ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース四反田マイケルにインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載!

四反田マイケルにインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載! 2014年12月24日 19:40


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。数々の作品が制作されるなか、龍神の神子と呼ばれるヒロインと彼女を守る八葉、鬼の一族たちとの恋と戦いを描いた“和風恋愛アドベンチャー”として人気の高い「遙かなる時空の中で」から、最新作「遙かなる時空の中で6」が2015年3月12日(木)にリリース予定だ。

大正時代の帝都東京を舞台にした今までにない新たなストーリーが描かれるとあって、2014年9月開催のイベント『ネオロマンス 20th アニバーサリー』で制作が発表されてから、公式サイトなどで次々と明らかになる最新情報にファンの期待も高まっている。

現在もキャラクターイラストやキャスト、作品の世界観やイベントCGなどが発表されているが、ゲーム本編のボイス収録はすでに終了している。そこで、収録直後のメインキャスト8人にインタビューを敢行。今回は萩尾九段役・四反田マイケルさんのインタビューをお届けする。

有馬 一役・寺島拓篤さんのインタビューはこちら
コハク役・阿部 敦さんのインタビューはこちら
本条政虎役・竹本英史さんのインタビューこちら
里谷村雨役・安元洋貴さんのインタビューこちら
ダリウス役・鈴村健一さんのインタビューこちら
片霧秋兵役・岡本信彦さんのインタビューこちら
ルードハーネ役・立花慎之介さんのインタビューこちら


――まずは、収録を終えての感想をお聞かせください。

四反田:セリフ量がとにかく多かったので、結構気合いを入れないといけませんでした(苦笑)。ただ、ストーリーが収録を追うごとに佳境に入っていき、気持ちを作って行けたので、安心感がありました。とりあえずは収録が終わってよかったなと思います。


――ご自身が演じられているキャラクターの魅力を教えてください。

四反田:お茶目なところですね。キャラクターのイラストとギャップがあるかもしれませんが、かわいらしいなという風に感じました。恋愛に関してはうぶでしたよ(笑)。


――キャラクターとご自身との共通点はありましたか?

四反田:僕もうぶな頃はあったので、懐かしい感じは一杯ありましたよ(笑)。照れ屋なところは一緒でしょうか。前作でやらせていただいたアーネスト・サトウもそういうところはありましたが、九段は、基本的には世間知らずで照れ屋だったので。


――前作「遙かなる時空の中で5」でのキャラクターとは雰囲気の違うキャラクターを演じられたわけですが、演じていてギャップを感じるようなところはありましたか?

四反田:全く無いですね。イベントにも沢山出演させていただいて、僕自身の特徴をよく捉えて貰っているので、大船に乗った気持ちでシナリオを読ませていただきました。ですので、演じやすかったですし、九段自身も僕に重なるところもあるのかなと思います。


――九段を演じる際に意識したことは何かありますか?

四反田:変にこねくりまわして考えないようにしました。「こういう言い方をした方が気持ちいいかな」とか「こういう言い回しをした方が、相手にあたりが強くなくて済むかな」と言うことを考えずに、とにかく感じたまま、素直にやろうと意識しました。


――九段のもてそうだなと思うポイントを教えてください。

四反田:清楚で、育ちがいい感じなので、そういうところが好かれるのかなと浅はかに思いますが、自分を曲げない人なので、そういうところも魅力かもしれないですね。


――それでは「このキャラクター、もてそうだな」とか「バレンタインでチョコレートをいっぱいもらえそうだな」と思うキャラクターは誰ですか?

四反田:里谷村雨です。影のある男はもてるかなと思うので。九段としてはどうしても気になる、ひっかかるようなキャラクターだったので。



――作中で最も印象的だったセリフやシーンについて教えてください。

四反田:みんなで花火に行ってはしゃぐんですけど、そのシーンが印象深いですね。そもそも花火大会に行こうと強く推すのは、九段なんですよ。意外でしょ?僕は地元の花火大会にも全然行っていませんし、東京でもほとんど行かないので、純粋に花火大会を楽しんでいる姿がうらやましくも思いました。


――前作と比べて、今までになかったなと感じた新しいこと、新しい面は何かありましたか?

四反田:いい意味での和気あいあいさ、慣れ親しんだ感と言いますか、キャラクター同士の距離感が近い感じがしたところです。前作のような、幕末のピリピリしている感じとは違いますからね。


――ヒロイン・高塚梓の印象についてお聞かせください。

四反田:千代も含めてになりますが、第一印象は「2人とも元気だな~」でした。九段としては、アーネストをやったときよりも母性を感じましたね。女性の優しさに触れたいというか、触れさせてくれるというような安心感を持ちましたね。


――梓は主人公らしく凛々しさや強さも持ち合わせていると思いますが、四反田さんはどのように感じられましたか?

