ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース近江知永&原田謙太の新ユニット「AFIVE」にインタビュー!新規楽曲制作プロジェクトが展開中!!

近江知永&原田謙太の新ユニット「AFIVE」にインタビュー!新規楽曲制作プロジェクトが展開中!! 2015年3月25日 12:00


アニメやコミック、ゲームなどいわゆるアキバ系に特化した新たなクラウドファンディングサービス「東京楽市楽座」。本サービスで、声優、ボーカルの近江知永さんと2013年8月に解散したアニソンバンド「Rey」のボーカル・はらけんこと原田謙太さんの新ユニット「AFIVE(エーファイブ)」の新規楽曲制作を目標としたプロジェクトが現在展開されている。

現在、新規楽曲制作プロジェクトのためにふたりの作ったデモ曲「サクラ」がこちらで公開されており、春という季節を感じさせる爽快さが心地良いふたりのパワフルな歌声を聴くことが出来る。

今回、この「AFIVE」のお二人にお話をうかがい、ユニット結成の経緯やクラウドファンディングにかける意気込みをうかがったのでご紹介しよう。



■「AFIVE」インタビュー

――まずは「AFIVE」というユニットを発足させた理由からお聞かせいただけますか?

近江:何か面白いことを始めたいという想いがあったんです。今のアニソン業界に男女ボーカルユニットがあまりいないということで、もしそんなユニットが出来たら面白いんじゃないかと、はらけん(原田さん)に話をしました。

原田:一緒に歌わないかと近江ちゃんから誘っていただき、その時は先の展望は考えずにすぐに「やろうやろう!」と乗っかりました。


ーー昨年12月26日に阿佐ヶ谷ロフトAで設立総会を開いたそうですが、その時に決まったこのユニット名の由来も教えていただけますか?

原田:「設立総会」と銘打っているからには議題があったんです。このイベントの時点でユニット名は決まっておらず、ファンの皆からユニット名を募って、候補を出してその場で決めようということになりました。AFIVEっていうのはお肉から来たんだっけ?

近江:一番最初、近江ちゃんとはらけんだから「はらみ」でいいんじゃないかと言われたんです。でも、それではネタになっちゃうので、ユニットらしい格好良い名前にしたいと話していたら、「A5ランクの肉は?」という話になったんです。

原田:結局、会場の空気的に肉の流れから離れなかったんですが、「A5」ではなくて「AFIVE」なら格好良いじゃんということと、会場の阿佐ヶ谷ロフトAをアルファベットで書くと「A」が5個入っているということで、多数決の結果、決定しました。


ーーちなみに後付け5つの「A」に意味付けはされてないんでしょうか?

原田:してないです!

近江:なんとかの「A」とかというのは特にないです(笑)。


ーーありがとうございます。そのうち機会があれば「肉」のイベントをやったら面白そうですね。ちなみに楽曲制作をするにあたり「クラウドファンディング」という手段を選んだのは何故でしょうか?

近江:イチから始めるにしても、ふたりともフリーの身であったので、いつも応援してくださっている方が私たちが何かを始めないと力になれないとよく言われたので、皆から支援を募るやり方にしてみたらどうかと思って「クラウドファンディング」を選択しました。

原田:クラウドファンディングの仕組みは理解出来てはいたのですが、今まで他のプロジェクトに支援を行なったことも立ち上げたこともなく、ユニットを立ち上げたので曲をリリースするために費用もかかるので、まずファンの皆さんにクオリティの高い曲を届けるための手段として選びました。


ーー今回の「クラウドファンディング」の支援コースはたくさんありますが、こちらの中身はおふたりで決められたのでしょうか?

近江:「東京楽市楽座」のスタッフさんとも話し、ご提案いただきつつ考えました。初めてのクラウドファンディングだったため「こういうことが出来るだ」と教えてもらいつつ、今回のラインナップにしました。


ーーおすすめとなるコースはどちらになりますか?

