ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース木戸衣吹、三澤紗千香、河本啓佑らメインキャストよりコメント到着!TVアニメ「東京ESP」絶賛放送中!

木戸衣吹、三澤紗千香、河本啓佑らメインキャストよりコメント到着!TVアニメ「東京ESP」絶賛放送中! 2014年7月25日 18:10

TVアニメ「東京ESP」"

TOKYO MX他にて絶賛放送中のTVアニメ「東京ESP」。そのメインキャストである木戸衣吹さん(漆葉リンカ役)、三澤紗千香さん(東美奈実役)、河本啓佑さん(東京太郎役)、相沢舞さん(黒井小節役)、緒方恵美さん(大空歩役)、田所あずささん(江戸山紫役)、川原慶久さん(教授役)よりコメントが到着したので紹介する。



■TVアニメ「東京ESP」キャストコメント

――「東京ESP」に初めて出会った(読んだ)時の印象を教えてください。

木戸:とても面白くて、ページをめくる手が止まりませんでした!!負けてもまた立ち上がるリンカが鳥肌が立つくらいにカッコイイし、とても感動するシーンもあって!!なので役が決まったときは、とても嬉しかったです!!それと同時にその時感じた、迫力をうまくお芝居で表現しなきゃっ!というプレッシャーもありました。

三澤:表紙からパワーを感じて、リンカちゃんが一体どんな女の子なんだろう!とわくわくしました。ESP(超能力)というのも萌えるキーワードで、読み進めていきキャラクターとESPの特色を覚えていくのが楽しかったのを覚えています。

河本:まずはとにかく一言で「おもしろい!」と。シリアスな中にもコミカルなシーンが詰め込まれていてあっという間に引き込まれました。光る魚の謎、教授の真意などが、これからどのように紐解かれていくのかワクワクして、早く次が読みたいと思いました。というか今も思ってます!あっ!あと、こんなに女の子がボコボコになるなんてっ!!

相沢:以前、瀬川はじめ先生の「喰霊」という作品に出演させて頂いていたので、「東京ESP」は連載当初からとても気になって読んでいました。前作と繋がりがあるのかな?と思わせる世界感と、決して万能ではない超能力を持つ主人公達がとても魅力的で、一見シリアスに思えるシーンにも笑い所があったりする瀬川先生ワールド。コマの隅から隅まで目が離せない!と思いました。

緒方:オファーを頂いて読ませて頂いたのですが、すごく熱いなあーと。女の子が主人公なのに、少年漫画の主人公みたいで!魅力的な絵柄。ガッシリ骨太ストーリーの中に笑いのエッセンス。このセカイに入りたい、と、すぐに思いました。

田所:まず、絵がすごく好きだ!と思いました!お話もシリアスなところとギャグが絶妙に散りばめられていて、一気に全巻読み終わってしまって、今も続きが気になってしょうがないです!!あと、どんどん紫ちゃんが成長していくのも見ていてすごくほっこりしました!弱い自分を変えたいって頑張る姿勢に私も励まされました!

川原:最初に読んだときはノリノリのサイキックコメディだと思っていましたが、その印象はあっという間に上書きされてしまいました。さらっとしたギャグの中にグサッと刺さる問題を隠していたり「一筋縄ではいかない作品だな」と。


――ご自身の演じられるキャラクターのご紹介をお願いします。

木戸:とても強い意志を持っていて、自分がボロボロになっても悪に立ち向かっていく、少年漫画的精神を持っている子です。なので、むやみやたらな正義感が彼女の問題点でもあったり魅力だったりします。

三澤:私が演じさせていただいているのは、東美奈実ちゃんです。黒い髪でショートカットのクールな女の子です。強い芯と意思を感じさせる瞳が印象的です。とてもミステリアスな女の子なので、原作やアニメのストーリーが進んでいくのを楽しみにしていてください!

河本:東京太郎は優しくて素朴で、それでいて少し天然というか純粋な性格の高校2年生です。過去に辛く悲しい経験をしていて、背負っているものがたくさんあるはずなのに、周りにそれを感じさせない強さも持っています。とある出来事から、苦しんでいる人を救うヒーローに憧れているんですが、頼りになるようなならないような、その絶妙のバランスがとても魅力的なキャラクターだと思います!

相沢:「黒井小節」という素性がわからない謎の多い女の子です。口も態度も悪いですが、自分に素直に生きているだけなので憎めないキャラクターだと思います。リンカに対して好戦的ですが、今後ふたりの関係がどうなってゆくのか…。そして竜胆との関係も…!楽しみです!

