ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース市来光弘、江口拓也、島﨑信長、下野紘、安元洋貴が感動をお届け!『ゲーマーズDX 〜LEVEL2〜』夕方の部レポート

市来光弘、江口拓也、島﨑信長、下野紘、安元洋貴が感動をお届け!『ゲーマーズDX 〜LEVEL2〜』夕方の部レポート 2014年8月11日 12:00


2013年3月まで放送されていたゲームバラエティ音声番組「ファミ通キャラクターズDX」が一新されて生まれ変わった「ファミ通ゲーマーズDX」。鈴村健一さんと前野智昭さんがパーソナリティを務め、毎月第4木曜日にニコニコ生放送で配信中のこの番組のイベント『ファミ通ゲーマーズDX「ゲーマーズDX 〜LEVEL2〜」』が、8月10日(日)に世田谷区民会館で行なわれた。

イベントではMCを鈴村さんと前野さんが務め、ゲストとして市来光弘さん、江口拓也さん、島﨑信長さん、下野紘さん、安元洋貴が出演。昼・夕方2回行なわれたうちの夕方の部の模様をお伝えする。



■オープニング

いつものBGMが聞こえて来ると拍手の中、鈴村さんと前野さんが登場。昼の部は緊張感溢れる内容だったため、思わず吐きそうだったと振り返る。そして、ローテンションな感じで登場した市来さん、江口さん、島﨑さん、下野さん、安元さんがステージに加わり夕方の部がスタートした。

まずはひとりひとり自己紹介。市来さんは昼の部の不完全燃焼を挽回したいと意気込む。ステージには魔物が棲んでいると江口さんは語り、島﨑さんはレースゲーム万能であることをアピールしたいとコメント。「唐揚げから太郎さん」と紹介された下野さんはそれに乗っかりポーズを決めてノリの良さをみせる。安元さんは昼の部で砕けちった心を拾い集めたいとやる気をみせた。



■『めざせコンプリート!チャレンジ7』

最初のコーナーは『めざせコンプリート!チャレンジ7』。ゲストとMCによるチーム戦。ひとりがひとつずつ合計7つのゲームに挑戦していく。一度だけ失敗しても再チャレンジすることが出来、クリアすると見事豪華賞品が。レベル1からレベル7までのミッションに一丸となって挑戦していく。各内容は下記の通り。

レベル1:鉄山靠をいっぱつで決めろ!(バーチャファイター5 ファイナルショーダウン)
レベル2:99秒以内に3連鎖を決めろ!(ぷよぷよ)
レベル3:ステージ1をクリアせよ!(沙羅曼蛇)
レベル4:アッパー→キャンセル→昇竜拳をいっぱつで決めろ!(ストリートファイターII)
レベル5:1面をクリアせよ!(パックマン)
レベル6:生き残れ!(ボンバーマン ウルトラ)
レベル7:パー以上のスコアを出せ!(みんなのGOLF6)


7人は本気でクリアを狙うため事前に綿密な話し合いをしてメンバーを決定したそうで、まず「レベル1」を担当するのは前野さん。しかし、機材トラブルによりプレイが出来ず緊張が高まり過ぎて出演者のテンションもおかしいことに。そんな重い空気を吹き飛ばすかのように前野さんは見事一発成功。全員とハイタッチし、会場に歓声がこだまする。

「レベル2」は“テトリス”の称号を持つ(?)江口さんがチャレンジ。最初は順調と思われたが、次第にキレイな連鎖とほど遠い積み重ねとなり、周りから心配する声が飛ぶ。最終的に力技で3連鎖を決めたが出演者達からは「心臓に悪い!」と叱責の声が飛んでいた。

続いては鈴村さんが「レベル3」に挑戦。懐かしいBGMとともに敵を倒して順調に装備を強化していく鈴村さん。順調にステージを進み、難所と思われた“再生する壁”を越えた瞬間機が抜けたのか敵に接触してしまう鈴村さん。その後すぐに残機を減らし、チャレンジ失敗かとみんなが思う中、逆境をはねのけステージ1をクリアした。

「レベル4」では安元さんがゲームプレイエリアに移動。鈴村さんから丁寧なキャンセル技の解説があり、ミッションの中身が分からない人も理解出来たところでプレイへ。緊張感を物ともせずに安元さんは一発で成功してみせた。


ここまでは順調に来たが、昼の部はここでチャレンジ失敗したということで、気を引き締め直す出演者一同。「レベル5」に挑戦するのは島﨑さん。安元さんから一番古いゲームを一番若い島﨑さんが挑戦することのギャップについての指摘も。島﨑さんは華麗なプレイでノーミスでクリア!レースゲームの練習の成果(?)が無事出せたとのこと。

チャレンジも残すところあと2つ。「レベル6」では一番わちゃわちゃした男こと下野さんが気合いを入れてチャレンジへ!「頑張れ」という声と悲鳴が響き渡る。冷静なプレイをしていた下野さんは最後の最後で自爆。ここで貴重な再チャレンジ権を使って下野さんが再びゲームに挑む。そして、心配そうに見守る出演者達の期待に応えて見事チャレンジを成功させた。

