ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!ニコ生「金元寿子のテラ娘屋」第6回

金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!ニコ生「金元寿子のテラ娘屋」第6回 2014年3月12日 19:00

金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!ニコ生「金元寿子のテラ娘屋」第6回

ニコニコチャンネル内で展開中の「声優グランプリチャンネル」にて、「金元寿子のテラ娘屋~teller girl’s house~」が放送中だ。2月23日(日)の第6回放送を終えた、メインパーソナリティの金元寿子さんとアシスタントの川上千尋さんに、番組の感想や各コーナーについてお話をうかがいました。

「金元寿子のテラ娘屋」第6回のレポートはこちら



――第6回放送の感想をお願いします。

金元:なぜかは分からないですけど、にぎやかな回になりました。

川上:なんでだろうね? 確かに「わー!」って感じだった気がする。

金元:構成がいつもと逆だったからかも。


――最初が『バレンタインに言ってもらいたいセリフ』でしたからね。セリフを言ってみていかがでしたか?

金元:ストレートな少女漫画みたいなセリフではなく、ネタ的なのを考える人が多くて面白いなと思いました(笑)。

川上:それを拾った方がいいかすごく迷いました(笑)。でも、私が甘く言ってもらいたかったので、ストレートなのを多めに拾っちゃいました。

金元:でも、「ほれ」は面白かった(笑)。


――ふたりが男性だとしたら、どういう風に渡されたらうれしいですか?

金元:受け取る側からすればツンデレの方が受け取りやすいかも。(ストレートだと)こっちも恥ずかしくなっちゃうから。「いっぱい作ったからあげる」みたいに、言い訳をつけてくれると受け取りやすいなって思いました。

川上:学生だと余計にそうかもね。同じクラスの子だったら、「はい!」ぐらいでもうれしいです。


――でも、それだと本命なのか義理なのか鈍い男は分からないかもしれないですよ?

川上:そういうのも楽しいんですよ(笑)。


金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!ニコ生「金元寿子のテラ娘屋」第6回

――今回の朗読ドラマ『ヘンゼルとグレーテル』はすごい内容でしたね。

金元:実は今回の脚本は、演出の児玉拓己さんにすべてお願いしたんです。聴いていた方は気づいていたかもしれませんが、あの知識は私にはないです(笑)。


――その台本を受け取った時の印象はいかがでしたか?

金元:原作をすごく壊していたので、発想力がすごいなと思いました。武器の名前がリアルで現実に戻されることもあるし、独自の世界観がありますよね。

川上:おばあさんに銃を持たせたことによる世界の広がりがすごかったです。ひさちゃんのおばあさんの演技がすごくて、さらに面白くなった気がします。

金元:(番組中に)「3Dっぽい」という感想が本当だなと思いました。

川上:確かに。朗読ドラマって平たんな感じがすることもあるけど、今回はすごくリアルでした。


――アニメよりも実写が展開されているような感じでしたね。

金元:音もすごく壮大で、しゃべっている内容は世界中を巻き込んだ戦争の話でしたし(笑)。

川上:私が演じたグレーテルだけだと、それほど動きはなかったと思うんですよ。おばあさんがぐわーっと来てくれたから動きがすごく見えてきて。ここまで動きのあったドラマは初めてでした。


――タイトルは『ヘンゼルとグレーテル』ですが、役のインパクトだと『おばあさんとグレーテル』ですよね。それぞれ演じてみていかがでしたか?

金元:おばあさんを演じたのは初めてだったので、声をガラガラさせて、精神年齢が低く(戦いを)楽しんでいる、狂った女性という感じに演じてみました。口調は岡山弁風にしてくれたので、そこはやりやすかったです。実際におばあさん役をやっている人に演じてもらうと、もっと面白いかもしれないですが(笑)。

川上:私はあの勢いがすごく好きだった。

金元:ちょっとふなっしーみたいだなと(笑)。


――川上さんが演じたグレーテルはすごく強かったですね。

川上:チートでしたね(笑)。冷静な子だけど、かわいさを失わないように気をつけました。コメントで「ちょっと怖かった」と言ってもらえたのはうれしかったです。かわいく笑いながら人を殺すような役をやってみたかったので、その通りに聴こえていたらいいなって。でもお兄ちゃんがね……。

金元:すぐ意識を無くしちゃって(笑)。妹に蹴られたことすらきっと分かってないですよ。


――ちなみに、グレーテルほどでないにしても、おふたりにサバイバル能力はありますか?

金元・川上:ないと思います(笑)。


――では、森にひとりで投げ出されたらどうなりそうですか?

川上:食べちゃいけないキノコや草を食べちゃいそう(笑)。

金元:採取はできそうですけど、狩りはできないと思います。


――生き残るのは厳しそうですね。

金元:生き残れないです(笑)。

川上:無理だと思います(笑)。


金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!ニコ生「金元寿子のテラ娘屋」第6回

――最後に、3月の放送に向けてメッセージをお願いします。

金元:春になりますね(笑)。今回はメールを本番中に募集して紹介したのが新しいなと思いました。コメントにももちろん触れますが、メールはメールで別の意味合いがあるので、今後もリアルタイムに来たものを読んでじっくりお話ができたらなと思っています。メールも活用していただけたらうれしいです。

川上:毎回、「もっと何か!」と思っているのですが、だんだんと良くなってきた気がします。SNSやメールを活用したり、バレンタインのような季節のイベントを取り入れてもっともっと面白くできたらなと思っています。次回もよろしくお願いします!



(取材・文:千葉研一)


■「金元寿子のテラ娘屋~teller girl's house~」次回放送

【放送日時】2014年3月20日(木)21:00~
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv170368953

【朗読ドラマキャスト】
脚本:金元寿子
演出:児玉拓己
イラスト:川上千尋
出演:金元寿子、川上千尋

【フリートーク出演】
メインパーソナリティ:金元寿子
アシスタント:川上千尋

※毎月1回不定期の生放送を予定しています。
※この番組は静止画放送です。
※事前予告なく内容や放送日が変更する場合がありますのでご容赦ください。


■「金元寿子のテラ娘屋~teller girl's house~」バックナンバー

第0回(2013年8月28日放送)レポートインタビュー
第1回(2013年9月25日放送)レポートインタビュー
第2回(2013年10月23日放送)レポートインタビュー
第3回(2013年11月29日放送)レポートインタビュー
第4回(2013年12月17日放送)レポートインタビュー
第5回(2014年1月29日放送)レポートインタビュー


声優グランプリ 2014年 05月号

B00IWZFX16 声優グランプリ 2014年 04月号

B00I81B7H8 声優グランプリ 2014年 03月号

B00HS3GEV6

▲ PAGETOP