緒方:メガネ男子な中学2年生。アフロと言われるとキレる天パー少年(笑)。一応文武両道で、その歳なりの処世術を身につけ、クールな対応をしているようだけれど、リンカや紫にペースを乱され、コミックリリーフになる瞬間もある、振り幅あるキャラクターです(笑)。

田所:私が演じさせていただく江戸山紫ちゃんは、極道のお家に生まれた小学生の女の子です!自分も強くなりたい!と一生懸命努力する強くて優しい子です!しっかりしているように見えて後先考えずに本能的に動いてしまうところもあったり、ちょっと男勝りな一面もあります!

川原:書き始めると止まらなくなりそうな上にネタバレを多く含みそうなので、ここは「作品を通じて彼のことを知って下さい」と逃げておきます。虚と実を巧みに折り重ねて……おっとここから先はネタバレだ!


――本作の見所はずばり何処でしょうか?

木戸:迫力あるアクションと家族愛です!

三澤:ESP!と思いきや、格闘シーンだと思います。リンカちゃんは、足技が強くかっこいいので、アニメで動くときっとすごい迫力になると思います!

河本:やはりタイトルになっている通り、東京を舞台にした白熱のESPバトル!そして、それぞれのキャラクターの言葉や行動の裏にある理念や真実、そういった人間模様にもぜひご注目下さい!

相沢:実は私、アニメ「東京ESP」の音楽が大好きで…。OP、EDはもちろんですが、劇中の曲が独創的で何度も聞きたくなってしまうんです!

緒方:闘う強い女の子たちの成長と、周囲をとりまくややへたれな男の子たちの姿を描く物語!?(笑)超能力モノでありながらかなりガチな格闘要素、その中にファンタジーが混じっていて、強くて魅力的な女の子がいっぱいいて…そのバランスがすごくいい感じ。すぐ先を読みたく(観たく)なるところ。

田所:ストーリーはもちろんなのですが、個人的に大注目していただきたいのはペギィの存在感です!みんなの周りをぴょこぴょこ動き回るペギィがかわいい!!

川原:超能力による戦いの描写ももちろん大きな見所ですが、リンカの、紫や歩の、そしてミナミと京太郎の……それぞれが持つ「親と子」の関係性やドラマを是非楽しんで頂きたいです。


――もし実際に「ESP(超能力)」を使えるとしたらどんな能力を使いたいですか?

木戸:瞬間移動です。今高校生なのですが朝、登校時間のギリギリまで寝て、超能力でぱぱっと教室まで移動したいです(笑)。歩かなくてもいいですし、楽ですよね(笑)。健康的には良くないと思いますが…。

三澤:ポジティブになれる能力!緊張しやすいので、ポジティブになれる能力があったらきっと楽しく生きやすいと思います。

河本:うーん…。たくさんありますが、今思ったのは「ずーっと信号が青で進めるESP」。急いでるときはありがたいですよね!…じゃあ瞬間移動でいいじゃん(笑)。

相沢:もしESPを使えるとしたら…?何か個性的な能力がいいなぁ…。みかんの皮をキレイにツルッツルッに剥けるとか。

緒方:「瞬間移動」ですかね?便利でエコで最高です!(笑)でもバイクで移動するのも、歩きながらいろんな景色を見るのも楽しい。今の生活の中移動だけじゃなく、いろんな意味でショートカットしたらつまらないことも多いから…「何も要らない」が答えかも。

田所:テレポートとかはすごくいいなと思います!!友達とかも一緒に連れていけるので、パッと一緒に移動して1日に色んなところに遊びに行けそうです!

川原:災害救助に役に立つ超能力がいいなと思っていたんですが、完璧な予知が出来れば被害が最小限に抑えられるかな?とか色々と考えた結果、アカシックレコードの掌握に落ち着きました。


――ファンの皆様にメッセージをお願い致します。

木戸:第一読者としてこの作品に関わることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様の期待をいい意味で裏切れるように、魂を込めてリンカを演じていきますので、応援のほどよろしくお願い致します。

三澤:この度、「東京ESP」がアニメ化することになり、きっと原作のファンのみなさんも初めて作品を知った方もどうなるのかな?と思っていらっしゃると思います。原作もとても素敵で、ぜひ読んでいただきたいのですが、アニメはアニメとしての表現方法もあったりするのでアニメも是非楽しみにしていただきたいと思います。特に超能力が発動する時の表現などは、要チェックです!最高の作品を作っていこう!という気持ちでいっぱいの熱い現場です!きっと毎週が楽しみになると思います!期待してください!

河本:東京太郎役の河本啓佑です。素晴らしい作品と共演者の方々で、正直とてもプレッシャーを感じています。ですが、それを抱えて楽しんで作品に携わることができればなと思います。皆様のご期待に添えるよう、逆に良い意味でそれを裏切れるよう、精一杯演じさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いします!

