ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!

【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く! 2014年2月14日 20:00

【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!

スタイキューブが運営している養成所・スタイルアカデミー。声優としての技術だけでなく、個性を伸ばす独自の教育プログラムで人材を育てているというスタイルアカデミーが、2014年度の新入生を募集中だ。

どのような特徴があるのか?実際にどのようなレッスンを受けているのか?その疑問に答えるべく、1期生として入所中の寺木慧佑さん、福西悠さん、小林璃奈さん、壁谷佳成子さん、スタイルアカデミー代表で講師の原田奈美さん、事務所の先輩である能登有沙さんにお話をうかがいました。

なお、2014年度新入生の3次募集の受付は2月24日(月)必着。18日(火)、21日(金)には説明会も実施される。声優を目指して申し込みを検討している方は、ぜひ生の声を参考にしていただきたい。



――まずは自己紹介をお願いします。

寺木:寺木慧佑です。昨年まで他の養成所にお世話になっていましたが、スタイルアカデミーの説明会に参加し事務所の方針や考え方に共感して、入所しました。

福西:福西悠です。スタイルアカデミーは僕が好きな特撮の現場にも繋がりがあると聞きまして、声優はもちろんなのですが特撮系のお仕事にも関わりたいと思い入所しました。

小林:小林璃奈です。大学4年生です。元々は声優のこともダンスも全く学んだことがない未経験だったのですが、説明会で講師の方や研修生の皆さんがとても温かくて、家族のような雰囲気に惹かれました。

壁谷:壁谷佳成子です。スタイルアカデミーの女子最年長で30歳になりました。私も以前養成所に通っていたのですが、説明会でビビッときてここを最後にしたいと思い入所試験を受けました。


【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!
▲左より、壁谷佳成子さん、小林璃奈さん、福西悠さん、寺木慧佑さん

――4人とも経歴や年齢は様々ですが、スタイルアカデミーはどのような特徴を持っているのでしょうか?

原田:スタイルアカデミーは養成所というよりも、アカデミー生の段階からマネジメントを行っていくので、現場に直結した学校と言えます。スタイルキューブは若手がまだまだ少なかったことも有りますが、より現場に求められるタレントを育成する為に開校しました。1年間じっくりと技術はもちろんですが、人間性や考え方を鍛え、「この子を使って良かった」「また使いたい」と現場で喜んで頂けるようなタレントを育てております。


――具体的なレッスンについてお聞きします。実際に入所して学んだ印象はいかがですか?

寺木:ひとりひとりをきちんと見てくださっているのを実感しています。自分の弱い部分や伸ばせる部分を、スタッフや先輩方は悔しくなるぐらい分かっていて、それを時に厳しくでも的確にご指導いただけるのが嬉しいです。

小林:声優の技術だけでなく人として成長が出来ると実感しています。レッスンは週に1回ですが、宿題などやることは多いですし、次のレッスンまでの1週間でどれだけ消化出来るかが大事だと学びました。またレッスンの時だけでなく、ひとりひとりの性格や人間性を見て考えてくださいます。

福西:以前通っていた養成所とは違い、前半は基礎をきっちり固めることをやります。同時に、なぜ基礎が大事なのかも教えていただきました。ひとつひとつをきちんとやってから次に行くのが印象的でした。

壁谷:以前は1クラス30人ぐらいいる養成所に通っていたのですが、スタイルアカデミーは1対1で「あなたはここが売りで、ここがダメ」と教えてくださいます。また、教科書はなく“自分ノート”として日々学んだことをノートに記すんです。自分だけの教科書として毎日見直しています。


【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!

――事務所の先輩として、直接アドバイスしたりもするのでしょうか?

能登:普段の授業を一緒に受けることもありますね。でも、一番交流をしたのは昨年10月にアカデミー生の公演でしょうか。私はゲストとして出演もさせていただいたのですが、振り付けやステージングの指導も担当しました。弟や妹がたくさん増えたという感じでとても嬉しかったですね。うちの事務所の良さでもあるのですが、気を使わずにアカデミー生のみんなと本気でぶつからせてもらいました。

原田:今現場でも活躍している田辺留依は仕事のある時以外は毎週来ていますよ。


――現場で活躍している方と一緒に学ぶことも出来るのですね。

原田:そうですね。アカデミー生たちは先輩と一緒に学ぶことで「先輩と自分は何が違うんだろう?」と肌で感じることが出来ます。先輩としては今まで学んだものを後輩に伝えていくことでこれまで得た経験、技術をさらに消化し、新しい学びが出来るようになります。昨年10月に行ったライブではアカデミー生と所属タレントを共演させましたが、お互いに刺激になったようです。とてもよい相乗効果が出ていると思います。


――これから入ってくる人や声優を目指している人へアドバイスをお願いします。

能登:アカデミー生は、他の養成所で勉強した人が半分、未経験が半分ぐらいの割合だと思いますが、経験は関係なく平等に扱ってくれます。講師、マネージメントスタッフとの1対1の会話も多くひとりひとりをじっくり見てもらえるそんな場所です。1年間学んで自分自身を発見出来るのは無駄にならないと思いますので、少しでも興味がある方はぜひ足を踏み入れて欲しいですね。

原田:スタイルアカデミーでの1年間はとにかく自分と向き合う期間になります。経験者と未経験者を平等にするのは、実は本当に皆に足りない部分は同じだからです。それは技術ではなく、根本の考え方や物事に対する姿勢などメンタル面なんですね。根本から叩き直せば、技術はどんどん身につきます。入所する人には、ここを最後にする覚悟で入ってもらいます。あと1年あと1年と無駄なお金と時間を使って欲しくないから。この1年で勝負して自分の道を決められるように指導しています。


【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!

