ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースKAmiYUと夢の世界へ旅立とう!『KAmiYU in Wonderland 3』夜公演レポート

KAmiYUと夢の世界へ旅立とう!『KAmiYU in Wonderland 3』夜公演レポート 2014年1月28日 18:15

KAmiYUと夢の世界へ旅立とう!『KAmiYU in Wonderland 3』夜公演レポート

神谷浩史さんと入野自由さんによるユニットKAmiYUがおくるLIVE&TALKイベント『KAmiYU in Wonderland 3』が、2013年12月15日(日)に東京国際フォーラム・ホールAで開催された。2010年から始まり、3回目となる今回はおよそ2年半ぶりの公演。直前に発売された2ndミニアルバム「Road to Wonderland」を引っ下げ、ファン待望の夢の時間となった。昼、夜の2回に渡って行われたうちの夜公演をレポートする。



まずは、オープニングムービーで観客を不思議の国へと誘う。神谷さんと入野さんが楽屋からスタジオへと向かっていくところなのだが、どこか違和感が。歩いていく周りでは、崩れた荷物が元通りに戻ったり、飲んでいたジュースがコップに戻ったりと全てが逆に流れていく。実はリバース再生された映像で、神谷さんと入野さんがすべて逆方向に動いて撮影していたのだ。ラストは、崩れていた『KAmiYU in Wonderland 3』の看板が元通りとなりイベントがスタート!会場に『TouriStar』が流れ始める。ステージ中央の白い幕を破ってふたり勢いよく登場した。大歓声に包まれ、一気にヒートアップした場内。新曲『TouriStar』はファンを夢の世界へと連れ出す、そんなイメージを沸かせてくれる。


■TALK PART


トークパート前半はモニターに“キラ”と“ミューン”が登場し、神谷さんと入野さんへミッションが与えられる。まずはウォーミングアップがてら『なりきり他己紹介』。入野さんは神谷さんに、神谷さんは入野さんになりきって(モノマネして)自己紹介をするというもの。戸惑いつつも素早く反応を見せたのは神谷さん。モノマネをあきらめ、チャンスとばかりに入野さんの暴露話を語ろうとする。そんな神谷さんを慌てて止める入野さんの姿に爆笑が沸いた。

お題はここからが本番。題して『KAmiYU MISSION』。1つ目はVTR間違い探し。2つ目はダンス間違い探しだ。VTR間違い探しでは『KAmiYU in Wonderland 2』のダイジェスト映像を使い、1回目の映像と2回目とで5つの間違いを探せというもの。しかし、映像を見終えても全く見つけられないふたり。再度見直しても5つ全てを探しだすのは無理で、正解VTRへ。左右反転した映像だったり、違う曲のカットだったり、客席にキラとミューンが入れ込まれていたり……かなり手の込んだ仕様で、完全にお手上げとなった。

ダンス間違い探しでは、キラキラダンサーズ4人が順にダンスを踊り、違う動きをしていた人を当てる問題。今度こそと真剣に見つめるふたりだったが、こちらも難問が続く。特に2問目ではひとりではなく全員が違うポージングだったという超難問が出され、ふたりはステージに崩れ落ちてしまった。全てのミッションを終えたあとの入野さんは「引くくらい難しかった……」と本音をもらしてコーナーは終了となった。


KAmiYUと夢の世界へ旅立とう!『KAmiYU in Wonderland 3』夜公演レポート

後半は『ワンダーツーリスター』のコーナー。2ndミニアルバム「Road to Wonderland」にちなみ、今回のイベントのテーマはずばり『旅』。入野さんがガイドツアーになり、オーロラを見たいという神谷さんをフィンランドへ案内することに。モニターにはさまざまはシーンが映され、ステージに設置したブルーバックにより簡易合成されたふたりも写真に映りこむことができる。手軽に旅気分が味わえるのが『ワンダーツーリスター』なのだ。

成田国際空港からフィンランドの首都、一面雪に覆われたヘルシンキへとジャンプ。サンタクロースで有名なロバニエミでは、入野さんはトナカイ、神谷さんはサンタクロースの衣装に着替えて旅が続く。

ここからトナカイのソリで移動するのだが、ステージでも入野トナカイが神谷サンタをソリに乗せて引くというサービス(?)付き。ついに到着し、モニターに美しいオーロラの風景が映し出される。ツアーは素敵な締めくくりとなった。ちなみに、使用した写真はほとんど入野さんが撮影したもの。リアルな説明は実際に旅した入野さんだからこそ。

神谷さん、入野さんが一度ステージから退場すると、オープニングムービー&アイキャッチのメイキング映像が流れる。『KAmiYU in Wonderland 2』でのリバース再生ムービーが好評だったので、それを取り入れた新しいことを、というのが今回のオープニングムービー制作の理由だという。制作中には「やらなきゃよかった」と神谷さんが思わず嘆いていたほど大変だったようだ。入野さんは自身で「下手!」とつっこむほど後ろ向きで歩くのに苦戦しており、普段は見る機会の少ない裏舞台の姿に終始笑いが溢れていた。



