ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!新番組「金元寿子のテラ娘屋」第0回

金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!新番組「金元寿子のテラ娘屋」第0回 2013年9月24日 19:00

金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!新番組「金元寿子のテラ娘屋」第0回

ニコニコチャンネル内で展開中の「声優グランプリチャンネル」にて、新番組「金元寿子のテラ娘屋~teller girl’s house~」がスタート。その第0回放送を終えた、メインパーソナリティの金元寿子さんとアシスタントの川上千尋さんに、番組の感想や今後への意気込みなどをお聞きしました。

「金元寿子のテラ娘屋」第0回のレポートはこちら



――第0回をやってみての感想をお願いします。

金元:ニコ生は何度か出たことがあるのですが、1時間のラジオをやるのは初めてで、こういうアットホームな感じでやるのも初めてでした。1時間があっという間に終わってビックリしました。本当に楽しい時間を過ごせたんだと思います。

川上:私は外画が多くてアニメのお仕事はまだまだなので、ラジオ自体が初めてで不安がありつつ今日を迎えました。でも、やってみたら普段会話しているのと同じ感じで出来て、すごく楽しかったです。


――同じ事務所でも普段はそれほど会わないとのことですが、ラジオを一緒にやってみて印象が変わった点などはありますか?

金元:初対面は飲み会だったのですが、すごく気さくで明るく話しやすい人だなという印象でした。それは全然変わらないのですが、絵がとても上手で芸術的なものを持っていると知って、改めてすごいなと思いました。あと、女子力が高いと思います(笑)。

川上:初めて言われた(笑)。

金元:がぼちゃのスープをザルでこす、とかなかなか言わないですし。

川上:だって、(がぼちゃを)そのまま入れないでしょ?(笑)

金元:そりゃそうだね(笑)。

川上:私は(金元さんが)もっと大人しい人なのかと思っていたら、初対面で飲みながらすごく喋っていたのでビックリしたんです。それがあったので、今日はなにも驚くことがなくて。この間会ったのが2年振りだったけど、久しぶりな感じもなかったです。


――番組では自己紹介も兼ねて趣味などの話がありました。金元さんはひとり旅が趣味とのことで、印象的だった場所や今後行ってみたい場所はありますか?

金元:南房総の日本寺という所に行ったんですけど、すごく印象的でした。ひたすら山を登ってお地蔵さんを見てお布施をして(笑)。山道にお地蔵さんがいるから、ひたすら登って降りてとハイキングみたいで自然の中で心が洗われました。

川上:すごいね~。

金元:ふらっとどこかに行きたくなるんですよ。今後の目標はひとりで海外に行くことです。先日イベントで初めて台湾に行かせていただいたんですけど、そこにひとりで行こうかなと思っています。


――川上さんは料理のことを話していましたが、かぼちゃスープ以外では最近何か作りましたか?

川上:趣味ではないですけどね(笑)。最近は豆苗炒めをよく作ります。番組の打ち上げで毎回のように中華屋さんに行くのですが、豆苗炒めは飽きなくて。みんなで食べて追加を頼むと「もうない」と言われたので、「じゃあ自分で作る!」と豆苗を買って来てクックパッドで調べて作りました。


――女子力あるじゃないですか。

川上:最近作ったのはこれぐらいですよ?女子だとシフォンケーキやタルトとかじゃないかな。

金元:豆苗も結構いいと思う。すごいよ!

川上:やった!!今まで私に「料理出来ないだろ」と言ってきた人たちに聞かせたいです。初対面で顔を見た瞬間にだいたい言われるんですよ(笑)。


――朗読のコーナーはいかがでしたか?

金元:ふたりで(役を入れ替えて)2回朗読して、それぞれ違う感じになったのが面白かったです。私が演じた男の子はちょっと幼いですけど、ちーちゃん(川上さん)のはしっかり男の子という感じでしたし。同じ文章でも演じる人によって雰囲気が変わることを届けられたと思います。

川上:私が男の子を演じている時に画面を見て、ひさちゃん(金元さん)の女の子にときめいている人がいるなと思っていました。視聴者が聴いてみたいことを反映させられるのが面白かったですし、家で読んだ時と実際にひさちゃんの演技を聴いてからだとまた違ったし、生の面白さがありました。


金元寿子と川上千尋の番組終了後インタビューをお届け!新番組「金元寿子のテラ娘屋」第0回

――コメントではおふたりの男の子役が「イケメンだ」と評判でしたが、今後やってみたい役はありますか?

