ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース中井和哉、遊佐浩二、宮野真守、杉田智和らよりコメント!「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD

中井和哉、遊佐浩二、宮野真守、杉田智和らよりコメント!「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD 2013年10月10日 12:30

誰もが知っている童話やおとぎ話に登場する王子様の素顔を、王子様の視点で描く、衝撃の問題作「王子様(笑)シリーズ」。本シリーズの最新作「ドラマCD 3rd Party if ~王子様(笑)学園 2学期~」が、好評発売中だ。

本作の収録現場より、「白雪姫」の王子様役・中井和哉さん、「白鳥の湖」の王子様役・遊佐浩二さん、「アラジンと不思議なランプ」の王子様役・宮野真守さん、「カエルの王子様」の王子様役・杉田智和さん、「いばら姫」の王子様役・小野坂昌也さん、従者役・竹本英史さんよりコメントが到着したので紹介する。

鈴村健一さん、石田彰さん、置鮎龍太郎さん、吉野裕行さん、森川智之さんからのコメントはこちら


●「白雪姫」の王子様役・中井和哉、「白鳥の湖」の王子様役・遊佐浩二

――収録を終えての感想をお願いします。

中井:大勢出ていると楽だなと思いました(笑)。

遊佐:ただ、悲しいかなツッコミは少ない。今回は色々放棄しましたよね?

中井:ええ、これはもう放っておこう的な感じで。

遊佐:ツッコミはあなたのアイデンティティじゃないんですか?あなたはそのためにいるんじゃないんですか?(笑)

中井:どこかで示していれば、全部が全部やらなきゃいけないわけじゃないんです。だから大丈夫です!(笑)

遊佐:今回はボケ10人に対して、全部にツッコむ立場だったのでは?

中井:違う違う(笑)。そういう属性があるってだけで、全部を背負ってるわけじゃないので、楽したい時は楽すればいいんです。そして今回はふたりで収録だったので、ちょっとだけ幸せでした。

遊佐:本当にちゃんとみんな録ってたんだってわかるよね。

一同:(笑)。

遊佐:いつもはちゃんと録ってますよって言われても、にわかに信じ難かったからね。

中井:何か、架空のドラマCDなんじゃないかって。

遊佐:今回はちゃんと仕事をした気になっています(笑)。

中井:「あいつまだ騙されてるよ(笑)」って!

遊佐:4年もやってて。

中井:だったらすごいですよね(笑)。

遊佐:今回、「王子様(笑)学園」は第2弾ということですが、第1弾に出た記憶が無く……。

小川P:はい、遊佐さんは今回が初参加です。

遊佐:やっぱりだ!何で記憶が無いんだろうなって思ったら、出てなかったんですね。ホントに新鮮な気持ちで臨むことができました。世間ではオールキャストとは言われていましたが、ホントはオールキャストじゃなかったんですね!

小川P:当時は10人がオールキャストだったんですよ!

遊佐:じゃあ、今度こそ真のオールキャストってことですね。今回は非常に沢山のキャストがいます。他のドラマCDで絡んだキャラクターもいるんですけど、正直関わりの少ないキャラクターも多かったです。しかし、「白鳥の湖」の王子様はマイペースなので、特に何も足さず、何も引かず、演じることができてよかったです。


――演じられたキャラクターで一押しのセリフはございましたか?

中井:「おい、これ大丈夫か!?」というセリフです。どこに向けてのセリフなのかなって(笑)。これ、すごいですよね。セリフがブースのガラスを突き抜けるってね。こっちの次元に向けたセリフですもん。

遊佐:学園生活でも特にキャラクターが変わることもなくマイペースで、ひとりだけ保健室登校という。ことあるごとに「ハル、ハル」と弟のことを呼んでいました。ハルがいてよかったです。僕と一緒のときだけですからね、竹本くんに名前が付いているのって。いいことしてるな、と思います。


――「王子様(笑)シリーズ」らしいな、と思われたシーンはございましたか?

中井:最後、「チャンチャン」ってオチた感じになったのが、むしろらしからぬ感じがしましたよ。「なんか……オチてる」って。うーん。そういう意味では、らしいのかな……?

