ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース種田梨沙と日高里菜がおくる「ストブらじお雪菜と凪沙のおとなり放送局」第3回ダイジェスト&インタビュー!

種田梨沙と日高里菜がおくる「ストブらじお雪菜と凪沙のおとなり放送局」第3回ダイジェスト&インタビュー! 2013年10月 2日 18:00


10月4日(金)よりTOKYO MX、MBS、CBC、BS11、AT-Xにて放送を開始するTVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」。この作品を盛り上げていくラジオ番組「ストブらじお雪菜と凪沙のおとなり放送局」が現在、「インターネットラジオステーション<音泉>」と「響 - HiBiKi Radio Station -」で好評放送中だ。

この番組のパーソナリティを務めるのは、ヒロインの「獅子王機関の可憐な剣巫」姫柊雪菜役の種田梨沙さんと主人公の妹「天真爛漫な騒々しき賢妹」暁凪沙役の日高里菜さんだ。今回、第3回のダイジェストと、収録後のインタビューをお届けしよう。

<第3回の放送はこちらから>
インターネットラジオステーション<音泉>
響 - HiBiKi Radio Station -


<「ストブらじお雪菜と凪沙のおとなり放送局」第3回ダイジェスト>
■オープニング〜メール紹介

TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」の放送開始と、『電撃文庫秋の祭典 2013』での公開録音を間近に控えているということで、ふたりからは期待と緊張が伝わってきます。なんと種田さんは公開録音が初めてということで、楽しみでしょうがない様子。
メール紹介では、第1回、第2回の放送の感想がリスナーから寄せられ、改めて番組を振り返ります。そして、話題はたくさんの方から寄せられた種田さんの“例の自己紹介”について。どんなものかは聴いてのお楽しみ!

■血ぃ吸われたろか?
吸血鬼に地を吸われると得られる快感とはどんな気持ち良さなのかを考えていくこのコーナー。リスナーから寄せられたメールの内容を判定して、気持ち良さを「吸われた血液の量=cc」で表します。前回まではわずかだった血液の量が、今回はなんと大盤振る舞い!?「干し立ての布団にダイブした時」「シャンプーとリンスを同時に使い切った時」「早口言葉を言えた瞬間」など、ふたりの決めた気持ち良さはいったい何ccに!?

■凪沙のお小言
このコーナーでは、日高さんの演じる暁凪沙は兄の古城にしばしばお小言を言うということで、リスナーから寄せられた叱って欲しいことを紹介。今回寄せられたのは「炭酸飲料を振って友達に渡してしまいます」「ストライク・ザ・ブラッドの放送が待てません」などの内容。日高さんが時にマジギレっぽく、時に優しく怒り、次々と雷が落ちていきます。普段は見られない日高さんの新しい一面が見られるかも……!?



■収録後インタビュー

――まずは今回の収録を終えての感想をお願い致します。

種田:最初、里菜ちゃんとラジオをやると聞いた時、「女の子ふたりのほのぼのとした優しいラジオ」になると思ったんです。でも、今3回目の収録が終わってみて、なぜか汗だくなんです(笑)。予想以上に体力を使うラジオになっていて、毎回全力です!

日高:種さんとは、初めてやらせていただいたんですが、私も「女の子同士の『キャッキャ、ウフフ』とした感じの番組」になると思っていたら、それとはほど遠いものになっています。毎回、体を張っているというか火傷しそうになります(笑)。でもやっていてすごく楽しいです。リスナーさんからのお便りが楽しみですね。

種田:お便りは段々増えていて、今回は1回目の時の倍くらい届いて感動しました。


――おふたりで一緒にラジオされるのは初めてなんでしょうか?

日高:共演はしたことがあったのですが、アフレコ時の席もあまり近くなったことはなくて、今までがっつりと絡んだことはなかったですね。

種田:この作品で3つ目くらいですね。でも、この作品ではメインキャストが近い席に座っているのでよく話します。同じ事務所ではあるんですが、こういう現場じゃないと話す機会がなかなかなくて。


――この番組を始めると聞いた時、緊張はありましたか?

