ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース岡本信彦が演じる妖とのはかなくも切ない恋の行方は…?「幻妖綺〜猫ノ贈リモノ〜」インタビュー

岡本信彦が演じる妖とのはかなくも切ない恋の行方は…?「幻妖綺〜猫ノ贈リモノ〜」インタビュー 2014年12月24日 12:00

ティームエンタテインメントが誇る女性向けシチュエーションCD「幻妖綺」シリーズ。大正時代を舞台に“人為らざる者”との美しくも妖しい恋模様が描かれており、その幻想的な世界観と美麗なジャケットイラストで人気を誇っている。

そんな人気の高いシリーズから、最新作となる第4弾「幻妖綺~猫ノ贈リモノ~」が本日12月24日(水)に発売された。主人公の雪邑/猫又を演じるのは岡本信彦さん。今回、収録後に、岡本さんにインタビューすることができたのでご紹介しよう。

なお、シリーズ特設サイトでは、本作の内容がじっくり味わえるプロモーションムービーが公開中なので、こちらも合わせてチェックしよう!



――まずは収録を終えての感想をお聞かせください。

岡本:雪邑というキャラクターと、彼の正体でもある猫又も演じました。それぞれ声色を変えて演じているということもあってか、1人2役をやったような気分になりました。お話も、雪邑と猫又の2つの角度からヒロインに気持ちが向かっていくような感じがあったので、1枚のなかに2つのお話が入っているような雰囲気だったなと思います。


――最初にシナリオを読んだときはどのように思いましたか?

岡本:ヒロインの目が一時的に患っているというところからスタートするので、「聴いて楽しむ」というドラマCDを最も活かせる設定だなと思いました。相手の目が見えないからこそ、雪邑や猫又が出来ること、仕掛けられることが増えてきて内容にも大きく影響するので、その設定は話の本筋を進むうえでは重要なファクターなのかなと思いました。


――印象に残っているセリフを教えてください。

岡本:「風花」です。最後の場面で目が治ったヒロインに風花を見せるシーンがあるんですが、想像しただけでもきっと綺麗な場面なんだろうなと思って。言葉自体も綺麗だし、幻想的な感じがして好きですね。


――ファンとしては甘いセリフに期待していると思いますが、岡本さんとしては甘いシーンは多かったと思いますか?

岡本:多かったと思います。ただ雪邑としてはあまり無く、猫又の方に結構有ったような気がします。雪邑は、表だって気持ちを吐露するみたいなことはないんですよ。だから、自分の素をさらけだせる猫又のときの方が甘かったかなと。しかも猫というのが重要でして、ヒロインが猫好きだから猫をあやすように触ったり、耳をいじる場面がありました。僕としては恥ずかしい場面も沢山ありまして……猫又が甘えるときに猫に戻るのですが、そこも恥ずかしかったです(笑)。


――雪邑と猫又、どちらの方が演じやすかったですか?

岡本:もし2人を比べるとすれば…そうですね、感情を出せる猫又の方が演じやすかったです。ただ、先ほど猫に戻って甘えるシーンを演じたと言いましたが、実は猫又の子猫時代も演じました(苦笑)。僕ができる精一杯の子猫を演じました。


――演じるうえで心がけたことはありましたか?

岡本:特に猫又を演じたとき、くだけた喋り方をしようと心がけました。幼なじみのような雰囲気、昔から知り合いだったかのような距離の詰め方が出来たら良いなと思いながらやりました。雪邑と比べてよりラフな感じで演じましたね。


――もし、岡本さんご自身が雪邑のような専属の執事をつけたとしたら、何をして貰いたいですか?

岡本:整体師の資格を持っている専属執事をつけて、施術を毎日やってもらいたいです(笑)。整体師さんのところに行くと「1週間に2~3回は来て」と怒られるので、それを考えると、どうせ専属の執事をつけるなら、整体師も兼ねた執事だったら最高だなと思います(笑)。


――猫又が登場することにちなんで、もし1日だけ動物になれるとしたらどんな動物になってみたいですか?