■LIVE PART


ライブパートは『REASON』でスタート。ふたりが赤と黒を基調にした新たな衣装で登場すると、大歓声が会場中に響いてヒートアップ!1曲目から盛り上がりを見せると、『21-CENTURY BOY』のノリの良さがますます会場を熱くする。キュンキュンソングな『Precious One』に続いて、『EXOTIC FEVER』ではダンスも見事に披露。ダンサーとともにかっこよくポージングで決めファンのハートを鷲掴む。さらに、スクリーンに流雲を流して爽やかに演出した『beyond the light』と、一瞬の見逃しも禁止の魅了のステージが続き、絶え間ない歓声が会場を包んでいた。


KAmiYUと夢の世界へ旅立とう!『KAmiYU in Wonderland 3』夜公演レポート

MCでは今回のイベントの話に。『Kiramune Music Festival 2013』は入野さんが欠席だったため、今回がKAmiYUでステージに立つ久々の機会。「一緒に立てて嬉しい」と率直に喜んだ神谷さん。入野さんは「ふたりだと安心」「頼れる兄さん」と神谷さんの存在を頼りにしている様子。久しぶりに並んだふたりの姿がファンを和ませてくれた。

あっという間のライブパートも残すところ残り1曲となり、最後はアッパーチューン『SUPER NAKED SOUL』。ダンサーによる大きなフラッグを振るパフォーマンスも華やかにステージを彩り、ラテン調のナンバーで会場中がお祭り騒ぎに。会場中に笑顔の弾けるステージとなった。

アンコールに応え、ライブTシャツ姿で再登場したKAmiYU。『DOUBLE』の曲中には左右両端からそれぞれ大型フロートに乗り、1階席中央をひと回りする演出も。新たな仕掛けにファンも大興奮となった。ステージに戻ると、『KAmiYU in Wonderland』が始まった当初のことを思い起こし、「国際フォーラムでやるとは……」と感慨深い表情を浮かべた神谷さん。嬉しさと驚きの入り混じった様子で、ここまで応援してくれたファンヘと感謝を伝えた。

そしてラストの曲へ。「KAmiYUと言えば?」と神谷さん、入野さんの言葉に、『心の扉』と息もばっちりのレスポンスをファンからもらい、ステージ最後を飾る。明るくポップなきらきらサウンドに割れんばかりの大歓声、その声に後押しされ汗を滴らせながら笑顔で応えるふたり。会場にはキャノン砲が弾け最高潮の盛り上がりに。最後の瞬間まで全員でステージを楽しんでいた。


KAmiYUと夢の世界へ旅立とう!『KAmiYU in Wonderland 3』夜公演レポート

今回の『KAmiYU in Wonderland 3』に続き、3月には『Kiramune Music Festival 2014』が待っている。次なるふたりのステージを心待ちにしよう!


『KAmiYU in Wonderland 3』
2013年12月15日(日)東京国際フォーラム・ホールA セットリスト


01.TouriStar
02.REASON
03.21-CENTURY BOY
04.Precious One
05.EXOTIC FEVER
06.beyond the light
07.SUPER NAKED SOUL
EN01.DOUBLE
EN02.心の扉


■リリース情報

<KAmiYU>
2ndミニアルバム「Road to Wonderland」
【発売日】2013年12月11日(水)好評発売中!
【価格】豪華盤3,143円(税抜)/通常盤2,000円(税抜)

KAmiYU Talk & Live DVD「KAmiYU in Wonderland 3」
【発売日】2014年5月発売予定

<神谷浩史>
4thシングル「START AGAIN」
【発売日】2014年1月29日(水)
【価格】豪華盤2,000円(税抜)/通常盤1,429円(税抜)

<入野自由>
4thミニアルバム「E=mc2
【発売日】2014年2月19日(水)
【価格】豪華盤3,143円(税抜)/通常盤2,000円(税抜)


■Kiramune Music Festival 2014

【日時】
2014年3月22日(土)開場14:00/開演15:30
2014年3月23日(日)開場12:00/開演13:30

【会場】
横浜アリーナ

【出演】
CONNECT(岩田光央・鈴村健一)、入野自由、神谷浩史、浪川大輔、柿原徹也、岡本信彦、Trignal(江口拓也・木村良平・代永翼)、吉野裕行

【チケット料金】
全席指定8,800円(税別)


Road to Wonderland(豪華盤)(DVD付)

B00EZ4CMQW Road to Wonderland

B00EZ4CMLC START AGAIN(豪華盤)(DVD付)

B00GDF7QMQ START AGAIN

B00GDF7R3Y E=mc2(豪華盤)(DVD付)

B00GDF7RAC E=mc2

B00GDF7Q1M

▲ PAGETOP