種田:ラジオ自体はそんなにやったことがなかったので、里菜ちゃんに頼ろうと思っていました(笑)。でも、実際にやってみたらすぐに意気投合して楽しくやれました。今では安心してやれるので毎回収録が楽しみです。

日高:種さんの第一印象は清楚なお嬢様といった感じだったのですが、一緒にご飯を食べに行った時に薄々「天然さんなのかな」と感じてました(笑)。ラジオはどうなるか想像がつかなかったのですが、やってみたら初めてとは思えないくらい意気投合出来てびっくりしました。


――ちなみに種田さんの日高さんの第一印象はどんなでしたか?

種田:初めて会ったのがアニメの仕事を始めたばかりで緊張でがっちがちだった頃でした。気さくに声をかけてくれたのが嬉しくて、その時の笑顔に完全にハートを射抜かれました(笑)。里菜ちゃんは年下なんですけど、意外とさばさばしていて凄くしっかり者なので、こんなお姉ちゃんがいたらいいなと……

日高:嘘でしょ!?お姉ちゃんまでいっちゃうの?(笑)種さんもさばさばしてて男らしいというか。私もすごく話し易いです。

種田:年は離れていますが、話が合うので楽しいですね。第一印象とはギャップがあります。


――番組を3回収録してみて、印象に残ったことやコーナーはありますか?

種田:このラジオの名物コーナーである『凪沙のお小言』ですね。やっぱ、いいですね!

日高:よくないですよ!!

種田:私はこのコーナーでは完全にメールを読むだけなので、里菜ちゃんが段々汗だくになっていくのを申し訳ないと思いつつ、リスナー目線で面白がって見ています(笑)。
最初は、どのコーナーも落ち着いた感じだったのですが、この3回目でリスナーさんからの無茶ぶりがあって、リスナーさんの本気が見えてきて、楽しみでもあり、怖くもありますね。

日高:『凪沙のお小言』のコーナーは、台本をいただいた時に私が頑張らなきゃと思いました。今回3回目で、火傷しちゃいました(笑)。リスナーさんのお便り次第で、内容の激しさが左右されるんだと身に沁みました。
いつもブースに入ってから初めてメールを見るので、あまり考える時間もなくて今後どう怒っていったらいいのか……。難しいけれどその分楽しいです。

種田:1回目はリスナーさんも探り探りだったようで、優しいメールが多かったので油断してました。でも「このラジオは無茶ぶりをしてもいいんだ」って気付かれちゃったようです(笑)。

日高:『凪沙のお小言』は私の担当ですけど、そのうち種さんが火傷するコーナーが出来ることを期待しています!これからは種さんのターンですよ!!(笑)

種田:……楽しみですけども、びくびくしながら待ってます(笑)。


――このラジオで今後やってみたいことはありますか?

種田:私、ロケってまだやったことないのでやってみたいです。夢なんです!ラジオで出来ることを全部やりたいです!

日高:私は料理をやりたかったけど、映像は難しいみたいなので、無理かな……。

種田:Blu-rayの特典として出張版「ストブらじお雪菜と凪沙のおとなり放送局」とか。もしくは、ラジオCDの録り下ろしとかでも。このラジオが盛り上がったら映像もいけるって信じてます!あとは、島に行きたいです!

日高:何か吸血鬼っぽい、作品に絡めたことがやりたいですね。

種田:とにかくロケがやりたいです!よろしくお願いします!!


――10月6日(日)には『電撃文庫 秋の祭典 2013』で、早くも公開収録が行なわれますが、意気込みはいかがでしょうか?

種田:お客さんの前でラジオをするというのは初めてなので、お客さんがいることを忘れないようにしたいと思います!ラジオを楽しくやるのはもちろんなんですが、皆さんにも盛り上がってもらいたいです!普段のコーナーも今回パワーアップしている部分があると聞いています。無茶ぶりは恐ろしいですが、覚悟して全力で臨みたいと思います!