岡本:空を飛べたらいいなって思うので、鳥です。具体的には……高速で空を飛べそうな、すずめです。鷹は空を飛んでいたら撃ち落とされそうなイメージがあるので(苦笑)。だって、すずめなら撃ち落とされる心配はないですし、人間たちが甘やかしてくれそうな気がするので。僕が小学生の頃、教室にすずめが入ってきたことがあって、たった10分だけの滞在だったのですが、すずめはヒーローになっていたんですよ。だからすずめになりたいです。


――それでは、もし自分が猫又のような妖(あやかし)を側におけるとしたらどんな妖を側に置いてみたいですか?

岡本:子供の頃はある作品の雪女がすごくかわいいなと思っていたので、雪女が側にいてくれたらなと思った時期もありました(笑)。あと、妖ではないのですが、ペットで飼えるならケルベロスが飼いたかったです。「地獄の番犬」と呼ばれる生き物が自分の家の番犬だと思うと、すごくゾクゾクしました。話がそれちゃいましたけど、側に置きたい妖は……掃除をしてくれる妖怪・あかなめですね。家に居ればずっと綺麗だと思うので(笑)。


――ちなみに岡本さんは猫派ですか?犬派ですか?

岡本:僕、犬派です!とはいえ、猫も犬も両方ともアレルギーがあるんですけど(苦笑)。猫は画像で見るのは好きなんですが、あまりいい思い出がなくて……。知人の家に遊びに行ったときに、そこで飼われている猫が僕のことを道にしか思っていなくて、何かあるたびに踏まれたりしました(笑)。
他にもいっぱい友だちがいたのに僕だけ!甘えられたこともないし、踏まれるばかりで……。中学生の頃にも友達の家でゲームをしていたら、その家の猫に背中を歩かれたり、目の前を歩かれてゲームを邪魔されたりしました。犬にはそういう経験がないですし、甘えてきてくれる感じが好きです。


――先ほどはケルベロスが飼いたいとおっしゃっていましたが、実際に世の中にいる動物のなかで飼ってみたい動物はいますか?

岡本:カワウソを飼ってみたいです。動画や画像検索するとカワウソっていっぱいヒットするのですが、とても知能が高いんです。1日1回はお風呂に入れないといけないらしくて、それは大変みたいなんですけど、その後、ちゃんとしつけると自分で体を拭くようになるらしくて。「ごしごし」という言葉に反応して、自分でマットに身体をすりつけるんですよ。それがめちゃくちゃかわいいんです!
でも、えさ代が……新鮮なお魚をあげないといけないので、月に何万もかかるらしいです。だから、それくらいの覚悟がないと飼えません(苦笑)。しかも、1日1回はお風呂に入れるということは、常にお風呂場もきれいにしていないといけないし。まぁ、あかなめがいたらお風呂場をきれいに維持できそうですけどね(笑)。


――ありがとうございました。それでは最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

岡本:いろいろな声色、シチュエーションが散りばめられていると思います。序盤から張られた伏線が段々と繋がっていって、最終的には気持ちの良い結末を迎えると思いますので、CD丸ごと聞いていただけたら嬉しいです。



■幻妖綺~猫ノ贈リモノ~

【発売日】2014年12月24日(水)
【価格】2,000円(税抜)
【品番】XFCD-00016
【キャスト】雪邑:岡本信彦
【発売元】ティームエンタテインメント、クロスフルール
【販売元】ティームエンタテインメント

【収録内容】
序章「始マリノ鈴音」
第一章「清香(せいこう)」
第二章「月夜ノ客人(まろうど)」
第三章「ティータイム」
第四章「雪兎」
第五章「深雪」
第六章「寒椿」
第七章「繋ガル音」
第八章「光ノ世界」
第九章「猫ノ贈リモノ」
終章「桜ノ雨」


◆キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ
本CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙(寄書き)を3名様にプレゼント致します!奮ってご応募ください!

【募集要項】
CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募下さい。
なお、プレゼント応募の締め切りは2015年3月末日までとさせて頂きます。
※商品の発送は、2015年4月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


©TEAM Entertainment Inc./XROSS FLEUR


幻妖綺~猫ノ贈リモノ~

B00NVS5P0S 幻妖綺~狼ノ花嫁~

B00IZO3JP6 幻妖綺~狐ノ嫁入リ~

B00AQ3ERKA 幻妖綺 ~狼ノ許嫁~

B00C1P3JXM

▲ PAGETOP