ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治らにインタビュー!TVアニメ「ログ・ホライズン」放送開始!

寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治らにインタビュー!TVアニメ「ログ・ホライズン」放送開始! 2013年10月 5日 15:05

寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治らにインタビュー!TVアニメ「ログ・ホライズン」放送開始!

10月5日(土)よりEテレにて放送スタートするTVアニメ「ログ・ホライズン」。橙乃ままれ先生の小説を原作とした本作は、オンラインゲーム「エルダー・テイル」の世界に閉じ込められてしまった、主人公シロエと仲間たちが繰り広げるファンタジー物語だ。

そのアフレコ現場より、寺島拓篤さん(シロエ役)、前野智昭さん(直継役)、加藤英美里さん(アカツキ役)、中田譲治さん(にゃん太役)、石平信司監督のインタビューをお届けする。



――まずは石平監督へ、本作についてひとことお願いします。

石平:ゲームの世界に閉じ込められるお話ですが、敵を倒すよりもコミュニケーションを取るのがストーリーの主軸となります。周囲の人と少しずつ会話をしながら関係性を築いていき、個人同士やグループ同士などとの関係の中で悩みや不安をひとつずつ解決していきます。バトルシーンや可愛らしいシーンもあり、個性的なキャラクターがたくさん登場しますので見どころ盛りだくさんです。


――キャストの皆さんへ、作品にかける意気込みをお聞かせください。

寺島:キャストたちでどう空気を作っていくか、監督たちとの話し合いでどういう作品にしていくかを常に考えてやっています。“考える”ことが大事な作品なので、キャラクターたち以上にもっと深く考えなきゃいけないなと思いながら、原作を読んで収録に臨んでいます。

前野:直継は陽気なムードメーカーなんですが、彼の一言で空気が変わる発言力があります。なので、一言一言の重みを大切にしながら演じていこうと思います。

加藤:私もオンラインゲームをプレイしていたので、作中で描かれるゲームの世界での大変さは共感出来る部分があります。プレイ経験のある方は共感出来るでしょうし、プレイしたことがない方はこういうコミュニケーションの取り方があるんだと感じられると思います。

中田:キャラクターたちはあくまでもアバター的な存在で、僕が演じるにゃん太も実際のプレイヤーは17歳の可愛い男の子かもしれません(笑)。もし自分がゲームの世界に閉じ込められたらどうするだろう?焦りの中でどうやって活路を見出すか?などと想像して楽しんで欲しいです。後半は色々な展開が出てきますので僕も楽しみにしています。


寺島拓篤さん(シロエ役) 前野智昭さん(直継役) 加藤英美里さん(アカツキ役)

――アフレコ現場の様子はいかがですか?

寺島:メインで支えてくれるふたりは同年代ですし、優しく見守ってくれる先輩方がいらっしゃいますので、自分も後輩たちに目配せが出来る素晴らしい環境です。休憩時間にはバカ話でわいわい盛り上がっています。

前野:役者同士でいいコミュニケーションが取れていますし、本番ではいい緊張感がある現場です。僕自身はヘビィなオンラインゲームユーザーなので、毎回知っている専門用語が出てくる台本を読むのを楽しみにしています。

加藤:役者の人数が多く新人からベテランまで幅広い方が参加されていますが、リラックス出来る雰囲気のある現場です。普段なかなかゲームの話は出来ないので、気がねなくゲームの話を出来るのが個人的にすごく嬉しいです。

中田:にゃん太の側にいる「セララ」という可愛い女の子の名前が言いにくくて(笑)。パートナーとしてさりげなく言いたいんですけど、いつも緊張しています。ネコの役は何回か演じたことがあるのですが、にゃん太はジェントルマンで腕も立つし料理も出来る、というのがプレッシャーではあります(笑)。

石平:こんな感じかなとイメージを持って収録現場に行くのですが、いい意味でキャストの皆さんが違う演技をしてくれるんですよ。アニメの絵は記号であり、表情のパターンも多くて12種類ぐらいなのですが、そこに声が入ることで10倍、20倍にパターンが増えるわけです。その微妙な表情の差が本作では顕著に出ていますので、楽しみにしてください。いわゆる記号的なシーンではキャッチーな演技をして、その合間合間の息づかいで生の感じを出すなど、振り幅も大きいので聴き応えたっぷりです。


――ご自身が演じるキャラクターの魅力と、演じる上で気をつけていることを教えてください。

寺島:シロエは主人公だけど地味なのが魅力だと思います。主人公は何らかの特殊なスキルを持っていると思うのですが、シロエは“考える”というスキルに特化しています。中心にいながらも影のポジションというのが面白いです。演じる上でも、地味な部分にどれだけ微妙な変化を出せるかに気をつけています。

前野:普段は賑やかしのムードメーカーですが、バトルではガーディアンという職業上、敵の攻撃を一身に受け止める重要な役割です。そのギャップが直継の魅力だと思います。色々なことを言えるキャラクターなので、アドリブを積極的に入れるように意識して演じています。

加藤:アカツキはクールでありつつ、女の子らしい一面もあるというギャップが魅力です。たまに見せる女の子の表情がすごく可愛らしいんですよ。直継に対してはクールではなくて弾けてみたりとか、加減は難しいですが楽しく演じていけたらと思います。

中田:ネコ担当としましては、動物萌えな方を狙っています(笑)。にゃん太は自由な人なのですが、なぜシロエたちと一緒に行動しようと思ったのか、その信頼関係や友情を大事にして演じたいです。優しく見守るだけだと淡々としてしまうので、戦闘や料理などにゃん太の得意分野では格好良さも出せたらと思っています。


中田譲治さん(にゃん太役) 石平信司監督

――オンラインゲームをやるとしたら、どのような職業や見た目のキャラクターを使いたいですか?