いよいよ最後の「レベル7」。最後のチャレンジャーは市来さん。鈴村さんの軽快なジョークで緊張もほぐれたところでレッツプレイ!風向きを慎重に確かめ、コースを見渡し、まずはファーストショットを華麗に飛ばす。プレイの解説をしながらグリーンへ2オン。最後は見事芝を読み切りパーどころかバーディでミッションをクリア。

すべてのミッションをクリアしたことで大喜びの出演者全員には豪華賞品がプレゼントされ、大盛り上がりの中コーナーは終了となった。



■『G・Gベストワン ディスカッション!』

続いては『G・Gベストワン ディスカッション!』。このコーナーでは真剣にテーマに沿ってゲームについて語り合っていく。今回のテーマは「ゲーマーズDX的 No.1裏技&珍技はコレだっ!」。

各出演者の裏技は以下の通り。

・安元:アイテム増殖技!(ファイナルファンタジーIII)
・島﨑:宝の地図のあぶり出し方!(たけしの挑戦状)
・市来:隠しキャラ出現コマンド!(ドランゴンボールZ 超武闘伝2)
・鈴村:ちびファイアマリオ!(スーパーマリオブラザーズ)
・江口:レアモンスター再生!(モンスターファーム)
・下野:レベル99以上に!(聖剣伝説〜ファイナルファンタジー外伝〜)
・前野:意外な儲け方!(シムシティ2000)


島﨑さんは家にあったファミコンを相当やり込んでいたそうで熱く裏技について語っていき、その見事な説明に会場からは感嘆の声が上がっていた。ちなみにこのゲームは幼稚園の時にプレイしていたそうで「幼稚園児のやるゲームじゃない」とツッコミの声が上がっていた。

市来さんの「ドランゴンボールZ 超武闘伝2」トークには前野さんはノリノリで会話に加わり大盛り上がり。鈴村さんの裏技にはタイミングがシビアだという声も。下野さんからは制作者から「レベルをカンストする人がいるとは思わなかった」と言われたエピソードを披露した。

ディスカッションの結果、本イベントのベスト裏技は下野さんの「レベル99以上に!」に決定。ちなみにこれは初期のゲームボーイ版のみの裏技なので注意して欲しいとのこと。



■『「太鼓の達人」助っ人タッグバトル!』〜エンディング

ここでは抽選で選ばれた会場参加者と出演者がタッグを組んで「太鼓の達人」でトーナメント形式で対決し点数を競い合う。出演者達は気合いを入れて抽選し、パートナーを決定。ひとりずつ意気込みを聞いてからさっそくプレイへ。

トーナメントの組合せは「鈴村チームvs島﨑チーム」「下野チームvs江口チーム」「市来チームvs安元チーム」(シード)。プレイをしていない出演者達は曲を重低音で歌ったり歓声を上げたりととハイテンションな様子。1回戦では途中で鈴村さんがバチを落とすハプニングが発生。必要以上にリズミカルに踊りながら太鼓を叩く下野さんの姿に会場からは笑い声が漏れていた。

2回戦は「島﨑チームvs江口チーム」。江口さんは時計を外すと一気に体が軽くなったふりをすると、すかさず時計を鈴村さんに拾われてボケを潰される場面も。両者気合いを入れて叫ぶ中、プレイスタート。選曲された戦隊ソングにテンションの上がってしまった鈴村さんが思わずゲームエリアの前に移動して踊り出すハプニングには全員が動揺してしまう。

決勝戦は「島﨑チームvs市来チーム」。島﨑さんと市来さんはお互いのパートナーが優秀だということで、パートナーに注目して欲しいと冗談めかす。最後の楽曲は『ドラゴンクエスト序曲』。荘厳な曲の盛り上がりに会場と出演者達のテンションはとんでもないことに。誰も画面を見守らない中、プレイは終了し「島﨑チーム」の優勝でタッグバトルの幕は下ろされた。


ドラマチックなチームワークの数々と熱いトーク、激闘のバトルを終えて、全員から充実した時間を過ごせたこととみんなでゲームをする楽しさが伝えられ、イベントは終了となった。次回イベント『ファミ通ゲーマーズDX〜1st Anniversary〜』は11月9日(日)によみうりホールで開催予定。


■「ファミ通ゲーマーズDX」第11回

【放送日】2014年8月28日(木)22:00〜(※毎月1回、第4木曜日放送予定)
【「ファミ通ゲーマーズDX」チャンネル】http://ch.nicovideo.jp/famitsu-gamersdx/

【パーソナリティ】鈴村健一、前野智昭


ファミ通キャラクターズDX ~ボクらのTVゲーム~

B00327OZRW ファミ通キャラクターズDX~ボクらのTVゲーム~ Season2

B003V9JUL2

▲ PAGETOP