四反田:僕は可愛らしいなと思いました。セリフで聞くと凛々しいと捉えられるんですけど、その凛々しさは、「凛々しくしないといけない」とがんばっている風に感じとれたので、そこがすごくかわいらしかったですね。


――九段と親しいキャラクターを挙げるとしたら誰になりますか?

四反田:千代です。九段と千代は幼なじみなのですが、つきあいが長くて、限りなく家族に近い関係性でしたね。千代も九段も見た目は大人しそうですが、元気な掛けあいがあります。


――九段とヒロインとの恋愛を一言で言うとしたら、どのような恋愛だったと思いますか?

四反田:まじめ、ですね。九段はずる賢さを持っていたり、人を試すようなことをしたり、相手の裏を見ようとしない、見る術を知らない人なんですよ。常に相手の真正面に立って接するので、まじめだなと思いました。また、彼はずっとうぶなのですが、今まで恋をしたことがない感じだったので、自分の気持ちに気づく過程が可愛いなと思いました。


――ご自身が演じているキャラクター以外で、気になるキャラクターはいらっしゃいますか?

四反田:コハクですね。僕だったらもっと助けてあげたい、何とかしてあげたいと感じる子なので。ただ九段はそういう接し方をしなかったので、もしかしたら似た者同士だから何も言わないのかなと思いました。


――本作の舞台である大正時代は洋食や、自動車などさまざまな文化や技術が登場した時代です。そこで、もしご自身が大正時代に行けたとしたら行ってみたいと思うところはありますか?また何かやってみたいことはありますか?

四反田:アイスクリンを食べたいです。絶対に味が違いそうですもの。きっと簡単には作れないから、すごく丁寧に作っていそうですし。行ってみたいところは横浜です。散策したいですね。


――大正時代は「和」と「洋」が入り混じった印象的な時代ですが、どちらが好きですか?

四反田:造形的なものでは、和が好きです。デザインとか見た目のインパクト、雰囲気が好きです。でも、僕はエアコンがないとだめなので、洋の方が好きかな(苦笑)。


――では、女性が着るなら「和装」と「洋装」のどちらが好みですか?

四反田:和装です。髪型のインパクトが大きいかもしれないですね。後ろ姿にすごく特徴がありますし、それぞれ個性や美しさがにじみ出るので。奥ゆかしさが感じられるところが好きです。


――それでは、作品の世界の舞台である大正時代にタイムスリップしたら就いてみたい仕事はありますか?

四反田:新聞記者ですね。自分で言うのもなんですが、僕は知識欲が高いんですよ。だから、その時代にいろいろな知識を蓄えることができるのはメディアだと思うので。今まで日本に無かったものを紹介する記者で、文化、機械、政治のやり方など新しいものに目を向けて記事を書きたいです。


――タイムスリップ話が続きますが、もしどこにでもタイムスリップできるとしたらいつの時代に行ってみたいですか?

四反田:自分の子供の頃です。10歳くらいかな。自分の小さい頃を見てみたいのと、そのときに見えていた世界と自分が大人になって見える世界を比較したいので。


――「遙かなる時空の中で」シリーズでは特殊能力を持ったキャラクターが登場しますが、ご自身が特殊能力を手に入れられるとしたらどのようなものがいいですか?

四反田:早く、俊敏に動ける力ですね。僕は結構のんびり屋さんなので、「もっと早く行動できていたらよかったな~」といういうことがたびたびあるんですよ。


――ありがとうございました。では最後にファンへのメッセージをお願いします。

四反田:僕自身、完成をすごく楽しみにしています。ストーリーの展開が読めないことがすごく多かったので、そういったところをぜひとも体感して楽しんでほしいなと思います。



■PS Vita/PSP用ソフト「遙かなる時空の中で6」

【発売日】2015年3月12日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PSP
【価格】通常版:6,800円(税抜)/ダウンロード版:6,000円(税抜)/トレジャーBOX:12,800円(税抜)
【CERO】審査予定

【キャスト】
高塚 梓:斎賀みつき
有馬 一:寺島拓篤
ダリウス:鈴村健一
コハク:阿部 敦
片霧秋兵:岡本信彦
ルードハーネ:立花慎之介
本条政虎:竹本英史
萩尾九段:四反田マイケル
里谷村雨:安元洋貴
駒野千代:高橋美佳子


キャラクターデザイン/水野十子 ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KCW 【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8G 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KKY 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3P3Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K6I

▲ PAGETOP