ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース安元洋貴にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載!

安元洋貴にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載! 2014年12月14日 12:45


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。数々の作品が制作されるなか、龍神の神子と呼ばれるヒロインと彼女を守る八葉、鬼の一族たちとの恋と戦いを描いた“和風恋愛アドベンチャー”として人気の高い「遙かなる時空の中で」から、最新作「遙かなる時空の中で6」が2015年3月12日(木)にリリース予定だ。

大正時代の帝都東京を舞台にした今までにない新たなストーリーが描かれるとあって、2014年9月開催のイベント『ネオロマンス 20th アニバーサリー』で制作が発表されてから、公式サイトなどで次々と明らかになる最新情報にファンの期待も高まっている。

現在もキャラクターイラストやキャスト、作品の世界観やイベントスチルなどが発表されているが、実はゲーム本編のボイス収録はすでに終了している。そこで、収録直後のメインキャスト8人にインタビューを敢行。今回は里谷村雨役・安元洋貴さんのインタビューをお届けする。

有馬 一役・寺島拓篤さんのインタビューはこちら
コハク役・阿部 敦さんのインタビューはこちら
本条政虎役・竹本英史さんのインタビューこちら



●里谷村雨役・安元洋貴インタビュー

――まずは収録を終えての感想をお聞かせください。

安元:楽しかったですね。お話自体がすごくおもしろかったので、他の人の恋愛ルートの台本もいただいて読みましたし。本当に「楽しい」のひとことにつきます。


――ご自身の演じられているキャラクターの魅力を教えてください。

安元:大人ですね。大人感が結構前に出ている人でした。落ち着いていますし、物事のかわし方が大人っぽいなと思いました。だからこそ、ヒロインのことを最初は子ども扱いしています。ただ、一人の女性としてヒロインを扱うようになってからは、元々は熱い男なので割と直球勝負で挑んでいたような気がしますね。


――キャラクターとご自身との共通点はありましたか?

安元:年が近いということくらいですね(笑)。彼みたいに文才もないし、ハイスペックな情報屋でもないし。彼ほど女性の扱いもうまくないですしね。


――前作「遙かなる時空の中で5」でのキャラクターとは雰囲気の違うキャラクターを演じられたわけですが、演じていてギャップを感じるようなところはありましたか?

安元:ネタバレになってしまうので、あまり多くは語れないのですが、最終的に彼が強く思って動いた理由は「守る」ということなんですよ。そこは前作とは大きく違うところだと思います。高杉晋作も守ってはいましたけど、彼は「殺す」から「守る」に転じた人でして。村雨は、最初は何もしてないようですが、実は守っていることがあったという感じです。


――村雨を演じる際に意識したことは何かありますか?

安元:最初は、表に気持ちをあまり出さない方がいいのかなと思っていたのですが、現場にきて音響監督の方たちと話して、もっと飄々とした部分を強くしてやろうということになりまして。自分で用意してきたものだけではなく、スタジオに来てどんどんキャラクターの方向性が変わってきました。
自分だけで準備してきたものは無駄ではなかったですし、プラスアルファの要素も足していって、みんなで作った感じがするキャラクターで楽しかったですし、結果的に演じやすかったですね。


――ディレクションはどのような感じでしたか?

安元:けだるさとか排他的とか、人にもっと興味を持たないような雰囲気で僕は作っていったのですが、逆にもっと人間くさくやってくださいと言われて、方向性が変わりました。だから、キャラクター作りにあたってのディスカッションには結構時間をかけましたね。


――ちなみに村雨が身近にいたら彼とは親しくなれそうですか?

安元:なれると思います。ほっといても大丈夫な人なので(笑)。たまに「ご飯食べよう」って声をかけたらすぐに来てくれそうですし、いい意味で人には執着してないフリをしてくれるので気楽な友だちになれるかなと。「昨日、何してた?」とかいちいち聞いてこないタイプなのでいいと思います。



――ご自身のキャラクターのもてそうだなと思うポイントを教えてください。

安元:コーヒーを入れるのがうまいんですよ。そういう特長がひとつあると、すごくカッコよく見えませんか?最初、このシーンの意味合いがよくわからなかったのですが、気どった感じではなくて、ごくごく日常のなかのひとこまとしてコーヒーを入れるシーンがあるんですよ。だからこそコーヒーがおいしいみたいな感じで、そこはすてきだなと。ですので、もてポイントのひとつだと思います。


――それでは「このキャラクター、もてそうだな」とか「バレンタインでチョコレートをいっぱいもらえそうだな」と思うキャラクターは誰ですか?

安元:抱えているものからするとダリウス。大人のいいずるさを持っている雰囲気を漂わせているので、好きな人も多いんじゃないかなと思います。村雨も大人なので、もし2人が対決したら結果的には村雨が勝ちそうだなとは思いますけど(笑)。村雨には実は子どもっぽさも残っているので。


――作中で最も印象的だったセリフやシーンについて教えてください。

安元:彼が大見得を切るみたいシーンがあるのですが、そこで彼の温度が急に上がる場面があるんですよ。そこは演じるうえでも大変でした。彼の抱えているものが一気に爆発するシーンなので、ぜひ見ていただきたいです。


――前作と比べて、今までに無かったなと感じた新しいこと、新しい面は何かありましたか?

