ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース岡本信彦、瀬戸麻沙美、浪川大輔、斎藤千和、堀江由衣よりコメント!「ダブルサークル」最終話公開!

岡本信彦、瀬戸麻沙美、浪川大輔、斎藤千和、堀江由衣よりコメント!「ダブルサークル」最終話公開! 2014年9月26日 12:00

東芝が川崎市の協力のもと企画製作している、川崎市を舞台にスマートコミュニティをテーマに描くオリジナルアニメーション「ダブルサークル(Double Circle)」。本アニメの最終話・第6話『Double Circle』が、YouTubeにて公開中だ。

今回、このアニメに出演する岡本信彦さん(アサギ役)、瀬戸麻沙美さん(アカネ役)、浪川大輔さん(エム役)、斎藤千和さん(ナノハ役)、堀江由衣さん(玉虫姫[タマちゃん]役)より、最終話収録時のコメントなどが到着したので紹介する。

なお、本アニメがテレビ神奈川と沖縄テレビにて放送決定。テレビ神奈川では9月28日(日)11時に前編、10月12日(日)11時に後編が、沖縄テレビでは9月30日(火)24時43分から前編、10月11日(土)9時55分から後編がそれぞれ放送となるので、こちらも合わせてチェックしよう!


<質問>
Q1:最終回までの収録が終わりましたが一番印象に残った話は何話でしょうか?
Q2:ご自分のキャラを含めて、気になったキャラや、こういうシーンも観たかったというキャラがあれば教えて下さい。
Q3:最後に最終話を楽しみにしているファンに向けてメッセージをお願いします。



●岡本信彦さん(アサギ役)

A1:やっぱり最終話です(笑)。詳しくは言えないですが、ニビイロやタマちゃんについていろいろ分かっていくのが最終話なので。ミスリードがあったり、さまざまな情報や伏線が畳まれるのが最終話に集約されています。説明台詞が多くて印象的だったのは、1話と4話ですね(笑)。

A2:1話からタマちゃんが可愛いなと思っていました。髪の毛になんで惑星がついているんだろうとか(笑)。気になるところが多くて、もっともっと絡んでみたかったキャラでした。他にもアカネさんも最後まで謎の出てくる人でした。1話の段階では人に厳しく、勝気な女性というイメージだったんですが、実はロマンチストだったするのかなという印象も出てきたりして。
あとはやっぱりエムが謎多きキャラで、謎が謎を呼ぶキャラ過ぎて気になりました(笑)ですし、ナノハは一番関わりも多くて、とても可愛い印象のキャラクターでしたね。

A3:アクションものとしても見応えがあり、BGMなどにはどこか懐かしさがありつつ、「街づくり」を伝えるという大きなテーマを持った作品です。アニメはさまざまな情報を楽しんで伝えられるツールだと思うので、ぜひ皆さんに楽しみながら見ていただけると嬉しいです。



●瀬戸麻沙美さん(アカネ役)

A1:エムとナノハが市場で野菜を一緒に買っていた3話です。エムが市場のおばちゃんたちから食べ物をもらっているのをみて、愛されているのがわかるシーンが好きです。アカネも一緒にいたかったですね。アカネがあの場にいたらナノハに続いてツッコミ役だったと思うんですが(笑)。

A2:みんな魅力的なキャラだと思います。その中でもエムはやはり魅力的ですね。そして最後まで見ていただければより魅力的なキャラクター、ニビイロです。あとはエムが3話で買った野菜を使ってお料理をしているシーンも観てみたかったですね。

A3:ダブルサークルをごらんの皆さま、ありがとうございます。1話4~5分ほどの短いスートリーですが、戦闘シーンの迫力と、日常シーンとのギャップなど楽しんでもらえていたら嬉しいです。細かいところまで観てくださって方もいると思いますが、私は独特な髪の色の塗り方が好きです(笑)。そんな風にみなさんも好きな部分を見つけて楽しんでもらえたら嬉しいです。最終回まで、是非ご覧下さい。お見逃し無く!



