ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース浪川大輔よりコメント到着!シチュエーションCD「E:RObotts Model.666/塔宮 麗」5月30日発売!

浪川大輔よりコメント到着!シチュエーションCD「E:RObotts Model.666/塔宮 麗」5月30日発売! 2014年5月21日 12:45


女性向けCD・ゲームレーベル「Maniaque's」の最新シリーズ「E:RObotts」。5月30日(金)に発売となるシチュエーションCD第1弾「E:RObotts Model.666/塔宮 麗」に登場する、塔宮麗役・浪川大輔さんよりコメントが到着したので紹介する。

なお、「E:RObotts」公式サイトでは、シチュエーションCDのサンプルボイスや、Twitter用アイコンなどが掲載中なのでこちらも合わせてチェックしよう!


――印象に残ったシーン、聴きどころのセリフはありましたか?

浪川:ネジを巻くシーンで、いくら人間とは違うロボッツだという設定だとしても、足の甲のネジは痛いだろうって(笑)。そりゃあ、ヒロインもネジを巻くのを躊躇うよねって思いました。
印象的なセリフとしては、夜のレッスンで主人公の部屋に入るところですね。普通の男性なら女性の部屋に行くのはドキドキするものなのに、いきなりやってきて最初の言葉が「こんばんは」ですよ!さらに戸惑う相手に対して「なんですか、その顔は」なんて、絶対に女性に言っちゃいけないだろというセリフをズバっと言いますから(笑)。人間だと当たり前の反応だったり言わなくてもわかったりする部分を麗は知らなくて、その足りない部分が可愛くもあり、みなさんに埋めてほしいところでもあるのかなと感じました。
あとは、ロボッツとは言っても、あきらかなロボしゃべりはしたくないし、多少はブレスを入れていかないと育った感じが出ないかなといった、細かい部分も考えながら演じていたので、何回か聴いた後にはそのあたりも気にしていただけると嬉しいなと思います。


――本作は、「主人公がロボッツに恋愛を教える」というテーマが描かれていますが、ご自身がロボッツに恋愛を教える立場だとしたら、どういうふうに指導すると思いますか?

浪川:ある意味、どうやって自分好みのロボッツにするかと考えると……ダメだ、邪念ばっかり浮かびます(笑)。ただ、自分が苦手な料理とか掃除をやってくれるロボッツだと、もうそれだけで「ありがとう!」って好きになりますね。恋愛を教えるというより、家事のできるメイドさんロボッツに育てるという結論になっちゃいました(笑)。


――CD発売を楽しみにしているファンの皆様へのメッセージをお願いします。

浪川:独特な世界観をもった作品なので、興味をもっていただけたら嬉しいです。これからいろんなロボッツが登場して、どうなっていくのか楽しみな作品でもあるので、まずはこのCDを聴いて、麗という初めはとっつきにくいキャラクターの高い壁を乗り越えてください(笑)!そして他のロボッツとの絡みはどうなるのかなど、今後の展開を想像してもらえたら嬉しいです。


■シチュエーションCD「E:RObotts Model.666/塔宮 麗」

【発売日】2014年5月30日(金)
【価格】1,620円(税込)
【イラスト】みつなばち
【ブランド】Maniaque's
【キャスト】Model.666・塔宮麗:浪川大輔

初回生産版には、キャストフリートークを収録。



■PCゲーム「E:RObotts - Normal type(仮)」/「E:RObotts - Eccentric type(仮)」

【発売日】2015年予定
【ジャンル】近未来★恋愛教育体験ネジマキADV
【原画】みつなばち
【ブランド】Maniaque's

【キャスト】
Model.666・塔宮麗:浪川大輔
Model.518・ヴェルミリオ:小野友樹
Model.917・東雲:岡本信彦
Model.387・扇壱弥:武内健
Model.002・ニノス・シズビー:新垣樽助
Model.104・源治:立木文彦


この他詳細は、「E:RObotts」公式サイトで随時発表。


<STORY>
舞台は近未来の日本――
性に対する倫理感は薄れ、妊娠の低年齢化、なくならない性犯罪など、様々な問題を抱えていた。
そんな時、この事態をどうにかしようと政府の公認組織APTA(AdultPolisTechnicalAssociation)が一つの打開策を講じる。それが、「E:RObotts(EducationalRObotts)」という、恋愛教育ロボットだった。
それぞれ性格や特徴はあるものの、恋愛面についての初期設定は白紙の状態のロボッツ達に愛とは何かを学ばせるというのがAPTAの目的であり、ロボッツの存在意義でもあった。
そして......ヒロインにもその日はやって来る。ある日、頼んだ覚えのないダンボール箱を開けると中には容姿も年齢もバラバラのロボッツが。
ロボッツと一緒に入っていた一つの鍵(ゼンマイ)を巻いた瞬間、ロボッツの瞳がゆっくりと開きだす。
それから、ヒロインとロボッツ達の恋愛授業が始まった。


©Maniaque's


E:RObotts Model.666/塔宮 麗 初回生産分

B00J4J6WKA E:RObotts Model.917/東雲 初回生産分

B00JIMK952 E:RObotts Model.518/ヴェルミリオ 初回生産分

B00JIMIV9S E:RObotts Model.387/扇 壱弥 【初回生産分】

B00JIMSQGG E:RObotts Model.002/ニノス・シズビー 【初回生産分】

B00JIMWH5C E:RObotts Model.104/源治 【初回生産分】

B00JIN29VS

▲ PAGETOP