ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース百地尚光を演じる檜山修之にインタビュー!新たな恋の華が咲き乱れる「下天の華 夢灯り」

百地尚光を演じる檜山修之にインタビュー!新たな恋の華が咲き乱れる「下天の華 夢灯り」 2014年1月 7日 18:00

百地尚光を演じる檜山修之にインタビュー!新たな恋の華が咲き乱れる「下天の華 夢灯り」

コーエーテクモゲームスから2月27日(木)発売予定のPSP用恋愛アドベンチャーゲーム「下天の華 夢灯り」。2013年3月に発売された「下天の華」の続編となる本作は、『本能寺の変』を乗り越えた先の新たなストーリー。前作に登場した恋愛対象キャラクター7名が全員登場するのに加えて、新たに黒田官兵衛と竹中半兵衛も登場!それぞれのキャラクターとの夢の続きが甘く描かれる。

その収録現場より、百地尚光を演じる檜山修之さんのインタビューをお届けする。



――収録を終えた感想をお願いします。

檜山:百地は前回演じて楽しかったので、今回もやれたのは嬉しさひとしおでした。でも、前作でのほたる(主人公)に対する思いを一度リセットしなきゃいけないのが、こういう続編では難しいところです(笑)。普通の仕事とは違う入り方をするので、面白い作業だなと思いますが。


――リセットして演じたとのことですが、キャラクターを掴みづらかったでしょうか?

檜山:掴みづらいということはないです。演じる上では、百地ではないキャラのルートの延長線と捉えてスタートしたつもりなんです。そうでないと、百地とハッピーエンドを迎えたのにまだ続くのは、「別れたんかい!?」となるわけで(笑)。一度ゴールテープを切ったのを戻すのは複雑な部分ではありますが、それをやるのが我々の仕事の醍醐味でもありますから面白かったです。


百地尚光を演じる檜山修之にインタビュー!新たな恋の華が咲き乱れる「下天の華 夢灯り」

――百地尚光の魅力を改めて教えてください。

檜山:他のキャラクターよりも年齢が上で、主人公からするとひと世代上なので、前作では“渋さ”があったと思うんです。今回演じてみて、さらに渋みが増している気がします。「より渋いぞ!このおっさん」というのが魅力です(笑)。


――百地尚光と檜山さんとの共通点はありますか?

檜山:僕は渋くない、全く大人になりきれていない人間ですからね(笑)。だから、百地のようでありたいですし、いい意味で中年の魅力が出るように演じたつもりです。ラストシーンも前回よりさらに大人になっていると思います。


――自分も同じ行動をしたり、同じように言ったりすると思ったことはありますか?

檜山:あまりにも年が離れている若い子から言い寄られてきたら、「ちょっと待て」とやると思いますね(笑)。「年齢的にもっとふさわしいやついるだろ!」と言うことは出来るかなと。百地とは表現方法が全然違うと思いますけど(笑)。


――今作には有能な軍師2人が登場します。もし檜山さんが誰かを従えられるとしたら誰がいいですか?

檜山:この作品のキャラで言うならば、明智光秀ですね。


――光秀には何をしてもらいたいですか?

檜山:従えさせるというよりも、逆に僕が光秀に仕えていると装って、裏で操る黒幕になりたいですね。光秀を持ち上げて天下を取らせて、いい思いをさせているように見えて、実は僕が一番美味しい思いをしているという(笑)。


――今後、百地ともっと絡ませてみたいキャラクターはいますか?

檜山:前作では、(織田)信行に雇われていたので彼と結構絡みましたが、他のキャラとは絡みが少なかったのでどのキャラとの絡みも嬉しいです。その中であえて選ぶなら、信長です。信長は伊賀攻めをしたぐらい忍びが嫌いでしたからね。“忍び”と“忍び嫌い”とのやり取りは面白いと思います。


――軍師といえば、策略を巡らせたり駆け引きをするイメージがありますが、檜山さんは恋や仕事などで、駆け引きをすることはありますか?

檜山:上手くやれるものならやりたいですけど、たぶん出来ませんね(笑)。


――駆け引きとは少し違いますが、サプライズをすることはありますか?

檜山:サプライズもしないですね。やられるのも好きじゃないので、ストレートな方が多いです。


――考えるよりも行動するタイプなのでしょうか。

檜山:もちろん何も考えてないわけではないですが、「最終的にはやらなきゃいけないから」と考えるタイプです。そんなに頭が良くないと自分で思っているので(笑)。


――最後に、メッセージをお願いします。

檜山:こんなに短期間で第2弾をやれるとは正直思っていませんでした。これも皆さんの熱い応援の賜物です。本当にありがとうございます。新キャラが2人出てきますし、本能寺の変で信長が死ななかった新しい歴史の扉を開いた世界を、彼らがどう生きていくのか僕自身も興味があります。恋愛もキャラの生き様も両方楽しんでいただけたらと思います。その中でも僕が演じた百地を深く愛していただければ嬉しいです。おそらくみんな自分のキャラが一番と思っているでしょうけど、僕は百地を一番推していきますので(笑)、よろしくお願いします。


(取材・文・撮影:千葉研一)


■「下天の華 夢灯り」キャストインタビュー

徳川家康役・小野賢章さん
明智光秀役・野島健児さん
森蘭丸役・島﨑信長さん
黒田官兵衛役・興津和幸さん
竹中半兵衛役・柿原徹也さん
織田信行役・岡本寛志さん
百地尚光役・檜山修之さん
・羽柴秀吉役・森久保祥太郎さん 近日掲載!
・織田信長役・松風雅也さん 近日掲載!



■PSP「下天の華 夢灯り」

【発売日】2014年2月27日(木)予定
【価格】
通常版:6,090円(税込)
ダウンロード版:5,400円(税込)
トレジャーBOX:13,440円(税込)

「下天の華&下天の華 夢灯り ツインパック」も同時発売予定!


下天の華 夢灯り (通常版)

B00E4GNSQO 下天の華 夢灯り トレジャーBOX

B00E4GPBPA 下天の華 & 下天の華 夢灯り ツインパック

B00GNTK4L2 下天の華

B00AT8374E 下天の華(1) (KCx ARIA)

4063806618

▲ PAGETOP