●浪川大輔さん(エム役)

A1:エムが活躍する3話です。すごい巨体に変身しつつ、植物の力を使ったりといった戦い方が独特でいいですよね。一方で未来の技術も使われてたり(※)、この作品を観てもらうことで自然や、最新技術を身近に感じてもらえれば嬉しいです。
(※DNAチップを使って地面に潜った敵の場所を特定するといった場面)

A2:タマちゃん(玉虫姫)が気になります。普段は可愛らしいのに、ミステリアスなところがある感じもいいですね。

A3:とても独特なアニメだとは思います。その中に込められている力強いメッセージをぜひ感じてもらえたらと思います。



●斎藤千和さん(ナノハ役)

A1:3話のトマトを利用して戦う話ですね。いろんな物の成り立ちを勉強しておくと何かに利用できるかもしれないなという、学びのある回だったので、印象に残っています。

A2:断トツでエムです(笑)。飄々としていてすごく見た目がカッコいいのに、喋ると笑っちゃいます (笑)。浪川さんのお芝居と相まって、「不自然さ」がとても自然で、キャラクターとしてすごく面白くて。「不自然の塊」みたいな喋り方をしているんですが、とっつきやすく愛着が持てる不思議なキャラクターでしたね。

A3:川崎市と協力しているという異色の作品で、色々なことを学べる作品だと思います。川崎に住んでらっしゃる方はもちろん、住んでいない方にも、川崎はこういう街で、こういう取組みをしているんだなというのがとても勉強になると思います。ご家族で見てもお子さんにとってプラスになるのではないでしょうか。ぜひ色々な方にご覧になっていただきたいなと思います。
今回で最終回を迎えてしまうわけですが、是非感想とかもいただけたら嬉しいなと思います。またお会いできる機会があれば嬉しいですね。



●堀江由衣さん(玉虫姫[タマちゃん]役)

A1:5話でたまちゃんとニビイロの秘密にかかわる話が出てきて、そこが印象に残っています。

A2:他のキャラクター達との日常生活がもう少し見たかったです!

A3:最後まで楽しんでいただけたら嬉しいです!



■オリジナルアニメーション「ダブルサークル(Double Circle)」

【キャスト】
アサギ:岡本信彦
アカネ:瀬戸麻沙美
エム:浪川大輔
ナノハ:斎藤千和
玉虫姫(タマちゃん):堀江由衣

【配信URL】
最終話『Double Circle』:http://www.youtube.com/watch?v=ro8n9BWCWmM

【TV放送情報】
テレビ神奈川:[前編]9月28日(日)11:00~11:30/[後編]10月12日(日)11:00~11:30
沖縄テレビ:[前編]9月30日(火)24:43~25:13/[後編]10月11日(土)9:55~10:25


◆「ダブルサークル(Double Circle)」とは
東芝の「スマートコミュニティセンター」や川崎市役所で働く登場人物が、スマートコミュニティの実現に必要不可欠な再生可能エネルギーなどをモチーフにした姿に変身し、“敵”を倒すオリジナルアニメ。敵は、持続的に成長する社会に相対する「時が止まった世界/色がなくなった世界」を象徴するものとなっており、アニメを通して、環境配慮と利便性・快適性を両立した街へと発展する川崎市と、東芝のエネルギーソリューションや商業活性化ソリューションなどを描いている。


© TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.


TVアニメ「 月刊少女野崎くん 」エンディングテーマ「 ウラオモテ・フォーチュン 」

B00KROM6QU 音楽少女 月面飛行のリリファ&ロックンロールキャット

B00K3GUK2O 「つまみは塩だけ」ラジオCD「珍品」

B00L4H8BRM IS<インフィニット・ストラトス>2 ワンオフ・フェスティバル2 [Blu-ray]

B00JNN01RC 私だけの物語【初回限定盤OVA】

B00M79QK92

▲ PAGETOP