ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース阿部 敦にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載!

阿部 敦にインタビュー!ファン待望!「ネオロマンス」シリーズ最新作「遙かなる時空の中で6」キャストインタビュー連続掲載! 2014年12月12日 19:00


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。数々の作品が制作されるなか、龍神の神子と呼ばれるヒロインと彼女を守る八葉、鬼の一族たちとの恋と戦いを描いた“和風恋愛アドベンチャー”として人気の高い「遙かなる時空の中で」から、最新作「遙かなる時空の中で6」が2015年3月12日(木)にリリース予定だ。

大正時代の帝都東京を舞台にした今までにない新たなストーリーが描かれるとあって、2014年9月開催のイベント『ネオロマンス 20th アニバーサリー』で制作が発表されてから、公式サイトなどで次々と明らかになる最新情報にファンの期待も高まっている。

現在もキャラクターイラストやキャスト、作品の世界観やイベントスチルなどが発表されているが、実はゲーム本編のボイス収録はすでに終了している。そこで、収録直後のメインキャスト8人にインタビューを敢行。今回はコハク役・阿部 敦さんのインタビューをお届けする。

有馬 一役・寺島拓篤さんのインタビューはこちら
本条政虎役・竹本英史さんのインタビューこちら
里谷村雨役・安元洋貴さんのインタビューはこちら



●コハク役・阿部 敦インタビュー

――まずは収録を終えての感想をお聞かせください。

阿部:終わって、ホッとしています。ひとつひとつ細かく精査してやっていったので、時間をじっくりかけて収録しました。


――ご自身の演じられているキャラクターの魅力を教えてください。

阿部:コハクはすごく素直で、天真爛漫な子です。今回の登場人物の中でも群を抜いて朗らかな子だと思うのですが、シナリオが進むとその笑顔の裏にいろいろな思いを秘め出して……。見た目の朗らかさだけではない部分もあり、すごく人間くさいところのある子だなと思います。


――キャラクターとご自身との共通点はありましたか?

阿部:楽観的な感じはちょっと似ているのかなと思います。あまり物事を深く考えなさそうなところは似ているかもしれませんね(笑)。


――前作「遙かなる時空の中で5」でのキャラクターとは雰囲気の違うキャラクターを演じられたわけですが、演じていてギャップを感じるようなところはありましたか?

阿部:チナミとコハクは正反対にいるキャラクターといっても過言ではないので、ギャップはかなりありましたね。演じている自由度はコハクの方が高いかなという気もしていますし、何をやっても許されるキャラクターかなと。
チナミは真面目な委員長キャラなので、「これはさすがにやらないだろう」みたいなことが沢山あるんですよ。特にイベントへ出演すると、共演者の方々がアドリブをぶっこんでくるので、チナミというキャラクターを崩さずに演じることに苦労しました(苦笑)。でも、コハクなら何をやっても大丈夫そうですからね、イベントでは苦労することも無いかもしれません。


――コハクを演じる際に意識したことは何かありますか?

阿部:元気の良さですね。締めるところはしっかり締めていますが、底抜けに明るく、時には軽くフレンドリーに接しつつ、落とす時にはちゃんと落とすというようなギャップを意識しました。ですので、振れ幅が広いキャラクターだったなというのが印象に残っていますね。



――とてもかわいらしく見えるコハクですが、彼のもてそうだなと思うポイントを教えてください。

阿部:思ったことを素直に言うんですよね、コハクは。「きれいだね」とか「女神様!」とかそういうことを平気で言うので、女性の心情は僕にはわかりませんが、そういう素直な人はもてるのかなと思います。


――それでは「このキャラクター、もてそうだな」とか「バレンタインでチョコレートをいっぱいもらえそうだな」と思うキャラクターは誰ですか?

阿部:ダリウスや帝国軍側のキャラクターはみんなもてそうだから、チョコレートをいっぱいもらいそうですよね。隠れた人気があるのはコハクや(本条)政虎だったりするのかなとは思いますけど、みんなカッコいい揃いですから全員もらいそうですね。あとヒロインですけど、高塚梓ちゃんもいっぱいチョコレートをもらいそうですね。


――作中で最も印象的だったセリフやシーンについて教えてください。

阿部:コハクが「あはっ」ってよく笑うんですけど、それをセリフとして言うのが難しくて……。文字ではよく見るんですけど、実際に「あはっ」という言葉を言うことはあまりないと思うんですよ、とってつけたみたいな感じになるので。ですので、それを言うのが難しかったです。うまい具合にセリフに落とすのに苦労しました。


――前作と比べて、今までに無かったなと感じた新しいこと、新しい面は何かありましたか?

阿部:前作と同じだなと思ったことから先に言うと、チナミも記憶を無くしていたなと(苦笑)。チナミも途中で記憶を無くすのですが、コハクは最初から記憶を無くしているので、僕は記憶喪失担当なのかなと思いました(苦笑)。
新しいなと感じたのは、彼の戦う力が闇属性みたいな力で、ああいう戦い方をするキャラクターはあまり居なかったので、新しいなと思いました。詳しくはプレイしてみて確かめてください。


――コハクの物語全体をひとことで言い表すとしたら、どのような物語でしたか?