金元:私は男の子の役をほとんどやったことがないので新鮮でした。自分の年齢よりも上の役もあまりやったことがないので、この番組で色々挑戦してやってみたいです。

川上:私もお仕事では女性の役が多いです。年齢の幅は結構上までやらせていただくこともありますが、男の子役は全然ないので、これを機にやっていけたらと思います。


――今後は金元さんが脚本を担当されるそうですね。

金元:ディレクターさんに手直しはしていただきますが、次回は児童文学をベースに擬人化のようなキャラクターを加えてやります。以前、「金元寿子のぐるぐるサル◎(ループ)」という番組で3回だけ完全にオリジナルな脚本を書いたんですよ。ちょっと恥ずかしかったですが、自分の世界観というか頭の中をさらけ出せた感じがして面白かったので、今度はちーちゃんも巻き込んでやってみたいと思います。


――それは期待ですね。そして背景のイラストは川上さんが担当されますが、どういう感じのイラストにしていきたいですか?

川上:現代っぽい作品では今回のようなテイストにしようと思いますが、童話とかはお話ごとにテイストを変えるつもりです。油絵のような感じとか色々と塗り方など試したりして、遊んでみたいなと思います。


――そのようなイラストは普段から描かれているんですか?

川上:私は油絵をやっていたので、厚塗りが楽なんですよ。CGの時も線をしっかり書くのが苦手なので、色を乗せて描いていきたいです。パッと見て楽しんでもらえるような色にしたいですね。


――『ひさちゃん、言ってみてー☆』のコーナーでは、セリフを川上さんが独断で選ばれるんですよね。

川上:言って欲しいセリフを言ってくれるので、普段のアニメでは聴けないような言葉とか、普通の役では聴けないのをどんどん選んでいきたいなと思います。

金元:確かに今日は斬新でした。これがいつ『ちーちゃん、言ってみて』になるか分からないですけど(笑)。


――番組内で「ジョジョ会」の話がありましたが、他に何かやりたい「○○会」のようなものはありますか?

金元:ゲーム好きな子が多いので、ゲームの話をしたいですね。それから、同じ事務所の子ではないのですが、都内のホテルでお泊まり会をして、無駄に豪華に過ごしたいねと話しています。

川上:それ面白そうだね!


――実現したら番組での報告をお待ちしています。では最後にメッセージをお願いします。

金元:第0回を聴いてくださった方、ありがとうございます。この番組は新しい試みが多く、リスナーさんに手伝ってもらうことも多いです。気軽に質問したり突然アンケートをとったり、皆さんに支えられていく参加型の番組になると思っています。内容も朗読とか色々ありますので、たくさんの人に聴いていただいて長く続けられるように頑張ります。

川上:本当に今までにないような番組にしたいです。私が絵を描いて、ひさちゃんが脚本を書くのを皆さんが楽しみにしてくださっていますので、それがどんどん発展したらいいなと思っています。すべては皆さんの支えによりますので、もっともっと楽しんでもらえるように、私たちも楽しんでやっていきたいです。よろしくお願いします。


(取材・文:千葉研一)


■「金元寿子のテラ娘屋~teller girl's house~」次回放送

【放送日時】2013年9月25日(水)21:00~
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv150656049

【朗読ドラマキャスト】
脚本:金元寿子
演出:児玉拓己
イラスト:川上千尋
出演:金元寿子、川上千尋、ほか

【フリートーク出演】
メインパーソナリティ:金元寿子
アシスタント:川上千尋

※毎月1回不定期の生放送を予定しています。
※この番組は静止画放送です。


声優グランプリ 2013年 10月号

B00ED1R0J6 声優グランプリ 2013年 11月号

B00F2L45CG

▲ PAGETOP