ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース岡本信彦にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載!

岡本信彦にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載! 2014年12月22日 19:00


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。数々の作品が制作されるなか、龍神の神子と呼ばれるヒロインと彼女を守る八葉、鬼の一族たちとの恋と戦いを描いた“和風恋愛アドベンチャー”として人気の高い「遙かなる時空の中で」から、最新作「遙かなる時空の中で6」が2015年3月12日(木)にリリース予定だ。

大正時代の帝都東京を舞台にした今までにない新たなストーリーが描かれるとあって、2014年9月開催のイベント『ネオロマンス 20th アニバーサリー』で制作が発表されてから、公式サイトなどで次々と明らかになる最新情報にファンの期待も高まっている。

現在もキャラクターイラストやキャスト、作品の世界観やイベントスチルなどが発表されているが、実はゲーム本編のボイス収録はすでに終了している。そこで、収録直後のメインキャスト8人にインタビューを敢行。今回は片霧秋兵役・岡本信彦さんのインタビューをお届けする。

有馬 一役・寺島拓篤さんのインタビューはこちら
コハク役・阿部 敦さんのインタビューはこちら
本条政虎役・竹本英史さんのインタビューこちら
里谷村雨役・安元洋貴さんのインタビューこちら
ダリウス役・鈴村健一さんのインタビューこちら
ルードハーネ役・立花慎之介さんのインタビューこちら
萩尾九段役・四反田マイケルさんのインタビューこちら



●片霧秋兵役・岡本信彦インタビュー

――まずは収録を終えての感想をお聞かせください。

岡本:前作からキャストはそのままにキャラクターが一新しており、僕たちも自分がどんなキャラクターをやるのだろうかと思っていました。実際にプレイしてみたら「この人、こういうタイプのキャラクターをやるんだ」というのがわかって、より面白くなると思うので、客観的にはそれが一番楽しみです。
また、他の方のキャラクターがどういう位置付けで、どういう性格で、どう物語に絡んでくるのか驚くような展開になっていると思います。ちなみに、僕が担当した秋兵は父が大変厳しい人なのですが、そんな父親役を斉藤次郎さんが担当されています。
最近、外画でご一緒させていただいているのですが、「今度、お父さん役やるから」と声をかけていただきまして。次郎さんは吹き替えメインの方だと思っていたので、そう言う方がゲームに出演されるというのは「遙かなる時空の中で」シリーズの凄さだと思っています。


――ご自身の演じられているキャラクターの魅力を教えてください。

岡本:父が厳格で抑圧されているのですが、その中でも彼が持つ独特のやわらかさが魅力と思います。父を見ているからこそ、父とは違う人になりたいという思いがあるのかなと。


――秋兵は全体通して柔らかいのでしょうか?軍人という役柄ですので、凛々しい面もファンは楽しみにしていると思いますが。

岡本:凛々しい面もありましたけど、僕のなかではわざと凛々しくするという印象が強かったです。精鋭分隊の副隊長ですので、軍の人たちや父と会話をするときは話し方も変化しますが、全体的に凛々しくしました。ベースは柔らかい人で、明るい雰囲気なんですけど、辛くなると主人公に愚痴を言ってしまうときがあります。


――キャラクターとご自身との共通点はありましたか?

岡本:甘いものが好きなところです。シベリアが出てくるんですけど、シベリアの話をするときに秋兵は饒舌になるんですよ。もともと饒舌なんですけど、心から語りたいから語るという饒舌さが、僕もチョコレートなど好きなものに対して結構饒舌になるので、通じるものはありました(笑)。


――前作「遙かなる時空の中で5」でのキャラクターとは雰囲気の違うキャラクターを演じられたわけですが、演じていてギャップを感じるようなところはありましたか?

岡本:前作の沖田総司の場合は「感情がない」からスタートして、「感情が芽生えてくる」というのがゴールみたいな感じですけど、今回は優しさ、楽しさ、喜びなどプラスの感情を表面上に出してから、主人公に対して愚痴を言いだすなどマイナスな感情が見えてくるというか。沖田と比べると逆のイメージでしたね。はりぼてっぽい柔らかさから、主人公と恋愛することによって出てくる悲しさ、辛さというのが印象に残っています。


――秋兵を演じる際に意識したことは何かありますか?

