ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース夏峰いろは、綾部結花にインタビュー!<前編>!Webラジオ「恋がさくころ桜どき さくらじ」配信開始!

夏峰いろは、綾部結花にインタビュー!<前編>!Webラジオ「恋がさくころ桜どき さくらじ」配信開始! 2013年11月 7日 18:00


PCゲームメーカー「ぱれっと」から2014年4月25日(金)発売予定のゲーム「恋がさくころ桜どき」。このゲームのラジオ番組「恋がさくころ桜どき さくらじ」がインターネットラジオステーション<音泉>で、11月7日(木)より配信スタートした。

この番組では、「恋がさくころ桜どき」で美颯学園の生徒会長・神鳳杏役を演じる夏峰いろはさんと、主人公・悠真の幼なじみで神社の巫女・一ノ瀬美桜役の綾部結花さんのふたりがパーソナリティを担当。恋に悩む皆さんを時には応援し、時には相談にのったりしながら、恋が咲くころ桜どきを盛り上げていく。

今回、この番組パーソナリティのおふたりにインタビューを実施。前後編に分けてお伝えする。前編では、番組スタートの意気込みを中心にうかがってみた。

後編の掲載は11月14日(木)を予定しております


■夏峰いろはさん、綾部結花さんインタビュー

――いよいよ番組が始まりましたが、収録を終えた今のお気持ちをお願い致します。

夏峰:最初はどうなることやらと思っていた相方が、こんなに面白いものを持っていると思っていませんでした。
普通に人前でしゃべるのでも緊張するのに、ラジオを通して皆さんに色々お伝えするということで、プレッシャーを感じるかと思い、人に対して緊張してしまう子がラジオをするとどのくらい緊張しちゃうのかなと考えていたのですが、(綾部は)いいキャラしてます!とても面白いですね。

綾部:すごく緊張して収録に臨んだんですが、ラジオの経験が今までなかったので話がつたなくて(いろはさんに)たくさん引っ張っていただきました。
(いろはさんと)少しずつ打ち解けていけたらいいなと思うし、トークの度に緊張してはいられないので、これからも頑張りたいですね。
楽しいラジオにもしたいですし、作品自体の良さも伝えていきたいので、私自身成長していけるようにこの番組を通じて頑張っていきたいです。


――お互いの印象をお願いします。今後上手くやっていけそうですか?

夏峰:90度くらい変わりましたね(笑)。話すのが苦手そうな子が、話を始めるとこんなに面白いんだなと思いました。喋ることが苦手なだけで、思ってること自体が面白いので、それを引き出せたなら、一緒に喋っている甲斐があるんじゃないでしょうか。最終的にこれが180度までいくかどうかはリスナーさんにかかっているかな?(笑)

綾部:リスナーさんのドS心にかかっているわけですか?

夏峰:綾部を成長させるか、それとも「そのままの綾部でいいんだよ」っていう優しいリスナーさんもいるかもよ?

綾部:その方向がいいです!(笑)。変わりたくもあるんですが……。
(いろはさんには)最初からずっと「着いていきます!」ってスタンスで来てしまったので、変わることを期待してもらえるなら、番組内で徐々に成長してその期待に応えて90度から180度変われるように頑張りたいです!


――この番組には、『メールをよむころお便りどき』『さくっとメール』『溺愛クラッシャー神鳳杏!』『一之瀬美桜の男性克服レッスン!』『賞金首になりた〜い!』『恋なんてするもんじゃねぇよ、なんて言わないよ絶対』『懸賞金ゲット!さくらじVSほめらじ』など、様々なコーナーがありますが、印象をお願いします。

夏峰:タイトルに「恋」という言葉があり、恋に関するコーナーが多いです。主人公の悠真くんみたいに「恋なんて……」と思っているリスナーや、「2次元だけでいいです」というリスナーもいるかと思うので、出来るだけ私達のリアルな気持ちをお伝えしていけたらと思います。
その結果、リスナーさんが恋をしたくなるか、恋を打ち砕くことになるかは話の転がり次第ですが、恋愛関係のコーナーはどれも最終的にプラス方向にもっていけたらいいなと思います。

綾部:一緒に悩んで考えて、前を向けるように……、私も前を向きたい!(笑)

夏峰:そんな、前を向いているあなたを私も見たい(笑)。あと『懸賞金ゲット!さくらじVSほめらじ』という対決コーナーもあるね。

綾部:「ほめらじ」の方達には、今度お会いするんですが、見事勝って、賞金21,000円を手に入れて、ゲストを呼んだり、原画の和泉つばす先生に美桜ちゃんを描いてもらいたいです(笑)。やるからには勝ちたいですね。


――懸賞金をかけてのコーナーということで、「ほめらじ」パーソナリティの風音さんと荻原秀樹さんへ宣戦布告をお願いします。

夏峰:荻原さん、こっちの方も楽しいよ!荻原さんは「ほめらじ」サイドでありながらも、中立なコメントをくれたので、こっちに来ていただけたらいいなと(笑)。
対決の時に一度そういう場面があってもいいんじゃないでしょうか(笑)。

綾部:恐縮なんですが、勝ちたいなと思うので、こちらも斧を用意して対決に備えたいなと思います(笑)。頑張ります!



