ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース藍井エイル、ALTIMA、田中美海、高木美佑のインタビューをお届け!ニコ生「電波諜報局」1月23日放送

藍井エイル、ALTIMA、田中美海、高木美佑のインタビューをお届け!ニコ生「電波諜報局」1月23日放送 2014年2月17日 19:20

ニコニコ生放送で隔週木曜日に放送中の「電波諜報局」。1月23日(木)の放送を終えた、ゲストの藍井エイルさん、田中美海さん、高木美佑さん、ALTIMA(MOTSUさん、SATさん、MAONさん)に、番組の感想や各作品についてお話をうかがいました。

番組のレポートはこちら



■藍井エイルインタビュー
藍井エイルさん

――番組に出演された感想をお願いします。

藍井:前回もそうでしたがあっという間で、最初はちょっと緊張しましたが楽しい時間を過ごさせていただきました。『絵のお題を当てまSHOW!! フルカラー』のコーナーでは、特技に「お絵描き」と書いていたのに、なぜかボールだけ描いてしまい失敗してしまいました。雰囲気だけでは伝わらなかったみたいなので、もっと練習したいと思います。May'nさんの絵は、色は合っていたと思うのですが難しかったです。


――ニューアルバム「AUBE」をリリースされますが、どのようなアルバムなのでしょうか?

藍井:「夜明け」から始まり「夜明け」で終わり、また繰り返し聴いてもらえるようなアルバムを目指して作りました。朝、昼、夕方、夜、雨が降ったり、虹がかかったりと色々な一日があると思いますが、一日のどの時間帯に聴いてもしっくりくる楽曲がたくさん入っています。


――曲のイメージはどのような感じなのでしょうか?

藍井:それぞれの楽曲によって違うのですが、2曲目の『サンビカ』は歌詞に「夜明け」というワードがあり、夜明けからアルバムが始まっていきます。新たなタイプの楽曲にも挑戦しているので、今までの自分から脱皮出来たと思います。


――番組では『KASUMI』のミュージックビデオ(MV)が流れていましたが、この楽曲のポイントは?

藍井:夜っぽい楽曲なのですが、夜中というよりも朝方に近く、シリアスな雰囲気があります。MVは、初めてバンド構成で撮りました。格好良い方向を目指したかったので廃墟風のスタジオで、蛍光灯がカチカチと光る中での撮影となり、ロックな私を見てもらえると思います。他にも新しく撮ったMVがあり、同一人物とは思えないくらいの違った仕上がりになっています。


――3月から『「AUBE」TOUR 2014』を行うそうですが、どのようなツアーにしたいですか?

藍井:ニューアルバムはさまざまなタイプの楽曲が詰まっています。ツアーではドラマティックな展開にしたいので、それに即した世界観を作っていきたいと思います。ぜひ遊びに来てください。


藍井エイルさん

――最後に、メッセージをお願いします。

藍井:1月29日にニューアルバム「AUBE」をリリースしました。ジャケット写真は前回のアルバムよりも女性らしく柔らかな感じになっています。母性愛を持って大切な人を待ち続ける曲、シンプルで繊細な曲、とても明るくてポップな曲など、色々な挑戦をした1枚になっているので、ぜひ皆さんに聴いて欲しいです。私を知らない方にも楽しんでいただきたいと思います。



■「Wake Up, Girls!」田中美海さん、高木美佑さんインタビュー
高木美佑さん、田中美海さん

――番組に出演された感想をお願いします。

高木:(トークでは)噛み噛みだったので、もっと頑張らないとと思いましたが、すごく楽しかったです!

田中:「電波諜報局」は美佑も私も何度か見たことがあって、出演出来たことが嬉しいです。May'nさんと鷲崎さんとお話出来て楽しかったです。


――お客さんの前でのニコニコ生放送はいかがでしたか?

高木:お客さんがいるシチュエーションでのニコ生は初めてで、びっくりしました。

田中:公開生放送という形にはドキドキでした。


――「Wake Up, Girls!」ではどのようなキャラクターを演じていますか?

高木:岡本未夕ちゃんはメイド喫茶でバイトをしています。萌え萌えな感じで、髪型もツインテールでラブリーなキャラクターです。「Wake Up, Girls!」の中では高校3年生ということで年上なのですが、素直で泣き虫なところもあります。

田中:私の演じる片山実波ちゃんはすごく食いしん坊でいつも何かを食べているムードメーカー的な存在です。中学3年生ということでメンバーの中では幼い方なのですが、可愛くて元気いっぱいでみんなを明るくしてくれます。


――アフレコの雰囲気はいかがですか?

高木:先輩方に囲まれて、すごく良い雰囲気の中でアフレコさせていただいています。分からないことがあると教えてくださるんです。

田中:最初は緊張していたのですが、回を重ねるごとに先輩方と普通にお話出来たり、無言で固まるのでなく、リラックスした状態でアフレコに臨めるようになりました。


高木美佑さん、田中美海さん

――「Wake Up, Girls!」の見どころを教えてください。

高木:私と美海ちゃんのキャラクターがクローズアップされる回はもう終わっているのですが、他のメンバーより一歩成長しています。暗くなってしまうお話があるのですが、明るく引っ張っていくので、楽しみにしていてください。

田中:実波ちゃんは食べながら話すことが多く、メンバーの中でもキャラが立っているので、そこに注目してもらえると楽しめると思います。


――最後に、メッセージをお願いします。

高木:演技も歌もダンスもまだまだな私達ですが、応援していただき成長を見守ってもらえたら嬉しいです。

田中:アニメではひとりひとりの成長がテーマになっていると思っています。今後は誰がどのように成長し、グループとして成長していくのかを見て欲しいです。



■ALTIMAインタビュー
ALTIMA

――番組に出演された感想をお願いします。

MAON:3人で生放送に出る機会はあまりないので、どうしたらいいか分からなくなってしまいました(笑)。でも、ALTIMAが出た瞬間に「ヒェア!」とコメントが流れるのを見て、親近感を持っていただけているのが嬉しかったです。

MOTSU:喋っていてもALTIMAっぽさを出せて、とても楽しかったです。たけちゃん(鷲崎さん)は腕があるので、大船に乗った気持ちでやらせていただきました。

SAT:楽しかったです!また呼んでください。


――『推察力ゲーム!!』では、なぞなぞにチャンレンジしてみていかがでしたか?

