ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース日高里菜&沼倉愛美がパーソナリティ!WEBラジオ「ミッドガル学園放送部」第2回ダイジェスト&インタビュー

日高里菜&沼倉愛美がパーソナリティ!WEBラジオ「ミッドガル学園放送部」第2回ダイジェスト&インタビュー 2015年1月24日 13:00


1月8日(木)よりTBS、BS-TBSにて放送開始となったTVアニメ「銃皇無尽のファフニール」。本作のEDテーマ『Ray of bullet』も担当する日高里菜さん(イリス・フレイア役)&沼倉愛美さん(物部深月役)がパーソナリティを務めるWEBラジオ「ミッドガル学園放送部」。

この第2回目となる放送が1月22日(木)に放送となった。ゲストに物部悠役の松岡禎丞さんを迎えてお届けした番組の模様と、パーソナリティの日高さんと沼倉さんのインタビューを紹介しよう。



■第2回ダイジェスト

OPでは番組初のゲストである松岡さんを迎えるにあたり、作戦会議を始める日高さんと沼倉さん。松岡さんの気配を近くに感じながらもどんなことをして欲しいかと口々に語りプレッシャーをかけていました。改めて登場した松岡さんは、さっそく二人に撮影され、そこから撮影会が始まってしまいます。続いて、番組オリジナルの挨拶をどうするか決めることに。様々な意見を交わして3人で相談した結果、「ファフファフ」に決定!

リスナーが海に向かって叫びたいことを代わってパーソナリティが叫ぶ『ミッドガルの海に叫ぶ』のコーナーでは、受験生やアニメ制作スタッフへの応援メッセージや、日高さんへの愛の告白などが叫ばれていました。

後半では、ちょっとした悩みを二人が解決する『天使と悪魔のお悩み相談室』では、松岡さんが今晩の食事を何にするか真剣に二人に相談し、真剣に答えていました。さらに“松岡さんの「ミッドガル学園放送部」”がスタートしちゃったりして大盛り上がりしていました。



■日高さん、沼倉さんインタビュー

――ふたりでパーソナリティをしてみていかがでしたか?

日高:ぬーしゃん(沼倉さん)とラジオをするのが初めてで、最初はどんな風になるのか想像出来ませんでした。でも、第0回の時から初めてとは思えないくらいリラックスして収録することが出来ました。
スタッフさんには、「なんでもやっていいよ」と言われているので、とても自由にやらせてもらってます。
ラジオでは、普段のおしゃべりのようなトークをしているので、他とは違う番組になっているのではないでしょうか。
収録は毎回全力を出しているので、楽しすぎて終わった後には疲れがどっと出てしまいますね(笑)。


沼倉:収録をしていて毎回思うのですが、とても盛り上がることが多く、楽しく収録出来ているんだなって実感しています。
第0回の放送から、自分の中で「どこまで許されるか」をガツっと探ってみたら、全部クリアされてしまい「嘘っ!?」って驚いちゃいました。
「さすがにこれは……」と思われることを最初からやってみたのですが、スタッフさんからは全部OKがでたので、「これは後には引けないぞ」という流れになってしまいましたね。
でもそれが番組のテンションを上げている要因の1つになっていると思うので、色んな人にゲストに来ていただき、楽しくやっていければ良いなと思います。


――TVアニメとWEBラジオで内容的な関連性はありますか?

沼倉:何もないです!

日高:考えてみたのですが、ないですね。

沼倉:作品に関連するキーワードはいろいろ取り入れてやっていますが、基本的には私とりにゃん(日高さん)が自分自身を全開にして喋っているので、キャラクターの入る余地がないです(笑)。
なので本編とは別の楽しみ方の1つとして聴いていただければと思います。

日高:まだ、あまりアニメの感想はいただけていない段階なので、アニメと別々に楽しんでいただければと思います。


――コーナーの内容について教えて下さい。

日高:それぞれのコーナーで基本的にコーナーの主旨とずれたことをしてませんか?(笑)

沼倉:それは『天使と悪魔のお悩み相談室』だけじゃないかな?
『もしかしてD?』は「こんな能力があるのですが、これはDの能力ですか?」ということを判定するコーナーです。これまでの放送でハードルを高くしようと決めたので、「Dの能力ではない」という結論ばかりです。

日高:『ミッドガルの海に叫ぶ』は頂いたお便りの内容を全力で私たちが叫ぶコーナーです。

沼倉:「これは全力で叫ばなくちゃダメでしょ」という内容だったので全力で叫んだら、その後にやる松岡さんのハードルが上がりすぎてしまい、「ごめんなさい」って思いました(笑)。