日高:ミニステージのトップバッターとして、盛り上げなきゃなと思います。3回まで収録してきて、本当に楽しかったので、お客さんがいたらより一層盛り上がるコーナーばかりだと思うので、盛りだくさんの内容になりそうで楽しみです。どんな風になるかドキドキもしていますが、皆さんと一緒に楽しめたらいいなと思います。


――まもなくアニメがスタートしますが、改めておふたりの役どころをお聞かせいただけますか?

種田:雪菜は、第四真祖という世界最強の吸血鬼である主人公・暁古城を監視するため、獅子王機関から派遣されてきた剣巫(けんなぎ)の女の子です。雪霞狼(せっかろう)という特殊な槍で戦う、格好良くもあり、可愛くもある女の子です。お色気シーンも担当したりするので、男性は楽しみにしてください(笑)。

日高:凪沙ちゃんは古城くんの妹です。しっかりもので、料理もするし、お兄ちゃんを起こしたりもします。ラジオのコーナーでもあるようにお小言を言うシーンも多々ありますね。まだ言えませんが、ただ、それだけのキャラクターではなかったりもします。


――おふたりのキャラクターはお隣に住んでいるんですよね?

種田:古城くん達の家と、雪菜の家がお隣同士なのは、意図的に雪菜が引っ越して来たからですね。同級生で同じ学校にも通っています。

日高:凪沙が、「雪菜ちゃんが引っ越して来たから鍋を振る舞おう」と言うシーンもあったりして、ふたりは仲良しです。一緒に行動したり、クラスも一緒だったりしますね。


――もし、おふたりがお隣同士に住んでたらいかがですか?

種田:台本を読んでいる声が聞こえてきて「明日はあれのアフレコなんだ」って思っちゃいますね(笑)。

日高:絶対ニヤニヤしちゃう!

種田:あとは、ご飯をたかりに行ったり来たりすると思います(笑)。

日高:良い匂いがして来たら、私は絶対に遊びに行っちゃいますね。

種田:お友達と隣同士に住むって夢ですね!

日高:憧れです!


――収録の雰囲気はいかがですか?

種田:まだ途中なんですが、もう既に1クール終わったくらいの仲の良さです。よく一緒にご飯を食べにいったりしますね。キャストだけでなくスタッフさんもご一緒したりして、スタッフさんとも仲が良いです。

日高:キャストから誘ったり、スタッフさんから声かけてくれたりして、コミュニケーションとれてますね。『キャラホビ2013』のイベントの後もキャスト陣でご飯に行きましたし。

種田:アフレコ中も、原作小説を読んでいる人に先の展開を聞いてみたり、難しい言葉を早口言葉みたいに言ったりして、和気あいあいとやっています。


――第2回の放送で、暁古城役の細谷佳正さんの女子力が高いという話もされていましたが、その辺はいかがでしょうか?

日高:化粧水とか女子より詳しいんです!あと、キャスト陣に対して星座占いをしてくれました。当たることもあったんですが、とことん外しまくっていて、どっちなんだよって思わずツッコミそうになりました(笑)。

種田:里菜ちゃんのはちゃんと当たっていたんですが、それ以外のキャストの占いはとことん外してましたね(笑)。

日高:でも細谷さんが座長として中心になってくれて、作品を盛り上げてくれているというのは感じています!


――アニメ全体の見所を教えていただけますか?

