダリューンがアルスラーンの「お母さん」なんでしたっけ?

細谷:阿部監督はそんなことをおっしゃってましたね。

浪川:で、ナルサスは「お父さん」みたいな感じだと。でもお父さんの割には、かなり理屈っぽいですよね。セリフでも、とても難しい説明をすることが多くて大変です(笑)。でも、変わり者であっても、まわりの仲間たちを思っているんです。
一見、高飛車に感じるところもあるかもしれませんが、エラムとのやりとりを見てもらえれば、彼が相手と同じ目線まで下がって会話することがちゃんとできるキャラクターであることは、伝わるかと。親しみやすいキャラクターになればいいなと思います。見た目からは意外かもしれませんが、とてもフレンドリーな面もあるんですよ(笑)。

花江:エラムはそんなナルサスのことを慕っているというか、師弟関係にあるキャラクターです。でも、ただ従順なだけではなく、きちんと自分の意志を貫くことができるキャラクターだと思うので、そうした部分はしっかりと演じたいと考えています。
あとは、アルスラーンと歳がいちばん近いのですが、最初の方はあまり仲が良くないんですよね。エラムが一方的にアルスラーンを突き放している。そこから、旅の中で徐々にアルスラーンと仲良くなっていくところ、友達になっていく過程を、しっかり演じていけたらいいですね。エラムは、ツンケンしていても、可愛さがところどころ見えているんです(笑)。そこもちゃんと、声で表現したいと思っています。

小林:キャラの印象……アルスラーンは……他のキャラクターたちが魅力的過ぎて、霞んでしまいそうで……。

細谷:そんなことないよ!!

一同:(笑)。

小林:ありがとうございます(笑)。でも、本当に、アルスラーンは「平凡」という言葉がふさわしい王子なんですよね。なのに仲間たちは、そんな彼についてきてくれる。「この王子になら、仕えてもいいかもしれない」という思いをもって、集まってきてくれる。それは一体なんなんだろう?というのを、僕自身も演じながら、考えていくように気をつけています。
彼は王族ですが、この作品の世界で王族は、人々にあまり良いイメージを持たれていないんです。でも、アルスラーンには、そういう印象とは外れた、心優しい部分がある。王族という地位にありながら、かなり特殊な立ち位置にあり、特異な心を持っている。だからこそ、みんなが何かを期待して、ついてきてくれるのかなと、今は思っています。だから僕は、彼の心のまっすぐさ、純粋さを、ただひたすらにつきつめて演じていこうと思っています。
また、ただ純粋なだけではなく、「自分が王都を奪還したらどうするのか?」という、王族としての考えもしっかりと持っている。そういうところにも、ぜひ注目していただければ嬉しいです。

KENN:ギーヴは何処にも属さない一匹狼のような立ち位置で、インパクトのある初登場の仕方をします。硬派で飄々とした態度で振舞ったり、急に本音をズバっと言ったりと、なかなか読めないキャラクターです。細谷さんや阿部監督のおっしゃったことと被ってしまいますけど、最初から物語が完成されていて、個々のキャラクターも立っている状態なので、こちらから演技で何か付け足すことはないんです。
ただギーヴは、かなりトリッキーな行動をする立ち位置なので、観ていただいているみなさんに「こいつなんなの!?」とか、「意外といいところがあるじゃん」とか、見るたびにいろんな印象を持ってもらえるように、違った顔を上手く見せられたらいいなと思っています。

坂本:今日もここにいるキャストの中で私ひとりだけが女性ですけど、作品全体として、男性のキャラクターがすごく多い作品なんです。ファランギースは、数少ない、貴重な女性キャラクターというだけでも、いろいろ作品の中で担わなければならない部分が多いのかなと感じています。作品の汗臭さをちょっと消す、芳香剤のような役割とでもいいますか(笑)。

一同:(笑)。

坂本:そういった女性らしさがありつつも、男性の強さとはまた違った、女性ならではの強さ、しなやかな強さみたいなものを持っているのが、ファランギースという人なのかな、と。凛とした女性の魅力が、見ている方にも伝わるといいなと思っています。


――最後にもう一度、監督たちも交えて、ファンのみなさんにひとことメッセージをお願いします。

阿部:このアニメは原作に準拠した形で作りたいと考えていますし、みなさんがおっしゃるように、原作の時点で基本の部分がしっかりしているので、そこに何かをつけたすというのは、あまりしないようにしています。でも一方で、TVシリーズを通して、きちんと盛り上がる作品にはしたい。そんな思いはあります。「この『アルスラーン戦記』はこう行くのか!」という驚きを、期待してもらえるとありがたいですね。

上江洲:われわれとしては、この作品をずっと続けられたらいいなと思っております。ぜひ応援してください!