日高:『天使と悪魔のお悩み相談室』は、リスナーから相談を受けて私たちがそれぞれアドバイスをするのですが、その答えを言うわけではなくアドバイスだけで最終的な判断は皆さん自身にしてもらうというコーナーです。
天使としてのアドバイスと、悪魔としてのアドバイスの2つの意見を言うはずが、いつも意見が同じになってしまい1つの意見をお勧めするコーナーになってしまっています(笑)。


――おふたりが歌うTVアニメのエンディング『Ray of bullet』について教えて下さい。

日高:一言で言うと「格好良い曲」です。イリスと深月のキャラクターは正反対と言ってよい程全然違うのですが、それぞれのキャラクターを保ちながらも切なげにそして格好良く歌っているので、とてもエンディングらしい曲になっています。
おすすめのポイントとしては1番と2番が終わってCメロになる部分です。そこは掛け合いのようになっていて、盛り上がる所なのでオススメです。

沼倉:聴けば聴く程いろいろな意味の込められた曲だなと思います。アニメ本編のストーリーが進んでいくにつれて曲の意味合いも少しずつ変化してくるのかなと思います。
いろいろなものが明らかになるにしたがって気付かされる新鮮さがある不思議な曲だと思いました。なのでやっぱり皆さんCD買った方が良いんじゃないかなぁ〜(笑)。

日高:そうだそうだー!買った方が良いよー(笑)。


――最後にメッセージをお願いします。

日高:このラジオは、アニメ本編とは別のものとして盛り上がっていて、とても楽しくぬーしゃんとやらせてもらっています。なんでしょう、ぬーしゃんが好きなんですよね。

沼倉:えっ!どうしたの!?ここで!?

日高:なんて言うんですかね、安定感がすごいんですよね。流石だと思います。今までの3回を振り返ってみると本当にぬーしゃんはすごいんだなと感じました。
私が仕切ろうとするとボケて盛り上げてくれて、私がよくわからない変なことを言うとちゃんとまとめてくれます。私が自由にやっていることをカバーしてくれるので、いつも甘えまくっていて申し訳ないなと思いながらもとても感謝しています。これからもよろしくお願いします!

沼倉:深月とイリスみたいな可愛らしい番組を求めてはいけません。何も考えずに笑いたいな、ニヤニヤしたいなって時に聴いていただければと思います。
いろいろな情報をお伝えしていますので、アニメの情報を知りたい方にも聴いて欲しいです。そして、私たちのトークを聴いてクスクス笑ってくれればと思います。
私も本当に好き勝手にやってるだけなので、それが上手くかみ合って回っていることはすごく素敵なことだと思います。回を重ねるごとに、より内容も楽しくなっていますので、いろいろなことに拍車がかかっていくかもしれません。温かく聴いていただければと思います。よろしくお願いします!



■TVアニメ「銃皇無尽のファフニール」

【放送情報】
TBS:毎週木曜26:16~
CBC:毎週木曜27:30~
TUT:毎週土曜25:53~
サンテレビ:毎週日曜25:30~
BS-TBS:毎週土曜25:30~

【スタッフ】
原作:ツカサ(講談社ラノベ文庫刊)
原作イラスト:梱枝りこ
コミック:サブロウタ(講談社・月刊「good!アフタヌーン」連載中)
総監督:草川啓造
監督:高橋順
シリーズ構成:江夏由結
キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子
クリーチャーデザイン・アクション作監:相坂直紀
エフェクト作監:福島秀機
美術監督:武藤正敏
美術:スタジオじゃっく
色彩設計:林由稀
音響監督:飯田里樹
音楽:R・O・N
音楽制作:日本コロムビア
アニメーション制作:ディオメディア

【キャスト】
物部悠:松岡禎丞
イリス・フレイア:日高里菜
物部深月:沼倉愛美
リーザ・ハイウォーカー:金元寿子
フィリル・クレスト:花澤香菜
アリエラ・ルー:徳井青空
レン・ミヤザワ:内村史子
ティア・ライトニング:佐倉綾音
キーリ・スルト・ムスペルヘイム:井上麻里奈
立川穂乃花:早見沙織
篠宮遥:山口立花子
ロキ:檜山修之


【主題歌】
OPテーマ:TRUSTRICK『FLYING FAFNIR』
EDテーマ:イリス・フレイア(CV:日高里菜)、物部深月(CV:沼倉愛美)『Ray of bullet』


©ツカサ・講談社/銃皇無尽のファフニール製作委員会


「銃皇無尽のファフニール」Vol.1【Blu-ray初回限定盤】

B00RZQS0X6 「銃皇無尽のファフニール」Vol.1【DVD初回限定盤】

B00RZQS5J0 FLYING FAFNIR(Type-A)

B00Q5QBZCA FLYING FAFNIR(Type-B)

B00Q5QBZDO Ray of bullet [初回限定盤]

B00Q5Y1P5Y

▲ PAGETOP