ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース梶裕貴、佐藤利奈、細谷佳正、石川由依、宮野真守らが出席!「第八回 声優アワード」授賞式

梶裕貴、佐藤利奈、細谷佳正、石川由依、宮野真守らが出席!「第八回 声優アワード」授賞式 2014年3月 4日 17:40


その年に最も活躍し、人気、実力をともに兼ね備えた声優の方々、そして長年にわたって活躍するベテラン声優が一同に顔を揃える声優界最大のイベント・声優アワード。この授賞式が文化放送メディアプラスホールで3月1日(土)に行なわれた。各賞の受賞者とコメントを紹介する。


■「第八回 声優アワード」
【第1群(9部門・一般投票および選考委員会の審査に基づく)】
・主演男優賞:梶裕貴
・主演女優賞:佐藤利奈
・助演男優賞:細谷佳正
・助演女優賞:石川由依
・新人男優賞:石川界人・山下大輝
・新人女優賞:内田真礼
・歌唱賞:宮野真守
・パーソナリティ賞:該当者なし

【第2群(7部門・主に実行委員会の推挙による)】
・特別功労賞:内海賢二、来宮良子
・功労賞:キートン山田、納谷六朗
・シナジー賞:ガールズ&パンツァー(代表登壇者:渕上舞)
・富山敬賞:三木眞一郎
・高橋和枝賞:三石琴乃
・キッズファミリー賞:比嘉久美子
・最多得票賞:神谷浩史
・特別賞:アンパンマン(代表登壇者:戸田恵子、中尾隆聖)



◆主演男優賞:梶裕貴

梶:1年前、ここでこの賞をいただいた時は、またいただくことはなかなか難しいと思っていました。日頃支えてくださっているファンの皆様、周りで一緒に芝居を作っている共演者の方々、スタッフの皆様の支えがあってこの賞をいただけたと感謝しております。
昨年1年はご縁の大きさと大切さを知る1年でした。これからもひとつひとつの作品、役との出会いを大切に、新しく出会う共演者の方、スタッフの方、応援してくださる皆さんとの出会いを大切にして、ひとりの役者として精進していきたいと思います。魂を込めて、心臓を捧げて頑張っていきたいと思います。



◆主演女優賞:佐藤利奈

佐藤:主演女優賞という大変素晴らしい賞をいただき、光栄に思います。正直なところ、このお話を聞いて私がいただいていいものか昨日の夜までずっと思っていました。事務所スタッフが、留守電でお祝いのメッセージをくれ、愛すべき家族のようなスタッフに恵まれたと思っています。
たくさんの方からTwitterでもお祝いの言葉をいただき涙が出ました。この賞は私ひとりでいただいたものでなく、支えてくれた皆さんのお力でいただいたものだと思います。この世界には素晴らしい先輩方たくさんいらっしゃいます。その先輩方の背中を一生懸命追いかけて、真摯に初心を忘れず、これからも一生懸命精進していきたいと思います。



◆助演男優賞:細谷佳正

細谷:本日はこのような素敵な賞をありがとうございます。受賞が決まった時は全然実感が沸きませんでした。周りのスタッフが「始めた頃はスケジュールが真っ白だったのに良かったね」と喜んでくれたのが印象的で、嬉しかったです。関係者の皆さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さんが喜んでくれるのが個人としては嬉しく思っています。実感がまだ沸かないのですが、今日一日は喜び、明日からは通常通り仕事を頑張っていこうと思います。ありがとうございました。



◆助演女優賞:石川由依

石川由依:このような賞をいただきありがとうございます。2013年はすごく幸せな1年でした。「進撃の巨人」を始めとした素晴らしい作品に出会わせていただき、先輩方、共演者の方に恵まれて素晴らしい1年を過ごさせていただきました。
あまりにも新しいことをたくさんやらせていただいたので、振り返る余裕や反省をする余裕がないまま突っ走ってきてしまいました。このような賞をいただいたことで、改めて皆様に感謝を伝えるチャンスをいただけたように思えます。支えてくださったスタッフ、キャストの皆さん、見守ってくれている家族、応援してくださるファンの皆さん、ありがとうございました。これからも助演女優賞をいただいた身として恥じないように大好きなお芝居を頑張っていきたいと思います。



