ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースインタビュー&ダイジェストをお届け!「利根健太朗と折戸マリの赤坂 That’s団!」公開収録!

インタビュー&ダイジェストをお届け!「利根健太朗と折戸マリの赤坂 That’s団!」公開収録! 2013年8月28日 19:00


TBSラジオが運営する「らじこん」で展開中のダウンロード型ラジオ番組「利根健太朗と折戸マリの赤坂 That's団!」(毎週金曜配信)。この番組の1周年を記念した公開収録が8月12日(月)に赤坂サカス「TBS デリシャカススタジオ」で開催された。

公開収録には、パーソナリティを務める利根健太朗さんと折戸マリさんはもちろん、ふたりの後輩である牧ちひろさんと伊達忠智さんがゲストとして登場し、番組を大いに盛り上げた。今回、公開収録の模様のダイジェストと、収録後のインタビューを紹介しよう。


■#55(2013年8月23日[金]より配信中)&#56(2013年8月30日[金]より配信)ダイジェスト


収録が始まる前から集まったリスナーに利根さんは声をかけて会場を温める。折戸さんは収録がスタートすると、ハイテンションに観客を煽り、雨にも関わらず元気に歓声を上げるリスナー一同。ゲストの牧さんと伊達さんも加わり、オープニングトークでは4人の関係性が明かされます。



最初のコーナーは、番組プロデューサーは拒否したが結局やることになってしまった『折戸センセイの占いコーナー』。ここでは毎回、折戸さんが小道具を使って当たりもしない占いを行なっていく。今回用意されたのは、黒く塗られスイカのようになった緑の風船。これを使って折戸さんはどんな占いを行なうのか!?そして、その結果は……。



続いては、TBS954情報キャスターの楠葉絵美さんも加わり、『トネケン VS オリトン!赤坂サカスで 3番勝負!!』のコーナーへ。バズーカクラッカーを持って登場した楠葉さんに怯える出演者たち。楠葉さんの進行のもと、「早口言葉対決」「状況設定コント」「万歩計フリフリ対決」が行なわれた。「状況設定コント」では予想外の設定が飛び出し、皆動揺しつつも見事なコントを披露。3番勝負の敗者には9月6日(金)配信分で、罰ゲームが行なわれるとのことなので、こちらも要チェックです!



■収録後インタビュー

――本日の公開収録の感想をお願いします。

利根:ゲリラ豪雨のまっただ中に始まり、終わる頃には雨が止んでいるというとんでもない状況での公開収録でしたが、たくさんのお客さんに来ていただけました。ガラス越しでしたが、お客さんの顔を見ることが出来たので嬉しかったです。これからも公開収録をやっていきたいですね。

折戸:お客さんのノリがよくて、「ジャンプ!」っていうとジャンプをしてくれるっていうね(笑)。

利根:後輩の伊達と牧も来てくれました。みんなが楽しいって言ってくれるのが一番嬉しいですね。お金は二の次なんです!

牧:利根さん、5億はいらないんですか?

利根:いるよ!5億はいるけど、サービス精神に報酬を求めちゃ……ね?(笑)


――折戸さんはいかがでしたか?

折戸:ボクのことを王様だと思って来てくれた人も多かったと思うけど、意外と気さくな感じを表現出来たみたいで、みんなが和んでくれて良かったです。

利根:折戸の名言が思い浮かびますね。僕が「折戸はみんなのことを友達だと思ってるかもしれないけど、そう思ってるのは折戸だけかもしれないよ」と言ったら、折戸が「ボクはみんなのことを友達と思っているけど、みんなはボクのことを王様と思っているんだね」という謎のポジティブ発言をしていました。

折戸:そうそう。だからもっと気さくに接してくれていいんだよ!拍手をしてくれたり、ジャンプをしてくれたりと、ボクの思うがままに動いてくれた皆さんに感謝しています(笑)。楽しかったです!


――牧さんと伊達さんはゲスト出演してみていかがでしたか?

牧:突然呼ばれ、よく分からないままスタジオに来たのですが、利根さんと折戸さんの勇士を間近で見れて楽しかったです。
番組内でやった占いが、めっちゃ当たってたので、それに従って夢を叶えるため「5億欲しい」って口に出してみました(笑)。

伊達:まず、ゲストに呼ばれたことが嬉しかったです。しかも、公開収録という大事なイベントに呼んでもらって、「いいのかな?」と思い、話を聞いた時には驚きました。少しでも番組のお役に立てたのなら良かったです。
収録中は緊張しましたけど、利根さんと折戸さんと話していると、段々といつも通りのテンションになれて楽しかったです。次があれば今回以上にやれると思います!

