ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース石田彰、小野大輔、神谷浩史らキャスト13名よりコメント!ドラマCD「セブンスドラゴン2020&2020-II」

石田彰、小野大輔、神谷浩史らキャスト13名よりコメント!ドラマCD「セブンスドラゴン2020&2020-II」 2014年2月25日 16:15

ドラマCD「セブンスドラゴン2020&2020-II」~TOKYO CHRONICLE(トウキョウ・クロニクル)~

西暦2020年の東京を舞台に、突如地球に来襲したドラゴンとの戦いを描いた「セブンスドラゴン2020」シリーズのドラマCDが、4月18日(金)に発売。今回、本ドラマCDに出演する、キャスト13名よりコメントが到着したので紹介する。

本ドラマCDは、「セブンスドラゴン2020」「セブンスドラゴン2020-II」の世界観をベースに、ムラクモ13班と仲間たちの物語が描かれており、ストーリーはゲームシナリオを担当した与田想さん氏による新規書き下ろし。キャラクターデザイン・三輪士郎さんが描き下ろした、NPC全13人集合の豪華CDジャケットも注目だ。

また、CD購入者向けの応募特典「特製冊子・設定ラフ画集(仮称)」や、新規グッズ「ムラクモ13班・缶バッジセット」の発売も決定した。詳しくはドラマCD特設サイトをチェックしよう!



■キャストコメント

●石田彰さん(キリノ役)

新年会の時の音声記録という形で、酩酊状態のキリノの台詞がありました。意外なシーンだったので印象に残っています。


●小野大輔さん(ダイゴ役)

ゲームの世界観はそのままに、より掘り下げてキャラクターを知り、演じることが出来たのが嬉しかったです。ネコとの絡みはほほえましかったですし、ショウジとの会話に、SKYの決意がかいま見られたのが印象的でした。


●神谷浩史さん(ショウジ役)

ゲーム本編では語られることのなかったエピソードだったので非常に興味深かったです!特にEpilogue Chapterは内容が内容なだけに印象に残っています!


●加藤英美里さん(イズミ役)

人気のゲームがドラマCDになって、こうやって出演できた事、とても嬉しいです!イズミは強気な所もありますが、今回のドラマCDの中で見せた弱いイズミ、照れるイズミが何だかカワイかったです!イズミとネコのやりとりをぜひ聞いていただきたいです!


●沢城みゆきさん(ミロク[NAV3.6]役)

いいですよね…双子独特の…親密感?又、このタイトルでお会いできますように。


●田村ゆかりさん(エメル役)

いつもは指揮官らしくキリっとしているエメルちゃんが拗ねたり照れたりするシーンはエメルちゃんの人間らしさが垣間見える感じがして好きなシーンです。はじめてのドラマCD楽しんでいただけると嬉しいです。


●豊口めぐみさん(リン役)

ゲームのメインキャラクターではなく、サブキャラクターたちに焦点をあてるというのは、面白いなぁと思いました。メインでやらせていただいているのがハードめなので、兼ね役としてやらせていただいたリンちゃんは、とっても可愛い! 登場シーンなんかは特に可愛いなぁと思いました。少ししかしゃべらなかったあのキャラクターが!!という気持ちで楽しんでいただきたいです!


●豊崎愛生さん(ミイナ[NAV3.7]役)

再びミイナとしておしゃべりが出来て、うれしかったです。今回のドラマCDは、ゲームの中で綴られてきたストーリーのアフターストーリー、サブストーリー、ボイスが無かった部分の再現など、セブンスドラゴンをプレイして下さっていたみなさまに喜んでいただけるような盛りだくさんな内容となっています。きいていただけると、より深く、セブンスドラゴンの世界を楽しんでいただけると思います。
ドラマCDならではのキャラクター達の会話も、ぜひお楽しみ下さい!!


●ゆかなさん(ネコ役)

本編では描かれなかった心情などがたくさん散りばめられていて、興味深かったです。当時サブキャラとして演じたネコちゃんですが、時間を経てこうして生き生きと動き回る姿が感慨深いです。


●宮崎寛務さん(ワジ役)

久しぶりにワジさんを演じられて本当に嬉しいです。基本的にはいつものガンコワジさんですが、仲間を気遣ったりと思ったよりやわらかい一面が描かれていて少し意外でした。たまにデレるワジさん、かわいい。みなさま、お疲れさまでした!!


●宮坂俊蔵さん(ケイマ役)

ファクトリーの仲間と初めて絡めて嬉しかったです。今回は全くシリアスなシーンはありませんでしたが、彼らのおかげで皆戦えるんですよ!これからも徹夜でいい武器作り続けます☆


●藤井ゆきよさん(レイミ役)

久しぶりにレイミを演じることができました!!レイミは実ははっちゃけてる性格なのですが、今回のドラマCDで初めてその一面も収録できて楽しかったです。ありがとうございましたー☆


●藤堂真衣さん(ミヤ役)

建築班代表として主に窓口での会話がメインのミヤですが、今回はドラマCDということで、彼女の普段の仕事の様子を演じることが出来て本当に楽しかったです!
クールで真面目、だけど仲間思いのミヤ。今回ところどころで私なりのミヤらしさを出せたかなと思います。楽しんでいただけたら嬉しいです!



■ドラマCD「セブンスドラゴン2020&2020-II」~TOKYO CHRONICLE(トウキョウ・クロニクル)~

【発売日】2014年4月18日(金)
※限定パックは3月22日(土)~23日(日)『AnimeJapan 2014』での先行販売あり
【価格/品番】
通常盤:3,000円(税抜)/FFCT-0055
限定パック:5,500円(税抜)/FFCT-0054
【仕様】オーディオCD 1枚組/トールケースサイズ/ジャケットイラストは新規描き下ろし
【発売元・販売元】フロンティアワークス

【キャスト】
キリノ:石田彰
ダイゴ:小野大輔
ショウジ:神谷浩史
イズミ:加藤英美里
ミロク(NAV3.6):沢城みゆき
エメル:田村ゆかり
リン:豊口めぐみ
ミイナ(NAV3.7):豊崎愛生
ネコ:ゆかな
ワジ:宮崎寛務
ケイマ:宮坂俊蔵
レイミ:藤井ゆきよ
ミヤ:藤堂真衣
※ムラクモ13班のセリフ(ボイス)は、ドラマ本編中にはありません。

◆オリジナル追加特典付き「限定パック」◆
2014年3月22日(土)~23日(日)『アニメジャパン2014』での先行販売および通信販売「フロンティアワークスアンテナショップ」のみで販売!

【限定パック特典】
・ムラクモ機関レプリカ腕章
  ムラクモ機関員に支給される腕章のレプリカ(ツイル生地)
・ポストカードブック
  キャラクターイラスト等をあしらったデザインポストカードを多数収録


<ゲーム「セブンスドラゴン2020」あらすじ>
西暦2020年。
突如飛来した竜…ドラゴンの脅威によって、世界は壊滅した。
国土の98%を失った日本は、政府特殊機関“ムラクモ”による竜の討伐作戦を開始。
「すべての竜を狩り尽くせ!」
人類の、反撃の狼煙があがる…!


©SEGA


ドラマCD セブンスドラゴン2020&2020-II~トウキョウ・クロニクル~

B00GWTI1SG

▲ PAGETOP