寺島:この作品を見た後に思うのは、自分に近い見た目にしないと後々面倒なことになりそうだなと(笑)。でも、出来れば美形なキャラクターでやりたいとも思います(笑)。職業は、アサシンのように強いんだけど影に隠れているのが格好いいです。昔から和風な職業に憧れていたので、忍者をやってみたいと思います。

前野:僕は毎回必ず男性キャラで、出来るだけ格好いい顔をした後衛の魔法職を選んでいます。色々なゲームで魔法のアタッカー作っています。

加藤:私は自分の理想とするような、使っていて飽きない女の子のキャラクターを作ります。オンラインゲームは長い付き合いになるし、特に後ろ姿って重要じゃないですか(笑)。プレイ中はほぼキャラの後ろ姿しか見ないので、後ろからでも可愛い女の子にします。回復とか援護が好きなので、そういう職業をメインにしています。

中田:僕はただ戦うよりも策略を巡らせて、どう育てるか、どうやって強い敵を倒すかを考えるのが好きなので、シロエのようなキャラがいいですね。ちょっと癖があるけど、こいつ出来るな!と思われるようなキャラを使ってみたいです。


――最後に、メッセージをお願いします。

石平:自分の置かれた状況とリンクするキャラクターがひとりは出てくると思います。彼らに勇気付けられたり、気づかされたりする部分があると思いますが、まずは頭を空っぽにして楽しんでいただきたいです。

中田:EテレさんなのでCMもなく集中して見ていただけます。収録の1週間前には台本が出来ているので、(役者は)言い訳が出来ません(笑)。それに応えられるように力を合わせて演じています。スケールの大きな作品ですので、最後まで楽しんでください。

加藤:オンラインゲームをプレイしたことがない人は、この作品を見て楽しさを感じて欲しいです。プレイしている人は、もし自分がその世界に入ったらと考えたことがあるのではと思います。ぜひたくさんの方に楽しんでもらいたいです。

前野:僕がオンラインゲームに費やしてきた10,000時間以上は、きっとこの作品に出会って知識を生かすためにあったんだと、運命的な思いで収録に臨んでいます(笑)。この作品がオンラインゲームを始めるきっかけになればいいなと思っています。

寺島:単純にキャラクターが格好いい、絵が素敵など、どんなことでもいいのでまずは楽しんでもらいたいです。そして、最終回が終わった時に「人が社会で生きているのはこういうことなんだ」と感じていただけたらと思います。ぜひ楽しみにしてください!


寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治らにインタビュー!TVアニメ「ログ・ホライズン」放送開始!

(取材・文・撮影:千葉研一)


■TVアニメ「ログ・ホライズン」

2013年10月5日(土)よりEテレにて放送開始!

【スタッフ】
原作:橙乃ままれ
ストーリー監修:桝田省治
キャラクター原案:ハラカズヒロ
監督:石平信司
シリーズ構成:根元歳三
キャラクターデザイン:いとうまりこ
美術監督:野村裕樹
色彩設計:村上智美
撮影監督:山根裕二郎
モニターグラフィックス:石川寛貢
CGスーパーバイザー:橋本トミサブロウ
音響監督:はたしょう二
音楽:高梨康治
アニメーション制作:サテライト
制作:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK

【キャスト】
シロエ:寺島拓篤
直継:前野智昭
アカツキ:加藤英美里
にゃん太:中田譲治
トウヤ:山下大輝
ミノリ:田村奈央
五十鈴:松井恵理子
ルンデルハウス:柿原徹也
マリエール:原由実
ヘンリエッタ:高垣彩陽
セララ:久野美咲
小竜:逢坂良太
飛燕:梶川翔平
リリアナ:雨宮天
アシュリン:佐藤奏美
アイゼル:村田太志
明日架:高橋未奈美


【主題歌】
オープニングテーマ『database feat. TAKUMA(10-FEET)』歌:MAN WITH A MISSION
エンディングテーマ『Your song*』歌:Yun*chi


<ストーリー>
ある日突然、老舗オンラインゲーム<エルダー・テイル>に日本人ユーザー3万人が閉じ込められてしまった。
ゲーム歴8年の大学院生・シロエも異世界に取り残されてしまう。モンスターとの戦闘、死ぬことのない境遇。何が起きたのかわからず不安に駆られたプレーヤーが街にあふれ、ヤマト地区最大の都市<アキバ>は秩序を失う。
一匹狼を自負していたシロエは、旧友・直継、美少女アサシン・アカツキたちとギルド<ログ・ホライズン>を設立。他人と接することが苦手で内気な青年が仲間とともに廃墟アキバから世界を変えようと立ち上がる。


©橙乃ままれ・エンターブレイン/NHK・NEP


database feat.TAKUMA(初回生産限定盤)(DVD付)

B00ENM1YWO database feat.TAKUMA

B00ENM1Z82 Your song*

B00EQ3CYWY ログ・ホライズン1 異世界のはじまり

4047271454 ログ・ホライズン6 夜明けの迷い子

4047282359

▲ PAGETOP