ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース佐咲紗花、伊瀬茉莉也にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」4月3日放送

佐咲紗花、伊瀬茉莉也にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」4月3日放送 2014年5月 1日 18:15

ニコニコ生放送で隔週木曜日に放送中の「電波諜報局」。4月3日(木)の放送を終えた、ゲストの佐咲紗花さんと伊瀬茉莉也さんのインタビューをお届けする。

番組のレポートはこちら



■佐咲紗花インタビュー
佐咲紗花さん

――出演された感想をお願い致します。

佐咲:May'nさんと鷲崎さんとはこの番組の前身の「電波研究社」頃から何度も共演させていただいていて、とても楽しかったです!「グッとくるセリフ」を言うコーナーでは、May'nちゃんやユーザーとの世代がずれていましたね(笑)。


――TVアニメ「ブレイクブレイド」のOPテーマ『Junction heart』はどのような曲でしょうか?

佐咲:作品テーマの「運命に抗おう」という部分にリンクした、作品の情景が見える歌詞とメロディの流れになっています。原作や劇場版などで既に作品ファンがたくさんいるので、「このシーンのことかな」というのが浮かびやすい楽曲だと思います。歌っている時も「このキャラの気持ちになっちゃうな」とか「あのシーンを思い出すな」というのを思い描きながらレコーディングしました。
監督は、劇場版は壮大なオープニングだったけれど、TV版は勢いがあった方が視聴者が惹き付けられやすいのではないかということで、力強い楽曲と絵をつけたとおっしゃっていました。


――PV撮影はいかがでしたか?

佐咲:撮影で地方に行ったり、空撮があったり、屋外での撮影だったりと初めてのことがすごくいっぱいありました。セットの中での撮影と違って、もっと大きく動かないと自然の迫力に負けちゃうと感じました。廃墟での撮影だったのですが、そこの場所自体に力があったので、もっと激しくいけたかなとあとで思いました。
私のことを理解してくれているチームでの撮影で、空撮部分は立体的で広がりを感じる映像になっていてスタッフに感謝しています。空撮チームは鹿児島から来てくれて試行錯誤での撮影でした。


佐咲紗花さん

――カップリング曲『NEO-DIMENSION』では作詞をされていますが、どのようなテーマで書かれたのでしょうか?

佐咲:「鎧を壊して戦う」という内容のゲームアプリケーション麻雀RPG「BREAK雀BURST」の主題歌なのですが、社会のルールや自分の壁をどう打破して、“自分が信じる物をもって突き進んで行くか”を主軸に歌詞を書きました。
普段テーマソングを書く時は、しっかり作品の中に入って、それに沿って書きたいタイプなんですが、「佐咲さんの思うテーマで書いてください」と言われて、どのくらい寄り添い、どのくらい自分を出していいのかのさじ加減に悩んでしまいました。


――6月21日(土)には『佐咲紗花 LIVE 2014 Link to You 03〜Forever Junction〜』がありますが、意気込みをお願いします。

佐咲:今回のライブタイトルは副題に「Forever Junction」と付けたのですが、「Junction heart」のレコ発ライブということと、「Junction」が連結、繋がりという意味があるので、ファンの皆さんと繋がっていたいという意味を込め、さらに今年デビュー4年目ということで「for」と「four」をかけていたりします。
佐咲紗花のライブと言えば、“ロックで熱くて格好良い”というのを前面に押し出していきたいなと思っていて、ライブではいつも汗だくになって駆け回っているので、「運動しに行くぜ!」くらいの勢いで来ていただき、「初めての人も楽しいから一緒に盛り上がろう」と引っ張っていけたらと思っています。


――最後に、メッセージをお願いします。

佐咲:4月23日(水)に8枚目のシングルとなる「Junction heart」がリリースされました。楽曲も格好良くて、初回限定盤にはPVも付いてきます。その映像も必見なので、アニメ本編も楽しみつつ、「ブレイクブレイド」と佐咲紗花とのリンクっぷりを満喫していただけたらと思います。リリースイベントやワンマンライブで皆さんと笑顔で会えることを楽しみにしています。これからもよろしくお願いします。


佐咲紗花さん


■伊瀬茉莉也インタビュー
伊瀬茉莉也さん

――番組に出演された感想をお願いします。

伊瀬:あっという間でした。鷲崎さんとMay’nちゃんにゲストの私や作品のことを引き出していただいて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。


――『お題の言葉を使って萌えなセリフを作りまSHOW!!』では、萌えセリフが好評でしたね。

伊瀬:本当ですか?その場の思いつきでやったので不安でしたけど、皆さんから「萌えた」とクリックしてもらえたので良かったです。なんとか無事に告知タイムをいただけました。


――このようなセリフの披露は、他の番組やイベントなどでもやりますか?

