ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース立花慎之介にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載!

立花慎之介にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載! 2014年12月23日 11:15


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。数々の作品が制作されるなか、龍神の神子と呼ばれるヒロインと彼女を守る八葉、鬼の一族たちとの恋と戦いを描いた“和風恋愛アドベンチャー”として人気の高い「遙かなる時空の中で」から、最新作「遙かなる時空の中で6」が2015年3月12日(木)にリリース予定だ。

大正時代の帝都東京を舞台にした今までにない新たなストーリーが描かれるとあって、2014年9月開催のイベント『ネオロマンス 20th アニバーサリー』で制作が発表されてから、公式サイトなどで次々と明らかになる最新情報にファンの期待も高まっている。

現在もキャラクターイラストやキャスト、作品の世界観やイベントスチルなどが発表されているが、実はゲーム本編のボイス収録はすでに終了している。そこで、収録直後のメインキャスト8人にインタビューを敢行。今回はルードハーネ役・立花慎之介さんのインタビューをお届けする。

有馬 一役・寺島拓篤さんのインタビューはこちら
コハク役・阿部 敦さんのインタビューはこちら
本条政虎役・竹本英史さんのインタビューこちら
里谷村雨役・安元洋貴さんのインタビューこちら
ダリウス役・鈴村健一さんのインタビューこちら
片霧秋兵役・岡本信彦さんのインタビューこちら
萩尾九段役・四反田マイケルさんのインタビューこちら



●ルードハーネ役・立花慎之介インタビュー

――まずは収録を終えての感想をお聞かせください。

立花:前作「遙かなる時空の中で5」から参加していますが、そのときはフルボイスではなかったので、今回、初めてフルボイスをやらせていただきました。ですので、セリフ量がかなり多いなと。
登場するキャラクターも多かったので、彼らとの絡み方、また今回は帝国軍側と鬼の一族側と陣営が2つにわかれているので、場面転換で絡むキャラクターが違うというおもしろさがありました。相手側のキャラクターがどういう人たちなのか序盤はわからないところがあったので、今後、アナザーストーリーなどで絡めるとうれしいです。


――ルードハーネは15歳という少年の役どころですが、役作りのうえで苦労されたことはありましたか?

立花:設定としては15歳なんですけど、少年というより青年と思うくらいに落ち着いているんですよ。虎たち、にぎやかメンバーをまとめたり仕切ったりするのがルードなので、内面がものすごく大人な子でした。ですので、そこまでの苦労というのは無かったです。


――ご自身の演じられているキャラクターの魅力を教えてください。

立花:ダリウス邸の執事的立ち位置な子で、何をやらせても完璧な子なのですが、恋愛は全くしてこなかったというギャップが魅力かなと思いますね。だから、恋愛に関してはうぶなんですけど、本人はそれが恋なのかどうかすら気付いていない感じでして。
プレイしていただくとわかるのですが、恋愛を恋愛と思っていない雰囲気があるので、いろいろと何でもできるはずの彼が、恋だけはできないというのがポイントかなと。僕もそこは遊びながら演じました。


――キャラクターとご自身との共通点はありましたか?

立花:恋愛を除いてですが、何でもできるというのは似ていますね(笑)。ルードとはあまりにも瓜二つで、生き別れた弟かと思うくらい似ています。あと、僕は執事をした経験はないですが、身の回りを整理したり、規律正しく物事を決めてやったりするのは僕も得意です。几帳面なところは似ているかなと思います。整理整頓したいですし、使ったものは元の場所に戻したいタイプなので。 ただルードの場合はそれを人にやらせる、ダリウスのためにやれるというのがすごいところではあるので、ちょっと似ているようでちょっと違うのかなと。僕は自分のためにはやれますけど、人のためにできるかどうかはわからないので。


――前作「遙かなる時空の中で5」でのキャラクターとは雰囲気の違うキャラクターを演じられたわけですが、演じていてギャップを感じるようなところはありましたか?

立花:特にないです。小松帯刀は小松帯刀、ルードハーネはルードハーネなので、キャラクター性を引きずるわけでもなく、まったく別のものとして考えてやりました。セリフの端々に冷たさとか、少し小松っぽいところはあるのかもしれませんけど、あくまでルードはルードとして作りましたので。もし、似ているところがあると皆さんが感じるのであれば、それはそれでいいと思います。


――ルードハーネを演じる際に意識したことは何かありますか?