阿部:見た目から受ける印象だけではない物語、だと思います。


――では、コハクとヒロインとの恋愛をひとことで言うとしたら、どのような恋愛だったと思いますか?

阿部:それはかなり根が深い話になるんですよ。単純に好いた、惚れただけではなくて、コハクの記憶や存在理由みたいなところにかかわるので……。記憶を取り戻す過程で2人は惹かれあっていくんですよ。だから「存在理由を問う恋愛」ですかね。割と奥深い感じになっていると思います。


――ヒロインである高塚梓の印象についてお聞かせください。

阿部:割と芯が強めで活発な女の子だなという印象があります。カッコいいし、凛々しいし、それにすごく優しいですし、ちゃんとヒロインとして愛せるキャラクターでした。また、コハクに対してちょっと年上のお姉ちゃんっぽく接してくるところがあるんです。いろいろと世話をやいてくれたり、コハクを気にかけてくれたりして。だから年の近いお姉ちゃんみたいな感じがしました。
甘えられる存在であり、時に対等であり、時に守るような立場だったり。お互いの距離感が近い感じでよかったなと思いました。あと個人的には斎賀みつきさんがヒロインを担当されるということもあって、斎賀さんの方が僕よりもカッコいいので、斎賀さんよりもカッコよく演じないと、というプレッシャーはありました(笑)。


――白龍の神子である駒野千代の印象はいかがですか?

阿部:深窓の令嬢、というような印象です。活発な黒龍の神子とおしとやかな白龍の神子みたいな感じで、とてもバランスがとれているなと。



――ご自身が演じている以外で気になるキャラクターはいらっしゃいますか?

阿部:政虎のけだるげな感じが好きです。彼とは一緒にどこかに出かけたり、遊んだりすることが多かったので。コハクとバランスの取れたキャラクターで、ぶっきらぼうだけど面倒見のいい兄貴分の政虎と、そんな彼と一緒にいてちょこまかしているコハクという感じで、2人の仲がすごくいいなと思いました。


――本作の舞台である大正時代は洋食や、自動車などさまざまな文化や技術が登場した時代です。そこで、もしご自身が大正時代に行けたとしたら、行ってみたいことやってみたいことはありますか?

阿部:袴を履いているけれど洋装っぽさが入り混じって、独自にアレンジされた服装はいいなと思います。ですので、着る機会があればそういう洋服を着てみたいなと思います。


――では、女性が着るなら「和装」と「洋装」のどちらが好みですか?

阿部:その方に似合っていればどちらでもいいと思います。


――それでは、作品の世界の舞台である大正時代にタイムスリップしたら就いてみたい仕事はありますか?

阿部:作中に「ハイカラヤ」というカフェーが登場するのですが、あの時代のカフェーの雰囲気がとてもいいなと思うので、カフェーの常連客になるかカフェーのオーナーになりたいです。


――タイムスリップ話が続きますが、もしどこにでもタイムスリップできるとしたらいつの時代に行ってみたいですか?

阿部:教科書に載っている時代の分岐点に行ってみたいですね。「本当なのかな?」という疑いがあるので。僕が教科書で学んだ時代の分岐点が、今では新たに検証し直されて年号が変わったりすることがあるじゃないですか。だから、実際はどうだったのかというのを自分の目で確かめてみたいです。教科書の知識でしか知らないこともいっぱいありますからね。


――「遙かなる時空の中で」シリーズでは特殊能力を持ったキャラクターが登場しますが、ご自身が特殊能力を手に入れられるとしたらどのようなものがいいですか?

阿部:ダリウスが瞬間移動的な力を持っているのですが、遅刻とかしないんだろうな、便利でいいなと思うんです。使い勝手もよさそうなので、瞬間移動の力が欲しいです。


――ありがとうございました。では最後にファンへのメッセージをお願いします。

阿部:コハクは無事に収録完了しました。前作のチナミとは違ったキャラクターになっておりますので、また新しいキャラクターとの恋愛を楽しんでいただけるはずです。発売を楽しみにしていてください。



■PS Vita/PSP用ソフト「遙かなる時空の中で6」

【発売日】2015年3月12日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PSP
【価格】通常版:6,800円(税抜)/ダウンロード版:6,000円(税抜)/トレジャーBOX:12,800円(税抜)
【CERO】審査予定

【キャスト】
高塚 梓:斎賀みつき
有馬 一:寺島拓篤
ダリウス:鈴村健一
コハク:阿部 敦
片霧秋兵:岡本信彦
ルードハーネ:立花慎之介
本条政虎:竹本英史
萩尾九段:四反田マイケル
里谷村雨:安元洋貴
駒野千代:高橋美佳子


キャラクターデザイン/水野十子 ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KCW 【Amazon.co.jp & GMECITY限定】 遙かなる時空の中で6 GAMECITYセット (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8G 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3KKY 遙かなる時空の中で6 トレジャーBOX (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3P3Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K8Q 遙かなる時空の中で6 (初回限定封入特典(水野十子 描き下ろしリバーシブルジャケット) 同梱)

B00PFD3K6I

▲ PAGETOP