ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース津田健次郎が隣の世話焼きオネェを演じる!「オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~」インタビュー

津田健次郎が隣の世話焼きオネェを演じる!「オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~」インタビュー 2014年4月15日 18:25

津田健次郎が隣の世話焼きオネェを演じる!「オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~」インタビュー

女性のような口調でしゃべり、愛と美を大切にする“オネェ系男子”のドラマCD第3弾「オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~」が、4月16日(水)に発売となる。

第3弾は、お隣に住む世話焼きオネェ!まるでオカン(オトン?)のように貴女にあれやこれやと世話を焼いてくる、カオルちゃんこと藍澤薫を演じるのは津田健次郎さん。その収録を終えた津田さんに、本作の感想やオネェの印象などお話をうかがいました。

第1弾「オネェCD ~ファッション誌編集長・ジョージ~」近藤隆さんのインタビューはこちら
第2弾「オネェCD ~ラジオパーソナリティ・ルリ姉~」鳥海浩輔さんのインタビューはこちら



――収録を終えての感想をお聞かせください。

津田:女性が好きなオネェ像ということで、さじ加減が難しかったです。でも、きちんとしたドラマがあり、隣の女の子を支えるオカン的な感じが溢れていたので、やりがいがありました。明るい部分とシリアスな部分が両方あるのは演じていて楽しかったです。


――オネェの役を演じる上で意識したことはありますか?

津田:オネェはきっと“リズムが普通の人と違う”だろうということを意識して、喋りのリズムには一番気をつけました。句読点を完全に無視して一気に喋る感じは独特ですよね。それから、オネェ言葉にはきっと明るさも大事なので、明るさを失わないように、でもその中に心情が滲むように頑張りました。


――印象に残ったシーンやセリフはありますか?

津田:女の子に真面目なことを言うシーンや、慰めて温かく包んでいくシーンですね。オネェは日常から演劇的で1枚まとった感じがあると思うのですが、それを脱いで女性と接していくのはドラマティックで楽しかったです。あと、炭酸水を異常に推していたので、「炭酸水」という言葉を一生分言った気がします(笑)。


――カオルちゃんの魅力を教えて下さい。

津田:オネェは普通に生きていくだけで精神的に傷を負うことがあるでしょうし、それをひとりで乗り越えて大人になっていたりして、精神的な強さを持っているのではないかと思うのです。カオルちゃんも、ただ優しいだけじゃなくて強さがあり、ケツを叩く時はバンバン叩きます。突き放す部分といつでも帰ってきなさいという部分、そういう母性と父性が同居しているのが魅力だと思います。


――イラストの第一印象はいかがでしたか?

津田:美形ですよね。スタイルもいいし。オネェは年齢不詳なことが多いですけど、カオルちゃんも努力のあとが見えます。


――小説家という設定ですが、それについて意識した点はありますか?

津田:それほど意識はしませんでしたが、知識が豊かなんだろうなと考えました。時代小説を書いているので、和服が似合う気がします。


――津田さんは他作品でもオネェの役をやられていますが、ご自身ではどのあたりがオネェ役に向いていると思いますか?

津田:以前、洋画の吹き替えでホモセクシャルの男性を演じたことがありまして。見た目はゴツいお兄ちゃんだったのですが、女性的なニュアンスで演じたんです。そうしたら、「生々しいね。オネェ系やゲイの方の、日常会話のニュアンスが残っているのが印象的だった」と言って頂いたことがありました。僕の演技はたぶん日常に近いオネェ言葉なのかなと思っています。


――オネェは大人気でテレビにもたくさん出ていますが、魅力はどこだと思いますか?

津田:タブーを言っても許されるキャラの方が多いところですかね。同じ毒舌でも、オネェというフィールドで喋ると、言われた人も傷つかないというか。毒舌を笑いに昇華出来るのが魅力だと思います。僕もオネェの方と接すると辛辣なことを言われますが、この人に言われたら仕方ないなと思える魅力を感じます。


――自分の中にオネェ的な要素や思考を感じたことがありますか?

津田:ほぼないんですよね(笑)。そんなに辛辣なことを言うキャラでもないし、女性的でもないので。


――では、オネェ系を演じたことでオネェ言葉が出ちゃうようなことはありますか?

津田:たくさん収録した後は出そうになりますね。オネェ言葉はリズムが面白いから癖になってしまうんですよ。オネェの方とお話した時も伝染りそうになりました(笑)。


――オネェCDという企画を聞いた時に、どのようなCDになると思いましたか?

津田:「何だそりゃ!」と思いました(笑)。最初はニーズの方向性がわからなかったですが、恋愛対象が女性だと聞いて納得しました。いわゆる恋愛モノとは別ベクトルの、不思議な距離感を楽しめるものにしようと意識しました。このCDを聴いてどういうテンションの上がり方をするのか、逆にお聞きしてみたいです。


――恋愛要素をちょっと意識したようなセリフやシーンはありますか?

津田:後半で本当のところを突かれてテンパるシーンや、ひとりでボソッとつぶやくシーンは、恋愛要素を意識していますね。


――最後に、メッセージをお願いします。

津田:このCDは、他のドラマではなかなか味わえない内容なっています。明るくて楽しい、隣にいてくれると嬉しい人物を演じましたので、気分が落ち込んだ時はぜひあなたのお供にカオルちゃんを!よろしくお願いします。


(取材・文:千葉研一)


■オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~
オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~

【発売日】2014年4月16日(水)
【価格】2,000円(税抜)
【品番】XFCD-00013

【キャスト】藍澤薫:津田健次郎
【シナリオ】ぎんなん
【イラスト】LIRAN


◆キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ
本CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙(寄書き)を3名様にプレゼント致します!奮ってご応募ください!

【募集要項】
CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募下さい。
尚、プレゼント応募の締め切りは2014年7月末日までとさせて頂きます。
(商品の発送は、2014年8月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。)


©TEAM Entertainment Inc.


オネェCD~となりの世話焼き・カオルちゃん~

B00IJECDEK オネェCD ~ラジオパーソナリティ・ルリ姉~

B00BCNY4VA オネェCD ~ファッション誌編集長・ジョージ~

B009GN763G

▲ PAGETOP