■「恋がさくころ桜どき さくらじ」

【配信日】2013年11月7日(木)~※毎週木曜日更新
【パーソナリティ】夏峰いろは(神鳳杏役)、綾部結花(一ノ瀬美桜役)
【番組ページ】http://onsen.ag/program/sakusaku/
【コーナー】
▼メールをよむころお便りどき
いわゆる普通のお便りのコーナー。

▼さくっとメール
さくっと紹介できる一行メールを募集。
例)
「今日、雪が降りました」
「虫歯になりました」
さくっと紹介して、神鳳杏役の夏峰いろはさんと、一ノ瀬美桜役の綾部結花さんが、さくっと感想を言います。

▼懸賞金ゲット! さくらじ VS ほめらじ
『恋がさくころ桜どき』の主人公“浅葉悠真(あさば ゆうま)“には、懸賞金がかけられています。
このコーナーは、なぜか、その懸賞金をかけて、『さくらじ』チームと、<音泉>が誇る長寿番組『ほめられてのびるらじおZ』チームが、ガチで対決!
リスナーの皆さんからは、対決方法を募集!
例)
「1分間に、風船を何個割れるか?」
「早口言葉を噛まずにいくつ言えるか?」
勝者チームは、懸賞金ゲット!?

▼溺愛クラッシャー神鳳杏!
夏峰いろはさん演じる神鳳杏は、人や物を問わず、可愛いものが大好きで、欲しいと思ったものは必ず手に入れる女の子です。
しかも、コレクションしてしまったら最後、壊れるまで溺愛しちゃいます。
このコーナーは、リスナーの皆さんから、かわいい体験や出来事を募集!
例)
「この前、2歳の妹が僕のことを「にいにい」と言いました」
「飼っている犬が、あくびをしたあと、くぅ~んって鳴きました」
神鳳杏役の夏峰さんが、激しく可愛いと思ったら、そのメールを壊れるくらい溺愛しちゃいます!!

▼一ノ瀬美桜の男性克服レッスン!
綾部結花さん演じる一ノ瀬美桜は、男性に対して、すごく人見知りをするため、異性に触れることができません。
このコーナーは、そんな一ノ瀬美桜にかわって、綾部結花さんが、男性を克服するために、いろんなことに挑戦していきます!
リスナーの皆さんからは、綾部さんに挑戦して欲しいことを募集!
例)
「男性を克服するには、甘え上手になるべし! 男性に甘えるセリフを10個言え!」
「男性を克服するには、男性をカボチャに見立てるのが一番! カボチャをたくさん食べろ!」
綾部さんが、見事に男性を克服していきます!

▼賞金首になりた~い!
『恋がさくころ桜どき』の主人公“浅葉悠真(あさば ゆうま)”は、女子たちからの恋の相談を受けているうちに、“恋される“側になってしまいます。
悠真は、それがイヤで、恋に憧れなくなり、賞金首にまでされてしまいますが、普通に考えれば、恋される側って、実にうらやましい!
このコーナーは、リスナーの皆さんから、こんな女性に恋されてみたい!という理想の女性像を募集!
例)
「毎日、いってらっしゃいのキスをしてくれる女性が理想です!」
「語尾に“ニャー”をつけてしゃべる女性が理想です!」
神鳳杏役の夏峰いろはさんと、一ノ瀬美桜役の綾部結花さんが、それを元にリアルな女子トークをします!

▼恋なんてするもんじゃねえよ、なんて言わないよ絶対
主人公“浅葉悠真(あさば ゆうま)”は、学園の女子たちからの嫉妬や後悔、ドロドロした恋の悩みを聞くようになったせいで、恋に対して憧れを抱かなくなり、「恋なんてするもんじゃねえよ」とつぶやくようになってしまいました。
このコーナーは、リスナーの皆さんから、過去のつらい恋愛や失恋話を募集。
もう恋なんてしたくないと思っているリスナーさんに対して、神鳳杏役の夏峰いろはさんと、一ノ瀬美桜役の綾部結花さんが、「恋って最高!」と思わせてくれるアドバイスをします!


©ぱれっと


ほめられてのびるらじおボーカルアルバム ホメラレコード

B00EZCC6MO ほめられてのびるらじおZ Vol.6

B00DSBY51S ほめられてのびるらじおZ Vol.7

B00DSBY6TE

▲ PAGETOP