ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース野島裕史、前野智昭キャストインタビュー到着!ドラマCD「夜空のすみっこで、」11月26日発売!

野島裕史、前野智昭キャストインタビュー到着!ドラマCD「夜空のすみっこで、」11月26日発売! 2014年10月16日 12:55


大洋図書から2013年7月に刊行されたハヤカワノジコ先生の人気コミックス「夜空のすみっこで、」。本作のドラマCDが、11月26日(水)に発売される。

今回、ドラマCDに出演の星野役・野島裕史さんと、須藤昭弘役・前野智昭さんより、収録後のインタビューが到着したので紹介する。収録の感想はもちろん、作品の印象やおふたりの好きなものに対する熱い思いまでたっぷりと語っていただいたので、最後までお見逃しなく。

なお本作は、小学校の教師である主人公・星野と、彼が高校時代に憧れていたひとつ上の須藤昭弘が、11年ぶりに再会したことからはじまる、切なくも心が温かくなるラブストーリーだ。原作と合わせて是非チェックしよう!



●ドラマCD「夜空のすみっこで、」収録後キャストインタビュー

――まず最初に収録を終えての感想からお聞かせください。

星野役・野島裕史:CD2枚組になるということで、とてもボリュームのある作品でしたが「収録が終わって疲れたな~」というようなことはなく、終わってみて優しい気持ちになりましたし、癒された感がある収録でした。気持ちとしては大変リラックスしています。

須藤昭弘役・前野智昭:とてもあたたかい気持ちになれる作品だったので、非常に演じがいもありましたし、携われてよかったなと素直に思っています。野島さんと同じく癒されたと言いますか、よこしまな気持ちが消えていくような、浄化されていくような気持ちになれた収録でした(笑)。


――癒されるような作品だったということですが、作品全体の印象についていかがでしたか?

野島:BL系なんですけど、とてもライトでさわやかな話でした。

前野:いわゆる絡みはほぼなかったですからね。

野島:そういう作品は珍しいから、すごくよかったです。あと原作コミックスの表紙の「夜空のすみっこで、」というタイトルの大きさとかレイアウトとかこだわりのある感じ、センスが僕は大好きです。漫画自体もセリフの配置とか心情の吹き出しがかなり凝っていて、アートっぽい雰囲気がいっぱいだったんです。だからその吹き出しの雰囲気をセリフに織り交ぜられないかなと思ってやりました。全体の雰囲気がとにかくきれいでした。

前野:キーパーソンに女性がいるというのも珍しいですし、ポイントが高いですよね。

野島:そうそう!BLにしては珍しいことが多かったよね?

前野:そうですね。しかもその女性がまたキリっとしていて素敵なんですよね。

野島:うん。だから、いい意味で珍しい作品だなという印象が強いです。


――キャラクターたちが心情を語る場面が多かったですが、演じるうえで心がけたことはありますか?

野島:先ほどと少し重複してしまいますが、原作で出てくる吹き出しの雰囲気や角度、心情を表したような抽象的な絵など、様々な演出の違いをうまく表現できたらいいなと思って演じました。

前野:耳で楽しんでいただくのがドラマCDですので、心情を語るモノローグとはっきりと声に出しているセリフと、その差別化はより強く演じわけしようと意識してやりました。


――それぞれが演じるキャラクターについて、どのような人物だったか教えてください。

野島:星野くんはとても繊細で優しい人です。ちょっと引っ込み思案でビビりなところもあって、僕とは全然違う性格の持ち主です(笑)。僕は自分で言うのもなんですが、非常に豪快なタイプなので役作りがいつもより苦労しました。でも、演じていくうちに共感できる部分も出てきて、自分も繊細な部分を持っていたんだと気付きました(笑)。とてもかわいい人だなと思いましたし、先生に向いている人だなと思いました。

前野:優しすぎるから、中学の先生だとなめられちゃうかもしれないですよね?

野島:中学、高校の先生だったらなめられるけど、小学校低学年の先生とか保父さんとかには向いてると思うよ、彼は。

前野:須藤くんは強そうに見えますけど完璧な男ではないし、過去のトラウマやしがらみを持っていて、そこから抜け出せないというか、ずっと心に秘めていて、ものすごく人間らしいところを持ったキャラクターだなと感じました。彼のように弱さも強さも持っている人、僕は好きです。あ!そういえば僕も須藤くんのように洗濯物を干しっぱなしで出かけてしまうタイプなので、そのときの心情は共感できます(笑)。


――先ほどもおっしゃっているように、魅力的な女性がキーパーソンとして登場しますが、須藤の子どもとして翔太も登場しています。翔太の印象はいかがでしたか?

野島:かわいいです!

前野:本当にかわいい子ですよね、やんちゃで。

野島:第一次反抗期なのかな?二次かな?

前野:小学5年生くらいだとどっちなんでしょうね?

野島:僕も詳しくないんだけど(笑)、どちらにしても周囲に対してちょっと強がっちゃうところとか、泣いているときにも「こっち見んなよ!」って言ってみたり、本当にかわいくて仕方ないね。だって、僕のところは弟が2人いるんだけど、真ん中の弟なんてずっと反抗期だったんだよ~。

前野:真ん中の弟というのは(野島)健児さんのことですか?