安元:僕個人としてはいっぱいしゃべったことですね。ボイス量が増えたと思います。あと戦闘システムが新しくなっています。真新しさは常にあると思いますが、それもご期待通り、いっぱい入っていると思いますよ。


――村雨の物語全体をひとことで言い表すとしたら、どのような物語でしたか?

安元:「転」ですね。彼はちょっとしたことがあって人生が大分転じてしまったのですが、その転じた人生のなかで大きい何かをまた転じさせようとがんばるんですよ。転じさせた結果、彼のルートの場合はさらにもう1度、転じるんです。ですので、「転」な物語だったと思いますね。


――ヒロインである高塚梓の印象についてお聞かせください。

安元:凛としていますし、子供だけどいかにも子供だなという感じではなく、神子らしい神子だったと思います。この人のためなら、みんながんばれるよね、というような人でした。たぶん誰よりもでかいものを抱えているので、ちゃんと守ってあげなくちゃいけないなと思いました。
また、ヒロインを斎賀みつきさんが演じるということがすごいですよね。メンバーのなかで、ナンバー1イケメンで有名なあの斎賀さんがヒロインですよ?別の現場であったときに斎賀さんが「大丈夫なのかな、私」とは言っていましたけど、ついこの間、聞いたら「ちゃんとうまくいってよかった」と言っていたので、彼女も無事に録り終わったみたいです。だから、僕も斎賀さんの梓を聞くのが楽しみです。かわいい斎賀さんにも注目してください。


――ご自身が演じている以外で気になるキャラクターはいらっしゃいますか?

安元:絡むのは萩尾九段とダリウスなんですけど、あまり絡まないからこそどんな子か知りたいという意味でルードハーネです。



――本作の舞台である大正時代は洋食や、自動車などさまざまな文化や技術が登場した時代です。そこで、もしご自身が大正時代に行けたとしたら、行ってみたいことやってみたいことはありますか?

安元:国産の車がはじめてできたところが見てみたいです。ということで、僕は工場に行きたいです。鉄物に興味がありますね。たぶん今みたいにオートメーションじゃないから、手作りで作っているのだろうなと思うんですよ。だから、その様子を見てみたいです。


――大正時代は「和」と「洋」が入り混じった印象的な時代ですが、どちらが好きですか?

安元:僕はどちらも好きですよ。みんなが自分の好きなものをチョイスできるようになったところがいいなと思うので。


――では、女性が着るなら「和装」と「洋装」のどちらが好みですか?

安元:本来だったら和装がスタンダードなのに、今は和装がイレギュラーに見えてしまうご時世なので、和装というものに希少価値とかギャップみたいなものを感じるんですよね。でも、それは現代が洋装だらけだからなのであって、もし和装だらけのなかに洋装がいたとしたら同じようなことを思うんでしょうから……僕は全部好きです(笑)!ギャップがあることはみんなドキッとしますし、そのときのシチュエーションにもよるのかなと思います。


――それでは、作品の世界の舞台である大正時代にタイムスリップしたら就いてみたい仕事はありますか?

安元:今の日本を支えている中小企業や町工場の走りがいっぱいできた時代ですからね。町工場で働きたいです。ねじとか作りたいです(笑)。誰よりも精度の高いねじを作ります。


――タイムスリップ話が続きますが、もしどこにでもタイムスリップできるとしたらいつの時代に行ってみたいですか?

安元:20年くらい前に行って、堕落している俺のケツを蹴りたいです。「もっとちゃんとしろ!」って言いたいですね。


――「遙かなる時空の中で」シリーズでは特殊能力を持ったキャラクターが登場しますが、ご自身が特殊能力を手に入れられるとしたらどのようなものがいいですか?

安元:病気をしない身体、屈強な身体がほしいです。ずっと健康、というのがほしいですね。


――ありがとうございました。では最後にファンへのメッセージをお願いします。

安元:今までとは違うところもありますが、今までの「遙かなる時空の中で」シリーズが大切にしてきたものもちゃんと残っていますし、前作以上におもしろくなっていると思います。ですので、びびらず、臆さず、迷わず、手に入れて遊んでみてください。



■PS Vita/PSP用ソフト「遙かなる時空の中で6」

【発売日】2015年3月12日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PSP
【価格】通常版:6,800円(税抜)/ダウンロード版:6,000円(税抜)/トレジャーBOX:12,800円(税抜)
【CERO】審査予定

【キャスト】
高塚 梓:斎賀みつき
有馬 一:寺島拓篤
ダリウス:鈴村健一
コハク:阿部 敦
片霧秋兵:岡本信彦
ルードハーネ:立花慎之介
本条政虎:竹本英史
萩尾九段:四反田マイケル
里谷村雨:安元洋貴
駒野千代:高橋美佳子


キャラクターデザイン/水野十子 ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KCW 【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8G 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KKY 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3P3Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K6I

▲ PAGETOP