遊佐:らしいと言えば、全体的にシリーズらしいんですが……。シリーズらしからぬと言えば、竹取先生がまともな感じで出ているのが、意外な感じがしましたね。竹取さんってそんなにマトモな人でした?割とウジウジしているイメージがあって。今回は一番マトモな人だったので、びっくりしました。マトモな人がいるんだって。本編には、マトモな人いないですから。人魚先生は、あまり関わりがなかったんですが、あれだけ愚痴を言いまくるっていうのが「王子様(笑)シリーズ」っぽいと思いました。


――ファンの皆様へのメッセージをお願い致します。

中井:皆さんがすごく応援して下さっているのはわかるんですが、どこが良くて応援して下さっているのかはよく分かりません。なので、僕は今まで通りベストを尽くしました。今までのパターンでいくと、きっと皆さんに喜んで頂けるものだろうなと想像しています。

遊佐:今まではおとぎ話の世界だから何となく笑って過ごしていたものが、学生という身分になって、意外と生々しいやつらが、生々しい存在としてやってきます。なので、この後におとぎ話な世界を楽しめるかどうかは、皆さんのハート次第です。皆さんのハートが試されるCDだと思います(笑)。できる限り、頭を柔らかくして聴いて頂ければと思います。


――ありがとうございました。



●「アラジンと不思議なランプ」の王子様役・宮野真守、「カエルの王子様」の王子様役・杉田智和

――収録を終えての感想をお願いします。

宮野:杉田さんと一緒に収録できて、とっても楽しかったです。

杉田:(笑)。

宮野:杉田さんのカエルを生で聴くことができましたし、地元トークもできました。すごく有意義でしたね。オフの時間でも濃密な話をさせて頂くことができました。

杉田:新しい時代に合わせた、大変フロンティアワークスさんらしいCDだと思いました。あの時に出来上がったテンプレートが、今もこの時代に続いているのが良かったです。あの当時一緒だったメンバーが、今も「王子様(笑)シリーズ」に一緒に出演しているのが、何だか感慨深いですね。宮野くんのアラジンと初めて一緒に収録できたので、とても意味のある、価値のある収録だったと思います。同郷だということを初めて知って、フリートークも盛り上がりました。


――演じられたキャラクターで一押しのセリフや、印象に残ったシーンはございましたか?

宮野:結果、アラジンは一番真面目だなって思いました。彼は、お金のためという、ハッキリとした理由で、自分の目的に頑張って突き進んでいるんですよね。その為に何をしたらいいかを考えていて、えらいなと思いました。

杉田:毎回カエルが自分の彼女の話をすればするほど、彼女が実際に出て来てほしいという欲求が溜まります。カエルとは趣味が合いそうです。


――「王子様(笑)シリーズ」らしいな、と思われたシーンはございましたか?

宮野:いつもの関係性でやりとりが続いて行くのが面白いなって思います。僕は第2巻から登場だったので、特に、竹取さんと光源氏さんとのやりとりを聞くと、「あ、いつもの感じだな」と思えるくらいテンポが良くて、全員が出てきた中でも、そういうチーム感が自然と生まれるんだなと思いました。

杉田:クロスオーバーを基本にした上で、キャラクターたちの関係性が育って行くのが、この作品の面白いところだと思います。一番面白かったのが、「人の彼女を口説いたんじゃないか?」と疑惑を持たれるという、そういう他作品への入り込み方はありなんですね。あと、竹取と源氏が本当の兄弟のように見えるのはどういしてなのだろうか、と。そういう風に関係性がもっと進化していくと、また面白い見え方になるんじゃないかと思います。ますます何でもありになっていくんじゃないでしょうか。


――このCDを楽しみにしていらっしゃるファンの皆様へのメッセージをお願い致します。

宮野:本当に個性的なメンバーが揃っているので、どこを切り取っても笑えるCDになっていると思います。逆に言うと、全体を通して濃い味だと思います(笑)。その濃い味が癖になるくらい、とっても皆さん素敵なので、是非何回も何回も楽しんで頂けたらなと思います。

杉田:毎回言いますが、男子校の悪ノリをのぞき見したい人はオススメです。今回は学園が舞台ということで、更に入口として入りやすくなっています。フロンティアワークスさんらしい作品でした。ありがとうございました。


――ありがとうございました。



●「いばら姫」の王子様役・小野坂昌也、従者役・竹本英史

――収録を終えての感想をお願いします。

竹本:学園モノのドラマを収録しました。小野坂さんのふたりで収録しました。ふたりで絡んでるところがほとんど無くて、それぞれ自由勝手に気ままなお芝居をやりました。学園的な雰囲気が出ていたかは、今となっては定かではございません。ですが、いつも通りのことを、いつも通りの力の入れ具合でやっております。決して手を抜いているわけではありません! なので、いつも通り良かったんじゃないかな、俺!!という感想です。

小野坂:みんなのお芝居のテンションが分からないので、非常に不安であり、不満です。みんなと一緒に収録したいです。

竹本:まぁそれは毎回だからね。

小野坂:うん。

竹本:だからいつも通りな出来上がりなんじゃないかな?

