ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート 2014年1月17日 18:30

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

『Original Entertainment Paradise 2013 ROCK ON !!!!』が12月7日(土)、12月8日(日)に神戸ワールド記念ホール、12月21日(土)、22日(日)に両国国技館にて開催された。出演は岩田光央さん、小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん。今年はこれで出演が最後となる岩田さんの卒業記念公演ということで、初年以来のゲストアーティストを迎えないホスト4人でのステージ。涙必至(もちろん笑いも欠かさない)の熱狂公演となった2日間のうち、最終日22日(日)の模様をお伝えする。



OPムービーに続きお馴染みの『おれパラップ』で2013年のおれパラが動き出す。『おれパラップ』は出演者がラップを歌いながら登場するおれパラ恒例の挨拶ソングで、この日は小野さんをトップに、森久保さん、鈴村さん、最後に岩田さんが順にステージへと姿を現した。小野さんが早速観客にコールを求めるなど早くもアクセル全開で盛り立てると、森久保さん、鈴村さんもそれに続く。そしてこの日の主役である岩田さんを、合図に合わせ会場全員でその名を呼んでステージへと迎え入れれば、大歓声の盛り上がりで開幕となった。

そして、「今日は“岩音”をびんびん鳴り響かせたいと思います!」(小野)、「元気、何倍にも膨らませようぜ!」(鈴村)、「今日は特別な1日になると思います。ここにいる全員でおれパラを作るよ!」(森久保)、「このみんなで最高に盛り上がっていこう!」(岩田)と改めて挨拶をした。


ここからは4人それぞれのショータイムの時間だ。トップバッター鈴村さんの1曲目はスタートダッシュにもってこいのポップロック『All right』。観客と一緒に「All right All right Stand up!」と熱唱し、「今日は死ぬほど声だしていこうぜ!」と会場の勢いをさらに加速させる。続く『あいうえおんがく』は軽快なリズムに合わせた手拍子を要求、大きな音楽の輪を作り出した。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

アッパーチューン2曲に続いてはバラードへ。『ロスト』『新しい音色』では時折切なさの滲む表情を覗かせながら熱い歌声を響かせた。MCでは、熱狂状態な観客の気合のすごさに満面の笑みで感謝を伝えた鈴村さん。今回で卒業となる岩田さんのことにも触れ、「岩田さんの糧になればいいと思って歌っています」と、これまで岩田さんが築いてきたものを受け継いでいきたいという胸の内を明かしてくれた。

しばしのしんみり空気を切り替えるように、「もっともっと声もらえますか!」と観客へ大声をかけると、ラストの『フルーツマン』へ突入。これは岩田さんの楽曲で、今回のステージではメンバーそれぞれが岩田さんの楽曲をカバーする構成をとっている。岩田さんへの思いがたんまりと詰まった2013年ならではのセットリストなのだ。曲の中盤からは岩田さんもステージへ登場して、大歓声が巻き起こる。中空へと突き上げたふたりの拳に合わせ「Hey! Hey!」の掛け声が響いた。楽しくて仕方がないといった笑顔満開を見せてくれた岩田さんと鈴村さん。最後はお決まりのジャンプで締めくくり、ステージを後にした。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート


2番手は森久保さんが登場。まずは『Rock-2-U』で熱くセクシーなステージで観客を魅了、観客は会場を一面ピンクのきらめきで染め上げ応える。MCでは、先の鈴村さんの「受け継いでいく」という言葉に感動したと話す森久保さん。「次に回さないといけないんじゃないかと思う」と、自身も岩田さんの卒業をしっかりと受け止めたようだ。そして卒業する岩田さんへうってつけという曲でステージを彩る。その楽曲は『Water in the tub』『Whenever I go』。観客は森久保さんの熱唱に聞き入り、熱気に満ちたステージが会場を圧倒する。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

続いては『CHAIN REACTION』。“連鎖反応”という意味を持つこのタイトルは、岩田さんの作ったおれパラの連鎖反応をつなげていきたいという森久保さん自身の気持ちと一致するそうで、一層の思いが募っている様子。間奏ではギターソロを鮮やかに決め、「ROCK ON !!!!」のコールが響く熱い1曲となった。

最後は岩田さんの楽曲『Show must go on』へ。この曲は岩田さんの依頼で森久保さんが作った曲。「岩田さんの潔さをリスペクトして書いた」と当時の思い出を振り返る。曲中には再度岩田さんが登場。サビ前からの掛け合いは観客の胸を熱くさせる。と同時に、岩田さんも感極まって涙で頬を濡らし始めてしまう。曲を歌いきろうと声を振り絞る姿に見る側もますます胸を締め付けられる。握手&ハグを交わした森久保さんとともに涙のにじむ笑顔でステージを降りていった。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート


次なるメンバーは、ダンサーメンバーのチームDを引き連れて登場の小野さん。今年も観客と一緒にダンスの楽しめる楽曲を繰り広げた。まずは『Kiss Kiss Kiss』を皮切りにダンスナンバーを3曲披露。『Kiss Kiss Kiss』は最新タイトルながら観客もサビの振りを見事に揃えて盛り上がる。タイトルにちなみ、小野さんからは間奏に投げキッスのサービスも。ますます歓声を高めると、MCを挟みムーディーな『熱烈ANSWER』、スピーディでノリの良い『叱咤純愛1,Chu,3!!』と続く。会場中を汗だくにし、大歓声の渦に包んだ。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

MCでは「みんなが踊ってくれて、笑顔なってくれて本当に嬉しいです」と感謝を伝えた小野さん。「チームDといるとすごく踊れている気になる(笑)」と仲間を評し、実は裏で森久保さんがダンスをマスターしていることも暴露。観客を大いに驚かせた。細かな部分も小野さんに教わっていたようで「吸収がハンパない!」と自身も驚かされたらしい。

ステージは疾走感爽やかな『モノクロの虹』をはさみ、最後は『君なしで』で締めくくりへ。もちろんここでも岩田さんが途中からステージへと現れ、小野さんとがっち固い握手を交わす。すると、先とは真逆に涙をこぼし始めたのは小野さん。岩田さんに抱きしめられ、なだめてもらいながらふたりの最後のおれパラステージを歌いきった。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート


岩田さんの出番を残し、ここで休憩タイムがてら『スタッフが選ぶ名珍場面集』が流される。岩田さんにどっきりをしかけるNAHA企画やおれパラテーマソング『Galaxy Bus』を作った時の様子を記録した《7時間の格闘》という懐かしい映像が映し出され、会場では歓声と爆笑が響くやすらぎの時間となった。

沸き起こったのはみっちゃんコール。大勢の惜しみない声援を受け、真っ赤に染まった会場へと岩田さんが登場、ラストステージがいざスタートする。景気づけの『グラスホッパー』、続けて『ジェミニ』を歌い、これまで以上の大歓声が会場を揺らす。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

最初のMCでは、「私、岩田光央の引退公演にようこそおいで下さいました」と笑いを交えての言葉で礼を述べる。その顔は幸せそのものだ。そして自身の曲をカバーしてくれたメンバーとのステージを振り返った。鈴村さんには弾けんばかりの笑顔を、森久保さんには止まらない涙を、小野さんには心配そうな顔で兄貴分の頼もしさを見せていた岩田さん。特に号泣となった森久保さんとのステージでは、森久保さんが語ってくれた当時の話が胸に突き刺さったという。大きな思いがにじむ三者三様のステージは、観客の心にも大きな思い出を作ってくれただろう。

『スーパーチャージ』で再度会場を盛り上げると、2回目のMCへ。卒業についての思いを語ってくれた。卒業発表から大量のメールを受け取ったという岩田さんは、読んでいく中で一緒に気持ちの整理がつけることができ、ファンの温かさに幸せを実感したという。そして今後のおれパラについて「おれパラは終わりません。野望があります。10周年を必ず迎えます!」と宣言。残るホスト3人の頼もしさが、岩田さんのそんな言葉を引き出したのだ。計画中の次なるステージ“おじパラ”の実現にもふれ、「手ぐすね引いて3人を待ってます」と笑わせる岩田さん。「みんなの声で勇気が出た!絶対にやるから、待ってろよ!」と力強い言葉と笑顔で声援に応えた。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

最後はお馴染みの曲でステージラストを飾る。突き抜けたお祭り騒ぎの1曲『ウェイクアップ ベイベェ ウェイクアップ』では、観客の大きな大きなコールがこだまする。コールあってこそとも言えるこの曲には、会場中の思いの丈が詰まっていた。ラストはおしりをふる振り付けが楽しい『かわいいオシリ』。途中からはメンバー3人もステージへと駆けつけ、そろって踊る姿にステージはますます賑わいを増す。最後を惜しみながらも、力の限り楽しむ最高のステージとなった。

全ての楽曲が終わると、すぐに岩田さんを呼ぶ観客の声がとどろく。この日一番の大歓声に、岩田さんはついに堪えてきた涙があふれ出す。3人に支えられるように囲まれて立った岩田さんは、言葉を絞り出すようにしてファンヘ繰り返し感謝を伝えていた。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート


観客のアンコールに応え、『Galaxy Bus』にのせて再登場した4人。惜しみない声援が次々とかかる。ファンが掲げた横断幕も見つけ、思いがけない出来事に再び目に涙をにじませていた岩田さん。あまりに泣き過ぎな自分を「もうボロボロです」と笑っていた。

ここでサプライズ企画!これまでに3回ゲスト出演してきた平川大輔さんからのビデオメッセージが届いた。「岩田さんの卒業を聞いて、どっきりかと正直驚いています」と寂しさの入り混じる笑みで思いを告げた平川さん。当時の岩田さんとの温かな思い出話を明かし、また次回参加への意欲を見せてくれた。

ビデオに続き、ステージには岩田さんのアーティスト写真を使用した4種類の等身大POPがステージに並べられる。どのPOPも来場者からの手書きメッセージで埋め尽くされており、そこには岩田さんへの愛がいっぱい。こちらは岩田さん宅に飾られるということで、「読むたびにまた涙を流しちゃう」と苦笑いを見せた。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

そしてついにアンコールもラストの曲『眠るものたちへ』。歌う前に鈴村さんから岩田さんへお願いが伝えられる。おれパラでは毎回アンコールで歌われ続けてきた曲だが、これは本来岩田さんの楽曲。今後も続くおれパラで歌い続けたいとの思いから「正式におれパラにいただけないでしょうか?」と鈴村さんが頭を下げたのだ。これに森久保さん、小野さんも続く。驚きから一瞬焦った様子の岩田さんだったが、自身の中ではすでにみんなのものだと思っており、むしろ喜ばしいと快諾を伝えた。

こうしてついに正式におれパラソングとなった『眠るものたちへ』。きっちりけじめをつけて、「俺の置き土産だぜ!」との岩田さんの声を合図にラストステージが始まった。この曲はコール&レスポンスで観客と一緒に歌うことのできるサビがあり、これまでこのサビをメンバーがその場でアレンジして繰り返し楽しんできた。今回もまたたくさんのコール&レスポンスで力いっぱい最後の時間を楽しむこととなった。

曲が終わった後もみっちゃんコールに沸く会場に、ステージを端から端まで巡って何度も礼を返して感謝を尽くす4人。いつの間にか涙を溢れさせていた岩田さんに、退場直前にはメンバーからその場で着用していたTシャツを脱いでプレゼントされ、さらに涙が溢れる。「これからもおれパラをよろしくお願いします!」と思いを伝えながら、4人はステージを後にした。

“ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート “ありがとうみっちゃん”大声援に満ちた岩田光央涙と笑いの卒業式!『おれパラ2103』最終日レポート

こうして終了した岩田さん卒業公演『おれパラ2013』。終了アナウンスの放送もかかった後も、BGMで流れていた『Galaxy Bus オルゴール ver.』に合わせ観客の熱唱が沸き起こった。それだけファンからの熱い思いが集まった公演となった。


『Original Entertainment Paradise 2013 ROCK ON !!!!』
12月22日(日)両国国技館 セットリスト


M1.おれパラップ
M2.All right
M3.あいうえおんがく
M4.ロスト
M5.新しい音色
M6.フルーツマン(カバー曲)
M7.Rock-2-U
M8.Water in the tub
M9.Whenever I go
M10.CHAIN REACTION
M11.Show must go on(カバー曲)
M12.Kiss Kiss Kiss
M13.熱烈ANSWER
M14.叱咤純愛1,Chu,3!!
M15.モノクロの虹
M16.君なしで(カバー曲)
M17.グラスホッパー
M18.ジェミニ
M19.スーパーチャージ
M20.ウェイクアップ ベイベェ ウェイクアップ
M21.かわいいオシリ

EN1.Galaxy Bus
EN2.眠るものたちへ


Original Entertainment Paradise 2012 PARADISE@GoGo!! LIVE Blu-ray Disc 東京両国国技館 (2013)

B00C79VREU Original Entertainment Paradise 2012 PARADISE@GoGo!! LIVE DVD 東京両国国技館

B00C79VRHC Original Entertainment Paradise 2012 PARADISE@GoGo!! LIVE Blu-ray Disc 神戸ワールド記念ホール

B00C79VQZU Original Entertainment Paradise 2012 PARADISE@GoGo!! LIVE DVD 神戸ワールド記念ホール

B00C79VRPE

▲ PAGETOP