――必要なスキルなどはあるのでしょうか?

原田:基本的に芝居経験はなくても大丈夫です。それよりも私達が求めているのは人間性です。受かるコツは何ですか?とよく聞かれますが、「意識の高さ」「意志の固さ」「人間性」ですね。言葉を変えれば、「私たちの子供にしたいかどうか」です。考え方に共感出来る人は、通じるものがあると思うんですよ。


――スタイルアカデミーでの印象的なレッスンはありましたか?

壁谷:肉体訓練です。以前も発声のために腹筋を鍛えるようには言われていたのですが、体全部が楽器として声を出しているという意識で、入所してすぐに厳しい肉体訓練を受けました。実際に、今までは出なかった声が出やすくなったのを体感しています。

福西:僕も肉体訓練は印象的でした。以前の養成所では腹筋や背筋は鍛えるのですが、全身を鍛えたりはしませんでしたから。

小林:一番印象的なのは、現場に出させていただけることです。未経験者の私でしたが今ではダンスやモーションキャプチャーの現場にも沢山出させていただいています。初期のダンスの基礎レッスンでは「ステップ?なにそれ?」という感じでしたが、レッスンを重ねていくうちに声をかけていただき、能登さんのバックダンサーで初ステージを踏みました。その後多くの現場を経験しましたが現場は本当に学ぶことが多く、自分自身の大きな成長の糧になっています。

寺木:ボイスサンプルの収録が印象に残っています。原稿作りからじっくり見ていただけるのですが、自分にはこういう役が合っていると思っても、実際に聴いて頂くと別の役が合っていたという発見がありました。また、収録もひとりずつスタジオで、しっかりとディレクションしていただくので、緊張感の中でいかに力を発揮するか、指示が聞けるのかなど現場でしか知ることができないことを沢山学びました。


【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!

――アカデミー入所後は、研修生、正所属を目指していくわけですが、事務所全体としての特徴や良さはどこだと感じていますか?

能登:スタイルキューブの特徴は、個性豊かでマルチに活躍出来るところですね。声優だけでなく、歌、ダンス、芝居などが学べますし、Ustreamの放送をやっているのでトーク術も身につきます。今はアニメならそれに付随したラジオやイベントがありますし、キャラソンも歌います。臨機応変に今のニーズに対応出来るタレントを育てるのは、スタイルキューブの強みかなと思います。


――アカデミー側としてもそのような個性豊かな人材を育てようと思っているのでしょうか?

原田:1つのジャンルだけにこだわるのも魅力的ですが、1人1人の個性を活かして、伸ばすことも大切だと考えています。私たちは制作会社であるからこそ、クライアントが求めている要望にしっかりと応えられるタレントを育てることを大切にしています。また今だけの人ではなく、自分の好きな仕事で10年20年と息の長い人になってほしい。自分自身の足でしかり自立できる本当の意味で実力のあるタレントを育てていきたいですね。


――3月15日(日)にはアカデミー生の第2回研修公演『Style Academy challenge stage vol.2』が開催されます。そちらへの意気込みをお聞かせください。

寺木:前回公演から身長が0.3cm伸びて180.9cmになりました。その0.3cmをいかに大きく見せることが出来るかを念頭に置いて、公演に臨みたいと思います。

福西:前回は複数の曲でステージに立ちました。今回もより多く自分のパフォーマンスを見て頂けるよう頑張ります。とにかく熱い気持ちは負けません!

小林:サブタイトルに『審査員はあなた』とあるように、私たち1期生にとってはスタイルキューブ研修生になるための最後のチャンスになります。前回よりもさらに成長した姿をお見せして、研修生になれるように頑張ります。

壁谷:「若者に夢を、アラサーに希望を、すべての人に感動を」が私のテーマです。この歳でがむしゃらに歌って踊ります。同年代の方に勇気を与えられる存在になれるよう自信を持ってステージに立たせて頂きます!


――最後に、声優を目指している人にメッセージをお願いします。

能登:スタイルアカデミーはとてもアットホームで、代表の原田さんがお母さん、事務所の社長の野口さんがお父さんのような温かい雰囲気があります。興味を持っている方は1歩足を踏み出して、自分の可能性を探しに来て欲しいなと思います。私の弟と妹を待っています!


【スタイルアカデミー特集】能登有沙、スタイルアカデミー生、講師を直撃!個性を伸ばす独自カリキュラムの魅力を聞く!

(取材・文:千葉研一)


■スタイルアカデミー入所説明会

●2014年2月18日(火)
[説明会]19:00〜20:30

●2014年2月21日(金)
[説明会]19:00〜20:30

詳細はスタイルアカデミー公式サイトをご確認ください。


■Style Academy challenge stage vol.2

【日程】2014年3月15日(土)
【場所】初台 The DOORS


NOVAレボリューション(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

B00HGH2PIK NOVAレボリューション(初回限定盤)(DVD付)

B00HGH2PIA NOVAレボリューション

B00HGH2PJ4 アニメ「ウィザード・バリスターズ」EDテーマ 『BLUE TOPAZ』

B00HTMLC8G Resonant World/光

B00EHK8O2K

▲ PAGETOP