ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送 2013年11月27日 12:00

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

May'nさんと鷲崎健さんがMCを務め、“アニメ”や“ゲーム”の電波(最新情報)を秘密裏にキャッチしていくニコニコ生放送の諜報系番組「電波諜報局」(隔週木曜日20時より放送)。10月31日(木)放送には、ゲストとして11月6日(水)にTVアニメ「東京レイヴンズ」のオープニングテーマ「X-encounter」を発売した黒崎真音さんが登場。さらに、PS Vita/ニンテンドー3DS用ソフト「エクステトラ」を紹介した。



今回の“鉄の掟”はハロウィンバージョンでお届けということで、May'nさんが「ハッピー!」「ハロウィン!」と声を求めると、会場から「ハッピーバースデー!」の声が。そして、10月が誕生日の鷲崎さんとMay'nさんの誕生日をお祝いするために、Machicoさんがバースデーケーキを持って登場した。サプライズに喜びをみせたMay'nと鷲崎さんが、今年の抱負を語り番組スタート。

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送 黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

『特別諜報局員からの報告』前半は、スタジオ最前線の代表取締役社長・近藤敏信さんが登場してPS Vita用/3DS用ソフト「エクステトラ」を紹介。このゲームにおいて世界を救う唯一の手段は“キス”ということで、May'nさんがおもいっきり恥ずかしがるそぶりをしたり、キスだらけの内容に対して鷲崎さんがツッコミを入れる場面も。ぜひキスをして世界を救ってみてはいかがだろうか。

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

『局長からの指令』では、Machicoさんが10月26日(土)に秋葉原で開催されたアニソン&ゲーソンLIVE『Anisong Ichiban!!』をレポート。木戸衣吹さん、田所あずささん、山崎エリイさん、大橋彩香さん、Machicoさんが出演した今回のライブ。第1回目とは思えないほどの盛り上がりで、今後毎月開催されるとのこと。次回は11月30日(土)AKIBAカルチャーズ劇場にて開催される。

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送 黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

いつものコントはハロウィンにちなんだもの。先ほどのゲームが影響したのか、鷲崎さんはキスネタを挟んで笑いを誘う。ハロウィンだけに「オカシ」な勘違いというオチで、鷲崎さんは大やけどを負っていた。


『特別諜報局員からの報告』後半は、黒崎さんが登場。プロフィール紹介では趣味の宝塚歌劇の話に。宝塚には今年からハマったそうで、きっかけは「ベルサイユのばらが好きなら宝塚を見に行ったら?」と勧められたことらしい。一問一答ではライブ中にファスナーが壊れたハプニングや、『X-encounter』の作曲・編曲を担当した高瀬一矢さんとレコーディング時にライトセイバーで遊んだ思い出などを語った。

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送 黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

告知をかけたゲームは『ハロウィン特別企画!何になりきってるか当てましょう!!』。いわゆるジェスチャーゲームで、自信満々の黒崎さんは特徴を捉えたポーズや動きを披露し、正解の連続となった。リハでは「医者」のジェスチャーが全く伝わらなかったようで、それを改めて披露してみると、確かにこちらは分かりにくい動き。ちなみに、May'nさんもジェスチャーをしてみたが、演技過剰で笑いが起こっていた。こうしてゲットした時間で無事に告知して番組は終了した。

黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送 黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送


■放送終了後インタビュー
黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

――番組の感想をお願いします。

黒崎:鷲崎さんもMay'nさんも最近会う機会が多かったので、今までよりもラフにお話出来て楽しかったです。曲の話よりも趣味の話が目立ったような気もしましたが(笑)、楽しんでもらえていたら嬉しいです。


――ハロウィン特別企画のジェスチャーゲームは、やってみていかがでしたか?

黒崎:リハでは難しいなと思ったんですが、本番ではお題が分かりやすいのが多くてまさかの全問正解でした。とにかく(回答した)May'nさんの勘がすごかったですね。レベルが上がったら演技力が全くついていかずに難しそうですが、面白かったです。


――リハでやったという「医者」は分からなかったですよ。

黒崎:先日行った病院ではお医者さんの手の動きが早くて、そのイメージでやったんですよ(笑)。初めてお医者さんの真似をしたので難しかったです。


――11月6日(水)発売の「X-encounter」はどのような内容でしょうか?