小野坂:ひとりで喋るドラマにするか、みんなで一緒に収録するか、どっちかにして下さいよ。

小川P:はい、すみません。

竹本:そこはね、不完全燃焼だよね。

小野坂:うん。


――演じられたキャラクターで一押しのセリフはございましたか?

竹本:弟が集められるシーンがありまして。それ、もちろん全部僕なわけですよ。でも僕、末っ子長男なんで、弟の気持ちとか全く分からないんですよね。甘やかされて育ってきたから、彼らの怒りに全く共感できない。それなのに演じきった僕の迫真の演技を聴いて下さい!

小野坂:僕は……どこかあったっけ?

小川P:いやいや、迫真の演技、あったじゃないですか!

竹本:今回は剣とか呪文とかやってないから、あんまり記憶に残ってないんじゃないかな?

小野坂:だって11人もいるからね!出てきたとこが見せ場というか。でも、全体的に印象に残ったなって思います。


――「王子様(笑)シリーズ」らしいな、と思われたシーンはございましたか?

竹本:全体ですね!毎回毎回、このわからない加減が「王子様(笑)シリーズ」っぽいなって思います。「これわかんないよ! 全くわかんないよーー!」っていうのが毎回だから、そういう仕事をしてると、「これ、『王子様(笑)シリーズ』だ!」って思います。

小川P:全体的にシリーズらしかった、と。

竹本:はい。金太郎飴ですよ。どこを切っても一緒だから。

小川P:「王子様(笑)シリーズ」は、どこから聴いても面白い、と!

竹本:はい。メイドインジャパンの最たるものですよ。

小川P:ありがとうございます。小野坂さんはいかがですか?

小野坂:「王子様(笑)シリーズ」らしいところは、学園設定なのに、学園設定じゃないという矛盾を含んだところですね!


――このCDを楽しみにしていらっしゃるファンの皆様へのメッセージをお願い致します。

竹本:まず楽しみにしているお客さんがいるってことが不思議なんですよね。何故、同じ人が同じ内容のCDを毎回買ってしまうのか。そのお客さんたちのことが心配です!でもポジティブに捉えると、ちょっとでも違っていれば良いんですよね。じゃあまた買えばいいよ! 内容もちょっとずつ違っているから! 今回もいつも通りなので、いつも通り安心して楽しんで下さい。

小野坂:逆にお客さんたちに聞きたいです。

竹本:何を?

小野坂:このシリーズ、どこが面白くて買っているんですか?是非とも教えて下さい。それを聞いて、これからみんなでその部分を強化していきたいと思います。「ここが面白いんですよ!」って教えてくれたら、そこが面白くなるようにもっと頑張りますので、よろしくお願いします。


――ありがとうございました。



■「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD 3rd Party if ~王子様(笑)学園 2学期~

【発売日】2013年9月11日(水)好評発売中!
【品番】FCCN-0012
【定価】3,150円(税込)
【発売元・販売元】フロンティアワークス

【キャスト】
「シンデレラ」の王子様:鈴村健一
「白雪姫」の王子様:中井和哉
「ラプンツェル」の王子様:石田彰
「アラジンと不思議なランプ」の王子様:宮野真守
「竹取物語」の王子様:置鮎龍太郎
「源氏物語」の王子様:吉野裕行
「いばら姫」の王子様:小野坂昌也
「カエルの王子様」の王子様:杉田智和
「人魚姫」の王子様:森川智之
「白鳥の湖」の王子様:遊佐浩二
従者:竹本英史


<ストーリー>
ここは、様々な国のVIPやセレブの子女が多く通う学園。そんな学園に通う王子様たちは、超個性的な面々。
寝てばかりの図書委員に苦労性の生徒会長。手芸部唯一の天然男子、腹黒生徒会副会長、生真面目古典教師に女たらしのチャラ男系後輩。ネガティブゲーマーとナルシスト転校生、ドリーマー音楽教師。そして、病弱設定の永遠の愛を探す保健室の住人と王子様の弟たち。
普通じゃない王子様たちの普通の学園生活2学期のはじまりはじまり――。


©フロンティアワークス


王子様(笑)シリーズ ドラマCD if~王子様(笑)学園 2学期~

B00DIFAPNQ 王子様(笑)シリーズ バラエティドラマCD 3rd Party

B00BERNKUU 王子様(笑)シリーズ バラエティドラマCD 4th Legend

B00EKDOQZI 【ドラマCD付】『王子様(笑)シリーズ』 オフィシャルファンブック [単行本(ソフトカバー)]

4861346215 王子様(笑)シリーズ ラジオドラマCD 第2巻

B00A34QMDW

▲ PAGETOP