日高:私は雪菜にすごく魅力を感じています。バトルシーンが本当に格好いいんです。可愛い女の子が格好いいシーンをやっているのに、古城くんに対してたまに照れたりするギャップがますます可愛いと思いました。

種田:古城くんは普段は気だるい感じなんですけど、やる時はやるという主人公らしい頼り甲斐のあるキャラクターなんです。メインで戦うのは雪菜なんですが、いざって時に力を発揮してくれるのは古城くんで、そんなバトルシーンが見所のひとつですね。
他にも、恋愛要素なんかもあったりして、戦闘シーンには登場しないんですが、藍羽浅葱(あいばあさぎ)というキャラクターにも注目して欲しいです。

日高:浅葱は、女子から見ても可愛いなって思える頑張る女の子ですね。共感出来る部分もあったりして、女子からも好かれると思います。

種田:バトルファンタジーの面と学園コメディな面もあるので、いろんな面を楽しんで欲しいですね。


――最後にリスナーの方へメッセージをお願いします。

種田:この番組は、アフレコ同様に毎回楽しんでやらせていただいています。ラジオではアニメの裏話や色々なコーナーもあるので、アニメと一緒に楽しんでいただけたらなと思います。
今後コーナーも増えたり、ゲストも来てくれたりすると思いますので、ふたりでさらに盛り上げていきたいです!優しいお便りも募集しているので、無茶ぶりとは半々でお願いします(笑)。これからもこの番組をよろしくお願いします。

日高:ふたりが必死に本気で毎回収録しています。リスナーの皆さんからのお便りを紹介するコーナーも充実していて、リスナーとの関わりが多いラジオだと思っています。ずっと無茶ぶりだと疲れてしまうので、優しいお便りがあれば、平和な感じでお送り出来ると思います(笑)。キュンとするようなメールも待っています。また、キャストの方達も続々と来てくれると思うのでゲストにも期待していてください。アニメはもちろんラジオも宜しくお願い致します!



■ストブらじお 雪菜と凪沙のおとなり放送局

【放送局】インターネットラジオステーション<音泉>響 - HiBiKi Radio Station -
【更新日】毎週水曜日更新
【パーソナリティ】種田梨沙(姫柊雪菜役)、日高里菜(暁凪沙役)


■TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」

2013年10月4日(金)より放送開始!

【放送情報】
TOKYO MX:10月4日より毎週金曜日24:30〜25:00(予定)
MBS:10月5日より毎週土曜日27:28〜27:58(予定)
CBC:10月9日より毎週水曜日26:38〜27:08(予定)
BS11:10月11日より毎週金曜日24:30〜25:00(予定)
AT-X:10月4日より毎週金曜日23:30〜24:00(予定)
(リピート:毎週日曜日10:30〜/毎週火曜日29:30〜/毎週木曜日17:30〜)
※期末期首編成等により放送開始日には時間移動の可能性がございます。
※編成の都合により放送曜日、時間、開始日が変更になる可能性がございます。予めご了承下さい。


【スタッフ】
原作:三雲岳斗
イラスト:マニャ子
監督:山本秀世
チーフディレクター:佐野隆雄
シリーズ構成:吉野弘幸
キャラクターデザイン:佐野恵一
美術監督:渡辺三千恵
背景スタジオ:GREEN
色彩設計:但野ゆきこ
3DCGIスタジオ:IKIF+
撮影監督:廣岡岳
撮影スタジオ:Nexus
編集:坪根健太郎
編集スタジオ:REAL-T
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:ASSUMED SOUNDS
アニメーション制作:SILVER LINK./CONNECT

OPアーティスト:岸田教団&THE 明星ロケッツ
EDアーティスト:井口裕香

【キャスト】
暁古城:細谷佳正
姫柊雪菜:種田梨沙
藍羽浅葱:瀬戸麻沙美
暁凪沙:日高里菜
矢瀬基樹:逢坂良太
南宮那月:金元寿子
アヴローラ:石原夏織
オイスタッハ:三宅健太
アスタルテ:井口裕香


©三雲岳斗/アスキー・メディアワークス/PROJECT STB


ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫) [文庫]

404870267X ストライク・ザ・ブラッド (8) 愚者と暴君 (電撃文庫) [文庫]

4048917501 ストライク・ザ・ブラッド 文庫 1-8巻セット (電撃文庫) [文庫]

B00ECL7CM2 ストライク・ザ・ブラッド (3) (電撃コミックス) [コミック]

4048660152

▲ PAGETOP