ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース藏合紗恵子、笹原和也、内田真礼にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」4月17日放送

藏合紗恵子、笹原和也、内田真礼にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」4月17日放送 2014年5月14日 18:30

ニコニコ生放送で隔週木曜日に放送中の「電波諜報局」。4月17日(木)の放送を終えた、ゲストの藏合紗恵子さん、笹原和也さん、内田真礼さんのインタビューをお届けする。

番組のレポートはこちら



■藏合紗恵子&笹原和也インタビュー
藏合紗恵子さん

――まず「風雲維新ダイ☆ショーグン」の概要を教えていただけますか?

笹原:童貞と処女にしか乗れないロボットに乗って天下一になる話です!


――この作品の企画原案は笹原さんがご担当されていますが、手掛けることになった経緯を教えていただけますか?

笹原:クライアントからの発注を受けてゲームなどの3DCGの作成する仕事をしているのですが、自分の作品を作りたいという思いは以前からあったんです。クライアントからの仕事を受けているだけだと満足しちゃうことがあり、このままじゃいけないという気持ちがきっかけです。


――どんな風に企画を作られたのでしょうか?

笹原:具体的にやりたいことがあったわけではなくて、何かやらなきゃという気持ちがまずありました。ゼロからスタートさせるにはどうしたらいいかと考えた時に、「戦闘メカ ザブングル」という作品が好きだったので、そこから情報を削ぎ落とした結果、「ロボットで旅をする」という作品を作りたいことに気付いたんです。
また、「戦闘メカ ザブングル」は西部劇だったので、それに対して時代劇にしようと思いました。


――作品の見所はどこでしょうか?

笹原:童貞にしか乗れないロボットに乗る主人公・徳川慶一郎(CV:柿原徹也)は女性に触るとジンマシンが出てしまうという呪いにかけられているんです。ヒロインの服部霧子(CV:川澄綾子)はロボットに乗って欲しいと慶一郎を迎えに来るのですが、そんな呪いをかけた連中の言うことなど聞いてたまるかと怒るというのが見所のひとつですね。


――アニメのオンエアも始まっていますが、放送を見られた感想を教えていただけますか?

藏合:私も今後の話数で出演するので、しっかり見て勉強しようという気持ちでした。第1話ではEDテーマが流れなくて、楽しみにしていた友人知人に「流れなかった!」とツッコミをもらいました(笑)。


――第2話からはEDテーマ『UPON A STAR』が流れたわけですが、EDの映像と合わせてご自分の歌が流れるのを見ていかがでしたか?

藏合:(『UPON A STAR』は)ゆったりとしたバラードで星空や夜空といったキーワードが歌詞に入っているのですが、アニメの映像も霧子ちゃんが星空を眺めていたり、リンクする描写があって素敵でした。


――この曲を歌うにあたり、何か特別なディレクションはあったのでしょうか?

藏合:原作がない作品なので断片的にしか把握していなくて、詳しい部分はまだ知らない状態でレコーディングに臨んだのですが、イメージ作りは任せて頂けたんです。この作品は本来の史実とは離れているので、あまり和風に寄せずにということを考えて、たくさんの曲の候補の中から選んだのが『UPON A STAR』でした。


藏合紗恵子さん 笹原和也さん、藏合紗恵子さん、佐藤大さん

――今後の作品の見所を教えていただけますか?

笹原:第6話は主人公が出て来ない話になっています。この話を見ていただけたら、“ただの馬鹿アニメじゃなかった”と思ってもらえるような意外な内容になっているので、ぜひ注目してください。


――最後にメッセージをお願いします。

笹原:この作品は童貞と処女しか乗れないロボットに乗って活躍する物語です。設定が馬鹿なだけで、登場人物達は自分の使命や役割、境遇に抗がっていて、真面目に生きているので、そこに注目して見てください。

藏合:第6話から新撰組の沖田総司役で出演させていただきます。この回は、主人公が出ないという新鮮な話を楽しんでもらえればと思います。もちろんEDテーマ『UPON A STAR』も一生懸命歌わせていただいております。 Kyocoさんの歌うOPテーマ『タマシイRISES』と一緒に6月4日(水)に同時リリースされるので、よろしくお願いします。



■内田真礼インタビュー
内田真礼さん

――番組に出演された感想をお願いします。

内田:楽しかったです!前回出た時は矢尾(一樹)さんが後ろにいて、お父さんのような感じでしたけど、今回は観覧の皆様がいたので新たな気持ちで楽しめました。


――『こんな時に、何を言えばグっとくるでSHOW!!』のコーナーは大活躍でしたね。グっとくるセリフは得意ですか?

内田:あまり考えずに、パッと出てきたものをやりました(笑)。全然ときめかれなかったらどうしようと不安もあったんですよ。でも、評価が高くて良かったです。


――デビューシングル「創傷イノセンス」についてお聞きします。表題曲はどのような曲でしょうか?