MOTSU:自分の頭の固さに本当にイライラしました(笑)。

SAT:でも、楽しかったですね。ALTIMAで流行らせますか(笑)。


――ニューシングル「Fight 4 Real」の聴きどころをお聞かせください。

SAT:(表題曲は)完全に「ストライク・ザ・ブラッド」に照準を合わせる形で、バトルやエモーショナルな部分を前面に押し出した曲です。ALTIMAらしい“テンポ感”や“エモさ”というものが、4枚目にして固まってきた感じがします。1年4ヶ月ぶりのリリースですが、自身の活動で培い進化してきた経験を、ALTIMAで凝縮したシングルになりました。

MOTSU:SATさんのメロディとMAONちゃんの声が高いレベルで融合して、このシングルで何かを掴んだんじゃないかと思いますね。

MAON:「ストライク・ザ・ブラッド」はアニメも原作も見させていただき、歌詞を書かせていただきました。(作中で)古城くんと雪菜ちゃんが惹かれ合うのに、同極の磁石のように一緒になれない運命がもどかしくて。その切なさを詞の中に落とし込みました。ぜひ歌詞にも注目していただきたいです。

SAT:テレビサイズではMOTSUさんのラップは大幅にカットされていますが、全編通して聴くとMOTSUさんが表現したい「ストライク・ザ・ブラッド」の世界もバッチリ見えてきます。2番や大サビでは、MAONちゃんがよりエモいんですよ。それを1番で出さないのがオレの才能の欠点かな(笑)。ぜひフルで聴いて欲しいです。


――ドバイで撮影されたMusic Videoはとても格好良いですね。

SAT:ちょっと予算を使いすぎました(笑)。

MOTSU:そのおかげで、“ドバイ感”がすごいくて、普通の映像としても見られるクオリティに仕上がりました。キンキラな衣装とドバイ感の融合は見ていて面白いので、気分が落ちた時はこれを見るとテンションが上がると思いますね。

SAT:やはりロケーションならではの“絵力”がすごくあります。fripSideはエジプトで撮ったことがあるんですけど、ドバイの方がパリッとしていて撮った絵がビビッドでした。また、2番では最新鋭のラジコンヘリを使って空撮をしていたり、3人がジープに乗って砂漠の中を疾走しています。


――ぜひ初回限定盤を買ってフルで見てもらいたいですね。

SAT:予算を取り戻さないといけないので(笑)。ぜひ買ってください。

MOTSU:協力してくださったら、もっと面白い所をレポートできます。

SAT:次はアマゾンか?なんて言っているので(笑)。

MAON:え〜!!初めて聞いたんですけど(笑)。2番ではとあるアーティストさんと巡り合うシーンがあるので、そこもぜひ見てもらえたらと思います。きっとビックリしますよ。


――ちなもに、プライベートを含めてドバイは初めてだったのでしょうか?どのような印象でしたか?

3人:初めてです。

MOTSU:中東自体に初上陸でした。初めてだったのでウキウキしていたんですけど、観光は一切していないんですよ(笑)。ドバイは日本の影響を全く感じなくて、危機感を感じました。逆に(日本が)世界の中心から取り残されている感じがして、もっと頑張らなきゃと思いましたね。


ALTIMA

――3月26日(水)にはファーストアルバムがリリース、そしてライブツアーも決定しました。そこへ向けた意気込みをお聞かせください。

MAON:ALTIMAはサウンドを聴いていて元気になれたり、嫌なことを忘れてポジティブになれるパワーがあります。そういうパワーをアルバムという形にし、ツアーでそれを爆発させるのが、派手でギラギラしたALTIMAらしいなと思っています。まずは、アルバムがその源になれたら嬉しいです。

SAT:有無を言わせない元気をいっぱい詰め込みたいですね。

MOTSU:(ALTIMAの語源である)「ULTIMATE」「ALMIGHTY」「ALTERNATIVE」を前面に出したものにしたいです。


――最後に、メッセージをお願いします。

MAON:ALTIMAはまだまだこれからだと思いますので、2014年もここから始まるALTIMAというものを、たくさんの方に見てもらいたいです。

MOTSU:ついて来て欲しいです。損はさせません。

SAT:ライバルはfripSideなので、ALTIMAでfripSideを越えたいなと思っています。よろしくお願いします!



■電波諜報局<次回放送>

【放送日時】2014年2月20日(木)20:00~
【MC】May'n、鷲崎健
【ゲスト】宮野真守さん(収録)
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv166717423


AUBE(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) [CD+Blu-Ray, Limited Edition]

B00H0HEYO4 AUBE(初回生産限定盤B)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

B00H0HEYBW AUBE

B00H0HEYI0 Fight 4 Real (初回限定盤) (TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」新オープニングテーマ) [Single, CD+DVD, Limited Edition]

B00H49B7CA Fight 4 Real (通常盤) (TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」新オープニングテーマ) [Single, Maxi]

B00H49B7NO 劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]

B00GZFTLS6 7 Girls War[CD+DVD][イベント優先申込券付]

B00GZHZUG6 言の葉 青葉[CD+DVD][イベント優先申込券付]

B00GZI0KZQ

▲ PAGETOP