ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース竹本英史がゲストに登場!小野坂昌也、安元洋貴出演の「パラ☆ラボ 放送局」公開録音イベントレポート

竹本英史がゲストに登場!小野坂昌也、安元洋貴出演の「パラ☆ラボ 放送局」公開録音イベントレポート 2013年12月 5日 12:50


アニメイトTVにて好評配信中のラジオ「パラ☆ラボ 放送局 二学期」。小野坂昌也さんと安元洋貴さんがパーソナリティを務める本ラジオの「パラ☆ラボ放送局 DJCD-ROM 過去配信分 第4巻」が、11月27日(水)に発売となった。

このDJCD-ROMの発売を記念して、11月10日(日)に東京・東商ホールにて開催された公開録音イベントの、オフィシャルイベントレポートが到着したので紹介する。出演は、パーソナリティの小野坂さんと安元さん、ゲストとして竹本英史さん。


●変身した小野坂さんと安元さんに会場は騒然!


「パラ☆ラボ放送局」とは人気コミック「パラ★ラボ」(秋月カイネ原作)とコラボレーションしたリスナー参加型ラジオ番組で、今年4年目に突入!パーソナリティは「パラ★ラボ」で七楽成(なならき)学園理事長の神楽坂・A・金之助役を演じる小野坂さんと、同学園教師・五ケ瀬皇貴役の安元さん。そして今回のゲストは同作で消費者金融業者の金竹利役を演じる竹本さん。

約1年ぶりの公開録音になるが、前回は開演直後に小野坂さんと安元さんが黒マントを羽織って登場し、ステージで衣装を公開する形だったが、影ナレで安元さんが「今回は隠しきれないので、マントを付けずに袖から出てくる、出オチシステムです」と言うと会場から「え~!」と驚きの声。しかし安元さんがステージに姿を現した瞬間、その何十倍もの驚きの声と拍手が。

なんとレインボーのアフロヘア、顔は黒塗りで黒サングラス、NBAのシカゴ・ブルズのユニフォーム姿に。「そりゃざわつくよな」と自身も納得。悪童のニックネームを持つプロバスケット選手・デニス・ロッドマン(「スラムダンク」のキャラのモデルにもなった選手!?)を意識しているそう。「前回の公録の紹介記事で、僕の顔にモザイクがかかさっていたけど、今回はヘタすりゃフルモザイク(笑)。だから帰って友達に聞かれでも『黒光りしてた』くらいにしておいて」。

一方、番組で“ティッシュ”の愛称で呼ばれる小野坂さんは、会場の「ティッシュ~!」コールで呼び込まれると黒いヘルメットと腕やひじに防具をした小野坂さんがローラースケートでさっそうと登場……とはいかず、おっかなびっくりでやってきた。しかも止まれず、反対側の袖まで。ステージ中央にたどり着いただけで会場から拍手。安元さんに「似合いますね」と毒舌を吐くが、安元さんに押されるとスケートが動き出し、「ああ~」。

今回の2人の衣装はリスナーさんのリクエストに応えてのことで、安元さんには「バスケット選手で」というリクエストだったらしいが、小野坂さんがチョイスした結果とのこと。たぶん、リスナーさんが見たかったのはあの人気作品のイメージだったのでは?



●ゲストの竹本さんはふたりに挟まれやりにくそうながらも即興ラップを披露!


会場が落ち着かない中、安元さんが進行しようと「では、みんなで心を一つにする前に、恒例の『七楽成学園校歌』を合唱しましょう!」と呼びかけた。全員が起立して、スクリーンに映る歌詞を見ながら校歌斉唱。歌詞は安元さんいわく「電波ソング」を高らかに歌う小野坂さんとお客さんという異様な光景。そして全員でタイトルコールをして、やっと「始めま~す!」とここでやっと公開録音の本編がスタート。時間にして10分ちょっとだったがあまりにも強烈過ぎるプロローグ。

4回目の公録だが今まで来たことがある人?と尋ね、客席を見ると「少くねぇ!」、ゲストに誰が来ると質問して「竹本さん!」と正解が返ってくると「ボケろ!」と小野坂節早くも全開!立っているとローラースケートで不安定だったが座って安心したからか?