立花:主人公と出会った頃はツンツンしたとっつきにくいキャラクターで、小姑みたいな感じなのですが、それを保ちつつ、話が進むにつれて段々と変わっていく様は演じていて楽しかったです。ただ基本のルードハーネというキャラクターを維持し続けなければならないので、どこまで感情を振り切っていいのかという制限もありました。ですので、基本的なキャラクター性を守りながら遊べるところは遊んでみましたね。


――では、ルードハーネのもてそうだなと思うポイントを教えてください。

立花:意外に優しいところです。見た目や態度はつっけんどんな感じがしますけど、実は言葉ではそう言っているだけで行動はフォローしてくれますし、周りをちゃんと見ているので。言葉が優しくないだけです(苦笑)。態度も行動も優しいですよ。あとは恋愛に対してうぶなところが売りかなと思います。


――それでは「このキャラクター、もてそうだな」とか「バレンタインでチョコレートをいっぱいもらえそうだな」と思うキャラクターは誰ですか?

立花:ダリウスです。絵的にも大人ですし、妖艶ですからね。


――作中で最も印象的だったセリフやシーンについて教えてください。

立花:シリーズ初だと言われている、ダミーヘッドマイクで収録した音声ですね。そこまで多くはないですし、どこで使われているか今は秘密ですけど、ゲーム中に出てきます。初の試みですし、ダミーヘッドマイク好きな乙女たちが多いので、僕のなかでは楽しみながらやらせていただきました。普通のマイクでしゃべっている甘いセリフと、ダミーヘッドマイクで囁くセリフは若干違うので、その辺の臨場感を楽しんでいただければと思います。


――ダミーヘッドマイクだと演じる際の気持ちも違いますか?

立花:ダミーヘッドマイクだと自分で動きがつけられるんですよね。相手が聞いている耳の位置に対して近いのか遠いのかだけでも距離感は出るのですが、普通のマイクでそれをやろうとするとじつは難しいです。
やり方によっては、聞いていてもあまり差が出にくかったりします。それがダミーヘッドマイクだと自然に、自分の芝居の流れのなかでやれるので、そういう意味では違いますし、聞こえ方も違うので、慣れるとおもしろいから僕は好きですね。


――前作と比べて、今までに無かったなと感じた新しいこと、新しい面は何かありましたか?

立花:先ほどと重複しますが、初のフルボイス化とダミーヘッドマイクですね。またシナリオでは、今までのシリーズのお約束を崩して……というのがおもしろいです。これ以上は言えませんが、新しい試みがふんだんに入っているので、いろいろと楽しみどころがあるかなと思いますよ。


――ヒロイン・高塚梓の印象についてお聞かせください。

立花:芯の強い子だなという印象です。もちろん優しさも持ちあわせています。周囲の言葉に心が揺れたりしますけど、自分の思っていることを貫く、1本、芯が通っている子だなと思いましたね。


――では、ルードハーネと親しいキャラクターを挙げるとしたら誰になりますか?

立花:虎ですね。ダリウスとは、仲がいいというより主従関係なので。虎とはお互いに口悪く言いあったりするんですけど、本音を言いあえる、遠慮なくそれをぶつけあえる仲の良さがある関係なので。


――ルードハーネとヒロインとの恋愛を一言で言うとしたら、どのような恋愛だったと思いますか?

立花:徐々に打ち解けていきますが、先ほども言いましたが、ヒロインへの気持ちが恋なのかどうかわからないんです。恋を知らないから。でも、彼女のことが好きで……。だから、この気持ちが何なのか知ろうと前向きなので、明るい恋愛、それでいてうぶ、みたいな恋愛でした。漢字一文字だと「輝」ですね。輝く未来に向けて、2人で一緒に行こうよ、みたいな印象があるので。


――ご自身が演じているキャラクター以外で、気になるキャラクターはいらっしゃいますか?

立花:帝国軍側の4人が気になります。ルードのルートではキャラクター的にあまり深くまで触れていないので。あと、九段役をマイケルさんがやったときにどうなるのかがすごく気になります。他のキャラクターはある程度の想像がつくんですけど、マイケルさんだけどうくるのかがわからないので、僕は楽しみですね。


――本作の舞台である大正時代は洋食や、自動車などさまざまな文化や技術が登場した時代です。そこで、もしご自身が大正時代に行けたとしたら、行ってみたいことやってみたいことはありますか?