近江:個人的には「臨時総会」コースがおすすめです。HPに詳細はまだないのですが、支援していただいた皆さんに感謝の気持ちを込め、会場を借りて皆と一緒に歌ったり食事をしたりする楽しい企画を考えています。近い距離で生歌をお聞かせ出来ますし、私たちが歌える限りリクエストにも応えます!

原田:何でも歌いますよ!気が済むまで皆さんのリクエストに応えますよ!!


ーーちなみに、どんな楽曲が良いかアンケート形式で曲調ごとに複数のコースが用意されていますが、これは選んだコースと違う楽曲に決まったとしても、支援が無駄になったりはしないのでしょうか?

近江:もちろんです。どの「楽曲コース」を支援いただいてもCDをお届け出来ますし、「特別限定コース」では私たちと直接コミュニケーションを取ったりも出来ます!

原田:ご支援いただけるのは例え1円でも嬉しいんです。リターンの内容に合わせてコースを分けさせていただいてはいますが、「臨時総会」コースからは臨時総会にも参加いただけますので、金銭的に余裕があればこちらを選んでいただけたら嬉しいです。


ーー今回のプロジェクトにあたり、デモ曲が用意されているとのことですが、これはどんな楽曲なんでしょうか?

原田:僕も近江ちゃんもシンガーということで歌うことには特化しているのですが、アーティストとして曲を作ることには長けていないため、1曲目については僕らが歌詞を書くのですが、尊敬する作家さんに依頼し、皆の意見を反映して楽曲にしたいという想いがあるんです。
そのため、あえて自分たちで曲は作らず、僕らが歌った場合の雰囲気を見てもらうためにカバー曲をHP上にアップしてはいました。ですが、「本気でやるつもりなら曲を聴かせられるだろ!」という声をいただき、僕らの本気を見てもらうためにデモ曲を作りました。
この「サクラ」という曲は僕がゼロから初めて作詞作曲し、レコーディングしてアップしました。
間もなく入学シーズンですし、「ふたりでここからやっていくぞ!」と気合いを込めています。

近江:この曲を聴いた時は本当にはらけんが初めて作ったのかなと思うくらいの出来だったので、今後の作曲ははらけんに頼めばいいんじゃないかなと思っちゃいました(笑)。
私もライブなどの企画で曲を作ったりはするのですが、この曲はキャッチーで好きですね。ただ、このプロジェクトが達成出来た時に曲をお願いする方には劣るかもしれないけどね?

原田:そりゃあ劣るよ!当たり前です。劣らなきゃダメです(笑)。


◆AFIVE デモ曲【サクラ】Short ver.
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25820641


ーー最後にメッセージをお願い致します。

近江:クラウドファンディングという形で始まりましたが、ここが第一歩です。この後どんな形になっていくのかは自分たち次第だと思いますし、民主主義ユニットということでやりたいことをやっていく上で、皆さんの意見を聞きつつやっていきたいです。
目標はやっぱりアニメソングが歌いたいです。

原田:元々バンド出身で、今もバンドもやってはいるのですが、お客さんと直接触れ合える機会はライブですので、ライブやイベントを大事にしてやっていきたいと思います。作曲の楽しさを今回覚えましたので、曲をどんどん増やし、クオリティを上げ、皆に愛される曲を作っていきたいです。
そのためには最初の1曲目としてクラウドファンディングを立ち上げています。成功させたい想いはもちろんあるので応援お願い致します。



■近江知永と原田謙太「AFIVE」楽曲制作プロジェクト

【募集期間】2015年1月30日(金)〜3月29日(日)

【目標金額とストレッチゴール】
35万円:新曲作成(1曲制作・CD-Rでリターンのご用意)
80万円:新曲作成(2曲制作・CDプレスでリターンのご用意)
200万円:新曲作成(ミニアルバムの作成)

詳細は、クラウドファンディング企画ページにてご確認下さい。


SPIN GO!/同じ世界で

B00BUR9IWS MONSUNO!

B009ACU77K Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23【Blu-ray】

B0030TOIKG ガールフレンド

B003JK2ZRO HAPPY DAYS

B0029Y8W0A

▲ PAGETOP