せっかくボケてくれても「こんなメリットがない番組来ないよ!こんな番組でもメリットがあるヤツが来ます。そのくらい声優としては下のヤツが!」と失礼なゲスト紹介で竹本さん入場。「僕が呼ばれる時は置鮎さんか神谷君の代わりだから」。竹本さんがイジられる、いつもの掛け合いから始まったが、竹本さんが「安元君、怖いね」とポツリ。

ボビー・オロゴンさんのモノマネまで披露する安元さんはノリノリ。でも「サングラスで台本が何にも見えない!」と途中で普段かけているメガネに戻した。黒塗りの顔と白い肌、そしてメガネのギャップがすごい。左にそんな安元さん、右には見えないテーブル下で、ローラースケートでガツガツ足を叩く小野坂さんに挟まれた竹本さん。会場のお客さんからのアンケートを紹介する「お便りコーナー」で、安元さんが読んでも「全然、頭に入ってこないよ!だから君達の間に入るのが嫌だったんだ」と訴える。ごもっとも(笑)。でも竹本さんも即興ラップ連発で楽しそう。

会場のお便りの内容は猫のペットの名前を付けてくださいというお願いから竹本さんの美髪の秘訣、そして小野坂さん好みの下世話な相談などなど。相談にのる体で、女性客へ嬉々として熱弁したり、セクハラ発言を繰り返していた小野坂さんに、竹本さんも楽しそうにのっかる。安元さんが最後の良心か?しかし会場に13歳と14歳のお客さんがいることを知ると素に戻り、急にテンションダウン。その後の「冬にオススメの鍋は?」という普通の質問にホッとしました。



●お客さんと同級生キャラ作りも小野坂さんがおぼえる展開に!?


次も公録恒例企画「パラ☆ラボ放送局劇場」。番組スタッフKさん作画・脚本・監督の紙芝居風の「世界の王」。舞台左手に3本並んだマイクススタンドに立ち、世界の王役を小野坂さん、従者が安元さん、そして(笑)の国から王様の従者になりたいとやってきたタケモト役を竹本さんが演じる。「世界の王となる前に…従者志望者・バトル編」のタイトルの後、スクリーンには子供の落書きのような絵、朗読はシュール過ぎるストーリーと会場は不思議な世界観に。

3つ目のコーナー「七楽成学園 クラスメイト制作委員会」は会場のお客さんと「パラ★ラボ」の舞台になっている七楽成学園の生徒、クラスメイトを考えようという企画。アイデアが浮かんだお客さんに挙手してもらい、設定を発表してもらう形。安元さんがマイクを持って客席に降りて、直接聞きに行くと、まじかで見て、その顔の黒さに驚くお客さん達。照明が当たらない、ちょっと暗い場所に行くと七色の髪と赤いユニフォームだけが見えるお化けみたい。竹本さんも客席まで行った後、「ヤングさんも降りてみれば?」というフリに、スタッフに連れられて降りる小野坂さん。

会場の中央の通路にたどり着いたが最前列に向かって傾斜しているため、つかんでいた客席のシートから手を放すと、速いスピードで滑っていく小野坂さん。思わず「わあっ!」と声を上げる。こんなにおびえた小野坂さんの顔は初めてかも。竹本さんいわく「おじいちゃん感がハンパない」お客さんから寄せられた設定はお友達の実話が多く、ホワイトボードに書きためていったが結局、適当にコーナーは終わった感じ(笑)。



●来年1月には3番組合同イベントも!!


本編終了後はモバイル版「パラ☆ラボ放送局 放課後」の収録。「ここから下ネタ言ってもいいんだよね」と羽根を伸ばそうとする小野坂さんに、会場から「13歳いるよ!」の声がかかる。すかさず「関係ねぇよ!」。お客さんにエッチなセリフを連呼させたり、ここでストレスを一気に解消。最後は「パラ☆ラボ放送局」のDJCD第4巻で小野坂さんと安元さんがやった陶芸で作った動物を抽選でプレゼントしてイベントは終了。でも最後まで小野坂さんがローラースケートをはずさなかったのはなぜ?

次回の「パラ☆ラボ放送局」のイベントは、「小野坂・小西のO+K」と「やすこにっ」との3番組共同イベントで名古屋に初上陸!3人ともまた会える。2014年1月19日、名古屋市公会堂へGO!



■パラ☆ラボ 放送局 二学期

【パーソナリティ】小野坂昌也、安元洋貴
【配信先】アニメイトTV
【配信日】毎月第3週火曜日※無料配信、アーカイブ1週間保存(配信開始日から1週間保存)


DJCD パラ☆ラボ放送局 第4巻

B00CWGYCFY パラ☆ラボ放送局 DJCD-ROM 過去配信分 第4巻

B00DVH4FUU DJCD パラ☆ラボ放送局 第3巻

B006WC0EZ6 パラ☆ラボ放送局 DJCD-ROM 過去配信分 第3巻

B008UKV57O パラ☆ラボ放送局 DJCD-ROM 過去配信分 第2巻

B007HJ0RSM

▲ PAGETOP