内田:とてもロックな曲ですが、私らしいというか、攻撃的な面だけでなくイノセンスな少女らしさも残っています。聴いた人に「すごく格好いいけど、内田真礼が歌っているんだ」と伝えられるような曲になりました。


――最初に曲をいただいた時の印象はいかがでしたか?

内田:(作曲・編曲の)R・O・Nさんの仮歌を聴いた時に、こんなに格好良くてハードな曲に私の声が乗って大丈夫なのかと思いました。今まではキャラクターがついてくれていたけど今回はひとりだし……という不安もあって。でも、「内田真礼らしさを失わないで欲しい」とプロデューサーさんに言われて吹っ切れました。不安は収録を終えた頃には飛んでいましたね。


――収録は2回行ったとのことですね。

内田:1回目に収録したのを今聴くと、全然印象が違うんですよ。最初は石川智晶さんの詞とR・O・Nさんの曲に合わせようとして歌っている私でしたが、歌っていくうちにちゃんと3人が並んで歌えたかなと思います。ただ引っ張ってもらうのではなく、自分の意思を乗せられるようになったというか。それから、どうしても「この曲ならこうでしょ」と無意識に“声を作って”しまっていたんです。そうではなくて自分がやりたいようにやろう!という気持ちを強く出しました。


――内田真礼らしさとはどのようなものだと思いますか?

内田:私は「見てもらいたい」という気持ちが強いんです。Music Videoのように人をガンガンに見下したような目や、誰にも触らせないという雰囲気を出すことは普段ないのですが、自分の中に本当は眠っている心なのかもしれません。そういう本当の私がこの曲にたくさん詰まっているような気がして、『創傷イノセンス』は今の私にピッタリだと思います。


――Music Videoは表情もそうですし、とても惹かれるものがありました。撮影はいかがでしたか?

内田:赤い板の上に寝転んでいるシーンの収録では「自由に動いてください」と言われたんですよ。経験がなくてどうしようと思いましたが、「やってみよう!」と開き直ってやってみました。みんなが良いものを作ろうという気持ちだったので、恥ずかしさもなく強い表情や格好いい表情を出せたと思います。もし大人数の前でやるなら笑っちゃうかもしれないですけど(笑)。後半には“イノセンス真礼”と呼んでいる、白い衣装の私が儚げで可憐な感じを出していますので、ぜひフルで見てもらいたいです。


内田真礼さん 内田真礼さん

――カップリング曲『高鳴りのソルフェージュ』はどのような曲でしょうか?

内田:爽やかな曲になっています。『創傷イノセンス』が黒だとしたら、『高鳴りのソルフェージュ』は白というイメージかな。歌詞には「今しかない」「ヘッドフォン」「透明な空」など、私が入れて欲しい単語を(作詞の)こだまさおりさんに伝えて入れていただきました。『創傷イノセンス』よりも素の私に近い感じで歌っていると思います。どちらも私ではあるんですけどね。


――今後歌ってみたい曲はありますか?

内田:すごくダンサブルな曲を歌ってみたいです。……私、踊れるのかな?(笑)私は激しいビートが効いた曲やみんなでダンスをするような曲が好きなので、自分でもダンサーさんを従えて格好よく踊れたらなって。宮野真守さんのように。


――すごくハードルを上げましたね。

内田:イメージ的には宮野さんのような感じを目指したいです。女性であんな風に格好良さが出せるアーティストになれたら素敵じゃないですか。ロックとはまた別のベクトルの格好良さを見せていけたらなと思っています。


――最後に、メッセージをお願いします。

内田:今回、「創傷イノセンス」でアーティストデビューしました。これまで見せてきた役者としての私と、アーティストとしての新しい私がいると思います。ぜひ新しい私が歌う曲を聴いて、ライブで盛り上がってくれたら嬉しいです。ぜひぜひ一緒に楽しみましょう!


■電波諜報局<次回放送>

【放送日時】2014年5月15日(木)20:00~
【MC】May'n、鷲崎健、Machico(DNNキャスター)
【ゲスト】分島花音、fripSide
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv176309356


風雲維新ダイショーグン エンディングテーマ【DVD付き限定盤】

B00IZA72EO 風雲維新ダイショーグン エンディングテーマ【通常盤】

B00IZA72I0 風雲維新ダイショーグン 第1巻限定版 [Blu-ray]

B00JG8FGGK 創傷イノセンス (初回限定盤)

B00IC5J100 創傷イノセンス (通常盤)(CD ONLY)

B00IC5J0XS 【Amazon.co.jp限定】悪魔のリドル Vol.1 [Blu-ray]

B00JFOSF3G

▲ PAGETOP