利根:牧は最初ぜんぜん大人しかったけど、後半ぶっこんできたね。普段は今回の1000倍失礼だけど(笑)。

牧:ソンナコトナイデスヨー、トネサンノコト、ソンケイシテマスー(棒)

折戸:いかに後輩に慕われているかが分かるラジオですよね!


――今回の公開収録は番組1周年記念での開催ということでしたが、1年番組をやられてきての今の心境をお聞かせください。

利根:よく続いたなというのが正直なところですが、あっという間でしたね。始まったと思っていたら、「あれ?もう1年経ったんですね」って収録現場で話していて。1周年の記念ということで写真も撮ったんですよ。

折戸:「50回」の時に、「50」をイメージした写真を撮ったよね。利根さんは「5」を全然上手く表現出来なくて(笑)。

利根:そりゃ、「0」は誰だって出来るよ!手をわっかにするだけなんだから!

折戸:表現力の低さを見せつけた撮影でしたねー。

牧:仲良くしてください!

折戸:嫌でござる(笑)。

利根:1年経っても、亀裂が埋まらない謎のラジオですけどね。

折戸:段々とプライベートでもきつくあたるようになってきたよね。

利根:パーソナリティ同士が憎み合っているラジオですから!プライベートでもほんと辛辣なんですよ。収録帰りの電車でも酷いこと言われまして。

折戸:いや、だって、ほら、ちゃんと言わないと「冗談でしょ」って思われちゃうかなと。近くにいると見えることがあるから、事実を言ってあげてるんだよ?本当に心配してるんだよ?(笑)

利根:さて、1年経ちましたけど、どうですか?

折戸:より一層、憎々しくなったというか、嫌な部分も見えてきて腹が立つことが多いですね!

利根:ラジオだからこそ、仕事だからこそ付き合いますが、友達や恋人じゃ絶対ありえないよね!

折戸:そうだよねー(笑)。

利根:番組内ではディスり合いみたいになってますね。

折戸:仲がいいんだろうって思われているのが嫌だね!

利根:……本当はプライベートでも遊んだり、ご飯を食べにいったりするんですよ(笑)。つかず離れずと長く続けていけたらと思います。


――それでは、2年目の意気込みをお願いします。

利根:2年目は、最近折戸に押され気味なので、暴走を上手く手綱を引いて操れるようになることが僕の使命だと思っています。折戸がちゃんとした大人になれるように、調教していく1年にしようと思います。
番組を購入して聴いてくれるリスナーさんが、楽しんでもらえる内容にしたいなと思っているので、今後もリスナーさんのニーズを考えつつ、番組を進化させていきたいです。

折戸:いつも日記みたいな感じで「今週こんなことがあったよ」ってラジオでは話しています。日常ではあるんですが、おかしなことばかりが起こっているので、それを楽しんでもらいつつ、リスナーさんからの「こんなことをやってもらいたい」という要望を取り入れていきたいですね。


――最後にリスナーへメッセージをお願いします。

利根:本当は公開収録に来て欲しかったんですけど、音声だけで聴いても楽しんでいただける内容になっています。うち(アイムエンタープライズ)の期待の新人、牧と伊達も出演して、大活躍していますので、ぜひぜひ聴いてください。また、今後のふたりの活躍にも注目してください!

折戸:パーソナリティふたりの魅力が存分に伝わるラジオになったと思います。あと、雨の雰囲気が伝わったら面白いですね。(スタジオの外のテントから)滝のような雨が降っていたりと色々なことがあったので。
お客さんとコミュニケーション出来たのは楽しかったので、次回はもっと辛辣なプラカード用意していきます(笑)。ぜひ聴いてみてください!


(写真協力 TBS 赤坂サカス)


■インターネットラジオ番組サービス「らじこん」

【サイトURL】http://www.radi-con.com/
【番組情報】
利根健太朗と折戸マリの赤坂 That's 団!
松田次生と小倉茂徳のモーターホームレディオ
豊口めぐみと野坂実の東京ジャンケンラヂヲ
桑谷夏子と植田佳奈のよってく〜?
久ヶ沢徹のほぼラジオ!~いつでも聴いてね~

※スマートフォン(Android)で番組を聴く場合、google playストアにてらじこん専用アプリ「らじこん FOR ANDROID」をダウンロードして下さい。


団地ともお (1) [DVD]

B00DDL96ZS

▲ PAGETOP