ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史、ELISA、水島精二監督が登壇!「楽園追放」初日舞台挨拶レポート

釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史、ELISA、水島精二監督が登壇!「楽園追放」初日舞台挨拶レポート 2014年11月15日 12:00


11月15日(土)より劇場上映がスタートする、“監督 水島精二”× “脚本 虚淵玄(ニトロプラス)”による完全オリジナル作品「楽園追放-Expelled from Paradise-」。この上映開始を記念して11月15日(土)に初日舞台挨拶が新宿バルト9で行なわれた。

出演は釘宮理恵さん(アンジェラ・バルザック役)、三木眞一郎さん(ディンゴ役)、神谷浩史さん(フロンティアセッター役)と、主題歌を歌うELISAさん、水島精二監督。



上映初日を迎えられたことについて、水島監督は0号試写など何度も上映の機会があり、作品への自信が既にあるが、改めてたくさんの人に見てもらえることが嬉しいと語った。

釘宮さんは初めて話をいただいてから随分時間が経ち、作品がようやく公開されたことでほっとした気持ちと長いような短いような不思議な気持ちが混在している話す。また、この作品の顔合わせの場で、水島監督からオリジナルの作品を作ることや、どんな役を演じて欲しいかを伝えられたことを明かした。

「(公開が)まだだったのか」という気持ちだという三木さん。仮アフレコや0号試写やイベントなど上映前に様々なことがあり、ついに今日という日を迎えられたことを嬉しく思うとコメント。神谷さんは昨年話をいただいた段階では、期待し過ぎるとがっかりしてしまうため気持ち半分でいたところ、話が正式に決まり嬉しかったそうだ。台本をいただいた段階では難しい話だと感じ、どう伝えていけばいいかという迷いもあったが、0号試写で好評をいただき受け入れてもらえたことに安心したと語った。

作品が無事完成したことについてELISAさんは出来上がるまでの時間の長さを感じていたと話す。今までアニメのOPやEDを歌ったことはあったけれど、劇場上映される作品の主題歌は初めてであることも明かしてくれた。スクリーンの前という同じ環境で観客が作品を見て、余韻を楽しんでもらいながら歌を聴いてもらえる機会はそうそうないため、この作品が公開されて感動していることを伝えてくれた。

水島監督はオリジナル作品の監督として声をかけてもらえたことの喜びと、作品を作る流れの中で声優としてはこの3人、音楽としてはELISAさんが浮かんできたことを打ち明けた。また、スタッフの総力が尽くされ、様々な力を受けて完成した作品なので、誇りを持って届けられることが出来ると改めてコメント。そして、水島監督は“代表作”と言える作品に仕上がったと自信を見せた。



キャラクターについて、釘宮さんはまず作品の内容を理解することが大変だったと語り、冒頭のシーンからキャラクターが言っていることの意味を理解するのに苦労したそうだ。後半のストーリーを見て、ドラマ部分を大事にした作品だと仮アフレコの時に初めて分かったと教えてくれた。

三木さんはシナリオを読んだ段階では釘宮さん同様、すぐに理解出来なかったけれど、読み物として読んでいて楽しかったと振り返る。生身の人間とAIと人間であるけれど電脳世界に生きている3人の物語が面白く、役として演じていて楽しかったそうだ。

フロンティアセッターを演じるにあたり、神谷さんはラストシーンへ至る物語がどのように成立するのか、どう視聴者に受け取ってもらえるのか悩んだそうだ。そして、「そのままの演技で良い」という音響監督からの指示があり、そのままの自分を求められていると考えてキャラクターを演じたと語った。水島監督は神谷さんのシャープな声とその中にある温かみを求めてキャスティングしたことも明かしてくれた。

主題歌について、ELISAさんは制作過程では歌が作品とどう関わっていくか知らなかったそうだ。実際作品を見た時に、ディンゴが歌っていたり、EDでフロンティアセッターが歌っていて、その場面場面で感動してしまったとのこと。出演者陣のコメントはここで一旦終わり、本作の脚本を担当した虚淵玄さんからのコメント紹介へ。