立花:新幹線が走る場所、または新幹線の停車駅の土地を買います。だって、絶対に高く売れるので(笑)。銀座や大阪はもう大正時代から町として開けていると思うんですよ。だから、空いている土地がそれほどない可能性があります。それに、都会に土地を買うとコストがかかります。安く買えて、高く売れる場所を考えたときに、新幹線の通る土地かなと。売るときに駄々をこねれば、売る金額も値上がりますからね。売るまでは別の人に貸します。


――都会でもまだ栄えていない土地を買うという手段もありますよね。

立花:そうですね。渋谷や新宿などは、大正時代ではまだ栄えていない可能性があるので、そこに土地を安く手に入れるというのもひとつの案ですね。もし手に入れたら、当時はなかったであろう日本初の24時間営業の駐車場を作ります。空き地をならして、24時間人を立たせておくだけでいいわけですから、ビルを建てるよりもコストがかかりませんよね。自動車も普及しはじめた時代でしょうし、富裕層向けに僕はやりますよ(笑)。


――大正時代は「和」と「洋」が入り混じった印象的な時代ですが、どちらが好きですか?

立花:僕は和と洋が入り混じった明治時代、大正時代が好きなんですよ。着物を着て袴をはいているのに靴を履いているとか、レンガ造りの街並みを着物姿の人が歩いているとか。そういう雰囲気がすごく好きなので、どちらか一方というよりも混ざっているのが好きです。


――では、女性が着るなら「和装」と「洋装」のどちらが好みですか?

立花:難しいですね(苦笑)。現代的に考えるのなら、洋装が多いから和装かな。


――それでは、作品の世界の舞台である大正時代にタイムスリップしたら就いてみたい仕事はありますか?

立花:貿易商です。日本から何を輸出して、海外から何を輸入すべきか、僕は先々に何が必要かという歴史を知っていますから、それをいっぱい先物買いします。大正時代は海外の文化や技術が入ってくる頃なので、先読みした動きをしたいですね。歴史を知っている以上、失敗するおそれがないので相当儲かりますし。安心して投資できますもん。言うなれば、富岡製糸場を買うか作ればいいわけですからね(笑)。


――タイムスリップ話が続きますが、もしどこにでもタイムスリップできるとしたらいつの時代に行ってみたいですか?

立花:弥生時代ですかね。それくらい昔に飛んでしまった方が、国を治めやすいですから(笑)。だって今の技術を持ち込めば、昔の人にしてみれば魔法のような力ですからね。仮に現代的なものがなくても、現代の戦術や知識があるので、100戦100勝できると思うんです。だから一気に国をまとめて、僕がいい日本を作ります。


――「遙かなる時空の中で」シリーズでは特殊能力を持ったキャラクターが登場しますが、ご自身が特殊能力を手に入れられるとしたらどのようなものがいいですか?

立花:テレポーテーションか超高速移動の能力です。移動時間が無駄なので、目的地に早く行けるというのは非常にいいですよね。遅刻もしませんし、ギリギリまで寝ていられるので。


――ネオロマンスシリーズはさまざまな作品を通して、20年も愛され続いてきたシリーズです。立花さんは2作品続けて出演されていますが、“ネオロマンスらしさ”をどの辺りに感じられましたか?

立花:物語の設定やキャラクターひとりひとりの裏設定、描写みたいなものが細かく描かれていて、しっかりとした土台が作られているところがネオロマンスらしさかなと思います。それに基づいて話が展開していくので、人と人とのやりとりが多いというのも特長ですね。あと、過剰に甘いセリフがないというのもポイントです。ちゃんと物語があって、それらがまとめられることによって流れで発生する恋愛というものが徹底されていると思います。


――ありがとうございました。では最後にファンへのメッセージをお願いします。

立花:前作とファンディスクの発売から3年近く経ち、久しぶりに「遙か」シリーズの新作が発売されます。その分、心待ちにしている方も多かったのではないかと思います。いよいよ来年3月に発売予定です。キャストの間でも、すごくおもしろいシナリオだねと話していたのですが、かなり工夫されているシナリオになっています。
また、何といってもフルボイスですので、最初から最後まで聞いて楽しんでいただけたらうれしいです。応援をたくさんいただければ、またファンディスクが出るかもしれませんし、この先もいろいろと続いて行くと思いますので、僕たちと一緒に「遙かなる時空の中で6」を盛り上げていければいいなと思います。これからも応援よろしくお願いします。



■PS Vita/PSP用ソフト「遙かなる時空の中で6」

【発売日】2015年3月12日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PSP
【価格】通常版:6,800円(税抜)/ダウンロード版:6,000円(税抜)/トレジャーBOX:12,800円(税抜)
【CERO】審査予定

【キャスト】
高塚 梓:斎賀みつき
有馬 一:寺島拓篤
ダリウス:鈴村健一
コハク:阿部 敦
片霧秋兵:岡本信彦
ルードハーネ:立花慎之介
本条政虎:竹本英史
萩尾九段:四反田マイケル
里谷村雨:安元洋貴
駒野千代:高橋美佳子


キャラクターデザイン/水野十子 ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KCW 【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8G 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KKY 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3P3Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K6I

▲ PAGETOP