岡本:柔らかさですね。どことなく柔らかい雰囲気、でも寂しさもあるみたいな。音響監督のカシワクラさんに細かく演出していただきました。


――では、秋兵のもてそうだなと思うポイントを教えてください。

岡本:もし現実世界にいたら、一番わかりやすいもて方をする人だと思います。まず、コミュニケーション能力が高い、相手の気持ちになって考えることができる、「この花が好き」と女性が言えば、次にあうときにはその花を持ってきてくれる、デートプランも立ててくれる……イメージはイタリア人です(笑)。フェミニストな気がしますね。それがもてるポイントかなと。


――そういう、もてる男らしいエピソードが作中に出てくるということですね。

岡本:結構あります。日本人らしからぬ口説き文句をよく言うんですよ。出会うと「姫君」と呼んだり、遠まわしに「貴女は美しい」と言ってみたり。あと、いきなり西洋劇のセリフを言うので、それが日本人っぽくないなと(笑)。大正時代なら、なおさらだなと思います。


――それでは「このキャラクター、もてそうだな」とか「バレンタインでチョコレートをいっぱいもらえそうだな」と思うキャラクターは誰ですか?

岡本:学生生活で例えるなら、本条政虎ですね。不良なほどもてる印象があるので。大人になってからだと、初対面でもてそうなのは秋兵かな。うさんくさくて嫌だと思う女性はいっぱいいるでしょうけれども(苦笑)。親密になってからは有馬 一だと思います。


――作中で最も印象的だったセリフやシーンについて教えてください。

岡本:あまり頑固じゃない秋兵が自分の芯を通すようなセリフが出てくるので、そのシーンが印象的ですね。


――前作と比べて、今までに無かったなと感じた新しいこと、新しい面は何かありましたか?

岡本:黒龍の神子が主人公というのが新しいと思います。大正時代が舞台というのも新しい面かなと。今回も独自の世界観が構築されていたと思います。


――ヒロイン・高塚梓の印象についてお聞かせください。

岡本:黒龍の神子=強気な子というイメージがあるかもしれませんけど、僕個人としては白龍の神子である駒野千代の方が強いイメージがありますね(苦笑)。秋兵に対してのあたりが強かったんです。だから彼女の方が強く見えて。梓も芯のある強い子なんですけど、どちらかというと梓の方がやわらかい印象でした。歴代主人公はみんな芯が強い子なので、今回も同じだったと思いますよ。


――今回、梓役を斎賀みつきさんが演じられていますよね。

岡本:前作の流れからすれば当たり前なんでしょうけど、ヒロイン役と言われると驚く方もいるかもしれません。でも、同業者の間では斎賀さんって、誰よりも乙女なイメージがあるんですよ。なので、芯が強いけど柔らかい女性という梓役は、斎賀さんにぴったりだと思います。


――白龍の神子である千代は秋兵に対してあたりが強いということですが、具体的にはどのような感じなのですか?

岡本:秋兵のことを牽制しているというか、「彼は悪い狼なんだよ」と主人公に言う感じですね(苦笑)。千代は千代で主人公を見守っているので……。イラストではおとなしめな子ですけど、秋兵に対しては結構強かったです。


――ということは、千代の印象をひとことで言うと?

岡本:「壁」ですね(笑)。主人公と恋愛したいのに立ちはだかってくる壁みたいな感じで。ちょいちょいぐさぐさ刺さることを言われました(苦笑)。


――秋兵と親しいキャラクターを挙げるとしたら誰になりますか?

岡本:有馬です。2人だけで過ごす時間が多いのは有馬でした。あと秋兵はものまねをするのですが、有馬のまねをすることが結構ありましたね。


――秋兵とヒロインとの恋愛を一言で言うとしたら、どのような恋愛だったと思いますか?

岡本:父を乗り越えるというのが彼の中に結構ありましたし、いろいろな意味で家族要素の強い恋愛でした。自分の家族はもちろん、主人公のおばあちゃんのことも気にかけていましたしね。


――ご自身が演じているキャラクター以外で、気になるキャラクターはいらっしゃいますか?

岡本:一番気になるのは萩尾九段です。人間を超えた雰囲気なんですよ。「この人、神様なのかな?」みたいな印象がありつつ、詩人っぽいイメージもあるので。


――本作の舞台である大正時代は洋食や、自動車などさまざまな文化や技術が登場した時代です。そこで、もしご自身が大正時代に行けたとしたら、行ってみたいことやってみたいことはありますか?

岡本:当時の演劇を見てみたいですね。現代と違う雰囲気があると思うので。ただ言葉遣いは現代と大分違うと思うので、劇団に入るみたいなことはしたくないですね。言葉の矯正からやることになりそうなので(苦笑)。


――演劇も違うと思いますが、景観も大分違いそうですよね。

岡本:僕の勝手な印象ですが、新宿辺りは大分違うと思うので興味はありますね。銀座はすでに栄えていたと思いますが、現代の高層マンションが建つ予定の土地と銀座に行ってみたいです。


――大正時代は「和」と「洋」が入り混じった印象的な時代ですが、どちらが好きですか?