黒崎:TVアニメ「東京レイヴンズ」のオープニングテーマで、I'veの高瀬一矢さんに作曲していただいたデジタルロックサウンドになっています。私はMELLさんやKOTOKOさん、川田まみさんの楽曲をデビュー前から聴いたりカラオケで歌ったりしていて、高瀬さんの爽快感のある楽曲が好きだったのですごく嬉しかったです。何度聴いてもイントロから耳が気持ち良くなる爽快感のある曲なので、たくさん聴いてもえたらなと思います。


――作詞は黒崎さんが担当されていますね。

黒崎:主人公である(土御門)春虎くんの「やってみなきゃわからないけど、とりあえずやってみる」という精神は、色々な未来に繋がっていくし、私も忘れたくない感情なんです。だから、それを歌詞にした前向きな内容になっています。タイトルの『X-encounter』も、小さな一歩が自分の知らない未来に繋がっていくということで、『X』が未知、『encounter』が遭遇という意味でつけました。


――最近では、そのような未知との遭遇、新たな出会いは何かありましたか?

黒崎:音楽的なことでは、今回の楽曲は初めての出会いでした。音数が多くテンポが早くて、ライブでどう表現したらいいか悩んだんですよ。でも、音作りをしていき実際に歌ってみたら、やればやるほど肌に馴染むものがつかめてきて、最初は不安でも体当たりでやってみれば色々変わるなと思いました。音楽以外でも、私は知らないことを調べることが好きで、毎日が興味で溢れると楽しくなっていくなと感じています。


――趣味の宝塚も、実際に知ってみたらハマったとわけですからね。

黒崎:そうなんですよ。宝塚がきっかけで、少しでも気になっていることはやってみた方がいいと実感したので、その後は色々なことを見聞きしたりしています。


黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送

――アニメのオープニングとして、絵がついた映像を見た時はいかがでしたか?

黒崎:すごく感動しました。それまで聴いていた『X-encounter』が形を変えて大きくなったというか、ある意味これが完成系なのかもと思いました。キャラクターはアクティブに動いているし、文字も生きているような感じで、家で見ていて感動でした。


――そういうのはアニメソングの醍醐味ですよね。

黒崎:本当にそうです。この体験はアニソンならではなので、アニメと楽曲が一体化するのを初めて見るのはすごく特別な瞬間です。


――カップリングの『unchain.』も黒崎さんが作詞されていますが、こちらはどのような曲でしょうか?

黒崎:デジタルサウンドとロックを融合した、すごく派手な曲です。ギターのリフもあり、シンセもバリバリ響いていて、最初から最後まで聴き応えがあります。歌詞は、恋愛でも仕事でもそうなのですが、過去を引きずって縛られている鎖を断ち切って未来に向かって進んでいくドラマを描きたいと思って書きました。


――初回限定盤には4月のライブ映像が収録されていますね。

黒崎:このライブでは、今まで歌わせていただいたアニメソングや、アルバムオリジナル曲も披露しています。デビューして3年間の中で気に入った曲があれば、そのライブバージョンを楽しんでいただけると思います。ダンスで魅せるシーンやバラードもあり、バリエーション豊かな表情が詰まっています。まだ黒崎真音のライブを見たことのない人も、これを見てぜひライブに来ていただけたら嬉しいです。


――今後もライブの予定が盛りだくさんですが、やはりライブは好きですか?

黒崎:好きですね。緊張したり悩んだりはしますが、実際に歌ってみんなの声を聞くのは私にとって特別な、なくてはならないものです。私が宝塚を見て感動するように、私のステージで感動してもらえるようどんどんパワーアップして頑張りたいと思います。


――この冬に“未知との遭遇”として新たにチャレンジしたいことはありますか?

黒崎:ずっとゲームを作りたいと思っているんですよ。乙女ゲームが本当に大好きで、小さい頃からやっていたので、そのお話を作ってみたいです。12月になれば少し落ち着くので、オリジナルストーリーを少しずつ作りたいなと思います。


――最後に、メッセージをお願いします。

黒崎:6枚目のシングル「X-encounter」は、黒崎真音が新しいことにチャレンジしているのを見ていただける1枚になっています。「東京レイヴンズ」も初のアニメ化ですし、オープニングから元気や勇気の出る、この曲を聴くと作品の思い出が蘇るようになれたらいいなと思って作りました。どこを取っても飽きずに聴いてもらえる曲になりましたので、ぜひたくさん聴いてください。


黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送 黒崎真音がジェスチャーゲームに挑戦!放送後インタビューも!「電波諜報局」10月31日放送


(取材・文:千葉研一)


■電波諜報局<次回放送>

【放送日時】2013年11月28日(木)20:00~
【MC】May'n、鷲崎健
【ゲスト】種田梨沙
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv157743576



X-encounter (初回限定盤 CD+Blu-ray) TVアニメ「東京レイヴンズ」オープニングテーマ

B00EPE1JAW X-encounter (初回限定盤 CD+DVD) TVアニメ「東京レイヴンズ」オープニングテーマ

B00EPE1JAC X-encounter (通常盤) TVアニメ「東京レイヴンズ」オープニングテーマ

B00EPE1JDE エクステトラ

B00CYA732W エクステトラ

B00D11G4YG

▲ PAGETOP