◆新人男優賞:石川界人・山下大輝

石川界人:この度、このような賞をいただきまして大変嬉しく思っています。未熟な僕がこのような賞をいただけると思っていなくて驚きと感激で胸がいっぱいです。この賞は僕ひとりがいただいたわけではなく、関わった人々、作品、支えてくれた人々、みんなで取ったものだと思っています。その人達に顔向け出来るように今後とも頑張っていきます。どうぞよろしくお願い致します。

山下:この素晴らしい賞を思っていなかったので、すごくびっくりしています。この賞は僕ひとりの力ではいただけなかったと思っています。支えてくださっている大好きな先輩方、スタッフの皆さん、事務所のマネージャー、デスク、応援してくれているファンの皆さんのおかげだと思っております。先輩方のような素敵な役者になれるよう精一杯励んでまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。



◆新人女優賞:内田真礼

内田:女性新人賞をいただけたことを本当に嬉しく思っています。作品と向き合っていく時に、キャラクターとぶつかることを教えてくれたのは先輩方でした。そんな先輩になれるように私も頑張っていきたいと思います。精一杯やっていきます。よろしくお願いします。



◆歌唱賞:宮野真守

宮野:このような栄えある賞をいただき心より光栄に思います。私はまだ歌い手としては未熟で、この賞をいただけたのは支えてくれるファンの皆様、スタッフ、素晴らしい楽曲を作ってくださっているクリエイターの皆様のおかげです。皆様に感謝申し上げます。これからも声優・宮野真守だからこそ歌える歌、声優・宮野真守だからこそ出来るパフォーマンスを目指して精進してまいりますので、何卒これからもよろしくお願い致します。



◆特別功労賞:内海賢二(登壇者:妻・野村道子)、来宮良子(登壇者:所属事務所・俳協理事長 田代利之)

野村:去年から今年にかけて、名だたる先輩声優たちが皆旅立たれました。どうも最近私の夢に出てこないなと思っていたら、それは向こうが賑やかで忙しいからだと思っています。彼が大好きだったアネさん(来宮さん)と同じ賞をいただけて、本当に大満足だと思います。ありがとうございます。

田代:第2回の声優アワードで功労賞をちょうだいしておりまして、本人に直接報告をしたのですが、「私、なんにもしてないわよ」と言っており、来宮らしい言葉でした。改めて今日のことも報告しますが、恥ずかしがっていると思います。
昨年11月に亡くなるまで60年に渡る俳優、声優、ナレーターとして活動してまいりました。長くに渡り支えてくださったスタッフの皆さん、ファンの皆さんに改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。



◆功労賞:キートン山田、納谷六朗

キートン山田:僕はまだ中堅でございまして、「人生まだまだ後半へ続く!」という感じなのですが、ある方から「とりあえずもらえるものはもらっとけ」と言われて今日は来ました。ありがとうございました。

納谷:長く生きてきているんですが、賞なんてもらったことがないんです。一番最近にもらったのはゴルフコンペのブービー賞くらいです(笑)。今年81歳になるのですが、いただいたのが81プロデュースの社長ということで変な感じもします(笑)。どうもありがとうございました。



◆シナジー賞:ガールズ&パンツァー(代表登壇者:渕上舞)

渕上:本日は代表としてこの場に立たせていただいております。作品の制作に関わった皆様、物語の舞台となる茨城県大洗町の皆様とみんなで作った、みんなで盛り上げた作品がこのような素晴らしい賞をいただけて嬉しく、そして誇りに思っています。ありがとうございました。



◆富山敬賞:三木眞一郎

三木:声優を始めて、初めて覚えた方の名前が付いた賞をいただけるということで嬉しいやら照れくさいやら複雑な気持ちです。両親が生んで育ててくれ、愛する相方と息子が僕を支えてくれて、そんな僕の背中を応援してくれる皆様、諸先輩方が押してくださったんだと思います。いただいた賞に恥じないようにこれからも精進していきたいと思います。