野島:そうそう。ず~っと反抗期で、その分、一番下の弟は反抗期が一度もなかったの。

前野:健児さんのことを見ていたからですかね?

野島:たぶんね(苦笑)。


――CD全編が聞きどころだと思いますが、全体のなかでお2人が「ここはポイント」だと思っているシーンはありますか?

野島:おっしゃるように、聞きどころを聞かれるといつも「全部」と答えてしまうのですが、あえて1か所選ぶならば、メインのストーリーが終わった後の、番外編のお話がポイントかなと思います。番外編でもほんわかとしていますが、ここでようやく……というシーンが少しあります。でも、癒し系の作品ですので、ここでもほんわかとしていただけるんじゃないのかなと思います。2人の間に流れる穏やかな空気感が僕は好きですね。

前野:回想シーンがちょくちょく出てくるんですけど、その回想でのやりとりが個性的で好きでしたね。キーパーソンとなる真実さんとの会話や、彼女と大学の農学部の秘密基地的なところでしている会話とか素敵だなと思いました。


――星野は須藤のことを11年も思い続けていましたが、お2人は彼のように好きな人を長年思い続ける派ですか?それとも諦めて次の恋に移る派ですか?

野島:11年は無理ですね(苦笑)。なかなか忘れられないみたいなことはあるかもしれませんけど、ずっと思い続けるのはね……。「忘れられない」というのと「思い続ける」というのはイコールなのかな?

前野:それは女性と男性で意見が分かれるところですね。

野島:そうだよね。僕は11年も思い続けられないから、時と共に忘れちゃうかもしれないね。たぶんいい思い出になっていくんだろうなって。だから、次の恋に移るというよりも思い出を胸に、前に進んでいく方ですね。


――恋愛以外だと、長年思い続けているものは何かありますか?

野島:あります!僕は自転車が9年間、大好きなんですよ!!これからも一生好きだと思いますし、好きさ加減が半端ないですよ(笑)。道を歩いていても自転車を見つけると「これはどこどこのメーカーのだ」と思って、じっと見ちゃいますし。自転車含めて趣味が多いので、趣味に関してはずっと思っていられますね。


――自転車以外にはどのような趣味を持っていらっしゃるんですか?

野島:思いつくスポーツにはすべて手をつけましたし、パソコンでデザインするのも好きです。だから原作コミックスの表紙のレイアウトやデザインをつい見ちゃうんですけど(苦笑)。あとは作曲・編曲、ピアノもやりますし……。これでも一生懸命、趣味を減らしてるんですよ。


――前野さんはいかがですか?

前野:恋愛に関しては、僕も11年間、たった1人の人を思い続けるのは無理ですね。趣味で言えば、7個、玉を集めると龍が出てきて願い事を叶えてくれる作品が25年以上も大好きで、今でも漫画を読みますので、今後もそれが大好きだというのは揺らがずにいくと思います。それ以外で長い間好きなものといえば、テレビゲームくらいですね。

野島:ゲーム好きなんだ!好きなジャンルはあるの?

前野:何でもやりますよ、恋愛シュミレーションゲームもやりますし。でも、業界に入ってからはキャラクターより中の人が先に出てきてしまうので、あまりやらなくなりました(苦笑)。

野島:(笑)。これは業界あるあるです!


――ありがとうございます。では、最後にドラマCDの発売を待つファンへのメッセージをお願いします。

野島:ドラマCD化されるのを楽しみにしている方も大勢いらっしゃったでしょうし、どのようにドラマCD化されるのかと期待も高いのではないかと思います。僕たちも原作の雰囲気を壊さないように、よりよくなるように演じたつもりです。ぜひ多くの方に聞いていただきたいと思います。

前野:事前に原作コミックスをいただいて読んだのですが、原作にかなり忠実に音声化していますし、原作の持つ雰囲気を大切にしてドラマCDを作っていると思います。ですので、原作を読みながらドラマCDを聞くと世界観やストーリーをより楽しめると思います。原作共々、楽しんでいただけたら何よりです。

野島:あとはタイトル通り、夜に聞いて欲しいです。

前野:そうですね。夜空と星が見える時間帯に、静かな雰囲気のなかで聞いてみてください。


――ありがとうございました!



■ドラマCD「夜空のすみっこで、」

【発売日】2014年11月26日(水)
【価格】4,500円(税抜)
【品番】FFCL-0007
【発売元・販売元】フロンティアワークス

【キャスト】
星野:野島裕史
須藤昭弘:前野智昭
翔太:田村睦心
天野真実:嶋村侑


<あらすじ>
小学校の教師である星野には、高校時代、憧れていた人がいた。
同じ天文学同好会にいた、ひとつ上の須藤先輩。
その先輩と再会したのは、高校卒業から11年が経った後だった。
教え子の保護者として星野の前に現れた須藤は、星野に告げる。
「おまえとはもう二度と会いたくなかったんだ」と……。


©ハヤカワノジコ 太陽図書 2013 Printed in Japan


ドラマCD「夜空のすみっこで、」

B00N4952ES 夜空のすみっこで、 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 141)

4813030270

▲ PAGETOP