岡本:お菓子に関しては洋の方が好きですね。和菓子も好きなのですが、クリスマスや誰かの誕生日に送るとしたら洋菓子なので。


――では、女性が着るなら「和装」と「洋装」のどちらが好みですか?

岡本:洋装です。洋装といっても、現代の普通の洋服と比較してのものですからね。もし当時の洋装と呼ばれるものと比較したら、着物や浴衣姿はいいなと思うので和装が好きです。


――それでは、作品の世界の舞台である大正時代にタイムスリップしたら就いてみたい仕事はありますか?

岡本:大正時代だったらまだマジックもそんなに浸透していないと思うので、僕の知識のマジックで何とかなると思うんです。ですので、大道芸をやりたいです。どれくらい儲かるのか分かりませんけどね。


――タイムスリップ話が続きますが、もしどこにでもタイムスリップできるとしたらいつの時代に行ってみたいですか?

岡本:ジュラ紀ですね。恐竜がいる時代に行って、実際はどういう色だったのか、本当に羽毛だったのかを見たいです。2000年を超えたあたりから、「恐竜は鳥が子孫だった」という説も出ているので、それを確かめに行きたいです。
小学生の頃は恐竜の本をよく読んでいたのですが、そのときにウルトラサウルスという首の長い恐竜が本に出てきまして。全長がすごくでかいのですけど、僕はその首がキリンのように持ちあがるもんだと思っていました。
でも、現実的には首が持ちあがらない理論が出てきたりして、どれなら彼らはどうやって生きていたんだろうなと。過去の説がかなり覆されているので、それを自分の目で確かめてみたいです。


――「遙かなる時空の中で」シリーズでは特殊能力を持ったキャラクターが登場しますが、ご自身が特殊能力を手に入れられるとしたらどのようなものがいいですか?

岡本:子供の頃は魔法みたいな感じで風を動かしたい、竜巻を起こせたらいいのにと思っていました(笑)。ただ大人になってみると、一番欲しい能力は時を止める能力です。時を止めたら遅刻もしないし、いっぱい寝られるので。


――ネオロマンスシリーズはさまざまな作品を通して、20年も愛され続いてきたシリーズです。岡本さんは2作品続けて出演されていますが、“ネオロマンスらしさ”をどの辺りに感じられましたか?

岡本:近年、ジャンルを問わず、さまざまなゲームが発売されていますが、奇をてらったものが多い印象がありました。その中で「遙かなる時空の中で」シリーズは、昔から変わらずにどっしり構えている印象があります。
物語もシリーズ通して「勧善懲悪」という王道の展開で、そのなかにも伏線があって、キャラクターの繊細な想いがしっかり描かれていて、感情の動きも含めて「ザ・王道」だなと。王道をやらなくなると何でもありみたいになってしまうので、これからも王道をいく作品として構えていてほしいなと思います。


――ありがとうございました。では最後にファンへのメッセージをお願いします。

岡本:片霧秋兵という新しいキャラクターを演じることになりました。最初に情報が発表されたとき、キャラクターの後ろ姿だけが公開されたので、「僕はこのなかのどの役をやるんだろう」と楽しみにしながら、イラストを見ていました。
今回は高身長の役どころなので、イベントではシークレットブーツをはかなきゃいけないなと思っています(笑)。「遙かなる時空の中で」シリーズはこれからもいろいろな展開をしていくと思いますが、まずは「遙かなる時空の中で6」のゲームの発売を楽しみにお待ちください。



■PS Vita/PSP用ソフト「遙かなる時空の中で6」

【発売日】2015年3月12日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PSP
【価格】通常版:6,800円(税抜)/ダウンロード版:6,000円(税抜)/トレジャーBOX:12,800円(税抜)
【CERO】審査予定

【キャスト】
高塚 梓:斎賀みつき
有馬 一:寺島拓篤
ダリウス:鈴村健一
コハク:阿部 敦
片霧秋兵:岡本信彦
ルードハーネ:立花慎之介
本条政虎:竹本英史
萩尾九段:四反田マイケル
里谷村雨:安元洋貴
駒野千代:高橋美佳子


キャラクターデザイン/水野十子 ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KCW 【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8G 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KKY 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3P3Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K6I

▲ PAGETOP