◆高橋和枝賞:三石琴乃

三石:本当に光栄に思っています。今まで出会ったキャラクターや、そのキャラクターに関わった人、愛してくれた皆様のおかげだと思います。女性が声優を長く続けるのは大変だと先輩方を見ていると思うのですが、これからも先輩方を見習って、私なりにあがいて、錆び付かないように頑張ってまいりたいと思います。このトロフィーはダメママを支えてくれている主人と娘に捧げたいと思います。ありがとうございました。



◆キッズファミリー賞:比嘉久美子

比嘉:ここに上がるまで私の言葉で何を言えるか考えていました。作品に関わるたくさんの方の大切な思いが繋がって繋がって、ここまで私を運んでくれました。喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。これからもたくさんの笑顔に会うために、皆さんと私の大切な思いを繋いでいきたいと思います。ありがとうございました。



◆最多得票賞:神谷浩史

神谷(※代理登壇者によるコメント紹介):この度は、第八回声優アワードにおいて、最多得票賞をいただきまことにありがとうございます。本来であれば授賞式に参加したかったのですが、スケジュールが合わず申し訳ありません。
昨年、一昨年に続きこの賞をいただけたことは大変光栄に思っております。作品に参加させていただき、ひとつひとつのセリフに真剣に向き合ってきた結果として、このような形で評価いただいたことは、声優という誇りある仕事を続けていく上で、無上の励みとなります。
今までと変わらず精一杯取り組んでまいりますとともに、生涯現役を目指し、日々精進していこうと思っています。この1年間お世話になりました作品を支えてくださっているスタッフや共演者の皆様方、青二プロダクションのスタッフ、そして作品を愛してくださるすべての方々に御礼申し上げます。



◆特別賞:アンパンマン(代表登壇者:戸田恵子、中尾隆聖)

戸田:今日は素敵な賞をいただきましてありがとうございます。キートン山田さんが中堅であるならば、私と中尾さんはまだまだ新人でございます。
ご承知のように昨年10月、アンパンマンの生みの親であるやなせたかし先生がさっとマントを付けて、天国へパトロールへ行ってしまいました。この喪失感たるや、正直しばらくやる気が出ませんでした。そうも言ってられないので、あちこちイベントに参加しつつ、番組も続けております。たくさんの子供達と接しているところに答えはちゃんとありました。大人の事情に関係なく、子供達は皆アンパンマンが大好きでした。先生は天国で笑っておられるんじゃないかなと思います。
しょげてしまっていた時期もありましたが、大きな傘の下にいたんだなと思いました。私達ひとりひとりは小さな傘しか差せないのですが、声優チーム、スタッフと皆で小さな傘を繋げて、先生のような大きな傘になるよう頑張っていきたいと思います。

中尾:本日は素敵な賞をありがとうございます。25年間アンパンマンに出演させていただいております。素敵なキャラクターに出会えたこと、これからもやなせ先生の大切にしてきた思いを番組を通して伝えていけたらと思います。これからも精進して頑張っていきたいと思います。応援のほどよろしくお願い致します。



■TOKYO MX テレビ特番「響け!声優アワード スペシャル特番2014」

【日時】2014年3月19日(水)19:30〜20:00(予定)
【内容】「第八回声優アワード」授賞式の模様などを豪華に放送!


■dアニメストア「第八回声優アワード」特集

【配信開始日】2014年3月2日(日)12:00〜
【内容】ドコモのアニメ見放題サービス“dアニメストア”で第八回声優アワード受賞者コメントのご紹介や受賞作品の特集を配信
【URL】https://anime.dmkt-sp.jp/


第二回声優アワード 永久保存版オフィシャルDVD ~授賞式から舞台裏まで 受賞者たちの感動記~

B001D4NPTK 声優アワードオフィシャルファンブック 2010年 06月号 [雑誌] [雑誌]

B003HMGIS6

▲ PAGETOP