細谷:「アルスラーン戦記」のことをまったくご存知ではない方、以前作られた「アルスラーン戦記」のアニメがお好きだった方、いろんな方がいらっしゃると思いますが、まずはなるべく先入観なく、フラットに作品をご覧いただけたらと思っています。
何も知らない状態で、何気なくチャンネルを合わせた人でも、絶対に楽しめる作品だと思うんです。昨今、ちょっと珍しい感じの世界観、作風だと思いますので。見たあとに、ジワジワと伝わってくるものがある作品だと、自分としては思っています。ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。

浪川:僕も、まずは観ていただきたいというのが、率直な気持ちです。昔から続いている作品であるという話を最初にしましたけど、今でもその魅力は、まったく色褪せていないんです。観ていただければ、それがわかるはずなんです。すごく幅広い層から受け入れられる可能性を秘めた作品だと思っています。よろしくお願いします。

花江:視聴者のみなさんも、アルスラーンたちと同じ目線、彼らの仲間になった感覚で作品を観ていただければなと思います。観ていくうちにどんどん引き込まれるんですよ。僕自身、もともとあまり歴史に詳しいわけではないので理解するのは大変かと思ったら、すごくわかりやすいですし、アフレコが進むうちに、どんどんこの作品のことが好きになっていっているんです。
だからきっと、みなさんにも魅力が伝わるんじゃないかなと思います。一生懸命やっていますので、ぜひ観ていただければなと思います。

KENN:このまま他のキャストのみなさんと一緒に、楽しく作品を彩ることができたらいいなと思っています。あと、アフレコでは、作品を客観的に見られない部分があるんですね。ですから、僕たちも視聴者のみなさんと一緒のタイミングで、オンエアを楽しんでいけたらいいな、と思っています。壮大な世界が動きだすのを早く観たいです。原作含め、今回のアニメーションも応援して下さったら幸いです。

坂本:本当に、キャラクターがそれぞれに違ったカラーを持っている作品で、観る人によってどのキャラクターにいちばん共感しながら観るか、視点がいろいろ別れるんじゃないか、作品を通じて見える景色が違うのかなと思います。そういう意味ではいろんなタイプの人が、それぞれの楽しみ方でご覧になれる作品なのかな。
私は以前にも阿部監督の作品に出演したことがあるのですが、そのときにとても深い愛を持って、原作を大事にしながらも、オリジナリティを表現される監督だなあと思いました。きっと今回も、監督についていけば、すばらしい作品になると思っています。私自身も、アニメの先の展開がどんな風になるのか、全然知らされていないんですけど、このアニメならではの結末に向かって、みんなで楽しみながら頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

小林:ストーリーを楽しんでいただくのもよし、キャラクターひとりひとりのストーリーを見てくださるのもよし、そして、もうひとつ、この作品ならではの「戦い」も楽しんでいただけたらと思います。ただ剣と剣を交えるだけでなく、いろいろな知略を使って、時にはみなさんを「えっ」と驚かせるような戦い方も登場します。
また、アルスラーンにはある秘密があって、それに関する展開も、かなり興味を惹く内容になっているかと思います。本当にいろんな楽しみ方が出来る作品だと思っていますので、ぜひみなさん、「アルスラーン戦記」の世界に「突撃開始(ヤシャスィーン)」してください!



■TVアニメ「アルスラーン戦記」

2015年4月5日(日)17時よりMBS、TBS系全国28局ネットで放送予定!

【スタッフ】
漫画:荒川弘(講談社「別冊少年マガジン」連載)
原作:田中芳樹(光文社カッパ・ノベルス刊)
監督:阿部記之
シリーズ構成:上江洲誠
チーフキャラクターデザイン:小木曽伸吾
キャラクターデザイン:田澤潮、渡邊和夫
音楽:岩代太郎
アニメーション制作:ライデンフィルム×サンジゲン
製作:「アルスラーン戦記」製作委員会

【キャスト】
アルスラーン:小林裕介
ダリューン:細谷佳正
ナルサス:浪川大輔
エラム:花江夏樹
ギーヴ:KENN
ファランギース:坂本真綾
銀仮面卿:梶裕貴
アンドラゴラス三世:菅生隆之
タハミーネ:田中敦子
ヴァフリーズ:津田英三
カーラーン:大川透
キシュワード:安元洋貴
クバード:三宅健太
シャプール:小西克幸
イノケンティス七世:桜井敏治
ギスカール:子安武人
ボダン:斎藤志郎


【主題歌】
オープニングテーマ:UVERworld『僕の言葉ではない これは僕達の言葉』(gr8!records)
エンディングテーマ:藍井エイル『ラピスラズリ』(SME Records)


<イントロダクション>
東西を結ぶ陸路の中心地・エクバターナを王都に掲げ、各地からの人や物資、そして豊かな文化が集まる強国パルス。この国の王太子として生まれた少年・アルスラーンは、幸福のうちに国を引き継ぐはずだった。土煙が舞う平原に、パルスの誇る騎馬隊が葬り去られるその日までは……。

パルスの豊かな領土を狙って、異教徒の国・ルシタニアが侵攻を開始。初めての直面する本物の戦いに、不安を隠しきれない“気弱な”王太子・アルスラーン。彼の不安が的中したかのように、戦場には不穏な空気が渦巻き始める。敵の策略にはまり、これまでにない脅威を感じるパルス軍と、混乱する戦況に翻弄されるアルスラーンの父王であるアンドラゴラス三世……。

駆けつけた「戦士の中の戦士(マルダーンフ・マルダーン)」の異名を持つ騎士・ダリューンとともに、次々と襲いかかる敵、そして過酷な運命へと立ち向かうアルスラーン。運命という名の嵐が吹き荒れるなか、彼は信頼できる仲間たちとともに“王太子”として最初の一歩を踏み出す!


©2015 荒川弘・ 田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS


ラピスラズリ(初回生産限定盤)(DVD付)

B00U6DW4PA ラピスラズリ(期間生産限定アニメ盤)

B00U6DW5PY ラピスラズリ

B00U6DW5BI アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

4063950506 アルスラーン戦記(2) (講談社コミックス)

4063950638

▲ PAGETOP