伊瀬:全然やらないですね。瞬発力でやろうと腹をくくりました(笑)。


――TVアニメ「星刻の竜騎士」の見どころをお聞かせください。

伊瀬:格好いいキャラクターや可愛らしくて個性の強いお姫様など、いろいろなキャラクターがはちゃめちゃドタバタしながらも、ジーンと温かくなったり、お色気があったり盛りだくさんな内容です。「テニスの王子様」のアニメを10年間手がけた多田俊介監督が、初めて女の子いっぱいの作品を手がけるということで、単純な萌えアニメではないスポ根精神がありますし、カット割りやスピード感がすごく格好いいんですよ。こだわった演出や役作りなどもしっかり見てもらえたらと思います。


――単純な萌えアニメではなく、こだわりが詰まった作品なのですね。

伊瀬:そうですね。例えば、第1話の最後でエーコが絵だけで登場するシーンがあるのですが、そこはオーケストラの人たちが実際に絵を見ながら演奏したそうです。劇場版のアニメではあるのかもしれませんが、1クールのアニメでそういう風に収録したと聞いてすごく胸が熱くなりました。


伊瀬茉莉也さん

――エーコを演じる上で気をつけたことはありますか?

伊瀬:第1話を終えた後の親睦会で、監督に「伊瀬さんには、実際にエーコとしてアッシュを好きになって欲しい」と言われました。最初はどういうことなのか分からなかったのですが、話数を重ねて演じるうちにパートナーとの絆はきちんとした想いがないと説得力がないんだと分かって。エーコを演じる際は、アッシュに対して他のキャラクターとは違う特別な感情を持って演じました。


――エーコ(伊瀬茉莉也)、シルヴィア(佐倉綾音)、レベッカ(井上麻里奈)で歌っているエンディングテーマ『MOST以上の“MOSTEST”』の聴きどころはどこでしょうか。

伊瀬:アップテンポで早口言葉のような曲です。エーコ、シルヴィア、レベッカがもしカラオケに行って歌ったらきっとこんな感じなんだろうな、という掛け合いが可愛い内容になっています。すごくキャッチーなメロディなので、一度聴いたらしばらく頭から離れない中毒性の高い曲ですね。私もレコーディング後に1週間ぐらいずっと口ずさんでいました。主に噛みまくった早口言葉のところを(笑)。ぜひ皆さんにもCDに入っている「off Vocal」で挑戦してもらいたいです。


――WEBラジオ「星刻の竜騎士RADIO ~アッシュとエーコ ドキドキ♡育成講座~」はどのような内容でしょうか?

伊瀬:タイトルから分かる通り、私とリスナーの皆さんでアッシュ&髙橋孝治くんを成長させていく番組です。生暖かく見守りつつ、ビシバシ鍛えていきますので、ぜひメールを送ってください。


――最後に、メッセージをお願いします。

伊瀬:「星刻の竜騎士」はアッシュとエーコの物語でもあるのですが、他のキャラクターが抱えている問題だったり、子安武人さん演じるミルガウスがすごくいい味を出していたりと、どんどん目が離せない展開になっていきます。確かに可愛い女の子がいっぱい出てきて、触手も出てきますし、肌色の部分は多いですが、人の絆や家族の大切さもしっかり盛り込まれています。プロフェッショナルな人たちがこだわって作っていますので、ぜひ見ていただきたいです。


伊瀬茉莉也さん

(取材・文:千葉研一)


■電波諜報局<次回放送>

【放送日時】2014年5月1日(木)20:00~
【MC】May'n、鷲崎健、Machico(DNNキャスター)
【ゲスト】ミルキィホームズ、LiSA
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv176308873


Junction heart(初回限定盤)(DVD付)

B00IGASY90 Junction heart

B00IGASY9U 星刻の竜騎士 第1巻 [Blu-ray]

B00JJ51WZY TVアニメ「 星刻の竜騎士 」エンディングテーマ「 MOST以上の“ MOSTEST " 」

B00IEF2S9Y

▲ PAGETOP