<虚淵玄さんコメント>
水島さんとの初対面はお台場のガンダムの足下。その足でトランスフォーマーの映画を見に行ったのが思い出です。そんな出会いだったのだから、お互いにロボットSFを作ることになるのは運命だったのでしょう。待ちに待った成果の日の訪れを、僕も嬉しく思っています。



コメントが紹介された直後、なんと虚淵さんがステージに急遽登場するサプライズが。虚淵さんはゼロから劇場上映する作品を手がけるのは初めてであり、自身にとって節目となる作品が公開されることは感慨深いとコメント。最後に出演者より一言ずつメッセージが伝えられ舞台挨拶の幕は下ろされた。

釘宮:本作のBlu-ray&DVDが発売になっています。おしゃれなパッケージで、フロンティアセッターの絵も可愛いです。でも、(パッケージだけでなく)映画館でもこの作品を見ていただきたいです。普遍性のあるテーマが込められた作品ですので、皆さんの心に残り、いつまでも愛されるように祈っています。

三木:手描きでは難しい部分や、出来が良過ぎて気づきにくい部分が3DCGで描かれていますので、気づいていただけたら嬉しいです。“楽園”がテーマではあるのですが、それは場所だけを指しているのではないのかなと思いました。この映画が素敵だと思われた方は周りの方を誘って皆さんで見ていただき、作品の輪を広げて欲しいです。

神谷:今回初めてこの作品を見ていただいた方が、誰に感情移入をしたか気になるところです。3人それぞれの立場を描いた作品です。視点を変えてまた見ていただくと違った見え方がするので、二度三度と劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。

ELISA:豪華なキャストとともにステージに断つことが出来て嬉しかったです。たくさんの人にこの作品が伝わるように思いを背負って歌っていきたいと思います。

虚淵:こんなに大勢の方にお越しいただけて嬉しいです。ありがとうございました。2時間の作品は初めて自分の作品を見てもらうのにちょうどよく、まさに代表作として仕上がったと思います。

水島:スタッフが愛情を持って今までやったことがないことにどんどんチャレンジしたトライアルな作品であり、技術の粋を集めたエポックな作品になっています。SEや音楽など音の要素も今までの中でベストなものが出来ました。末永く愛していただけましたら嬉しいです。




■「楽園追放-Expelled from Paradise-」

2014年11月15日(土)より新宿バルト9ほか劇場上映!

【スタッフ】
原作:ニトロプラス/東映アニメーション
脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
監督:水島精二
演出:京田知己
キャラクターデザイン:齋藤将嗣
プロダクションデザイン:上津康義
メカニックデザイン:石垣純哉
スカルプチャーデザイン:浅井真紀
グラフィックデザイン:草野剛
設定考証・コンセプトデザイン:小倉信也
CG監督:阿尾直樹
モーション監督:柏倉晴樹
造形ディレクター:横川和政
美術監督:野村正信(美峰)
撮影監督:林コージロー
音響監督:三間雅文(テクノサウンド)
音響効果:倉橋静男(サウンドボックス)
音楽:NARASAKI
主題歌:ELISA『EONIAN-イオニアン-』
アニメーションプロデューサー:森口博史
チーフアニメーションプロデューサー:吉岡宏起
プロデューサー:野口光一
アニメーション制作:グラフィニカ
企画・製作:東映アニメーション

【キャスト】
アンジェラ・バルザック:釘宮理恵
ディンゴ(ザリク・カジワラ):三木眞一郎
フロンティアセッター:神谷浩史


©東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ


EONIAN-イオニアン-(期間生産限定盤)(DVD付)

B00NI0MIT0 EONIAN-イオニアン

B00NI0MIY0 【Amazon.co.jp限定】楽園追放 Expelled from Paradise (完全生産限定版) (キャラクターデザイン齋藤将嗣描き下ろしイラスト布ポスター付) [Blu-ray]

B00NE93HIG 楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B00NHU4UK6 楽園追放 Expelled from Paradise [Blu-ray]

B00NHU4UIS 楽園追放 Expelled from Paradise [DVD]

B00NHU4ULK

▲ PAGETOP