相沢:いよいよ、始まりました!「東京ESP」。見て頂いた方は第一話からサプライズ満載だったと思います!今後の展開も楽しみにしていて下さい!!収録現場も毎週とても楽しいので、画面から楽しさがにじみ出てるといいなぁ。

緒方:みなさんに楽しんでもらえるよう、チームの一員としてガンバリマス!アニメのリンカたちの活躍、ぜひ最後まで見届けて下さい!

田所:アニメならではの演出などもたくさん散りばめられていたり、役者さんたちのアドリブもたくさん!本当に見どころいっぱいの作品なので、ぜひぜひ全話見ていただけたら嬉しいです!!そして私も紫ちゃんとともに成長できるように頑張ります!!東京ESPの応援どうぞよろしくお願いします!

川原:漫画原作ファンの方、アニメからこの世界に入られる方、どちらの方にも楽しんでいただける仕掛けが満載のこの作品……見終わった後、ぜひ皆様の心に白い少女のスピリットが灯りますように!



■TVアニメ「東京ESP」

【放送・配信情報】
TOKYO MX:毎週金曜日25:35~26:05
チバテレビ:毎週日曜日24:00~24:30
テレビ神奈川:毎週日曜日24:00~24:30
テレ玉:毎週日曜日24:00~24:30
サンテレビ:毎週日曜日24:30~25:00
TVQ九州放送:毎週日曜日26:30~27:00
岐阜放送:毎週火曜日24:00~24:30
三重テレビ:毎週水曜日25:20~25:50
BS11:毎週土曜日27:00~27:30
dアニメストア:毎週金曜日12:00配信
GyaO!:毎週金曜日12:00配信
※放送日時は変更になる可能性がございます。

【スタッフ】
企画:安田猛
製作統括:菊池剛
原作:瀬川はじめ(少年エース連載/角川コミックス・エース刊)
シリーズ構成:倉田英之
脚本:倉田英之、高山カツヒコ、加茂靖子
キャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲
サブキャラクターデザイン:石原満
プロップデザイン:松村拓哉
美術監督:木下了香
美術設定:金城沙綾
色彩設計:油谷ゆみ
撮影監督:中田智之
CG監督:塚本倫基
編集:野川仁
音響監督:鶴岡陽太
音響効果:倉橋裕宗
音響担当:杉山好美
音響スタジオ:Studio2010
音響制作:楽音舎
音楽:Evan Call(Elements Garden)
音楽制作:ランティス
音楽プロデューサー:斎藤滋(ランティス)、吉江輝成(ランティス)
エグゼクティブプロデューサー:安田猛
プロデューサー:伊藤敦
アニメーションプロデューサー:小山剛弘
監督:高柳滋仁
アニメーション制作:XEBEC
製作:[東京ESP]製作委員会

【キャスト】
漆葉リンカ:木戸衣吹
東美奈実:三澤紗千香
東京太郎:河本啓佑
黒井小節:相沢舞
漆葉竜胆:稲田徹
大空歩:緒方恵美
江戸山紫:田所あずさ
教授:川原慶久
黒井弧月:今野宏美
鍋島警部:安原義人
養谷老師:井上和彦
江戸山会長:中田譲治
仏田:玄田哲章
格之進:江原正士
助三郎:麦人
大空麗亜:大浦冬花
ケイシー:平松広和


【主題歌情報】
オープニングテーマ『東京ゼロハーツ』歌:飛蘭
  作詞・作曲:上松範康(Elements Garden)/編曲:藤間仁(Elements Garden)
  2014年7月30日(水)発売/1,200円(税抜)
エンディングテーマ『救世Ἀργυρός(きゅうせいあるぎゅろす)』歌:妖精帝國
  作詞:YUI/作曲:紫煉/編曲:紫煉、妖精帝國
  2014年8月6日(水)発売/[初回限定盤]1,800円(税抜) [通常盤]1,200円(税抜)


<作品概要>
漫画「喰霊」の原作者、瀬川はじめが贈る最新作、「東京ESP」のテレビアニメーションシリーズ。
突如、空飛ぶペンギンとそれに追われる「謎の光る魚」に遭遇した女子高生、漆葉リンカ。遭遇後まもなく物質を透過することができる超能力(ESP)が発現する。
戸惑うリンカのもとに現れた同じく高校生の東京太郎によって、数々の「正義の戦い」に巻き込まれていく!


©2014 瀬川はじめ/KADOKAWA角川書店刊/[東京ESP]製作委員会


東京ESP 第1巻 限定版 [Blu-ray]

B00LAYXNUY 東京ESP 第2巻 限定版 [Blu-ray]

B00LAYXLRO 東京ESP 第3巻 限定版 [Blu-ray]

B00LAYXJYY 東京ゼロハーツ

B00KDN90U0 救世アルギュロス

B00KDN90MI

▲ PAGETOP