ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース下野紘が恋愛経験のないウブな男を熱演!自身の失敗談も披露!シチュエーションCD「初心カレ」インタビュー

下野紘が恋愛経験のないウブな男を熱演!自身の失敗談も披露!シチュエーションCD「初心カレ」インタビュー 2013年12月24日 12:00

下野紘さん

ウブなカレの気持ちをのぞきつつ、恋する乙女全開でキュンキュンできるシチュエーションCD「初心カレ」が、12月25日(水)に発売される。貴女のお相手をする、初心者マークがついちゃうぐらい恋愛初体験の五十嵐大樹を演じるのは下野紘さん。その収録を終えた下野さんに、収録の感想やキャラクターの印象、ご自身の過去のウブな失敗談などをお聞きしました。



——収録を終えた感想をお願いします。

下野:恋愛経験が全くない五十嵐大樹というキャラクターをやらせていただきました。結構コミカルに演じたので楽しかったんですが、やり過ぎたかなと思っている部分もあります(笑)。


——ウブな恋愛初心者という大樹をどのように演じたのでしょうか?

下野:大樹は“大学デビュー”ということで、今まで恋愛経験のないところを見せないようにしているのですが、ほぼ丸見えなんですよ。それをどういう風に出そうかと思いつつ、息づかいを気にしたり、突然大きな声を出してみたりと、色々と遊ばせてももらいました。


——印象に残っているシーンを教えてください。

下野:今作はヒロイン(聴いている方)が喋っているところでの僕のアドリブが結構あるので、その辺りを細かく聴いて欲しいですね。あとは全体の雰囲気でしょうか。


——誰でもウブな頃はありますが、下野さんのウブな頃の恥ずかしかった思い出をお聞かせください。

下野:事務所に入るオーディションを受けるためのデモテープ収録で失敗した思い出があります。舞台の基本的な芝居しかやってこなかったので、スタジオで録音する考えが一切なく、自宅でマイクを使って録音したんですよ。でも、どんなに大きな声を出してもボリュームを大きくして録っても、再生すると声が小さくなってしまい、結局、封筒に「音声が小さくて聞き取りづらいかもしれませんが、よろしくお願いします」と書いた紙を同封して送りました。後で調べたら、マイク側のボリュームを全然上げていなかったのが原因だと分かり、「何やってんだ……」と思ったことがありましたね。


——下野さんにとって、ウブの良さとは何だと思いますか?

下野:“純粋さ”ですかね。自分が精神的に少し大人になってきたからか、キャストでもスタッフでも何をどうしたら分からないウブな子がいると、手を差し伸べたくなったりします。


——大樹のような男性が身近にいたら、正直どう思いますか?

下野:シナリオを読んで、キャラクターとしては可愛いところがあるじゃないかと思った部分もあるんですが、多分実際にいたら酒を飲みながらすごく説教すると思います(笑)。「そんな変に格好をつけたり、背伸びしたって仕方ないんだよ!」って。


——下野さんは大樹のようにデートなどで考えていた通りにいかなくて失敗した経験はありますか?

下野:昔はありました。一般的にこうだろうと思って失敗することが多かったです。例えば、クリスマスに某テーマパークに行くと幸せな気分になると思って行ってみたら、バーゲンよりも人ごみがひどかったとか、冬に夜景を見に行ったら想像以上に寒かったとか(笑)。こじゃれたレストランを探したら高かったり、並んでいたり、その日はやっていなかったりと、いっぱいありました。


——なんだかんだ言って、実感のこもった演技が出来たんですね。

下野:そうですね(苦笑)。何事もマニュアル通りに上手くいくわけじゃないので、臨機応変に感じろ!ですよ(笑)。女性相手じゃなくても、例えばサプライズをやろうとして最初からバレバレだったこともあります。ビックリしないので何でだろう?と思ったら、「バレてたよ。というか、○○さんが言ってたよ」って(笑)。


——大樹は自分でリードしようとして裏目に出ていますが、下野さんは女性をリードしたいタイプですか?それともリードしてもらいたいタイプですか?

下野:基本的には自分がリードしたいタイプです。でも、“これが好きだから”だけで動いちゃうと、違う気分の日もあるじゃないですか。なので「どこに行きたい?」だけは必ず聞きますね。僕は揚げ物がすごく好きだけど、蕎麦が食べたい日もあるし。リードするというより、一緒に考えると思います。


——大樹と比べるとだいぶ大人な意見ですね。

下野:大人ですよ!確かに似ている部分はあるかもしれませんよ!!冬のデートは失敗しましたし、帰り時間を考えずに満員電車に乗っちゃって大変だったり、いっぱいありましたよ!(笑)


——大樹はこれからどんな大人になっていくと思いますか?

下野:最後には落ち着いて、背伸びをしないように考えていたので、これからは大丈夫だと思います。彼を許してくれた彼女(貴女)ですから。


——その彼女についてはどういう印象を持ちましたか?

下野:正直に言うと、結構な“手だれ”だと思います(笑)。大樹がいろいろやらかしているにも関わらず好意的だし、それを考えると年齢は20代後半かそれ以上、これまで壮絶な人生を送ってきた女性な気がします。恋愛経験も豊富だと思うんですよ。


——最初は草食系なイメージなんですけどね。

下野:ゆるふわ系の服を着ていますけど、それもたぶん処世術でしょうね。他の女の子たちに嫌われない手段というか、可愛らし過ぎず、女の子っぽさも残しつつという考えだと思います。


——ちなみに、下野さんはそういう女性は好きですか?

下野:喋ってみないと分からないです。僕は声フェチなところもあるので、自分の好きな声かどうかも重要視しますし。あとは、やり方次第ですよね。恋愛経験値がどんなに高くてもスマートにくるのか、強引な感じでくるのか。


——最後の方はすごかったです。

下野:それは大樹が弱いので仕方ないと思います。大樹がレベル1なら、彼女は少なくともレベル25はあります。太刀打ち出来ないですよ。将来、かかあ天下で尻に敷かれるのは決定です(笑)。


——大樹はもちろんのこと、ヒロインも個性溢れる作品になっているんですね。

下野:コメディ映画に出てくるようなリアリティをイメージして演じましたので、ぜひ笑って聴いてください。引かれちゃうと「やっちまった」となるので(笑)。もちろん、告白シーンはシリアスに演じていますが、それ以外はかなりコミカルですので、その辺りも楽しんでいただければと思います。


——最後に、メッセージをお願いします。

下野:「初心カレ」ということで、初めてづくしの男の子が頑張っている姿を面白おかしく演じさせていただきました。聴いて笑えるシーンも出てきますので、色々な要素が詰め込まれているこの作品をぜひ聴いていただけたらなと思います。よろしくお願いします。


(取材・文:千葉研一)


■初心カレ 大学デビュー男子~大樹編~
初心カレ 大学デビュー男子~大樹編~

【発売日】2013年12月25日(水)
【価格】2,100円(税込)
【品番】XFCD-00010
【キャスト】五十嵐大樹:下野紘
【シナリオ】吉神あや
【イラスト】和田ベコ


<ストーリー>
大樹はハタチになったばかりの大学2年生。無事大学デビューも成功し、あとは彼女を作るだけ!と思っていたところに 合コンのお誘いが!
そこで出会った貴女に惚れて、一生懸命アタックを開始するが......実は大樹は恋愛初心者!
女の子とのデートの仕方もわからないウブな男の子が、悩んだり落ち込んだりしながらの手探りする恋の行方はいかに――!?


©TEAM Entertainment Inc./XROSS FLEUR


初心カレ

B00GOEACOA

▲ PAGETOP